井戸端監視カメラ



吉日。

c0189724_275739.jpg
エイプリルフールの日曜日。
東京へ行ってきました。


目的地付近の高田馬場駅を降り、
足元に目をやるとこんなのが。

新宿区は全て禁煙と言う事で、
何とコンビニの前にさえ灰皿は無い。

東京、恐るべし。

c0189724_284267.jpg
高田馬場の如何なる所か、全く知りません
東京のどの辺に位置するのか?
どれ位の賑わいなのか?
他に何があるのか?


そんな事を知らなくとも、
ワークショップモンキーさんが在る事は知っている。
つまり自分にとって高田馬場とは、
モンキーさんのある土地の名前である、
と認識している訳です。

c0189724_285058.jpg

という事で、本日一つ目の目的である、
「御本尊様へお参り」を試みましたが。


定休日でした。


調べてから行けっつー話です。

c0189724_291029.jpg
携帯に向かって、次の行き先を歌いかける。

「中っ落合~♪ビョ~ブファクトリ~♪」


型遅れのただの携帯電話では、
何の答えも返って来る訳も無く、
家で見てきた地図を思い出してただ歩く。

暗渠の出口がラヴホテルみたいだ、
等と観光しもって、ええ。

c0189724_294573.jpg

この大通り沿いの、
ヤレた感じの家の一階って言ったから、
即ち二階建て以上のヤレた家を探す。


・・・コレか!



違うか。

c0189724_210471.jpg
・・・コレか!



違うか。

いや、違う事無いか?


いやいや、違う事無い事無いか。


c0189724_2101586.jpg

コレか!


・・・って、東京堂?

おお!カブの店として有名な東京堂さんではないか!


へ~、こんな所にあったんや~。
まぁ今何処にいるか、イマイチ分かっていないけど。

c0189724_2103587.jpg

コレだコレだ、ビョブファクトリー

BYOBとは「Build Your Own Bikes」の略で、
自分の自転車を自分で作りたい!
そんな人へ道を拓くフレーム製作スペース。


自分の好きな形・好きな寸法で設計し、
部材であるパイプを買い、加工機械で加工し、
それを組み立てマイマシーンを作る。

c0189724_2121530.jpg
段取りの進め方、工具の使い方は、
常駐しているボーイが全て教えてくれる。

が、作るのは全て自分。
その結果出来上がった一台となると、
それはそれはもう・・・ねぇ。


作るのが邪魔臭い、という人も居るでしょうが、
学生の頃の、技術実習の時間みたいで、
オッサンにはときめくモンがありますな。

c0189724_213796.jpg

普通に良いモノは、世に数多とあるし、
性能と価格のバランスを考えれば、
オーダーフレーム、ましてや自作フレームなんて。


でも、他人が如何言おうが、
「自分はこの形が、この寸法が良いと思うんだ」
そんな怨念や情熱がある人には、
気持ちの捌け口や、念の出口として、
こういう場所がある事は、とても意義のある事では?

c0189724_2131949.jpg
そんなBYOBのオープニングに行ったついでに、
知人から依頼されているシクロの図面を叩く。

あの体型なら、あのパワーなら、
そして彼の使い勝手を考えるなら・・・。

更に立ち姿や、乗り味のバランスを、
想像膨らませて数字を叩き込み、
アアでもないコウでもないと、少しずつ詰める。

この作業だけでも楽しいモンですが、
それを自分で作るとなるなら、もう。

c0189724_2133164.jpg

このオープニングパーティーでは、
自分なぞよりも遥かに昔から自転車に乗り、
自転車業界に携わるレジェンド超人達とも、
話をさせて頂く機会がありました。


過去に自分が遥か高みに望んだ人々が、
何を仕掛け、どの様に時間を過ごしてきたか、
そんな話を。

業界内において中間管理職的年齢に達した自分は、
いつまでもそんなレジェンド達を見上げているばかりでなく、
こんなBYOBファクトリーの様な、ガツンと来る何かを示して行かなければ、
勿論、そんなに余力も甲斐性も無いけれど、それでもやらなければ。

帰りの新幹線の真っ黒な車窓を眺めながら、改めてそう考えた4月1日でありました。
by kaleidocycle | 2012-04-02 16:09 | 無駄
<< サンエスだよ、全員集合。 Peakの件。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧