井戸端監視カメラ



すごくラブリー。

c0189724_17182989.jpg
今朝は妙に早く目が覚めたので、
朝からノンビリペースで芹生を超えて京北へ。

知らぬ間に黒田集落の桜も咲き始めておりました。
しかし週末は大荒れの天気になるとの事なので、
この桜も本日が見納めなのかもしれません。


ただ百年桜はまだ咲いていなかったので、
其方は来週にでも満開になるでしょうから、
まだまだ春の京北サイクリング、良い時期かと。

さてさて、そんなオッサンのレクリエーションの話などどうでも良くてですね。
本日は以前からチョコチョコ仕込んでいた一台を形にしました。
・EBS Vokka-SL
c0189724_17185530.jpg


普通のボッカと何が違うのか?さぁ何が違うのでしょう!
ボッカオーナーであれば気付くであろう、大きな違いもあるにはあるのですが、
一番大きな違いは「構成部品のグレード」だったりします。

ボッカはお客様のご希望に応じた部品で組み上げる事も出来るのですが、
弊店では完成車の形でのご提案もしており、
「コストと実用性と完成度の一番効率良いバランス」というテーマの下、
国産フレーム&油圧フルデオーレコンポながら、
かなりリーズナブルにご用意させて頂いております。
c0189724_17195151.jpg
手前味噌ながら、このレベルの車両を、
台湾生産の完成車並か、
それよりも安価で仕上げたと言うのは、
好みの好き嫌いはあれど、
相当お得なご提案であると思います。

しかし心の底では「コイツはもっと出来る子だ!」というまた違った想いもあったり。
そう、このボッカは自分の手掛けたフレームの中でも、
同業者からは最も評価が高い一本だったりするのです。
c0189724_17203066.jpg
そんな素性の良さをベースに、
効率よく組んだ完成車も良い。

けどコンポを磨けば、
コイツはもっともっと光るんだ!

という事で、自分の考える、
ボッカの真の姿がこのSLバージョン。

アッセンブルされるコンポはSLXの2x10XTの完組みホイル、
タイヤは軽い転がりとしなやかな乗り心地のクロカンタイヤ「IRC ミトスXC」で、
最早「フルリジッドMTB」と言って差し支えない状態。
c0189724_17193617.jpg
ブレーキも勿論SLXですし、
パッドもアイステックのメタルパッド
更に、シフターは無駄にi-spec仕様

そこにレアモノ化したカーネギーバー
それを支えるステムはトムソンX4

サドルも手抜き無くフィジークのGobi
そしてシートポストはやはりトムソン

ん~、いい感じだ!

c0189724_1720156.jpg

ヘッドセットも本物のテクノグライド
今はテクノグライドというのはブランド名ですが、
やっぱテクノグライドと言えばコレでしょう。

色も山の中に降る雪をイメージした、
スペシャルなフレークカラー


・・・何のこっちゃ分かりませんか?
要するに手抜きは無しよ、という事です。

結果的には、完全に自分の好みを形にしただけなのですが、
何と言いますか・・・こういう一台を街中で颯爽と立ち漕ぎで駆け抜ける人とか見たら、
「おぉぉ、ええなぁ~!」と、自転車屋の兄ちゃんでも目で追ってしまうだろうさ、と。
c0189724_17205484.jpg

普遍的ながら他に並ぶモノは無い、
そんな独自の存在であるボッカ。

結構思いきってフルスイングし、
こんな所まで仕上げて約25万円


安いとは言いませんよ、そりゃ。
でも内容とこの一台で出来る事を考えたなら、
高い!とは中々言えないのでは、とも。

そんなボッカSL。
「SL」は「すごくラブリー」の略なのですが、重量も現状で10.8kgとかなり軽量。
街とトレールの間を縦横無尽に行き来する、そんな毎日を充分満足なモノにする為に。



このSLは作りたくて作っただけのサンプルなのですが、
ご趣味に合えば勿論販売も致します。

値段も安くしときますぜ、ダンナ。
by kaleidocycle | 2013-04-05 19:21 | 商品
<< 東奔清掃。 ハロー、ワーサー。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧