井戸端監視カメラ



変化バンザイ。

「またパソコンが故障してしまった」

人間、耐性というモノが生まれる様で、
二度目の今度は、まぁ仕方ないか、そんな風に諦めて考える事も容易。
心の平穏は経験と諦めから来るのかもしれない、
等と、無駄な事ばかり考えた昨晩からの流れ。



頂いたお土産の魚。
c0189724_22432696.jpg

保冷剤の入った発泡スチロール箱を如何に持って帰るか?
カバンに入れる?手で下げて持って帰る?



そんな選択の幅を更に広げるべく、空井戸に常備されている、
c0189724_2249214.jpg

マイトレーラー。
トラックエンドの車両にワンタッチで取り付け出来る様に改造済みなので、
モノを運ぶ用事が突如出来た時!自動車を持たない自分を支えてくれるイカした奴。

一輪のトレーラーは、牽引している感覚が全く無い程、
自然な動きをしますので、興味のある人は臆する事無く使ってみましょう。
が、欠点もあり、それは・・・。

朝起きて、トレーラー引いて帰って来たついでに、
店で飲むお茶と水を、激安で売っているあの店に買いに行こう!
となった時。
c0189724_22584876.jpg

積みますわな、一箱、二箱、三箱と。
一箱目は良いですが、二箱目でバランスが怪しくなり、
三箱目で、チョットした技の世界に入ります。すり抜けがとても危険な状態に。
そう、剛性の無さから、左右にとても揺れてしまうと言う事。

なので、重量物を積む場合はやはり、
キャディーファン等の二輪のトレーラーに分がある様です。
しかし、一輪の軽快さやシンプルさも捨て難い。
いやいや、実用性の二輪の方が・・・う~ん。




と考える事にも飽きて来たとしても、店にパソコンが無いので、
ヤフーニュースをポチポチ見ながら、与太話に花を咲かせる事も無く、
店の前を只管凝視し続ける。
色々な人が前を行く。その殆どが老人である。
犬の散歩率が非常に多い。通る自転車のママチャリ率もまた多い。

ん?店の前に、コンビニの袋が落ちている。
誰や、こんな所にゴミ放る奴は、けしからん。
店のゴミ箱に放り込もうと摘み上げると・・・重い。
中を見ると、1kg位ありそうな大きなアイスクリームの箱。
「あぁ、アイス買いに行って、落して行ったのか」と考え、
ならば、中身は融けた液状アイスなのか、ならばドブに流さねば、と、
蓋を開けてみると・・・中には・・・・・美味しく炊いたお肉がギッシリ。

誰やねん!人の店の前に炊いたお肉落していく奴は!
と、憤慨しながらもオモロイからまぁ良い。



気を落ち着かせ、肉はゴミ袋に封印し、再び外を見る。
トラックが止まる。そして視線はその幌に吸い寄せられる。
c0189724_23143366.jpg

寺尾さんの「ヲ」もどうかと思うが、そもそも貸物屋という商売自体始めて知る業種な事、
そして何より電話番号が「良いよ!ぃ良ろし!」という無理矢理さ加減。
ダウトの波状攻撃。

こうなると、もう、助手席に乗るベテランっぽいオッちゃんが、
嵌めてる軍手の妙な白さ加減さえも面白くなってくる。
暇って良いね、暇バンザイ。



そうこうする内に日は沈み始め、明日にオープンを控えた、
空井戸前の(仮)堀川公園は、プレのライトアップイベントが始まり、
c0189724_23221666.jpg

川に沿って蝋燭の日が流れる。
且つては暴れ川、最近ではただのドブだった堀川は、
明日から公園へと生まれ変わる。

官民で言えば、正直官の空回りといった風情を感じないでも無いが、
それでも、空井戸にとっては非常に嬉しい事。
この公園を使って、あんな事こんな事が出来るかな?出来ぬかな?



ライトアップが終わり、近所の子供達が退けてしまうと、
あとはもう、ただ静かに、
c0189724_2328349.jpg

届いたばかりのCOGマガジンの、
クラシックバイクで疾走するオッサンの写真を眺めたり。

日本から見れば「神風」で済ましがちな元寇を、
元と高麗側からの視点で書いた「風濤」なる小説を読んだり。

発作的に展示車組み立てたりして、閉店までの時間を過ごす。



そんな今日でした。
明日は堀川のオープンですので、出店のたこ焼き喰ったり、
パンク修理したり、発作的に展示車の仕様を変えたり、
ドライフラワーを回収したりして過すと思います。

パソコンの無い空井戸、それはそれでバンザイ。
by kaleidocycle | 2009-03-28 23:39 | 無駄
<< 鎧。 春、ウラりたい。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧