井戸端監視カメラ



取捨選択。

c0189724_13301957.jpg


「例年よりも早い梅雨入り」
そんな話を耳にしたのはいつだったか?


その後、梅雨入り宣言は撤回され、
梅雨どころか雨は殆ど降らず、
トレイルはカラッカラのパッサパサ。

c0189724_1331585.jpg

しかしその事に文句などあろうか、
いや、あるはずも無い。

雨が降らないので小虫が湧かない、
湿気も少なく快適な毎日。


だから行くのさ、今日もララライ、
昨日塗り上がったおNewな「マキリ」と、
聖地目指してレッツゴー・トレイル!

c0189724_13311777.jpg


c0189724_13313142.jpg
うわ~、聖地の水量減ってんな~。
このまま行くと、渇水も懸念されますな。


とかそんな事は後日心配するとして。

それより気になるのは、塗り上がったマキリ。
塗ると穴あきガセットも落ち着いてシックリと。

穴を覗くと、向こうに悪霊が見える・・・、
そんな話を日本昔話でみた記憶がありますが、
自転車の話では無く、舟の話だったので無関係。

c0189724_1332825.jpg
リアタイヤのメガクリアランスも、
塗るとより分かり易くなったかと。

重~いDHタイヤは遠慮したいけど、
軽い2.5とか履かせて、面でグリップを稼げば、
きっと面白い乗り心地を体感出来るはず。

c0189724_13322062.jpg
そのタイヤクリアランスと引き換えに、
チェーンリングのクリアランスはカッツカツ。

32tでこのザマなので、限界34tという指定。
でもトレイル遊びでは32tでさえ不要だわさ、
という事で何の問題も無いと考える訳です。


更にインナーも着かない完全フロントシングル仕様
このインナーというのも要るか?というと・・・、
トレイルライドでは要らんでしょう?

今の10速xフロントシングルでローに入れると、32x36=0.8888というギア比。
それに対しインナーギアがあったとしても、22tでギア比0.8888はリア約25t相当
11-32tという定番スプロケだと、軽い方から3枚目が24tなので、
インナーギア付きで一番軽いギアから2枚分無いだけ、ほら大丈夫。
c0189724_13324418.jpg

そんなこんなで勝手な取捨選択、
言い換えると「押し付け」満載の此方。

ターゲットは自分の住む京都の山

自走で行けるせせこましいトレイルを、
如何に快適に楽しむか?目的はそれのみ。

c0189724_1333254.jpg
「フロントシングル専用」
なんて聞くと身構えてしまいそうですが、
実際に乗るとトレイルに至る峠道も、
トレイルとトレイルを繋ぐオンロードも、
何の不便もありゃしない。

代わりにシフトは右手だけというシンプルさは、
走る事に集中し易いですし、
更に軽いし安いし壊れないしで。

万能では無いとしても、目的を達するには正攻法。

c0189724_13331616.jpg

「トレイルに至るまで延々走る」
という大変な状況下だとか。


「なだらかな丘陵地帯を、
 何処までもクルージング」

という羨ましい状況下だとか。


そういう京都には無い環境では、
こんな一台は必要とされないかも。


しかし此処は京都で、
北山杉産業の落とし子たる、
迷路の様なトレイルは、
これからもずっと在り続けるから。

京都のトレイルバイクはこうあるべきだ、という弊店からの提案「マキリ」
自分用に引き続き、来週には店頭展示用車両を組み上げますです。
by kaleidocycle | 2013-06-08 17:55 | 独自MTBフレーム
<< カヌー。 革サドルバッグ。 >>

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧