井戸端監視カメラ



クランパスを考えよう 前半。

自宅の引越しを月中に控え、荷物の整理を始めました。
こういった事は何でも早めに始める方が良い、そう学んだ36年の人生な訳ですが。
c0189724_19423820.jpg

年末に入荷する予定がズレていた、
Sulryが送る新世代変なMTB「クランパス」も、
1/17に本国入荷したとの情報が、
どこからとも無く聞こえて来た事ですので、
ボチボチ日本へ送られる分も期待して良い頃。


初回分は販売用では無く店頭サンプル用であり、
製品版は春を過ぎてからの予定なのですが、
何はともあれ乗るには組まねばならぬので、
そろそろ部品を集め始めねばなりません。

で、検討を始めてみようという今回。
まずクランパスは「29+(ツーナイナープラス)」という、
50mm幅の極太29erリムに3インチの極太タイヤを履かせ、
ホイルを巨大化させるという規格をベースにしています。

なので、リム&タイヤ&チューブは考える必要無し、自動的に専用品で決定。
フレーム&フォークも当然決定な訳で、あと考えるべきは・・・。
・ヘッドセット
・前後ハブ
・ドライブトレイン
・ブレーキ

といった所でしょうか、割と少ないので簡単に決まりそうですね。


さぁ始めましょう!まずヘッドセットの規格は「ZS44」
通常のOSとテーパードフォーク、どちらも選べる最近の規格ですね。
最近の規格とは言え、クリスキングやケーンクリークは勿論あるとして、
もうちょっと財布にフレンドリーな製品も選択肢が出て来ています。
c0189724_19583243.jpg
例えばNukePloofのWarHead¥6,300、
TiogaのNS¥6,300、
タンゲのTG36ZS2¥5,775、
KCNCのKudosQ1¥4,410、

と、こんな具合。

因みに上記したZS44タイプは全てシールカートリッジベアリングなので、
恐らく価格による差というのは然程無いかと思われます。
まぁ細かい事言い出したら勿論其々の良い点・悪い点あるのでしょうが、
乗り手が自分程度であれば、一番安価なKCNCで十分、十二分。
はい、決定~。



「ハブ」、まずフロントから検討を始めましょう。
フロントハブも「良いモノ欲しい!」と言い出しゃキリ無いんですが、
取り合えず普通に使うならSLXとかが程々な所でしょう。

しかし、この巨大なホイルに9mmクイックではやや・・・心許ない。
可能であればナット止めが嬉しいですが、ダメでもボルト止めが好ましいかと。
ディスクブレーキ用のナットorボルト止めハブねぇ・・・。
シマノのハブを軸入れ替えてナット止め化するのが一番手っ取り早いかも。
c0189724_20241382.jpg
と、考えている所に。
灯台下暗しとは正にコレ。

SurlyのUltraNewDiskHub

Surlyのハブというと、お世辞にも良いとは言えない製品で・し・たが、
時代の波に揉まれた結果、新バージョンにアップデートされまして。

軽量化なぞ何処吹く風の、ゴッツリしたクロモリ軸に、
ステン小物を合わせたボルトオンハブってのは、中々に良い。
価格は¥9,975、ん~安いとは言えんけど高いとも言えん、微妙。

よし一旦保留、SLXのナット止め化とウルトラハブを軸にもう少し悩みましょう。
しかし、完成車にこのウルトラハブが着いて来るってのは良いチョイスじゃないか。



そしてリアハブ
始めに検討すべきは「マルチで行くかシングルで行くか?」

クロモリフルリジッドの極太タイヤ、と来れば快楽主義でシングルを選びたい所。
しかし!ホイルがデカいという事は、漕ぐギア比も相対的に重くなると言う事。
フロントを4アーム最小32tにしたとして、山でそれなりに走ろうと思うとなると・・・、
ん~23tとか24tとかか?分からん!乗らんと分からん!

まぁ何にしろ、シングルで山走る前提となればギアは結構デカくなる。
なのでシングルにするとすれば、DMRやSurlyなどのギアをねじ込む「ボス式」では無く、
WTBやキングなどの様なハブにフリーがついている「カセット式」である方が良さそう。

だって、ボスタイプのフリーギアでそんなデカイの選択肢無いですからね。
まぁカセット式とて選択肢は非常に少ないので、
シングル化は少し考えと作戦を纏める必要がありますな。


反対にマルチで組むならば。
135mmエンドの極々普通~のハブで組めば良い、悩む必要無し!

トラックエンドという事があるので、此方もフロントと同じく、
クイックよりもナットorボルトでの固定が望ましいですね。

まぁ別に潰れ無きゃ何でも良いんですけど、
シマノの29er用ラインナップの「FH-M529」とかが、スルーアクスル化もし易いし、
フランジがバカデカイし、大体価格も安いしで良さそうかな、と個人的には。


え~、長くなるので本日は以上!続きは後日!
by kaleidocycle | 2013-02-06 20:57 | 駄情報
<< クランパスを考えよう 後半。 メタボリズム。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧