井戸端監視カメラ



サーリーじゃなしにスーリー。

昨日は気が早いにも程がある梅雨の展示会という事で堺市に。
c0189724_14142240.jpg
小雨程度なら単車で行こうか、と考えたものの、
塗装屋さんフレームを持ち込む用事もある為、
自動車で高速道路を一足飛び。

走る程に雨脚は強まり、視界はドンドン真っ白に。
単車で来んでよかった~・・・。

c0189724_14144817.jpg

晴耕雨読という言葉もある通り、
雨が不快であれば外に出ないのが一番。


しかしそうも言ってられんのが現実。
ならば少しでも雨天の気分を晴れやかに、
という事で目が行く、カラフルなクラナのフェンダー

でも考えれば考える程、マッチングが難しそう。
単品で見ているのが一番可愛いのかも。

c0189724_1414332.jpg
「使い勝手 x 見た目のバランス x コスト」

泥除けという名前のくせに、
練り込むと泥沼に嵌まるとはこれ如何に。


いや、泥沼に嵌まるのは精神力が足らんから。
2014モデルのこのクロスバイクなどは、
スカッ!とカットして見た目をシャープに。

泥除けとしての性能? 欲張っちゃダメダメ。

c0189724_14154552.jpg
見た目的にはありでも、最早泥除けでは無いでしょう、
そんな迷走っぷりは見ていて中々面白い。

それだけ人の価値観・視点とは、
色々あるのだと言う事を示すのだから。


このアバンギャルドな被りモノもまた迷走としか。
コレ、ご存知ですか?首に巻くエアバッグです。

どんな人がどんな時に使うのだろう?
想像つかないのは、己が未熟だから、ホントに。

c0189724_14155539.jpg

迷走といえばコイツも迷走風味だった、
FreeLoadのキャリア。

「フルサスMTBでも、カーボンロードでも、
 何にでもキッチリキャリアが着く!」

という提案はとても有意義で面白かったけど、
今ひとつ受け入れられる事無くフェードアウト。


そんなFreeLoadが何故まだ此処に?

なんとThuleの庇護下に入って再スタート。

スーリーと言えばカーキャリア界の巨人、我々には車載キャリアが身近な訳で、
自転車用品に手を伸ばすのも、当然と言えば当然の流れでしょうし、
そういやフリーロードのデザインはスーリーっぽいしで、良いマッチングだったのかも。
c0189724_1416948.jpg

で、フリーロードがスーリーに、
それだけなら「へ~」で終わるのですが。

同時に出て来たスーリーのバッグ!
「こ・・これは」と思わせるに十分な、
清潔感溢れるデザインに、
練り込まれたシステム。

c0189724_14162580.jpg

パニア類が基本となるのですが、
オルトリーブともリクセンカウルとも違う、
独自のラックへの固定方法を採用。

青いタブがついたベルトを引っ張ると、固定用の金具が回転し取り外し出来、
ベルトを放すとリターンスプリングが働いて、ラックに喰いつく、と。
c0189724_14163422.jpg
で、ですよ。

パニアをラックから取り外して持ち歩く際、
マウント金具を銀色のベースごと押すと、
クルンとひっくり返って~。

c0189724_14164717.jpg
背面が綺麗なツラになり、
付属ベルトでワンショルダーとして担げる。


こういった「外した際に持ち歩き易いギミック」
というのは、他にも色々出てはいるのですが、
残念ながら「アイデア止まり」というレベルが殆どで、
個人的観点では、とても実用的とは言えなんだ。

その点、このスーリーパニアのシステムは、
興味深いにも程が有るってなモンで。

フリーロードは面白い提案をしながらも、そのシステムを活かし切れなかったけど、
その基本を揉み込む事で、一気に魅力が花咲きそうな気配。

当然、スーリーのバッグはどんなラックにも取付できるので、
まずはスーリーのバッグから人気が出るのだと思いますが、
そのバッグに盛り込まれた様々なギミックが、
やがてフリーロードが魅せ切れなかった同キャリアの魅力の周知に繋がるのかな、と。


そんなスーリーのバッグ類は、秋の入荷予定という事で、
現物を使ってみれるのはまだ少々先です、お楽しみに~。
by kaleidocycle | 2013-06-21 17:14 | 駄情報
<< エネルギー革命!子供アシストシ... 生地&記事≒kijikiji。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧