井戸端監視カメラ



電動XTR考。

c0189724_16212774.jpg
京都の北の方には、
何故かダイドーの自販機が多い。

そして何故か。
ダイドーの自販機はやたらに当たりが出る。


なので、京都の北山エリアを走り、
自販機をオアシスとする人間は、
「当った時に何を選ぶか?」という事を、
常時考えながら自販機に挑まねばならない。

そんな事を知りつつも、今朝の自分はフヌケており、
「コーヒーでも飲むか~」と気軽にボタンを押したら、チンチロリン♪あた~り~♪
不意打ちにアタフタする自分、そして何故か写真を撮る自分。
c0189724_16213913.jpg
飲みたい物?コーヒー!
ってコーヒー買ったから当たったんやし・・・。

え~、早よせな当たりが取り消しになるし、
ん~え~、セイヤッ!と押したのは「ネクター」

c0189724_16215495.jpg
ネクター・・・ネクターねぇ。
飲みたいかと言われれば、そりゃ飲みたくなくは無い。

けどコーヒー飲んで、更にネクター飲みたいか?
そんな飲みまへんで~。


という事で、ヒップハンガーにネクターを収め、
バッグボヨンボヨンさせながらダートを行く。

当たったのは有り難いけど、やっぱり邪魔やな・・・。

という事で、たかがネクター程度の重量物でも、
有るか無いかなら、無い方がより楽しいダートライド。
まぁネクターを積むか積まぬかで悩んでいる人は居ないはずですが、
ライドにおける効率化の権化である「XTR」が気になる人なら居る事でしょう。



シマノのMTBハイエンドコンポであるXTR。
同じくシマノのロード用ハイエンドコンポ「デュラエース」は電動シフト化されて、
来年春には早くもモデルチェンジされる事が決まっていますが、
XTRの電動化ってのが、噂は絶えず聞こえて来るけど中々出て来ない現状。
c0189724_16223157.jpg
出たとしても、自分には関係無さそうですが、
出そうで出ないってのは気になるものです。

泥が詰まった際の動きなども気になりますが、
一番気になるのはシフターがどうなるのか?

現状の機械式シフターの場合、この様に親指を軸に、
グイっと押したり、リリースしたりという動きになる訳ですが、
この動きの持つ、慢性的な辛気臭さを解消する事が、
電動であれば可能っぽいのが気になる所ですし、
そもそもそれを叶えてこそ、電動MTBコンポの価値があると言えるはず。
c0189724_1622816.jpg

で、ロードのDi2と同じく、
ボタンによるシフトであるなら、
シフトアップ&ダウン其々のボタンが、
こんな位置に並ぶのでしょうか?

真っ当に考えればこんな感じでしょうが、
コレで出て来ると・・・チョッとガッカリかも。

c0189724_16225591.jpg
そこで!
「出来ればこうなって欲しい!電動XTRシフター!」
と言うのを、誰にも聞かれていないのに発表。
パチパチパチパチ~。

私思いますに、電動シフターには、
パドルシフターが最適なのではないか」と。
レバーを奥に押せばシフトアップ、
手前に引けばシフトダウン、とそんな。


押す時はご覧の様に、親指第一関節でグイ。

c0189724_1623960.jpg 反対に引く時は親指の付け根でグイっと。


動きとしてはグリップシフターに近いですね。
これであればグリップを握り込んだまま操作でき、
ボタン式でありそうなシフトミスの懸念も無いし。

シフトに力が要る機械式では出来ない、
電動だから出来るこの位置、この動き。

シマノさん!
これでどうでしょう!


c0189724_16232431.jpg
実際の所はどうなんでしょうね?
次のシーオッタークラシック辺りで出て来るのか、
・・・どうなのか?

出たら欲しい!という訳でもなく、
興味本位で見ているだけなので、
自分には関係ありませんが、やっぱ楽しみです。


まぁ自分はシングルスピードで充分ですけどね。
by kaleidocycle | 2012-11-13 17:29 | 無駄
<< 旧モデルにこそ。 イタチ・インスパイア・ザ・ネクスト。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧