井戸端監視カメラ



THE大解説 ディスク-フィクスド編。

弊店、基本的に地味な自転車が多いです。
一人でやっている店が故、どうしても己の趣味嗜好に準じてしまうのですな。

しかし!現在、弊店店頭には他所様からお預かりした猛烈な一台が御座います。
なので、今回はその一台をじっくり見て行こうと思います。
それが此方、東京高円寺サンライズサイクルズさんのデモバイク、
「ディスク-フィクスド」
c0189724_20294749.jpg

パッと見ただけでも「うわ~、何かえらい事なってんな~・・・」という感じだとは思いますが。
c0189724_20305216.jpg
フレーム&ハンドルは勿論、
ハンドルまでがフルスクラッチ!

「狭めのLuvバー?良いね。」
何て軽く流してると立派な大人になれんぞ!
よく見ると?グリップが?グリップが・・・ん?

c0189724_20311721.jpg
此方の一台、ディスク-フィクスドというだけあり、
ディスクブレーキ仕様の固定ギア車です。
「何の意味があって?」とか、
そんな無粋な話は置いといて、
通常のトラックハブを、ディスクハブ化する為に、
SJディスクアダプターで対応してるんですね。

c0189724_20313343.jpg
と、概要はそんな感じで、此処からは少し、
フレームの細かい所を見て行きましょう。

まずエンドはサンライズオリジナルの、
ロゴ抜きのトラックエンドに、
シングル対応の首振りディスク台座をセット。

そこに補強として、二本並べた細パイプ。

二本にする意味、それは・・・、
「持ち主が少し嬉しい」ウム、大事だ!

c0189724_2032687.jpg
よく見ると、BB周りもえらい事になってます。

リアセンターをちゅんちゅんに短くすべく、
シートチューブは、BBに接合されず、
ダウンチューブに刺されております。

で、ダウンチューブそのままでは受け切れないので、
パイプを被せて補強とし、ラグの様な意匠を見せる、と。

それに対し、つるつるに仕上げられたフィレット跡が、
逆に存在感を消しているのも面白いですね。

c0189724_20323428.jpg
シートステーはシートチューブに接触する事無く、
トップからエンドまで伸びるフローティングステー

ですが、バックを踏むという行為のある固定ギア故、
リアバックを締め上げる為に、
細パイプの補強がタイヤの外周に沿う様設定され、
綺麗なアールを描いています。

ピョコっと飛び出した所が個性的です。
個性的過ぎて、自分はチョッと抵抗ありますが・・・。

デモバイクとは「スペシャル」でありますから、各部手を抜く事無くスペシャルです。
ワイヤの内装仕上げなんて当然!フレーム接合部の被せパイプのヒゲの仕上げをご覧あれ!
シートは内パイプに被せをして、上端に少し内パイプが出ているというこのチラリズム。
c0189724_20325110.jpgc0189724_2033342.jpg


フォークの肩も作りこまれてますね~。
ブレーキのホースガイドは肩の裏にループを設定し、
ハンドル周りがホースでうるさくなる事を極力避けているのが見て取れます。
c0189724_20331474.jpgc0189724_20332555.jpg


このホースのルーティン、よく見れば気付くと思うのですが、
左前のブレーキでしか成立しません。右前だと逆に不細工になっちゃう。
つまり「乗る人の前提ありき」で企画・製作されているという事。

この一台はあくまでデモバイクであり、サンライズ高井氏の、
「此処まで出来る!」という主張込みのサンプルであります。

自転車を「フルオーダーする」と言っても、何が正しくて何が間違っているのかを考えると、
結果、案外普通の物が出来上がったりします。
勿論それはそれ、わびさびの世界の微妙な押し引きも良いモンです(個人的には好き)

しかし、どうせイチから作るなら!夢想したまんまの悪夢の様な一台を作りたい!
なんて風に考えてしまう事もあるでしょう。
そんな時、何を盛り込もうか?どんな仕上げにしようか?そんな事を検討する参考として、
サンライズサイクルズのデモバイクたるディスク-フィスクド、
あと10日ほどは店頭にあると思いますので、良ければ一度見てみて下さいまし。
by kaleidocycle | 2011-12-08 23:52 | 商品
<< 好き景色。 ボーナスチュウチュウ作戦 ラスト。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧