井戸端監視カメラ



長い自転車の作り方。

本日は【知ってはいるけど手は出さない】、
そんな思いの人が多いと思われる、長~い自転車の作り方です。

用意するのは、
c0189724_21584565.jpg















・MTB的な普通の自転車 x1台
 高性能や軽量というのは、全く意味が無いので必要有りません。
 リアディレーラタブも必要ないので、
 山でヒットさせて、どうしようもない程にエンドの曲がったMTBが最適かもしれません。
 普通に転がるのであれば、川から拾って来たモノで充分です。

・エクストラサイクル フリーラディカルキット x1 
 ¥7万少々と、中々良い値段しますが、踏み絵の様なモノかもしれません。
 その価値が有るか無いかは、使用者次第ですので、
 頭を捻って、有効活用出来るか想像してみましょう。
 
 頭の中に使用方法が3つ以上浮かんだなら、これが味噌です。
 というか、コレありきの話なので、意地でも手に入れて下さい。
 
 頭の中に「ニコニコニャンニャン」と出て来たなら、
 それは細川ふみえです。勘違いしている恐れがあります。

 

次に調理方法ですが、  
c0189724_2159491.jpg


まず、後ろ足をもぎます。
と言うか、変換して驚きました。
「もぐ」と言うのは「捥ぐ」と書くそうです。
こんな漢字、始めて見ました。

ブレーキ・チェーン、
そしてリアディレーラーも外します。

ツルンとした後姿が、寂しげですね。










次に、
c0189724_21593940.jpg





この様な金具で。









車両本体のエンドを挟み込み、連結します。
フレーム素材はアルミでもスチールでもOK。
横に張り出したリッチーエンドでも勿論OK。



此処で注意点。
c0189724_220125.jpg

浮き出した文字が、
御確認頂けますでしょうか?

203mmローター用、とあります。
そう、このキット、
ディスクブレーキで使用する際には、
8インチローター専用となります。
アダプターは6インチ用でOKなので、
この点、注意が必要です。


キットには、ブレーキ・シフト共に、
ロングワイヤーが入ってますので、
用意する手間が省けて便利。

でも・・・、
微妙に普通のワイヤーで届きます。


まぁ無理にディスクにする必要も有りません。
リムにもよりますが、Vブレーキも装着出来るので、
使用目的と手間とを考慮して選択しましょう。

c0189724_2202168.jpg


チェーンも伸ばす必要が有ります。
1本では足りないので、
2本使う訳ですが、
実質1.3本位でいけるので、
結構余ってしまい、
やや勿体無いです。

因みに。
キットにはナローチェーンが、
必要な分だけ入っています。
7速、8速で使用する際は、
それで足るのでご安心。








そんなこんなで、ビビデバビデブー、とすると、
c0189724_2203642.jpg





長い自転車、
大完成です。








何だか、このままがとても格好良いですね。
オートバイでいう所の、クライマーと言いますか、
ロンスイと言いますか、まぁそういうノリです。

ただ、このままでは何の役にも立たないので、
キットの残り、キャリア関係をつけて行きます。



すると、
c0189724_2214972.jpg







ロングバイクの出来上がりです。
ほっかほか。











あとは、クルクル走り回ってみて下さい。

ロングバイクと言うモノは・・・何と言うか・・・、
何がって事は無いのですが、何だか面白いです。
騙されている、のせられている、勘違いしている、
そんな気がしない事も無いのですが、それでも何だか面白いのです。
仏頂面を維持する事なぞ出来ず、ヘラヘラと頬を緩めます。

「こういう面白さは、自転車の面白さとは違う」
と、否定的な意味で言われたとしても、
肯定的な意味に聞こえてしまうかもしれません。

考えれば考えるほど、考え込んでしまう、そんな一台です。
恐らくこの時点で、使用方法は間違っており、
正しくは、「何も考えずに乗る」そういう事なのかもしれません。



京都LOCOまでの一ヶ月間、
Surlyからビッグダミーを借りました。
興味のある人は、是非乗って下さい。

そして存分にヘラヘラしてみて下さい!
by kaleidocycle | 2009-08-04 23:37 | 商品
<< 逃げ場。 水パワー体験。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧