井戸端監視カメラ



比叡参り。

c0189724_184237.jpg

よう熊公!隣の家に囲いが出来たってね?
へー!カッコイー!

熊から家を護るんだとよ。
クマーッ!


と、何の駄洒落にもなっておらんですが、
熊が出た様な、出てない様な、
不確定不安な我が家の背後、大比叡。

雨が降ると思い込み、何をする予定も立ていなかった昨日の休み
起きてみれば雨など一滴も降っておらず、さてどないしたモンか・・・と。

考えるふりをしただけで何も考えず、熊ハンティングをすべく大比叡へ。
c0189724_184216.jpg

武器は拳骨x2
足元支える愛馬は勿論メロウさん。


「シングルスピードでは峠が辛い」
と思われがちですが、意外と言うか何と言うか、
変速なぞ無ければ無いで、別に別にと言う感じ。

そりゃ急げと言われりゃシンドイです。
しかし今日は休日、別に急ぐ言われも無いし。

ギア比を色々試して、自分の行動範囲内で過不足無いギア比を見つける、
コレが何よりの大前提である事は当然で、そのギアさえ決まってしまえば、
あとは足に過度な負担を掛けぬ様、勾配を見ながらジリジリ踏む。
そして踏みながらも、常時酸素を取り入れられる様、じっくり呼吸をする。

とか何とか考えながら、踏む事に集中している間に標高は増し、
眼下にはミニチュアの様な街が広がる、と。
c0189724_1843741.jpgc0189724_1845273.jpg


後は琵琶湖、前には京都市。
山の上から見ると、大津と京都ってホントすぐ隣である事を実感。
c0189724_1873714.jpg

時間と汗で手に入れた、
約500m分の位置エネルギー。

さぁ行ったんらんかい!と開放。



その出力、ダムから吐き出される水の如し。

c0189724_1854570.jpg
比叡山というのは、
一応京都では最大級の山でありまして、
位置エネルギーを最大限に溜め込める場所の一つ。

なので、上る時間も長いけど、
反面下れる時間も長い訳です。


貯めたエナジーを一気に開放するのも良いけど、
時に休憩を挟むのも実に良い。

虫もスッカリ居らんくなったしなぁ、快適~。

c0189724_1855784.jpg
そんなトレイル。

下りだけでは無く上り返しもある訳ですが、
変速をバチバチ変える事の、
必要が有るかと言うと、然程無い。

トレイルにおいて、変速機というのは、
実は要らないんじゃないか、等と。

c0189724_1863780.jpg
「MTBとは何ぞや?」という阿呆みたいな問い。
そこに答が在るべきか如何かさえ、
全く如何でも良いと言えてしまう、正に愚問

しかし、その「在っても無くても良い」という、
それこそがMTBという存在を的確に現しており、
基本は戯れである、と考えております。


操作が上手くなれれば勿論良いし、
速く走れるというのもまた同じく。

c0189724_1864023.jpg
でも基本はやっぱ戯れ。
やってて乗ってて、オモロイからこそのMTB。

しかし、速さ・上手さへの憧れは、
消そうにも中々消せず、
結果として自分を追い詰める事もあるかもしれない。


その欲、というか獣における牙、
それをスポンと抜く為の手段として、
シングルスピードというのは有効なのではないか、と。

ここん所、シングルスピードについて言及する事が増えております。
ワタクシ、別にシングルスピードオーソリチーという訳では全くございませんので、
「シングルスピードはこう在るべきだ!」とか、
そんな阿呆な話をする積もりは毛頭ナッシングです。

ただ何と申しますか・・・。
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ、という奴で、
「シングルスピードはこんなに良いんだ!」という加増の話ではなく、
「無いなら無いで何とかせなならんですな」という所にこそ、
一般となったマルチスピードには無い面白みがあるんではなかろうか、
という事は実感として感じております。


まぁあんまりグチャグチャ言うても辛気臭いだけですが、
シングルに興味を持たれている方は、あまり色々期待する事無く、
ダメもとで試して頂ければ意外と良いかもしれんね、とその程度で、ええ。

熊はどうした、と?
そんなモン・・・影も形も見んでしたわ。京都は今日も平和です。
by kaleidocycle | 2012-09-11 19:41 | 無駄
<< 2013展示会 2発目(路上編)。 DZR。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧