井戸端監視カメラ



未知、半ば。

「自転車を取り巻く規格の変遷、そして行く先は?」
そんな事についての説明をさせて頂く事が、最近とても多くなった様に感じます。
c0189724_19225327.jpg

MTBのホイルなどは正に戦乱の様相を呈しており、
「26インチか29インチか?」という単純勝負は、
決着がつく前に27.5インチという参戦者を迎え、
三つ巴の結果は?やはり27.5インチか?
などと見守っていた最中。

セミファット・ミッドファットなどと呼ばれる、
プラス規格が予想を超える速度で台頭し、
27.5+が最も追い風を受けている現在、
主流は何か?という問いに明確な答は無い状態。

まぁハッキリ申し上げて、自転車屋のワタクシも今後何がどうなるか全然分かりませんで、
「次はコレが主流になります!確実です!」などと未公開株取引みたいな事は言えません。

そんな中ですから、もう好きな規格を好きな様にお選び下さいってなモンで、
規格レースにおける負け馬必至な26+を「自分には最適だ」と思うが故に推しております。
c0189724_19224422.jpg


で、店頭にはテストに使った、
26+用のリムやタイヤやが、
何だかんだで転がっております。


Surlyのナード3.0も、
そんな転がり部品の一つ。

置いておくのは勿体無いので、
永く愛用しているSurly/1x1を、
最初に組んだ時に履かせていた、
ウエストパインハブ(通称西松屋)と、
トライオールリムで組んだホイルに、
パコっと嵌めて1x1にセット。

何気なく、実に何気なくです。

c0189724_20115323.jpg

すると・・・履けてしまいました、26x3.0という極太が。

「2.8くらいなら履けるかな~?」
と勝手に思っていたので嬉しい誤算です。


履けると分かると、何だかムラムラして来ます。
現在はロングテールとして使っている1x1ですが、
前後26+化して再びトレイルへ持ち込みたい、と。

c0189724_19223365.jpg

この1x1とは何年の付き合いになりましょうか?

流石にパッと思い出せ無くなりましたが、
恐らく12~13年目くらいなのかな、と思います。


自転車の規格もトレンドも大きく変わってしまった、
結構な時間を越えても未だにムラムラさせてくれる、
そんな1x1を嬉しく思うと同時に、嫉妬もわきます。


今までオリジナルフレームを数種企画して来ましたが、
10年後、20年後もオーナーさんをムラムラさせる事が出来るでしょうか?
それはその時になってみなければ答が出ない訳で、未だ道半ば。

お陰様で明日で弊店8周年、しかしまだまだ8年です。
10年、20年先でも「グッと来る」奴をコレからも発射して行こうと思います。
# by kaleidocycle | 2017-02-27 20:38 | 無駄

門限。

第二子出産後、実家に身を寄せていた家内&子供が昨日帰って参りました。
c0189724_19462915.jpg
3年前に長男が誕生した時と同じ様な、
「赤ちゃんのある生活」が始まるのか、
と、ややビビりもって構えておりましたが、
幸いな事に次男はとてもおとなしく拍子抜け。


また育てる方も二人目の子育てという事で、
抱くにしても何にしても長男よりもラフに扱い、
なんか2台目のオーダーバイクみたいな感じ。

1台目は小傷一つでギャーギャー言ってたけど、
2台目はまぁ自転車として普通に扱う、的な。


まぁそんなこんなで4人家族となった当家ですが、一つ予期せぬ問題にブチ当たりました。
それは長男3歳の生活リズムと、次男0歳の生活リズムが全く違うという事。
特に「晩飯喰わす→風呂入れる→寝かす」という一日の仕上げで混乱が起きるのです。

なので仕上げ段で合力すべく、暫くの間は閉店時間を20時丁度とさせて頂きます。
今までも閉店時間は20時だったのですが、なんだかんだで深夜まで居たりしました。
それ位適当な方が何かと都合よかったりもしたのですが、
赤子がいつまでも赤子である訳もないので、数ヶ月は門限ありで行こうと思う訳です。
# by kaleidocycle | 2017-02-26 20:15 | 駄情報

バック・トゥ・ザ・フューチャー。

c0189724_2010167.jpg


c0189724_20103070.jpg
此方、オーダー頂いたEBS/Hobo


「ショートアーチで32cを履ける、
 只々走り続ける為の美しいロード」

そんな弊店にとってのロードバイク像を、
企画したのはもう何年前だったか・・・、
調べてみると、もう4年半も前でした。

c0189724_20105365.jpg
で、その4年前もそうであったし、
以降ドンドン状況が悪化しているのが、
「シルバーパーツ」の供給。


黒か銀かを選ぶ余地が無いのは、
Hoboの様なロードバイクを組む際、
ひっじょ~っ・・・に困ります。

特にハブに関しては、高価なモノなら色々ありますが、
性能も価格もそこそこで、整備性がよくて耐久性があって・・・となると難しい。


c0189724_2011274.jpg
そんな中に差し込んだ一筋の光明が、
Velocityのロードハブで御座います。

フロント¥8,900&リア¥18,000と、
激安!では無いモノの現実的な価格。

そしてもう一つの美点は、
「自社オリジナルではない」という点。

生産元が何処かなどというのは一目瞭然でありますが、そこは置いといて、
この生産元からは自社ブランド以外にも様々なブランドにOEM供給されていますので、
補修部品が非常に手に入り易いという強烈なメリットがあるのです。

そんで此方のハブは例に漏れず11速対応のハブになりますが、
11速ハブと言えばドライブサイドと反ドライブサイドのスポークテンション差が、
10速時代までと比べるとどうしても大きくなってしまい、
普通に組むと珍妙なホイルになりますので、何かしらの策を弄せねばなりません。
c0189724_20111262.jpg

そこで簡単且つ効果的な策として、
リムの穴が中央よりも偏った、
オフセットリムというのがある訳ですが。

そんなオフセットリムの中でも珍しい、
シルバーのリムがVelocityにはあり、
カチャカチャカチャっと組むと?

触れが出難くスポークも飛び難い&整備性も良くて結構良く走る、
そんな普通の条件を備えた、輝くシルバーのホイールになるのです。
c0189724_20112027.jpg

「色くらいでガタガタ抜かすな、
 今あるモノをイタダキマス、
 そしてゴチソウサマだ馬鹿野郎」

それが本来あるべき男道かも。


でもやっぱ普通に良いですよ、
輝く金属で構成された自転車って。


まぁ捨てる神あらば何とやらで、
選択肢が減る一方の中でも、
こういったシルバーパーツが、
微妙に出て来ても居る事を、
とにかく諸手をあげて歓迎したい、
そう思う訳ですよ、ええ。
# by kaleidocycle | 2017-02-24 22:24 | 商品

訳のわからない事を言いに。

c0189724_19494061.jpg

東京の街に出て来ました。
あいかわらず、わけのわからない事を言ってます。

と言えばくるりの「東京」の歌詞ですが、
昨日・一昨日と二日間行って参りました、
ワタクシの東京出張などは正に其れ。

何か明確な目的があって行った訳ではなく、
「会いに行かねば」という焦燥が積もり積もった結果、
取り合えず飛び出してみた次第。


c0189724_19495337.jpg
未明からアクセル踏み踏み約6時間で東京着。


まずはResistant本部に進入。
進入と同時に元気よく話し掛ける、
静かにしろと怒られて裏に連れて行かれる。

で、騒いだ事を詫びるよりも前に無沙汰を詫びる。
付き合い自体は10年を越えますが、
ここ数年はオーダーする量も減る一方で、
今や幽霊部員同然の弊店ですから。

何でオーダーが減るかってーと、売れないからとかじゃなくて、
個人的にアアしたいコウしたいという勝手な欲求はあるけれど、
それを押し付けてばかりなのは申し訳無くあり、
同時にResistantのスタイルを100%代弁出来る気もする気も無いしで・・・。

段々疎遠になってしまっていました。
c0189724_1950518.jpg

でもですね、ワタクシが知る中で、
最もイカしたバッグを作るのは何処の誰?
その答がResistant以外になる事は有り得ない。

だから会いに行かなきゃならんかったのです。
メールとか電話では全然話しにならん。


で、Resistantの近況や動きを聞きつつ、
試作品を見ながらアアでも無いコウでも無いと、
やはり訳のわからん事を垂れ流す。

空いた時間を無かった事には出来ませんが、
それを充電期間と解釈すれば、逆に突き抜ける何かの兆しが見えたりも。
もしかしてもしかすると・・・今年凄い事になるかもしれません。



都心部を後にし、迷路の様な東京の街を抜けて向かう先は、
弊店にとって盟友というか腐れ縁というかなSunrisecycles
c0189724_1951996.jpgc0189724_1951349.jpg



c0189724_1952377.jpg
新たな一手を打って来る度に、
「頭おかしいんちゃうか・・・」と思わせてくれる、
ビルダー高井氏は今日もせっせと製作中。

彼の作品のぶっ飛び度は日々増しており、
改めて見ると「鉄の芸術」というべき状態。


顧客様からほぼ丸投げで頂いたオーダーを、
アアすべしコウすべしと打ち合わせ。

使うエンド部材一つ取っても異常過ぎ。




c0189724_2136599.jpg
ビール片手に打ち合わせを進め、
ほろ酔いになった所で日は落ちて。

河岸かえて呑むか、と移動。
向かう先は高田馬場の名店。


肴は串カツでもなければ馬刺しでもなく、
塗装をストリップされた旧い98フレーム。

おぉぉぉ!チェーンステーが!とか言いながら呑む。

c0189724_21361912.jpg
本来自転車屋である事以上に、
日本トレイルバイク界の総本山である、
ワークショップモンキーさんは、
日暮れと同時に呑み屋に変身。


気さくに接して頂けるボス猿様ですが、
ワタクシにとっては雲上人であります。

c0189724_21372360.jpg
なのでボス猿様の口から発せられる、
時に鋭く、時に適当な一言一言に、
真剣に耳を傾けると同時にコップも傾き、
メートル上がって徐々に徐々にフライハイ。


いや、やっぱノリさんスゲェな、とか言いながら、
小便に立ち、トイレのドアを開けると・・・。

うむ、やっぱスゲェ。

c0189724_21381333.jpg
朝が早かったので眠たくなり、寝床に移動。

今宵の寝床はSurisecyclesの二階。
フレーム製作工房としては充分な物件ですが、
現代人が住む場所としては・・・荒ばら家寸前。


でもチャンとベッドがありエアコンもあり、
夜っぴいて走り続ける車の音を聞きながら、
潜り込んだ布団は実に甘美な感触で、
あっと言う間に夢の中、おやすみなさい・・・。

c0189724_21384238.jpg

明けて翌日。

朝9時から製作を開始したSunrisecyclesを横目に、
オリジン弁当(関西には無い)を喰って元気100倍。


車に乗って再び東京を彷徨う。
次に向かう先の目印は~っと。

見つけた!スカイツリー!

そのスカイツリーが倒壊するとするなら、角度によっては直撃するであろう、
そんな場所にCCPのオフィスがありました。
c0189724_21392947.jpgc0189724_21394039.jpg



親戚よりも確実に会う回数は多いCCPさんですが、
此方からお伺いしたのはコレが初めてであります。
いつものCCPさん、見慣れた商品、そこに違いは何も無いのですが、
何と言うか・・・雰囲気が・・・お洒落過ぎて面食らいます。
c0189724_21401357.jpg

雰囲気に呑まれたワタクシは、
とにかく自分が欲しいモノ、
その形状・素材・ギミックを捲くし立てた後、
「都会怖い都会怖い・・・」と呟きながら帰路に。


帰りの約500km、ボーっと運転しながら、
何しに東京へ行ったのか?という疑問は晴れねど、
「行って良かった」という確信を噛み締めていました。

やっぱ会う事、それ無しでは何も始まらんですね。


# by kaleidocycle | 2017-02-23 00:02 | 無駄

OTI(ora tokyo-sa ikuda)。

c0189724_19183353.jpg

突然ではありますが、週明けの火曜(21日)は、
臨時休業させて頂き、ちと東京へ行ってきます。


東京行くのなんて何年ぶりでしょう?
高速パーッと飛ばして日帰り、といきたい所ですが、
オジサン最近すぐに眠たくなっちゃうモンで・・・。

定休日である20日(月曜)と合わせた一泊二日で、
昼寝休憩を挟み挟み、のんびり行くですよ。
# by kaleidocycle | 2017-02-18 19:48 | 臨時営業・休業


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧