井戸端監視カメラ



門外漢、突撃す。

カーボンバイクを買ってしまいました。
久し振りに買った自分用の自転車、遂にワタクシもカーボン時代に突入です。
c0189724_1526643.jpg



c0189724_15353448.jpg
見ての通りの折り畳み自転車、ですが。

「カーボンライトフォールディング」という、
味も素っ気もない製品名の此奴、
名前通りフレーム&フォークがカーボンで、
公称7.5kg(ぺダレス)という軽さが最大の売り。

前後片持ちというシステムからも分かる通り、
折り畳んだ際のコンパクトさも中々のモノです。

c0189724_1527055.jpg
で、ワタクシが此奴に求めるのは、
「如何に楽に効率的に輪行出来るか」

とにかく公共交通機関が苦手、
更に言えば乗換えとか大ッ嫌い。

しかし年に数回、大都会に出張する際、
電車の方が圧倒的に効率が良い事があり、
そこで折り畳み自転車でもあれば・・・、
という妄想が凝り固まり手を出した、と。

自宅から駅までコロコロ走って行き、折り畳むこと約15秒、
袋にくるむ作業の方が遥かに時間喰いますが、梱包終われば此方のモノ、
持ち上げて負担になる重さでもないので階段も片手で担いでヒョイヒョイ。
c0189724_15272895.jpgc0189724_15274834.jpg



電車に乗った後も、置き場所探しに必至になる必要などなく、
場合によってはコインロッカーに入れる事も可能。
c0189724_1528296.jpg

電車酔いと約一時間格闘した後です、
辿り着いた大阪の空気が美味い。


此処から地下鉄に乗り換えて~、
なんて段取りならサボタージュ決定でした。

しかし今日は自転車がある!
パカパカ組み立て約15秒、さぁ発進!

c0189724_15285881.jpg
ハンドリング?なんですかそれ?
走行性能?一応走りますよ。

移動速度としては歩くより遥かに早く、
テンション高めでスキップする位の速度。

これ位の勾配でも無理に立ち漕ぎすると、
ドライブベルトのコマがパチンと滑ります。

でも・・・やだ、楽しい。

c0189724_15291526.jpg
大通りを渡る際には信号無視。
自転車担いで歩道橋を渡りましょう。

なにせ小さい、なにせ軽い、という事で、
自転車担いでいるというよりも、
洗濯物を入れたカゴを持ってる程度の負荷。

下りる時は乗車して一気にダウンヒル!
とかすると滅茶苦茶速く下れます。
即転倒して転がり落ちる訳ですから。

c0189724_15293610.jpg

とかそんな事をしている内に、
目的地に到着してしまいました。

例年此処に来る時は駐輪場探しが大変。
バイクの駐輪場って全然無いんですよ。

でも今日は自転車だから!
だから・・・だから?どうしましょう?

c0189724_1530288.jpg
中にペッパー君が居たので聞いてみました。

「はじめまして、ペッパー君」
   「・・・話しかけてね」
「折り畳んだ自転車って持ち込んでも良いの?」
   「・・・タッチパネルに触ってね」
「触って、って何かチョッとエッチだよね!」
   「・・・何か聞きたい事はある?」


異種間の意思疎通って難しいですね。

ハンドル伸ばしたままの中途半端な折り畳み状態で押し歩きし、
展示会場の入り口脇、邪魔にならない場所を見つけてそっと駐輪。
c0189724_15304419.jpgc0189724_15305835.jpg



c0189724_1532510.jpg

展示物を楽しく拝見した後は、
大阪の街中を超低速で走りながら、
お店屋さんを冷やかしたり、
朝飯喰ったりとポタリング。

つーかポタリングってコレか!
知ってるつもりで知らんかったかも。

うわ~、楽しいやんけ・・・。

c0189724_15312715.jpg
帰りは電車も空いています。

なので置き場所も好き放題、
でも本を読む机代わりに、
足元に置いてもこの程度。

実に省スペースです。

c0189724_15324076.jpg
京都に着いたら店に向けてGo。

京都御苑の北側に存在する、
通称・御所トレイルでダートごっこ。

意外と行けます、「意外と」というレベルですが。
またギア比が相当軽いので、
気を抜かなければ林道行も可能っぽい。

やめといた方が良いんでしょうけどね。

c0189724_15325578.jpg
幼児車に近いサイズながら、
一応大人が乗って移動出来る。

高性能とか耐久性とか、
そういったモノとは無縁ですが、
自分に必要な要件を備えている、
この車両をそう判断した今回。

c0189724_15211343.jpg

カーボンライトフォールディングバイク ¥68,000(税別)

¥68,000という価格を「高い!」と感じる人は絶対に手を出してはならんです。

逆に「安い!」と感じて興味を持っている方は、
Web上で殆ど情報がキャッチ出来ない事にやきもきしておられるでしょう。
取り合えず出張時以外は店に置いてる事が多いと思いますので、
気になる方は現物の構造・構成・乗車具合などチェックしに来て下さい。
# by kaleidocycle | 2017-09-28 20:18 | 商品

2018見聞録 その3。

c0189724_15285935.jpg

グッドモーニング大阪。


いつもより少し早めに起きて電車に乗り、
やって来ました今月二度目の天満橋。

目的は勿論「展示会」であります。

c0189724_1532449.jpg

本日は合同展示会という事で、
複数の代理店さんのブースがありますが、
取り合えず手始めに「羊を産む男」こと、
高松ケンジ選手のCrazySheepブースへ。


たのもーっ。

シティバイクブランドのはずなのに思いっきり土バイクな、
フルリジッド27.5+Bighornが鎮座しておりました。
c0189724_15325763.jpg

この方向性、この内容で完成車価格¥19万ってのは破壊力ありますね。
通算何台くらい出たん?と聞いたのですが、その答は・・・大ヒット商品でした。

c0189724_15352619.jpg
「プラス規格で前後QRって大丈夫?」
と聞かれる事がチョコチョコありますが、
大丈夫じゃない理由なんて何も無い。

寧ろ世の中がスルー化一色の今、
135mmエンドってのは「有り」。

ヘッドはZS44なのでテーパーコラムのサスフォークを入れる事も可能ですが、
サスを入れるとトリッキーなジオメトリになってしまう気がするので、
個人的にはフルリジッドのまま、QRのまま楽しみ続けるのがベターな一台かと。

行き場を失ったチョッと良い135mmハブがゴロゴロしている今ですからね、
お道具箱を漁ってアップデート、とかそういうのを楽しむ方向で、ええ。


c0189724_15335013.jpg
本道のシティバイク製品群もまた、
スタンド台座が用意されていたり、
カゴ取り付け用のマウントが、
フレームに用意されていたり、
ハンドルがクルンと回るのを止める、
スタビライザーが用意されていたりと、
チョッと嬉しいアイデア装備が充実。

c0189724_1534990.jpgc0189724_15342125.jpg






はい、次行きましょう、大阪の重鎮・TAK21さん。
RaceFaceの新型ドロッパー「Aeffect」をしげしげと眺めるに・・・、
「何処かで見た事ある感」を容赦無く放っています。
c0189724_15362976.jpgc0189724_15363862.jpg


しかしドロッパーが一般化した今、求められるのは独自性よりも確実性であり、
具体的メリットが見出し辛かった前作Turbine(¥53,000)に対し、
¥31,000~36,000という価格で簡易取り付け&確実動作は歓迎すべき。
同じ様な内容でもっと安いのもある!とはいえレースフェイスって・・・格好良いし。

「いやいや、世の中銭だっせ」というコスト意識の鋭い諸兄の為に、
TAK21オリジナルのBazookaブランドから良い感じのハブが登場。
c0189724_1537043.jpgc0189724_15371014.jpg


ウルトラファット用の197mmスルーハブが¥15,000切りってのは安い!
この手の特殊ハブって選び幅が少ない上、結構入手性が悪いので助かります。
他ブランドからも出ている、あの150ノッチハブも¥2万切りましたよ。
中身はOEM実績を富士山の様に積み上げたOOOOOOなので信頼性も充分。


c0189724_1538526.jpg
「ノバ?もう!誰と間違ってんの!最低!」
過去や製造元ばかりを詮索すると、
女子に嫌われます、マズイです。


大事なのは今何を提案しているか。

その点、乗りに乗ってる攻め系フォーク、
DVOから漂う甘く芳しい匂いに、
フラフラと吸い寄せられてしまいます。

c0189724_15381682.jpg
ユアッシャー!
山から~ゴリラ、下りて来~る~♪


ではありませんが、φ35mmモデルに続き、
敢えてビシビシ系から剛性を落とした、
φ32mmモデル「Sapphire」に注目。

内部構造のシンプル化により、
重量を落としつつも動きはDVOってか。

c0189724_15382560.jpg
「セッティング幅の広さとメンテナンス性」
それこそがDVOの魅力かと存じますが、
裏山遊びならよりシンプルなサファイアはあり。


ドロッパーはBikeyoke一推しなのですが、
DVOのこの色使いは・・・ズルイですよね。

エクスターナル仕様も選べるので、
モンキーST7などにも是非。

c0189724_15383793.jpg

ブランド変わって「Spinner」

取り合えずコレ下さい、となる、
φ27.2のレバー一体ドロッパー、
「DSP-L ¥15,800」

ストローク70mmとMTBで使うにはやや物足りないかもしれませんが、
タイヤの太いグラベルロードでシングルトラックに進入する時とかに光りそう。
Salsa/VayaとかFargoにジャストマッチしますよ、コレは。

しかしスピナーフォークって「The安物」みたいなイメージで完全スルーでしたが、
現在、OSコラム&15mmスルー&140mmの27.5用フォークという、
奇跡みたいな製品があるんですよね、¥49,800という程々な価格で。
フォークの死亡と共に眠りについているOSヘッドのMTBを目覚めさせる、
白馬の王子となる存在なのかもしれません、要チェックですね。

c0189724_1539527.jpg
あとMSCのペダルで凄かったコレ。

「CNCウルトラライトフラットペダル」
という何の捻りも無い名称ですが、
その名の通り、持った瞬間声が出る程軽い。

コレ何グラムなんやろ・・・215g!軽っ!

いやまぁもっと軽いのもあるんでしょうけど、
この軽さのメリットの反面、デメリットが少ない。

c0189724_15392618.jpg

普通のフラペと重ねるとこんな。

足との接触面積がしっかり確保され、
軽量ペダルにありがちな、
「一応踏める」とかでは一切無い。

それでいて価格も¥11,800と目ン玉ひん剥く様な数字では無いので、
軽量化を愛する人はコレ、かなり良いんではないでしょうかね?

自転車の軽量化よりも己の軽量化に取り組むべきワタクシには無縁ですけど。
# by kaleidocycle | 2017-09-27 18:56 | 駄情報

微贅沢ヘッド。

なぁヘッド・・・あの頃のアンタはシャープでエッジが立ってて、何つーか・・・。
でも丸くなっちまったモンだなぁ、何があったんだよ。

へっ、俺に言う事なんか何も無いってかい。
何とか言ってくれよヘッド!何か言えよ!何があったんだよ!
c0189724_2121543.jpg



っつー事で長年親しまれたタンゲの定番ヘッド「ラブハニー」ことTG36J27に、
丸っこいシルエットの兄弟モデル「TG36J3」が追加されました。
テクノグライド(タンゲ) TG36J3  ¥4,900(税別)

c0189724_21204684.jpg

いやまぁ別にJ27の兄弟と、
無理矢理くくる必要も無いのですが、
構成部品を見れば大体同じなので。

「ヘッド・・・変わってねぇよアンタ」
とかそういうのはどうでも良いとして。

今やブランド名となったテクノグライドですが、嘗てはタンゲのハイエンド製品名で、
「日本国産ヘッドの最高峰」という一種の威厳みたいなモノがあった様に思います。

その頃の印象が強く残っている為、今でもブランド名は「タンゲ」と呼んでしまいますし、
「テクノグライド」というとハイエンド製品のTG36CLを指してそう呼んでしまいます。
c0189724_21201539.jpg
で、今回登場したJ3。

テクノグライドとの血縁を感じさせる、
ツル~ンとたおやかなアールが、
何とも懐かしくも良い塩梅で・・・、
「テ・・・テクノグライド!」
と言ってしまいそうな雰囲気です。

OSアヘッドセットの大定番であるタンゲシールカートリッジシステムの信頼性に、
柔らかなアールを描く形状が加わるとなると・・・新定番の位置は約束されたも同然。

ただOSアヘッド一辺倒の世の中はもう終わり、様々なヘッドが乱立する今。
もっと早く来て欲しかった、というのが本音であったりもします。
c0189724_21212310.jpgc0189724_21214050.jpg



ラインナップから消え、あとは在庫分を残すのみとなった1x1やPacerには、
絶対にマッチするに違いないタンゲの新製品J3。

これから組む人も、完成車の鉄ヘッドがガタガタになって来てる人も、
遅れて来たOSアヘッド界の大型新人を是非チェックして下さい。
# by kaleidocycle | 2017-09-26 22:15 | 商品

牽引体験。

c0189724_19544340.jpg
ロングテールバイクと併用している、
バーレーのチャイルドトレーラー

保育園の送り迎えや公園通いに、
トレーラーを使ってみる中で、
美点欠点が明確になって来ました。

c0189724_19543427.jpg
まず色々な車両に取り付け可能なので、
自分が何乗ろうが勝手というのは楽。

また搭乗する子供自身が好むのも、
ロングテールよりトレーラーで、
乗せる方としても安心感は絶対に上。


反面、取り回しの悪さは・・・如何ともし難い。

c0189724_1955910.jpg
とにかくパッと出かける気になれない。
走り出しても狭い路地とかは楽々なれど、
大通りに出てしまうと後方への不安が残る。


結果としてスイスイ走れる気軽さに惹かれ、
ロングテールバイクばかり乗ってしまうのです。

だからやっぱロングテールがお勧め!
と言えるか?言えませんよそんな事。

人には其々の事情というモノがあり、それに伴い道具の優劣も変わるのです。

日常の中で確実に便利なロングテール。
しかし子供二人乗せて確実に支えるには、それなりに腕力を必要としますので、
細腕の奥様が子供二人を安全に運ぶとなれば不安を覚えられるかもしれない。

また導入時の費用もトレーラーと比べるとロングテールは倍程も違い、
ロングテールを!となると割と纏まった金銭が出て行きます。


c0189724_19551612.jpg
最近頂いた相談でこんなのがありました。

お子さんが双子ちゃんで現在1歳。
お母さん、自動車の免許持ってない。
毎日双子ちゃん用ベビーカーで移動。
た・た・・・大変ですよね。

このお母さんの移動範囲を広げるには、
トレーラーがベストな答でしょう。

c0189724_19552571.jpg
でもお母さん、趣味で自転車に乗る事は無く、
ママチャリしか乗った事が無いとの事。

とは言えトレーラーを使えるか否かで、
今後の生活が全く違うモノになりますから、
挑戦は是非すべきです。

が、買ったは良いけど使いこなせない、
そんな事になったら悲惨。

という事で当家のトレーラーをお母さんのママチャリに装着し、
試しでしばらく使ってもらう事にしました。
試す中で取り回しや車幅感覚、自宅での保管方法などなど、
トレーラーのある生活の良い点・悪い点が具体的に見えて来るはず。


当家も下の子(乳幼児)がもう少し大きくなればトレーラーが活躍するでしょうが、
今の所は無くてはならない存在という程でもありません。
なので、トレーラーを御検討中の方には無料でお貸し出し致します

金銭不要な分、補償も保険も何もありませんので、
それについての一筆は頂きますが、乗ったから買えとかは一切申しません。
遠くの街から京都観光に来た際にレンタルサイクル借りて来て、
弊店でトレーラーをピックアップして子供と移動、とかでもOK。


使ってみて、貴方のライフスタイルに合うか否か?
その判別に役立てばそれだけ当家のトレーラーも価値があるってモンですよ。
# by kaleidocycle | 2017-09-24 21:02 | 駄情報

あだ花アドベン茶。

c0189724_1784153.jpg
皆さん、アドベンチャーしてますか?

アドベンチャーとは何も未開の地や、
遠く遠くの地にのみある訳では無く、
日常の少し先にも広がっていたりします。


今朝、密漁と言う名のアドベンチャーをしに、
近所の川に行った際、何気なく撮った写真。
そこには何と・・・河童が写っていたのです。

c0189724_179513.jpg
一歩間違えば尻子玉を抜かれる所でした。
もはや安全な場所など何処にもありません。

そう、時代は守りよりも攻め、という事で、
家の近所で河童が大発生した際には、
即逃走出来る様、備えを進めるべきでしょう。


荷物を括りつけられるだけ自転車に括りつけ、
河童の居ない土地を目指してアドベンチャー!

何?自転車などママチャリしか持っていない、ですと?
そんな貴方にはSalsaのライトツーリング車「Marrakesh」を御案内。
c0189724_1792051.jpg



c0189724_17103475.jpg
ライトツーリング車、ってーと語弊があるかも。

ライトというのはSurly/LHTの様な、
「対ツーリング専用兵器」的存在に対し、
そこまで極端ではないという意味でして、
左チェーンステーに忍ばせた、
予備スポークからもやる気の程が伺えます。

実際に乗ると一発で「おぉ!」となりますし。

何が「おぉ!」ってその直進安定性、とにかく懐が広く大きな船に乗った様な具合。
ヘッド角70.75°&オフセット55mmというベタベタに寝たヘッド周りに加え、
最短でも455mmというリアセンターでホイルベースは1,100mmを優に超えます。
c0189724_17104487.jpg

正確にはMサイズで1,120~1137mm、
これがどの位の数字なのかと言うと、
Surlyの29+クランパスよりも長いのです。

そんな超ロングホイルベースながら、
グッと踏むとそれなりに応えてくれる、
このスポーツテイストを残した味付けは、
太いZS44ヘッドとバルジパイプに支えられた、
Salsa独特のテイストと申せましょう。

c0189724_1711339.jpg
ツーリング「だけじゃない」、
それがマラケシュの魅力。

基本的には700c前提で、
完成車にセットされているのは38c。
しかしWTB/Thickslickの、
29x2.1を履いてもまだまだ余裕。

c0189724_17113747.jpg

BB後にはスタンドプレートがありますので、
スタンドを美しく確実に取り付ける事が可能。

パニアを装着したツーリングシーンは勿論、
日常使いでもあれば絶対便利なスタンド、
もっと色々なフレームについて良いのに、
そう思いはすれども現実には珍しい存在。

c0189724_17114969.jpg
日常の移動、早朝の林道、視界の悪い夜の峠、
そして纏まった休みを使ってのツーリング、
それらをシームレスに繋ぐマラケシュ。

可動式のスインガーエンド「オルタネーター」は、
出先でのメカトラの際に活きるかもしれないし、
断舎利気分のシングルスピード化も簡単。

ええ、ディングルとの相性も最高です。

と、改めて掘り下げると結構濃厚なマラケシュですが、
今回御紹介したフラットバー仕様は廃盤となってしまい、
今後はドロップバー仕様のジオメトリのみの販売となります。
c0189724_17121293.jpg

残念!と言いたい所ですが、
売れなきゃ消えるのは当然。

凝った内容が災いし、
完成車で¥23万という価格は、
正直チョッと・・・高い。

店で組んだVaya男前verで、
¥24万という事を思うと、ね。



そこで在庫完成車をベースに、
弊店なりに擦ったり抓ったりして、
練り直したのがこの一台。


Salsa Marrakesh-Flat改(Mサイズ) ¥××0,000(税別)
後日記:完売!
この内容でこの価格なら胸を張って「価値あり!」と断言出来ます。
サイズ的にはMと言えども身長175~180cm程度が適正となりますが、
Sサイズのフレームで同様の一台を作成する事も可能(色グリーン・追加¥1万)。

c0189724_171244.jpg
どちらかというと過去のSalsa的、
そんな匂いがするマラケシュフラット。

眠れない秋の夜は、
星を追いかけて何処までも、
そんな思いつき小冒険のお供に、
MTB系のポジションの此奴は如何?


# by kaleidocycle | 2017-09-23 19:41 | セール


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧