井戸端監視カメラ



シングルスピードMTBジャパンオープン。

c0189724_1938818.jpg

深夜12時。
トラックに満載された、自転車達。


向かう先が、シングルスピードMTBの大会ゆえに、
その自転車全てに「変速機が無い」という異常事態。


そして、目的地は更なる異常事態になる事必至。

c0189724_19382077.jpg

暗い中、高速道路をひた走る。

借りて来たパネルバンは、
BGMを楽しむ等と言う甘えを許さず、
壊れた掃除機の様な凄まじい唸りをあげるだけ。


助手席に乗った友人と、
全く如何でも良い話ばかりを繰り返していると、
空が薄ら白んで見えるまでは、結構すぐでした。

c0189724_19383265.jpg

中央道の北行きが、南行きに変わるターニングポイント、
諏訪湖まで来た所で、丁度夜明け。


どんな車でも運転する事が好きな自分は、
久し振りのロングドライブに気分爽快。

長引いていた風邪も、何か麻酔を打った様に、
ボヤァ~、と打ち消されて、気分良し。

c0189724_19422919.jpg

現場入り後、少し寝よう。

そんな甘い考えは打ち砕かれ、
荷物下ろし、巣を作り終えた頃には、
アレヨアレヨとレース開始。

勿論、自分も走りました。
試走一発行った時点で、想像を遥かに超えたコースの激坂っぷりと、
風邪&徹夜移動によるヘロヘロ感とに挟まれ、
正直「や・止めとこうかなぁ~・・・」と怯んでみたり。

が、前を見ても後ろを見ても、楽々な顔をしている人など居らず、
しんどいのは誰もがしんどいに決まっているんだから、
パタリ、と倒れない限りは走ろうじゃないか!と出走→完走→撃沈

c0189724_19452260.jpg




しかし、さすがSSJ。

変質者も走れば。


c0189724_201966.jpg





犬も走る。


c0189724_19454633.jpg
そして、さすが人口過密地帯。

久し振りに再会する人、初めて会う人、
どちらも盛り沢山で頭脳パニック。
何がなんやら訳ワカメ。

で何故か、先日会ったばかりのとパチリ。

c0189724_20341.jpg

自分の出たファンレースクラスは、
8割冗談・2割本気、ってな感じでしたが、
もう一つの選手権クラスは、
2割冗談・8割本気の「レース」。


同じ人類とは思えない勢いで、
走り抜けて行きます。

c0189724_2059520.jpg


コンマ1秒を争う世界故に、
空気抵抗の低減は必須。


故に、空気抵抗を極限まで低下させる、
高度な技法なども見る事が出来ました。

c0189724_20593668.jpg

とか何とかしている内に、気付けば表彰式。


ボンヤリと頭に霞がかかった様で、
この濃密な時間を何して過ごしていたのか、
あまりハッキリ思い浮かびません。

ただ、確実に感覚として残っているのは、
「楽しかった」という事。


c0189724_20594831.jpg

そしてもう一つ、「勉強になった」という事。

何が勉強になったか、ってのはヒ・ミ・ツですが、
来る前はこんな気分になるとは想像だにしなんだ。


そんな思考的オマケを貰えた事も含め、
ホントに「行って良かったSSJ」です。

c0189724_210068.jpg

ヘロヘロになった結果、
夜のキャンプは、日が沈む前に寝るという、
大失策を犯してしまい、全く記憶にありません。


まぁ色々反省点もありますので、
次回、再びSSJが開催されるのであれば、
「次こそは!」ってなモンで、ええ。
by kaleidocycle | 2011-05-23 23:30 | 無駄
<< 日焼け止め。 明日・明後日・明々後日。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧