井戸端監視カメラ



越えてく新世紀バッグ。

昨日は朝から山荘でダラダラ寝て過ごす・・・はずだったのに、
薪ストーブの薪が底をつきかけていると言う事態が発覚。
結果的にチェーンソーと手斧を振り回し、薪を作り捲くる一日と相成り、
・・・眠~い。


そんな薪楽園「補陀落山荘」があるのは京都の山奥花背なのですが、
昨日も夕方に控えた雨までの隙間を狙い、朝から沢山の自転車が走っておりました。

で、天気用予報で「降る」と聞いていても、山の天気は予報の枠を超え、
思いの外早く降り始めるとか、曇りのはずが山の向こうは雨なんて事もしばしば。
c0189724_19464341.jpg

そこでヤッケを持って行こう、となる訳ですが、
バックポケットに詰めようにも、
結構邪魔になるなぁ・・・と思うなら!

コイツでどうだ!
・CCP Beyondバッグ  ¥6,300


ベスト?バッグ?ベスト?バッグ?
いや、噂に聞いたメンズブラ?
じゃなくてやっぱりバッグ。

c0189724_19465570.jpg
前回弊店にて行ったCCP展示会で、
一番人気だった新世代の超軽量バッグ。


メッシュ素材をベースに構成された、
着る感覚のバッグでありまして、
バックパックにつき物の「蒸れ」とは無縁。

ストレッチ性も豊かな為、
荷物を入れてもピタッとフィット。
ガシガシダンシングしてもピタ。

c0189724_19555775.jpg
伸び伸び素材なので、意外と容量も融通が利き、
脱ぎ着したアウターを入れるのは勿論、
昼飯・バナナ・タオル、なんでもござれ。

ロングライドで小さなバックパックを担ぐってのは、
まぁ普通の事ではある訳ですが、
「背中が熱い」「揺れて鬱陶しい」「重い」
と、色々ネガティブに目を瞑って、という話でした。

しかし、必要な要件を満たしながら、
ミニマムなバッグとして作ると?
こうなるって事でしょう。

c0189724_1956822.jpg
そんなビヨンドの右脇下には、
背面のメイン室に繋がる穴があり、
バックを担いだまま、内部にアクセスが可能。

大きな穴では無いので大物は引き出せませんが、
走りながらバナナを取り出す、とかは可能かと。


また内容物が落ちそう、という心配に対しては、
素材のストレッチ性が内容物を締め付けるので、
担いでいる内はそうそう落ちるモンでも無さそう。

c0189724_19552347.jpg
更にですね。

コイツはジャージのバックポケットよりも、
上の部分で担ぐので、
バックポケットも使えてしまうのです。

これは有り難いじゃないですか~!
パッと取る必要が有るモノはバックポケットに、
そうでないモノはビヨンドに入れる、と。

コレでロングライドも安心快適に行えるってモンです。

c0189724_19553652.jpg
前胸部には揺れ止めのハーネスもあるので、
ピッタリムッチリ固定でき、正に着るバッグ。

自転車だけでなく、ランでも使えるでしょうね。

そんな過去のバッグを越えて(=Beyond)行くCCPのビヨンド。
今回は青のみの先行入荷ですが、追って黒も入荷する予定。

コイツは内容の丁度良さといい、斬新さといい、価格といい、
かなりの人気モノになる事は確実でしょう。
気になる人はお願いですから早めに買って下さい、
無くなってからご用命頂いてもどうし様もありませんから。
c0189724_19562196.jpg

「無くなってから」と言えば、
先日ご紹介した後すぐに完売した、
Janddのフレームパックラージを始め、
他のフレームパックも補充完了しました。

MTBにつけるとこんな感じになります。
「最上級!」ではなく「丁度良い」というこの感じ、
好きな人にはドストライクかと。

c0189724_19563593.jpg

また折り畳みパニアの、
グロッサリーも各色OK。

自分も現在使っているのですが、
箱買いしたビールさえ飲み込みますので、
日常生活範囲であれば何でも詰める。

そんな麗しい自転車とバッグの世界、未体験ならアナタも是非。
by kaleidocycle | 2013-04-21 21:36 | 商品
<< 丁度良い。 白井工業所謹製。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧