井戸端監視カメラ



風来坊。

c0189724_19343496.jpg
台風が来る、台風が来る、
そう聞いてややビビって居りました。

小虫達も、ビビって変な実の間に隠れています。
(さぁアナタは何匹見つけられるかな!)


しかし、京都はいつもの京都で、
大風が吹くでも無く、大雨が降るでも無く、
普通に気候の良い朝でした。

c0189724_1935335.jpg
となれば、当然「」に乗り足りない此方としては、
走りに行かないという選択などあるはずもなく。

知る限り、人の少なそうな、
ハイカーに人気の無さそうな山へ。

ハイカーが少ないって事は、
・アクセスが悪い。
・眺望が無い。
・単純に上り難い。
等と言う要件を備えておる訳です。

c0189724_19383023.jpg
しかし、なんのなんの、
自分如きはそんな山で充分結構で御座います。

そんな山ほど、MTBには美味しいトレールだったり、
する事が無い事も無い事も無い事も無い

なんじゃもんじゃ。


で、楽しみながら、ハンドリングをチェック。
c0189724_1938496.jpg
そんなこんなで、山の土になりたい衝動に任せ、
午前中から動く訳ですが、気温の微妙な今の時期、
何着ていけば必要十分なのか?

此方の野蛮人、見た所、
夏着ていたジャージと、
夏履いていたズボンのままです。

気候に合わせるという知恵は無いのでしょうか?
可哀想ですね・・・。

c0189724_1939490.jpg
おや、「オラも肌寒いに決まっとろうが!
と抗議しています。
下に何か着ているのですね。


なんて、つまらん寸劇は置いといて、
肌寒いと言えど、普通の長袖・長ズボンでは、
ドタバタ運動に向かない事屡ですので、
インナーを着とくととても便利、
と言う事実を、知ってる人は流してね、
知らない人は覚えてね、ってな話。

c0189724_19392125.jpg下に履いているタイツは、
・CCP SP-N002 ¥11,550

東レの「サラカラホット」を素材に使っており、
汗をかいてもサラッ、吸汗速乾でカラッと乾き、
それでいて裏は起毛なので、とてもホット。

履いてる事を忘れるほど伸縮率が高く、
何気に前出し(オットセイを出す穴)があったり、
何気にシリコンで水玉模様が書かれてたりと、
ちょいちょい優しげなのです。
ウインターのタイツは、値段も安くは無いので、手が出辛いかもしれませんが、
持って置くと、走りに出る事が苦痛では無くなるので、
やはり可能であれば一枚、って感じですね。
自分もコレは昨年買ったのですが、「有って良かった・・・」と思いましたわ。


c0189724_19394171.jpgあと、上に着ているのは、肌着と言うより冬用皮膚。
・Nari/furi セイケイロンT  ¥4,410

テンションの掛け方が絶妙&非常に薄いので、
普通の長袖Tシャツほどの窮屈感が無く、
寝巻きとしても使えてしまう程の楽さ。

勿論、皮膚の上に保温層を作る事で、
程々の良い塩梅に暖か~い。

コレは着出すと毎日着るので、2枚以上必要になります。

あと、このセイケイロンT、そしてそのパンツ版であるセイケイスパッツ、
共に色展開が黒・灰・桃の三色展開だったのですが、
今年のモデルは、グレーの色見が濃い目に変わり、チャコールっぽい感じになっています。
昨年までのグレーは、オッチャンの肌着みたいに見えたのでパスしてましたが、
今回のグレーは好印象です。なので、自分も本日一枚お持ち帰りです。


c0189724_1940249.jpgで、最後にオッチャン。
このオッチャン誰?ってなモンですね。

自分も一瞬同じ様に思いましたが、思い出しました。
2年ほど前ツーリングの途中で店に寄ってくれた、
サイクルツーリストのオッチャンです!

聞く所によると、オッチャン、家に帰る事も無く、
中国・タイ・カンボジア・ベトナムなどを、
延々自転車でウロウロし続けているそうな・・・。
(走行10万キロ越えたってよ。)
因みに、オッチャンの名前は知りません。何処の国の人で、何が目的なのかも知りません。
こういう人の事を、我が国では「風来坊」と呼称します。

台風と共にやって来た風来坊・・・なんや格好よろしおすなぁ。
by kaleidocycle | 2010-10-31 20:57 | 商品
<< 今日は普通に正式に。 閑話休題。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧