井戸端監視カメラ



山荘フリーダム。

c0189724_1702925.jpg
えっさかほいさか峠をのぼる、
えっさかほいさか花背をのぼる。


京都の背骨とも呼ばれるとか呼ばれないとか、
そんなダラダラ延々のぼり続ける花背峠。


しかし明けない夜は無いのと同じく、
漕いでりゃその内のぼりも終わるってなモンで、
えっさかえっさかほいさっさ。

c0189724_1704491.jpg

はい、お疲れ~


本日は朝から気温が高く、
峠の上でも気温計は15℃を指し示す。

さすがに汗が滴りますな、こうなって来ると。


そして峠からはズバーンと下るとそこには。

c0189724_171356.jpg
  補
  陀
  落
  山
  荘


c0189724_172141.jpg
雪を被っていないオンシーズンの姿を見るのは、
中々に久し振りであり、妙な新鮮さが。


そういや去年此処をベースに、
Salsaのスタッフと共に走った、
「Salsaツアーin京都」から、
丸々一年くらい経つんですが。

ツアーは山荘オープン前のイベントだったので、
山荘は未だ一周年を迎えていないんですね~。

c0189724_171283.jpg
あ~草臥れた草臥れた。

汗で濡れたジャージを脱いで、
ウッドデッキでスコールを飲む、
これは非常なる至福の時であります。

c0189724_1721131.jpg
「ストイックに延々と走り続ける」
という事など到底不可能、
そんな非スポーティー精神構造の自分は、
こういった目的地がある事で、
のぼってシンドイ坂も辛さが和らぎ、
「またのぼろう」という気になります。

で、同じ様に思う方が居られるなら、
皆さんにもこんな場所を活用して頂きたい。

・・・と昨年始めたこの山荘ですが、まぁドッタンバッタンしておりまして、
「いつ行ったら開いているのか?」というのが、いまいちハッキリせず、
気にかけて頂いている方々に大いなるご迷惑をお掛けしました・・・。
c0189724_1722434.jpg

いつなら開いてるか心配するなんて、
邪魔臭いにも程がありますよね・・・。


なので今年は利用システムを大幅改正して!


「基本的には完全会員制」としましてですね、
全ての会員さんにはもう鍵を渡してしまおう!


つまり会員さんであれば、朝だろうが夜だろうが好きな時間に来て、
休むなりメシ作って喰うなり寝るなり鍋大会するなり好きにして下さいな、と。

無責任極まりないシステムではありますが、
自分が使う方なら絶対こっちの方が良いと思うんですよね~。


「会員にならないと絶対に使えないの?」
「会費って幾らすんの?」
「会員は入れるとして、非会員の友人は入れないの?」

等々の詳細につきましては未だ揉んでる最中ゆえ、
決まり次第「補陀落山荘HP」にてお知らせ致しますのでチェックお願い致します!


そんな会員制はまぁ5月からのスタートになると思うので、
4月はお試し期間的になろうかと思うのですが。
次の土曜日(20日)、朝8時頃から15時まで自分が山荘に居りますので、
お暇な方はチラリと覘きに来て下さい、コーヒーや軽い喰いモン位は出しますんで。




今年は生活費獲得及び狩猟免許取得の為、
野猿追い払いという仕事を得て日々山を駆けずり回っておりますが、
3日に一回は農作業をしていますので、農園に興味のある方はその日で。
by kaleidocycle | 2013-04-17 20:11 | 補陀落山荘
<< 行ったり来たり。 妄想試走。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧