井戸端監視カメラ



トキメキResistant!

c0189724_151864.jpg
連休前は何処行こう?何しよう?と、
そわそわしていたにも拘わらず、


予定盛り込み過ぎて活用し切れず、
何をしていたのか具体的に思い出せない、
そんなしなびた気分の本日。

で、2日振りに店をあけてみた所、しなびた気分もシャン!とする、
そんなResistantのバッグ群が届いてました。

今回も全てResistant泣かせのスペシャルばかりだったので、
もうちょい時間掛かるかな、と思っていたので驚き。
c0189724_151251.jpg

大きい方から順に、まずはHope。

・Resistant Hope-SPL  ¥30,450


素材はセルスパンという事で、
通常ラインのコーデュラとは少し違い、
ムラ感のある表情はナイロンとは言え癒し系。

c0189724_1514160.jpg
セルスパンだけでも中々味わい深いモノの、
ノペっとしてしまう感も否めない。

そこで縫い糸をいきなりピンクに。
ピンクで縫うなんて変な事になりそう、
しかし仕上がってみればホラこの通り。


一見不味そうな組み合わせ、
でもやってみれば意外なまでに奥深くなる。
そう、これぞ生ハムメロン理論という奴です。

c0189724_1515376.jpg

ハーネスにも一捻りあり、
通常の黒ハーネスでは無く、
グレーハーネス

黒ハーネスでも良いんですけど、
此処がグレーだとやはり一味旨い!

c0189724_1541786.jpg
担ぐとこんな感じ。

56x34x24cmと、
大きからず~、さりとて小さからず~。
っていやいや、充分デカいか・・・。


しかし自転車に乗って前傾姿勢をとった際にも、
後頭部がバッグに接触し難い設計になっており、
中身をパンパンに詰めても快適に漕げる、
そう、これがRsistantのResistantたる点ですな。




c0189724_1522815.jpg

続いて、そんなHopeを簡素化し、
のっぺらぼうに仕上がった。


・Resistant Duta  ¥24,150


ドゥータという名前はズタ袋の語源だそうで、元々は「払い落とす」という意味なんだってさ。
c0189724_1523851.jpg

で、払い落とすという名の通り、
Hopeにあったサイドの隠しポケットや、
クロスストラップを廃してズドンと1気室

内部には小分け用ポケットはあるので、
鍵とか財布とかは此方にどうぞ。

c0189724_1525780.jpg
そして選んだ生地もまた捻っており、
此方はコットン帆布の鉄紺色。

これは良い色ですね~、
弊店ではとてもよく使う色です。


が、今回はそれだけに終わらず、
縫い糸が濃いピンクに。

そう、これもまた生ハムメロン理論なのです。

c0189724_1531161.jpg

エンジの方は?
コーデュラでもなければ帆布でもない、
ポリエステルキャンバスをチョイス。

暑苦しい色の割りに、
サラッと軽くスマートな印象になりますな。

c0189724_154355.jpg
そして担ぐとこんな感じ。
のっぺらぼうですが、何か良いですね。
この辺はResistantのパターンの上手さでしょう。


50x30x18cmとHopeより少しコンパクトで、
Hopeの弟分であるBondよりも僅かに大きい。

しかしハーネス関係は兄貴分とも共通なので、
担ぎ心地はResistant品質そのものですし、
汗を吸うパッド部分も着脱できて洗濯可能。

何でも片っ端から放り込み、グチャグチャになるまで使い込む、
そんな使い方を考えると、やっぱり地味色が適切であると思うのは自分だけでしょうか?


そんな地味なエンジのポリエステルキャンバスと、
同じくらい地味な紺色の帆布を使って製作した。
c0189724_1554310.jpg
・LowSKOOL ¥19,740
・HipHanger  ¥11,550



Resistantのメッセンジャーバッグの中でも
より容量を重視したスクールシリーズ。

の中でも小さめサイズのロースクール。

c0189724_1555983.jpg

「いかにもメッセンジャー!」
という風でも無いレベルのサイズ。

しかしコンパクト過ぎると、
今度はハーネスの固定力が発揮しきれない。

その中間の絶妙なサイズがこのロースクール。


容量と言いスタイリングと言い、
非常に現実的な自転車用バッグですな。

c0189724_1562068.jpg

帆布の紺は、Dutaの鉄紺とは違い、
普通の濃い紺色で、トリムは黒。


そして内装は赤。

c0189724_1563163.jpg

エンジのポリエステルキャンバスの方は、
トリムが畳トリムで、内装はマスタード。

Resistantの話では、
このマスタードは廃盤となるそうで、
マスタードを使ったモノは、
この辺が最後になるのかもしれません。

c0189724_1564299.jpg

非常に地味であるこれ等のバッグですが、
ピンズとかワッペンを使う事で、
一気に雰囲気が出て来たりします。

この辺をオールドスクール感と捉えるか?
もしくはスタンダードと捉えるか?
自分の中ではスタンダード、ですね。




c0189724_1565750.jpg
そしてラスト、コンパクトウォレット!

・Resistant CompactWallet
 ¥4,410


前回入荷時には数日で完売した此奴、
今回も黒のみ3つの製作ですので、
宜しければお一つ如何?

c0189724_19411938.jpg
と、そんなこんななResistant。

入荷を待って頂けている方も多く、
「何でもっとオーダーしないの?」
と聞かれる事しばしば。

しかし。
それには勝手な理由がありましてですね。


Resistantさんが用意している生地の色展開には限りがあります。
その色の組み合わせの中で「ええやん!」と思える組み合わせにも、また限りがあります
なので数を出そうとすれば、同じ配色のモノを幾つも作るか、
もしくはトンデモない配色のモノを作る事になってしまいます。

まぁハッキリ申し上げて、Resistantのバッグはとても高品質ですので、
どうせ購入して頂くなら永い付き合いの一品となれば良いな、と勝手に思っており、
同時に同じ街に同じバッグは2つ要らないという勝手な理想論もまたある。


で、弊店では生地別注とかでトキメク配色を模索しているのですが、
勝手放題し過ぎるとResistantさんに迷惑ばかり掛け過ぎてしまうので、
納得行くオーダーを程々のペースで続けている、と。

待てる人は自分の好きな配色でオーダーして3ヶ月待つのが絶対に最高です。
ただ、弊店の提案するオーダー色に「お!」っと感じて頂けたなら、
それはそれで非常にありがたいご縁なのでありますな。
by kaleidocycle | 2013-08-01 20:32 | 商品
<< 渇水対策。 8月の営業予定。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧