井戸端監視カメラ



サイクルデリック・エクスペリエンス。

c0189724_17531611.jpg

久し振りにええ感じで陽が射した今朝。

チョイと空気が抜け始めていたタイヤに、
キュッキュキュッキュと空気を入れて、
プラっとひとっ走り。


滑る様に走るマシーン、
ん~、グレイト。

c0189724_17493335.jpg
梅雨の中休みというのが、一体いつを指すのか?

もはやよく分からん今年ですが、
例年であれば丁度これ位の時期に、
弊店恒例のオリジナルウェア、
「サイクリング・ランニング」が出来上がる。


有り難い事に「今年のはまだか?」と、
リピーターさんから聞かれる事もチョロチョロある、
けど、今年は無し。
(←ボーダーのM1枚のみ残あり)

斜めにバシッ!と切り替えしたパターンの昨年バージョンが、
個人的には昨年のが非常によく出来たと思う反面、
それを越える新バージョン!ってのがどうにも・・・思い浮かばない凡夫の悲しさよ。



代わりと言っては何ですが、今年はTシャツ。
弊店初のオリジナルTシャツで御座います。
c0189724_1752234.jpg


背面に迷彩文字で書かれたるは、
「サイクルデリック」という勝手な造語。


CycledeliCycledeliCycledeliC・・・・・・
と無限に続くループの中には、
あの世への入り口がポッカリと。


c0189724_17585626.jpg

で、サイクルデリックって何なのさ?
ってな話ですが。


自転車をせっせせっせと漕ぎ続ける内に、
脳内の酸素濃度が低下するのか、
ある瞬間、頭の中が真っ白に凪ぐ事がありまして。

ランナーズハイとかいうのと同じなんですかね?
それになった事が無いので分かりませんが・・・。

c0189724_17521481.jpg

しかし、それを経験した事がある人なら、
「はいはい、あるある」となるのでは?

それは経験した人なら語らずとも通じる、
しかし未経験者には何をどう言っても伝わらない。


だから前面には「エクスペリエンス=経験」と。



c0189724_17523085.jpg

勿論と言うか何と言うか、元ネタは、
「サイケデリック・エクスペリエンス」
という60年代に花開いたムーブメントの、
根幹を示す言葉でありまして。


Turn on, tune in, drop out
=ひっくり返し、研ぎ澄まし、はっちゃけろ!

とかそんなんも同じであります。

c0189724_17575870.jpg

だからっつって、皆LSDを摂取しようぜ!
とかそういう阿呆な事では無しに。


サイケデリックムーブメントの最中に居た人々が、
「コレの認識を共有出来れば世界は変わる!」
と信じたそれと似た様な気分が、
自分の中にもある事が否めない。

勿論、押し付けちゃうのはナンセンスの極み。

c0189724_17524137.jpg

でも、しんどくて辛くて時に歯を喰いしばって、
鉄の味がする息を吐いて、脹脛がビリビリして。


そんなのの何が面白いの?
という事はやっぱり言葉では伝えられない。


伝える方法はただ一つ、経験のみ



c0189724_17525167.jpg

そんな辛さの向こうにある、
真っ白な瞬間を指して、
「サイクルデリックエクスペリエンス」


そんな気分をサイクルジャージでは無く、
敢えて普通のTシャツにするってのは、
たんなる個人的主義主張。

c0189724_1756599.jpg

サイクリング専用アパレルってのは、
当然素晴らしい存在ではありますが。

それが無くてはサイクリングできない、
そんな馬鹿な話は絶対に認めたくない。


知人が地味に、そして永く言い続ける、
「MTBをデニムで乗る」
というのもきっと似た様な矜持の問題。

c0189724_1753118.jpg

そんな沸々とした思いをTシャツに籠め、
製作を願い出てから早や1年半。

製作は倉敷に住まう、
長白髪の現役ヒッピー「アラタさん」。


そもそも自分はアラタさんのシャツが好きで、
アラタさんにオリジナルシャツを作って欲しい、
そこから生まれたこのTシャツ。

弊店オリジナルTシャツなれど「空井戸サイクル」のロゴは入っていません。
しかしメインのデザインになっている、うねった輪は、
覗き込んだ井戸と共に「カライドサイクル=万華鏡」がモチーフ。

何色刷りかわからん程の多重刷りの空井戸サイクルオリジナルTシャツ。
上記3色(杢グレー・ターコイズ・スレートグレー)、其々SMLの3サイズで一枚¥4,000

さぁ!今年はコイツを着て、自転車漕いで、山奥のレイブに突撃だ!ってなモンですよ。


後日記 : お陰さまで完売致しました、有難う御座います!
       第二段も計画しては居るのですが、今回の分で1年半かかった事を考えると、
       早ければ来年、へたすりゃ再来年になるのかもしれません。
       まぁその納期は神(アラタさん)のみぞ知るってな話です。

by kaleidocycle | 2013-06-27 21:20 | 商品
<< 7月の営業予定。 リアリー? >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧