井戸端監視カメラ



THE 駄情報。

京都市の中心を流れる加茂川の中を行く、イカしたマシーン。
泥の海から、川の中へ、そしてまた泥へと自由に駆け巡る。
c0189724_20513620.jpg




水陸両用・・・嗚呼、甘美なる響き。
良いなぁ、楽しそうだ~、乗りたいなぁ、愉快そうな仕事だなぁ。

マシーンを操る作業員からすれば、大して面白くもないのかもしれない。
されど隣の芝生の青さ加減よ・・・。
でもまぁ自分は乗り物部の中でも自転車担当なので、
己の仕事を粛々と行うというのが、正しい姿であります。



さぁお仕事だ!
本日、顧客さんから頂いた問い合わせへの回答を、ついでなので皆様にもご報告。

内容としては、
「クロスチェックのリアホイルが、グイと強く踏んだ際ズレた事があり何だか不安。
 クロスチェックにつけられる、チェーンテンショナーはないモンかいね?」 との事。
c0189724_2052731.jpg
勿論御座います!

答はそう、御覧の通りSurlyのTugnut。
トラックエンドにしか使えないと・・・、
思いこんでいませんか~?

このTugnut、エンド外部に取り付ける為、
実は普通にこんな感じで取り付ける事が出来ます。

10mmのナット止めは勿論、
クイック用のスペーサも付属しているので、
問題無く、ホイル位置を固定できるのですね~。
c0189724_20522095.jpg取り付けは簡単。
エンドのアジャストボルトを抜いて、
Tugnutを取り付けるだけ。
こんな感じでエンドを押す訳ですよ。


クロスチェックをシングルにしている方、
またはFixにしている方にはとても有効。

ね?Surlyってなめたモンじゃないでしょ?

自転車屋として、毎日自転車に塗れて生活していると、
自分の知っている事は、誰もが知っている様な、勝手な思い込みに陥る事が有ります。
まぁ実際、皆さんの知っている事と己の知っている事に、大した差など無いんですけどね。

しかし、たまに共通していない事もあり、
それを共有する事が有意義である可能性も大きいので、
そういう情報こそ、発信して行くべき情報なのかもしれません。

落合博満記念館の2階は、喫茶ベースボールヒーローとか、
そんなんの方が・・・共有したいんですけどねぇ。
# by kaleidocycle | 2010-02-08 23:03 | 駄情報

鯨。

c0189724_2325251.jpg

久し振りの雪です。



こんな日は、何も無く暇な一日。
誰もがそう思っていたはずの一日。
しかし何故か自分はテンパっていた、
そんな一日。

自分は、そんな冬の日の前日、前々日と、
c0189724_11172565.jpg
暖かな和歌山に居ました。

和歌山は和歌山でも、
沖に黒潮流れる、鯨の町 太地

昨今、嫌でも耳に入って来る「捕鯨問題」について、
何もかも分からん事だらけなのが、
あまり気分が良く無いので、少しでも知りたい。

なんて事ある訳も無く、
ただ、暖かい所へ行きたいという、
そんな衝動から向かった次第です。

c0189724_11181194.jpg京都から借り物の車を運転する事約5時間。
下手すればグアムより遠いかもしれない町。

到着したのが昼過ぎという事もあり、
まずは、鯨を喰う。
お造りは、何を選んで良いのか分からないので、
確実に旨いと感じられるであろう、鯨カツをチョイス。

味は、牛肉に近いけど、やはり何かが違う。
何が違うって言うと・・・よく分からないけど、
やっぱり違う。
でもビフカツよりも安いので、
どちらでも喰えるならどちらでも良い。

c0189724_11184079.jpg腹が膨れた後は、
太地町のメインスポット鯨の博物館へ。

大きな鯨の骨格標本や、
鯨各部のホルマリン漬標本、
そして捕鯨の色々を開設した資料などあり、
世間で色々言われている事の、
アウトラインが薄ボンヤリと、
見えた気がした様な・・・。

c0189724_11185976.jpg
久し振りの好天の下、数名の老人と並び、
クジラショーを見てみる。

鯨とは名ばかり、そこで芸を見せるのは、
イルカとジャンル分けする方が自然な生き物。
でも顔は怖い。


鯨喰ったり、鯨見たり、鯨可愛がったり、鯨買ったり。
太地、何か変な感じのする町でした。

捕鯨が是か非か。自分には無関係に等しいです。
もっと言えば、あらゆる人々、殆どに無関係です。

そして残念ながら、賛成派・反対派・調査捕鯨容認派、其々の意見は、どれも明確さに欠き、
なるほど!と言わせる意見は何処にも見つけられません。
穿った見方をすれば、全て行きつく所、悪い遊びに見えたのです。
 
捕鯨が日本全国の文化だとは思いませんが、太地の文化では確実にあります。
捕鯨の是非という大きな潮流の中で、置き去りにされてしまった鯨の町の路地は、
燦々と南国の日差しに照らされ、余計に浮かびあがって居り、見る程に寂しげでありました。

太地町には他にも。
# by kaleidocycle | 2010-02-07 10:41 | 無駄

連休。

来る4日(木)、5日(金)を連休とさせて頂きます。
# by kaleidocycle | 2010-02-03 21:05 | 臨時営業・休業

鬼人間。

節分です。
節分が何なのか良く知らない無知な空井戸にも鬼は来てくれました。
c0189724_20235650.jpg

鬼一号。
では無く、鬼の面をつけたマイマシーンに、
空気を入れているのは、
シクロクロス世界戦から帰って来た若き鬼。

鬼の様な快進撃を見せるか?
なんてのは無茶な希望。
でも世界と充分戦って来れたリザルト。

凄いぜ。


c0189724_20281063.jpg鬼二号。
実物は写真で見るより、
額のソリコミが急激で、鬼の角の様。
勿論、天然モノ。

多くの人から容姿に関する罵声を浴びせられながらも、
意に介する事無く、競輪選手目指し日々トレーニング。

今はキモイと言われても、
いつか選手としてバンクに立てれば、
キモイという言葉は応援に変わる・・・かも。

今は鬼の様にモガきまくって貰うしかないです。


と、この様に、と言うのは、残念ながら実在する訳では御座いません。
しかし、「鬼の様な働き」という風に、勢いを表す語句として使われる事は多々有り、
c0189724_21311148.jpg
例えば、この見た事無いFメカ。(髑髏輪業謹製)

新商品でもプロトタイプでもある訳無く、
古いサンプレの、樹脂製クランプバンドが割れたので、
代わりにとばかり、BMX用ステムを切って削って、
なんとか使える様にしようと涙ぐましい努力をしている、
その過程だそうです。

「バ、バカバカしいにも程がある・・・。」とも思いますが、
なんとかして使えるという、その事実こそが、
自転車の大いなる魅力の源泉であると考える自分には、
鬼の様にイカしたブツに見えてしまいます。


潰れる・直すと言えば、鬼の霍乱では無いけれど、
c0189724_21313289.jpg
ある、シマノ某グレードのフリーボディが割れました。

フリーボディ交換です。それはOK。
でも、この割れの影響を、
ベアリングと共に受ける玉押しが、
何故か単品で補修部品として出ない。

「チョコチョコ割れるそうだ」
そんな話が聞こえるのは、別に良いと思うのですが、
フォローが上手く設定されてないってのは、
シマノらしくないと言うか、残念な事だなぁ、と思いつつ、
でもまぁ、直るなら良いかってなモンで。



と、何の話か分からなくなって来ましたが、取り敢えず本日は節分で、
そして明日・明後日は空井戸サイクル休みである、そういう事です。

下らん鬼の話なんぞしている時間があれば、
c0189724_21314915.jpg

こんなNari/furiの新色プルブレーカが入荷した事や、
生地が前回の物と随分変わっているという事を、
お伝えするべきですし、


Nari/furi  プルブレーカ
ドットパープル・ドットホワイト
¥23,100



c0189724_2132137.jpg

店頭に吊ってあった、
EBS ニードルトラックを、
少し爺むさい感じに組んだので、
EBSが気になる方は参考にしてね♪

なんて事をお伝えするべきだとも思います。

しかし、とにもかくにも明日・明後日は休みと言う事で、
細かい事は帰って来てから、ってな段取りなのです。

それではまた明々後日!
# by kaleidocycle | 2010-02-03 21:04 | 無駄

時節なんて見えないワン。

年始の余韻に浸ってる間に、2月です。
京大横の吉田山付近では、節分祭に向け露店の準備が始まって居りました。
c0189724_21857100.jpg
しかし、自分の頭の中を占めるのは節分などではなく、
空井戸開店当初より度々悩まされている、パーソナルコンピュータ問題が・・・また・・・。

潰れました~」って、言葉吐くのは簡単だけど、
何がどうなって、何の問題が起こり、運用に支障を来しているのか?
全然わからないというその事が一番重く気分に圧し掛かり、
次にパソコンが無いと、部品の発注も見積もりも在庫管理も連絡も、
何もかもが、パソコンがある時と比べ、より手間取り、不自由に思う、
つまりパソコンに盛大に絡め取られているという事実が、気分を沈める。



パソコンって何なんでしょう?何であんな事が出来る様になっているんでしょう?
見ているだけでは、死ぬ時まで見ていても何も分からないと思います。
箱を開けると、中にウンパ・ルンパが100人位居て、
ベンハーのガレー船よろしく、力を合わせて動かしている、
そんななら、パソコンがこんなに重くるしく感じる事は無いのでしょうね。

いや、それはそれで、ウンパ・ルンパの衣食住の事が、気分を圧迫するかもしれないか・・・。
パソコン、恐るべし。
# by kaleidocycle | 2010-02-02 00:32 | 無駄


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧