井戸端監視カメラ



鹿の角狩ンピック。

c0189724_19131758.jpg
最近ロードにウツツを抜かしていたので、
今朝は、京都市内の最長ダートコースが取れる、
お気に入りの某峠へGo。


昨日の天気予報では、今朝は快晴&気温も上がると。
前の晩から「行きまっせ!」と決めていたからか、
「家を出ようとすると突然雨が降り出す」
という悪夢をみ、眠りながらショボンとなりました。

が、現実は天気予報どおり、バッチリ!

c0189724_19134534.jpg
アスファルトの道をダラダラ小一時間走り、
山を上り始めると、何故か人がチョコチョコ居る。

どうやら木の切り出しのタイミングだった様で、
チェーンソーが唸り、オッサンが吼え、
そしてメキメキメキメキ、という音と共に、
切られた木がドーーン!と倒れる。
ん~、林業はええなぁ。

因みにコレは切った木をトラックに積む機械。
掴む部分がジャンクマンの手の様さ。

c0189724_1914239.jpg
木を切り倒す間、作業に見惚れ、
作業が一段落した所で、横を抜けさせて貰い、
引き続き山へ向かう。

と言うか既に山なんですけどね。

前回此処を通った時は、一面の雪でしたが、
もう雪など影も無い・・・と思いきや、
いやいや、まだ山陰には雪がチラチラと。

暖かくなったといっても、まだ2,3日の事ですからな。

c0189724_19144030.jpg

気温は何度くらいあるのだろう?
自宅を8時前に出て、もう9時半頃だろうから、
麓なら13℃くらいはあるだろうけど、
山の上まで来れば、10℃くらいなのか?


よく分からんけど、暑くも無く寒くも無い、
最高の気候である事は確か。

ズッと登り続けなので、流石に汗が垂れてくっぜ。

はい、お疲れ~!  c0189724_1915562.jpg


このダートコースの最高点に達した所で、軽く朝飯。
まぁ牛乳とメロンパンだけなんですけど、朝の山で飲む牛乳は実にウマい!
あと一月もすれば気温は更に上がり、山でこんな冷たい牛乳を飲む事は出来なくなる。
この有り難味こそ春の恩恵なり。
c0189724_19152156.jpgc0189724_19153067.jpg


c0189724_19161573.jpg

先週は結構雨が降ったから、
ダートの其処此処で泥濘大発生。

この泥の中を漕ぐ感覚、
滑るリアタイヤにトラクションを掛けつつ、
ハンドルを取られぬ様、微妙に力む感じ、
この独り遊び感覚がとても楽しい。


やっぱダートはええね。としみじみ。

c0189724_191643.jpg
と、ダートを満喫するだけではイカン。
自分にはやるべき事があるのです。
それは「鹿の角探し」

自分の周りで一昨年位から流行っている遊びで、
鹿の角を見つけた者には名誉と栄光が。

まぁ周りと言っても、嵌っているのは4人位ですが、
他の3人がまず来る事がないであろうこのダート。
インナーローでダラダラ漕ぎながら、
道の脇を入念にチェックするも・・・見つからぬ。

c0189724_19164942.jpg
本来、鹿の角の生え変わりはまだ先で、
大体5月くらいが生え変わりの時期だそうな。

しかし、コゼバッグの名言を借りるなら、
「鹿にカレンダーは無い」


少しフライング気味に角が抜けてしまった、
そんな鹿も居るかもしれない。

その角を自分が見付けれるかは別ですが・・・。

そんな本日の収穫、ずばりゼロです。
c0189724_19165966.jpg


しかし、最高の気候の中ダートを堪能出来たので、ある意味勝ちかも。
楽し過ぎて遠回りしてしまい、店の開店が1時間遅れたという意味では負けなんですけどね。

ええ、自分もピーターパン化が始まっているのですよ。
by kaleidocycle | 2012-04-09 19:56 | 無駄
<< 補陀落山荘。 シンドローム。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧