井戸端監視カメラ



ポンコツアー。

c0189724_17415028.jpg
【未明】
まだ夜が明けきらない時分。


夏を目の前にしてるにも拘らず、
寒さは未練がましく尾を曳く時間。

目指す東京まで約500km。
今から10時間もあれば着くか、
と思う反面、
10時間位は掛かるのか、
と項垂れながら、
取りあえず明るみの強い方へ向かう。







c0189724_1742219.jpg
【富士】
円錐状成層火山。
日本の最高峰、標高3776メートル。


日本人の大半は、見ると喜ぶ。
富士山見る度に、
富士の麓で暮らしてみたいと、
漠然と思ってしまう。
これも一種のブランド志向。

まだ雪被ってる。








c0189724_1743221.jpg
【東京】
日本の首都。


東京生まれが本当は一番田舎者、
そう南の島の人に歌い表される事屡。
ただ、その根拠は不明。

人の多く出歩く街。
そして移動し難い街。
共に、尋常では無いほどに。

その中を、川面を舞う木の葉の様に、
道に迷い右往左往する自分の方が、
どう考えても田舎者のはず。





c0189724_12363345.jpg
【レジスタント】
抵抗力のある。
妨害する。
そんな意味の形容詞。


であると同時に、
愛機を自転車からミシンに代えた、
現状維持への抵抗勢力。
または、その製作するバッグ類。

良くも悪くも集団走行をせず、
常に集団を引き離しに掛かる。

脚質はクライマー。
ジリジリと、どこまでも上り続ける。




c0189724_13135160.jpg
【下町】
山の手の対義語。


都心部の様な喧騒は鳴りを潜め、
日本中何処にでもある様な、
ベーシックな風景。

勢い良くトップを狙う、
と言うのでは無く、
人生の永さが見えて来た人が、
思案し、充電する所。
ここは動物が植物に変わる所。
気を抜くと、根が生える所。
甘く、優しく、危険な土壌。





c0189724_13232211.jpg
【横田基地】
本州最大の米軍基地。
正しくは横田飛行場。
しかし、何と呼ぼうと基地は基地。


ブラブラ走っていると、左に塀が見え、
そしてその塀は延々と続き、
やがて見つけたゲートは、
その中が外国である事を示す。










c0189724_1352275.jpg
【霧】
水蒸気が小さな水粒となって、
空中に浮かんだ状態。


富士の裾野でを走っていると、
いきなり霧に包まれて、
フと前を見ると、真っ暗で、
後ろをみても真っ暗で、
頭の上には、街灯だけが光り、
人も車も、周りには何の気配もなくて、
「自分は何をしているのか?」
と、小首傾げる。

そんな疑問も、考え纏まる事無く、
エンジンの振動と、
霧が雨に変わり体打つ刺激とで、
雲散霧消。


c0189724_1443732.jpg
【朝】
夜が明けて、
間もない時。


生まれてから、
数え切れない程、
過ごした朝。

しかし、
風と雨と蚊を、
野宿で凌いだ、
闇の後で見る朝は、
本当の朝たる朝。

c0189724_14132658.jpg
【数】
数量を表す為に、
用いられる、
抽象的な概念。


恐らく数は焦点。

大きくなれば、
大きい物がよく見え
小さくなれば、
小さい物が、
よく見える。


c0189724_1425195.jpg
【角乗り】
水に浮かべた角材に乗って、足で操り動かす事。


三角乗りではない。

仕事として、
とても格好良い。





c0189724_1433095.jpg
【ポンコツ】
1 自動車の解体。
  転じて、壊れかかった自動車。
  使い古したり壊れたりしたもの。
2 げんこつで殴ること。
  また、殴り殺すこと。


ポンコツにはなりたくないと常思う。
反面、時にポンコツになりたくなる。



今回の道程、約1,200km、30時間。
使用した燃料 ガソリン約40ℓ。
お題目達成の如何、曖昧。
得たモノ、特に無し。
家に帰り着いた時の状態、ポンコツ。


古くなり、伸ばすと千切れるゴムになってしまったか如何か?
たまに伸ばして、確認したくなるから、無駄にぐぅぅっと伸びをするのです。
# by kaleidocycle | 2009-05-15 14:58 | 無駄

東向き。

突然ですが。
展示会を見に東京へ行く事にしました。
よりまして、明日12日・明後日13日を臨時休業とさせて頂きます。

今晩未明から、バイクに跨りオール ナイ ロ~ンです。
# by kaleidocycle | 2009-05-11 21:00 | 臨時営業・休業

遂に。

何と。
蒸し暑い本日だった事か。

ムゥワっとする外の空気を店の中に入れまいと、扉を閉めるか、
それともムゥワっとして来た店内の空気を入れ替える為、扉を開けるか?
どちらにしろ暑いという事実が、今後の気温の上昇に対する脅えへと昇華するのです。

店の前の堀川にはチョロチョロと水が流れ、
足湯ならぬ足水で涼をとる事で凌ぎましたが、
明日のどうなる事かと、ドキドキしてしまいます。
c0189724_1947637.jpg

早急に、工場にある様な大きな業務用の扇風機を導入しなければ!



そして遂にというか何と言うか、今年初、蚊に喰われました。
この盆地に、恐るべきモノが、来るべくして来てしまった、
そう、夏が見えてきたのです。
c0189724_20214756.jpg

早速買いに走った蚊取り線香から延びる、その匂いは、
ポンポンの香りと並んで、夏の季語たる風格ある感覚刺激。



今年は、東京でサイクルメッセンジャーワールドチャンピオンシップス(CMWC)
http://www.cmwc2009.com/index.html
が有りますし、
そして勿論、京都ではKyotoLocoが有ります。
http://kyotoloco.jp/

匂いで、待った無しを感じ、そして無暗にドキドキしてきました。
夏が・・・来る!
# by kaleidocycle | 2009-05-10 20:33 | 無駄

オキニメス。

本日、オートバイのマフラーを交換しました。

本当はノーマルが一番なんでしょうけどね。
頭では理解しているつもりでも、それでも、ホンの少し・・・何と言うか・・・。
で、いざ変えてみても、昔は普通と思っていた音量のマフラーが、
どうにも耳障りで、なんならうるさいと感じてしまう。
そんな勝手な我侭を解決に導く為に導入した今回の、
c0189724_1114684.jpg

シムズクラフト製 手曲げエキパイ+トラディショナルメガホン
とても美しい曲げのアール。よく消音された丁寧な作りのサイレンサー。
大阪の豊中でオッチャンが一人で作っているそうで、
コレがたったの¥48,000!損得勘定無茶苦茶です。
その製作者たるオッチャンとは面識などは無いのですが、製品に人柄が表れる様に思います。

で、何で自転車屋の日記でオートバイやねん、という話ですが、
ハッキリ言って、どうでも良い事でしょう?自転車屋の兄ちゃんのオートバイなんて。
でも、世の中の事は大体において、他人様には如何でも良い事を、
本人だけが大騒ぎしていると言う事が基本な気がします。



そう、他人様には如何でも良い事。
しかしこのマフラーに替えた時、自分は思う訳ですよ。
「ちょっと・・・乗ってみようか」と。
今までとは違う、ストスト・・ともバスバス!とも言わない、
ルトトントントン、という自分の納得行く小気味良い音を引き連れて走るなら、
きっと何処でも気持ち良いだろうと。

勿論、昨日までも乗りたいという気持ちは有ったけど、
それが寄り明確に、強く、想われる事は確かで、
その事の意義たるやもう・・・。



そう、こういう「乗りたい!」と思わす力、つまり切欠というのは、
人が何かを楽しむ際には非常に重要で、
時に絶対性能を大きく上回る様に思うのです。

ただ、そういった際の基準と言うのはとてもエゴイスティックなモノで、
人様と共有しよう等というのは、甚だ馬鹿げた話です。

しかしですね・・・その「乗りたい!」を高めるアクセラレターの存在、
それ自身についてなら、きっと多くの人が思い当たる節は有るでしょう。



空井戸で扱う自転車は、残念な事にけっして安くは無いです。
なのに、高級車では無いし、高性能でも無いかも知れません。
でも、それでも、曖昧な基準の中で明確に「乗りたい!」と思って頂ける、
そんな自転車を、昨日も今日も明日も、ばら撒いて行きたいのです。

それを「ゆる乗り」や、「チャリ仲間」なんて言葉で逃げるつもりは毛頭御座いません。
c0189724_1271320.jpg

貧乏臭い玄関に光るこの一台を見て、自分は「乗りたい!」と背中を押されます。
上腿部に緊張感を感じます。
全ては此処がなければ始まらん、と、
そんな風にう思うのは、本当の感情なのか、損得勘定か、
考えてしまうほどに、此方は勝手に真剣なのです。

皆さんの、お気に召すが、日本全国で、
皆さんと出会う事を祈って居るのです。馬鹿馬鹿しい程に。



自分は、こういうモノを作る人は、とても偉大だと考えます。
# by kaleidocycle | 2009-05-09 21:00 | 無駄

GW反動。

勝手ながら、明日7日(木)は臨時休業させて頂きます。
反対に、次の10日(日)は営業致します。
# by kaleidocycle | 2009-05-06 21:00 | 臨時営業・休業


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧