井戸端監視カメラ



2012エルマリアッチの味見。

c0189724_1995916.jpg

スパッ!と冷え込んだ12月の京都。



山を仰げば上に白いモノは見えるものの、
陽が射す下界はそれなりに温い、そんな日。

c0189724_1915568.jpg

フカフカに積もった落ち葉を踏み分け、
毎度毎度のトレイルへ進入してまいりました。


ただ、毎度毎度とは言え、いつもと違う点が一点。
それは・・・・。


マシーンが違~う!

今朝の愛馬はSalsaエル・マリアッチ2012年モデル。
この一台は、今年の展示会でSalsaを見た中で一番気に入って、
弊店でもオーダー入れちゃってる一台なのですが、
気に入ったと言えど、売り物を乗る訳には行かない、しかし乗りたい!
いう事で、サイクルモードで活躍した試乗車をメーカーさんから借り出せた今回。
c0189724_19173377.jpg


周りの一部からは、「試乗車とはそう意味ではない。」と窘められながらも、
店の前の舗装路乗るだけで、MTBの何が分かるか!と、トレールへ持ち込むわさ。
c0189724_19294169.jpg

エルマリアッチの特徴であるスインガーエンドは、
シングルスピードで使おうがマルチで使おうが、
ディスクキャリパー位置の再調整要らず。
例えパンクしても、クイックでポンとホイルを外せる、と。


そんなスインガーエンド、
マルチで乗る本日は、リアセンター最短にセットし、
まずは上りのダブルトラックへレッツゴー。

c0189724_19302787.jpg
おぉ~!上る!とても上る!
リアセンター詰めたからという事を考慮しても、
非常に良い感じでリアにトラクションが掛かり、
ブリブリ上って行けてしまう。

26インチと比べると、相対的に部材が長くなり、
剛性が下がる傾向にある29er。
故に、クロモリとの相性は良く、
身を捩る様な反応は乗っていて実に気持ち良い。

倒木も水切りも越え放題越えれ楽っく~♪

この2012エルマリアッチ完成車、コンポはSramのX7で、ドライブは2x10。
c0189724_19413583.jpg

恥ずかしながらフロントダブルをダートで試すのは初めて。
フロントダブルって聞くと、少しロー足りないかなぁ?
と、思いきや、何か意外と行ける、足りる足りる。


反面、トップ方向はとても良い感じ。
29erでトリプルは、多分使い切れないはずなので、
そう意味おいて、29erにダブルクランクはあり。

スプロケのローは大きめ、という前提は欲しいけど。

上り一転、下りは如何か?
c0189724_1941525.jpg

ズバリ、前後バランスが良く、乗り易い。
借り物とは思えない程に自在に走れてしまう。
ビッグウィールの癖も封じ込められ、
美点である乗り越え性だけが残された感じで、
26よりも明らかにスムースに路面を舐める。

細かいスラロームとかでは、
やはり26インチの様には行かないモノの、
26のハードテール以上、フルサス未満、
そんな美味しい乗り味をプレゼント。

29erはフレーム構成部材が長くなる為、剛性確保が26よりもし難い面が有りますが、
部材をスチールにする事で、捻れをデメリットではなく「メリット」として演出しているのがグー。

また、29erには「ヘッド剛性確保の難しさ」という課題もあり、
これは「ホイルがデカイ⇒フォークも長い⇒ヘッドを捻る力がデカイ」となるから、
ヘッドチューブを伸ばして対策としたい、けど・・・。
「フォークが長い⇒ハンドル位置が高い⇒ポジションの自由度が低い」事から、
対策としてヘッドチューブを短くせざるを得ないという、板挟み状態に。
c0189724_1942578.jpg

そこでエルマリアッチの取った対策は、
「ヘッドチューブの大径化」

通常のオーバーサイズよりも、
外径で約10㎜も太い、大径ヘッドチューブ。


此処にゼロスタックヘッドを合わせる事で、
オーバーサイズでの使用は勿論、
テーパードコラムの使用も可能となっとります!

c0189724_19422144.jpg
いつも26インチのハードテールx110㎜サスで、
山の中をウロウロする程度である自分には、
「テーパードコラム」と聞いても、
あまり喰い付く程の何かは感じないので・す・が。

29erと来れば話は別、良いかも。


そんなヘッドチューブを支えるべく、
上下からガセットがガチッと挟み込む。

29erらしからぬ自然な乗り味を演出しているのは、
そんなヘッド周りなのかもしれない、なんて思いました。

まぁ所詮は自転車屋の戯言ですので、
可能であれば、ご自身で乗って、試して、感じて頂くのが一番。
そう、この試乗車(サイズ17インチ)、皆さんにも乗って頂けます!

店の前だけでなく、ダートで乗ってこそのMTB、
興味のある人は、あと一ヶ月位は借りていられると思いますので、
是非乗ってみて下さいませ~。
by kaleidocycle | 2011-12-19 17:07 | 駄情報
<< サイクルダイアリー。 歩け歩け運動。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧