井戸端監視カメラ



行ったり来たり。

c0189724_16175746.jpg

グワシ戦闘機襲来、グワシ戦闘機襲来!
ギューーーン!


と、小学生レベルの独り遊びに耽る本日。


午前中でも気温計の数字は20℃を越え、
完全に半袖・半ズボンの気候也。

目が覚めて布団の中でまず考えるのは「今日は何に乗って何処に行こうか?」
外の天気と空気を確認した後、「よし!MTBだ!」と決定したは良いとして、
気付けば手元には3台のMTBがあるという、嬉しい様なそうでない様な状況。
c0189724_16172732.jpg

「ん~、どれ出動さすかいね~?」
と検討した結果!
出でよ!一番乗る機会の少ないセンサー!

センサーというのは5インチフルサスでありまして、
何処でも軽快にのぼり、そして苦も無く下るという、
冗談の様な文明の利器なのですが。

何と言うか・・・楽過ぎて楽過ぎて、
「コレでは人類として退化してしまいかねん」
という気持ちが沸々と湧いたりしましてですね。

結果、出動機会は圧倒的に少ないモノになる、と。
しかし、そんな迷路に嵌りこんだ訳の分からん考えを拭い去って、
一度漕ぎ出せばOh!スンバラシーナ!

「MTBとは何ぞや?」とか阿呆みたいな禅問答をする事無く、
黙って乗れば面白いに決まっており、
遊園地の乗り物に近い程に快適・安全・楽チン至極。



そう、人は時に考えを拗らせ余計な袋小路に入り込んでしまう。
しかしある日ふと振り返ると「違う違う」と思っていたモノが、
「違わない」存在としてそこに在ったり。
c0189724_16264048.jpg
そんな事を考えてしまうのは、
今目の前に此奴が鎮座しておるから。

「チタンフレーム」


「チタンや!凄い!」というベーシックな考えと、
「たかがチタンやんけ!」というカウンター思考があり、
その間で実際の所が不明瞭になってしまい易い程、
強い言霊である事を否定できないチタンフレーム。

かく言う自分も、チタンフレームに対しては肯定・否定ともに意見があるのですが、
実際に目の当たりにし、手で持ち、ためつすがめつ眺めるに。
c0189724_16274026.jpg


よろしおすなぁ~!と思わざるを得ない。
c0189724_16275916.jpg
そんなコイツは「Salsa La-Cruz Ti」
Salsaが贈るチタニウムシクロクロスです。

耳の大きなエンドから伸びる、
ボリューミーなチェーン&シートステー。
エンドの肉抜きがにくいね!等と浮かれちまうぜ。

c0189724_1628978.jpg
このラクルスチタニウムは生粋のレーサーではなく、
リアバックにはキャリアダボを装備。

こういったキャリアダボというのは、
マルチユーズの象徴でありますが、
ともすれば「中途半端だねぇ~」と、
レーシーさを好む衆からは批判の対象にも。


しかしチタンフレームであるという事が重なると、
如何にも批判対象から外れてしまう様な。

これは恐らく、錆びない(と言うと語弊がありますが・・・)チタンフレームという存在が、
我々の頭の中で「恒久性」というキーワードに結びつくが故。

そう、つまり誰もがついつい魅力を感じてしまう「一生モノ」というイメージがあり、
未だ見えぬ先の事を考えると、レースに出るかもしれないけど、
キャリアをつけてツーリングに出るかもしれない、というニュアンスが、
逃げや曖昧さでは無く、説得力をもってイメージされるからなのかも。
c0189724_16282155.jpg

チタンフレームと言えば、
「錆びないので長持ちする」
という良いイメージがある反面、
「パーツが焼け付いて外せなくなる」
というチョイと怖いイメージもまたあり。

その点、コイツはシートチューブに、
アルミのスリーブが入っており、
一番ありがちな「シートポストが抜けない!」
という恐怖から開放してくれるという優しさ加減。

c0189724_16283492.jpg
そんなSalsaのラクルスTi、
製造するは米国リンスキー社

チタンフレーム製造のトップを走る、
リンスキーが作る確実性の上に、
Salsaの企画・設計という、
テイストが重なるこの一台。

見れば見るほど羨ましくなる・・・。

しかし!その良さを認めながらも欲しがらない、これが大事。
欲しいからといって物欲に身を任せてしまうと、扶養車両はドンドン増え、
毎日毎日乗る事に追われて気疲れしてしまうだろうから。

でもやっぱ・・・ええなぁ~。
by kaleidocycle | 2013-04-18 18:43 | 商品
<< 白井工業所謹製。 山荘フリーダム。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧