井戸端監視カメラ



3ポケッツ。

c0189724_21262782.jpg
一部では桜が満開になり始めた京都。

御所には特設駐車場も用意され、
春の京都観光は早くもピークを迎え始めております。


なのに。
今朝も走りに行くと雪に降られました・・・。

コレは春とは言わんぞ、と人と話していると、
「でも昨年は4月に雪が降ったけどね」と。
どうやら4月はこんなモンらしいです。

c0189724_21264351.jpg
まぁ雪はチラつく程度でも、
気温が低いというのは悲しい事実であり、
着過ぎれば動き難いし、薄着では寒い。

この間のバランスとしてお勧めしたいのが、
自分も毎日愛用しているこのジャージ。

・CCP LT-O001 サラカラホットジャージ
 ¥18,900


c0189724_21265728.jpg
イルカの様に鈍く光る黒いジャージ。

見た通りのフルジップのロングスリーブで、
特に何、という事は無さそうですが。

バックポケットがついております。
しかもスタンダードな3ポケットに加え、
ファスナ付きの小物入れもオマケで一つ。

これは、アウターを着るベースとしては勿論、
コレ一枚で走る際の使い勝手を考えている、
という事ですね~。

c0189724_21271111.jpg
この一枚が使えるポイントは生地にあります。

サラカラホットという東レの素材なのですが、
裏起毛で厚みも有り非常に保温性が高く、
汗をかいた後も表面に残らないので、
汗を感じ難い、と。

吸汗速乾は当然として、
ゴムの様に自由にストレッチしますので、
着る事によるストレスが非常に少ない。

決して安いとは言いませんが、悩むならコレです!



c0189724_21272993.jpg
あと、こんなのも入って来ました。
チェック柄のウインドブレーカです。

・rin-project チェックウインドブレーカ
 ¥9,450


出しなは着て行き、体が温まれば、
脱いで畳んでバックポケットに、というのは勿論、
今朝の様に突然雪がチラつく時や、
グレーの雲が向こうから近付き・・・雨が!
という時にも役に立つ防水仕様です。

c0189724_21282174.jpg

生地は薄いポリ100、俗に言うシャカシャカですね。
非常に薄く、畳めばバックポケットに収まります。

そこにユニチカのマクマード加工という、
耐久撥水加工を施す事で、水を弾いてくれます。


なのに柄はこんな感じのチェック柄。
ど根性・どスポーティーではない感じが、
好きな人には・・・良い感じじゃないですか?

c0189724_21284077.jpg
此方もバックポケットは3ポケット。

ポケット無しのブレーカだと、
下に着ているジャージのポケットに入れてるモノを、
取ろうとすると実に邪魔臭い、なんて事もありますので、
やはりバックポケットは有って欲しい所です。


また、サイズが少しリラックスサイズなのですが、
脇下のギャザで絞っており、バタつきを防いでます。

この内容で国産でこの価格、良かないですか?



c0189724_21291120.jpg

あと、時期的には少し早いかもしれませんが、
似た様な柄の薄手のロングスリーブジャージ。

・CCP LT-V017A 千鳥ジャージ
 ¥15,750



此方はサラカラほど厚みは無く、
もう少し気温が上がってから活躍しそう、
そんな一枚です。

c0189724_21292727.jpg
生地は綿の様な手触りの薄手の素材ですが、
サーモライトという保温素材なので、
厚みの割りに暖かく、
また汗を外へ外へと押し出す構造なので、
汗をかいてもベタつきが少なくサラッとしています。

なので、素肌の上にコレを着て、
その上からウインドブレーカで調整、
なんて使い方も良いでしょうね。


千鳥格子が愛らしやね。

c0189724_21294084.jpg
そして此方もやはり3ポケット。

バックポケットって、一度使い慣れると、
「何故全ての服にバックポケットが無いのだ?」
という、バックポケット主義になってしまいませんか?

いや、ホンマにユニクロの服とかに、
全部ついてても良いと思う程に便利過ぎます。

まだまだ肌寒い所ではなく、ただ寒い。
そんな春を快適に走る為の3ポケッツ。
宜しければ是非。
by kaleidocycle | 2012-04-07 22:19 | 商品
<< シンドローム。 カミナリおやじなら拳骨モン。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧