井戸端監視カメラ



樵インストック。

c0189724_20268100.jpg
どうも、どうもどうもどうも、
此奴がTimberjackで御座います。
先日の予告通り、無事に届きました。

完成車と違い、フレーム売りの分は、
チャコールという色のみになるのですが、
日本語で言うなら「艶消しの黒」でOK。
まぁチャコールって墨ですしね、正解。

フレームセット税別¥54,000(¥2,000上がりました)という破格のプライスですが、
フレーム各部を見て行くと、とてもそんな価格とは思えない仕上がりレベルの高さ。

しかも付属品が微妙に豪華で、Boost用148mmオルタネーターエンドは当然としても、
DT製スルーアクスルやSalsaのシートクランプ、Fメカ用台座、グロメット大量と、
バラで買うとこの部品代だけでも結構な値段になりそうです。
c0189724_20263395.jpgc0189724_20264120.jpg



c0189724_20283822.jpg

暫く前まで「セミファット」というと異形というか、
あくまでMTB界の傍流であると認識していました。

しかしこのティンバージャックを前にすると、
改めて時代が変わった事を実感してしまいます。


27.5+と29erのコンバチ前提となっているので、
トレイル中心に楽に安全に楽しむなら27.5+、
キレ良くスピーディーに攻めるなら29erと、
好みによって選ぶというのも一つですし。

c0189724_20284677.jpg
手持ちの部品を生かして一台作る、
と言う際にもコンバチ性があるのは有り難い。


エンドはスインガー式の「オルタネーター」ですので、
付属の148mmを使いブーストで組むもよし、
スペーサKITを使えば142mmハブも使用可能。
何ならエンドを交換する事で135mmQRも!

勿論稼動式ですのでシングルスピードも可能ですし、
オルタネーター用リアキャリアの装着も出来ちまう。

c0189724_20285566.jpg
前三角を大きく取るSalsa独自のデザインは、
フレームバッグの容量も大きく取れるので、
バイクパッキングとの親和性も高く、
小さなサイズでもボトルの抜き差しもし易い。

ついでに言えばトリプルボトルケージなので、
前三角は大型フレームバッグで占められても、
ダウンチューブ下にボトルを装備出来たりしますが。

基本的にはキャンプ時の煮炊き用の水を、
1.5ℓペットに入れて装着ってな風になりましょうか。

そんなこんなで一本あれば滅茶苦茶遊べてしまいそうなティンバージャック。
純粋なるトレイルバイクという専業的な存在ではなく、
MTBを軸としてトレイルライドもダートツーリングもボーダーレスにこなす、
そんなSalsaの打ち出す世界観をみっちりと詰め込んだ内容を、
¥54,000という価格で出して来る辺り、正にSalsaの戦略モデルと言えましょうな。
c0189724_20274098.jpg


取り合えず初回入荷祝いという事で、サンツアーのレイドンプラス(¥54,000)と、
ヘッド・ステム・シートポストもセットで「¥10万!」という企画を用意してみました。

「こんだけ使える内容でこの値段は凄ぇよ、時代は変わったぞ、オイ!」
と勝手にテンション上がっていたのですが、撮影後即売れてしまうという事態に・・・


よっていきなり入荷記念企画第二弾になってしますのですが、
レイドンプラスとヘッドをセットで¥10万(税別)で御提案させて頂きたいと思います。
御用意数はSサイズ・Mサイズ其々一本。(勿論フレームのみでも!)

手持ち部品を余している人も、これから人生の相棒としてMTBを始めようという方も、
Salsaテイストが尻尾の先まで詰まったティンバージャック、是非御検討あれ!
# by kaleidocycle | 2017-07-23 21:29 | 商品

ニュースペーパー。

ただ今、弊店の前が「京都府警24時」みたいな事になってます。
c0189724_21275151.jpg
パトカーに追われ、囲まれているのは、
何故かタクシー、しかもシエンタ。

更に前面掲示灯には「賃走」の文字が。
これが噂の賃走団って奴でしょうか。

後ろに乗ってる客は悲惨ですね。
いや、貴重な経験が出来てオモロイのか?

c0189724_21281019.jpg
と、そんなニュースは載っていませんが、
知りたい情報、意外な情報が満載の、
大阪発自転車フリーペーパー「Cycle」誌の、
最新号が昨晩届きました。


コロが沢山並んだ巨大滑り台を滑ると、
尾骶骨の辺りが擦りむけて痛く、
その状態で風呂に入ると絶叫するほど痛く、
直り掛けると眠れないほど痒くなる。

そんな情報は載っていません。

「尻尾の部分には神経が集中しています、猫や犬の尻尾を戯れにイジるのは止めましょう」
そんな説教も載っていませんが、より現実的で愉快な情報満載の、
サイクル誌を是非お手に取って頂き、ペラリと読みながら蒸し暑い夜をお過ごし下さい。
# by kaleidocycle | 2017-07-22 21:45 | 駄情報

不意打ち。

c0189724_19541684.jpg

昨日・一昨日と早めの夏休みを頂き、
姫路セントラルパークへ行って来ました。

世の子供らも夏休みに入ろうという時期ですから、
さぞ混んでるんだろうなぁ・・・とゲッソリ気分で行くと、
どうした事でしょう?ガラガラです。


確かに夏休み直前=夏休みでは無い訳で、
タイミングがズレているといえばそれまでですが、
この閑散っぷりは・・・心配になるレベル。

c0189724_19552673.jpg
遊園地の経営って大変なんだろうなぁ、
そんな余計な事を考えてしまう、
たった2日間の旅行でしたが。

旅行直前にスマホが壊れまして、
店のメールをチェック出来ませんでした。

そんで帰って来て本日メールを開くと、
溜まったメールがドバーンとな。

で、メールを一件ずつチェック&返信などなどして行くと、
その中に二度見してしまう様な重要なメールがありました。

Salsa/Timberjackフレーム、入荷致し候
c0189724_19582683.jpgc0189724_195837100.jpg



諸々の事情により2017年モデルがお流れとなり、
入荷は2018年扱いとして10月以降になるであろうと思われていた、
そんなティンバージャックが梅雨明けと共に突如国内入荷したとの事。

基本的にはブーストエンド(148mm)のティンバージャックですが、
交換&可変式のオルタネーターエンド採用の為、
専用キットを用いる事で142mmや135mmQRでの運用も可能!

それ等のキットは8月半ばの入荷予定と少々先になりますが、
フレームは明後日日曜日に届く予定となっておりますので、
マルチに使えるリーズナブルな新世代MTB「ティンバージャック」を是非チェックあれ。
# by kaleidocycle | 2017-07-21 20:37 | 商品

挑戦。

c0189724_19303754.jpg
昨日暇潰し的に組み合わせてみた、
「ロングテールwithトレーラー」

走ってみると意外なまでに違和感が無かったので、
なんとなくそのまま自宅まで乗って帰った昨晩。


そんで今朝、長男を保育園に送って行く際、
「どっち乗る?好きな方選びなはれ」
と言うと、彼が選んだのはトレーラー。

そうなんや~、へぇ~ってなモンで。

c0189724_19283153.jpg
さてそんな「ロングテールwithトレーラー」。

ワタクシはフリーラディカルキット(FRK)で、
トレーラーを牽いてみている訳ですが、
もし同様の事をする人が居るとするなら、
一点注意させて頂きたい所が御座います。

というのもFRKのエンドはホイル脱落防止の為、
表面がツラではなく、少し凹んでおりましてですね、
そのままヒッチメンバーを取り付けようとすると、
ヒッチメンバーがピタッと沿わないのです。
コレでは固定力が出ませんので危ないですね。

そこで取り出したるは此方のアルミスペーサー、コレを挟むと固定力がキチンと出る、と。
SurlyのTugnutテンショナーの構成部品ですが、補修部品としても¥300で販売中。
c0189724_19284797.jpgc0189724_192909.jpg


元々はクイックシャフト固定と10mmナット固定との差を埋める為のモノですが、
我がロングテール1x1はボルト固定ですので、ドリルで穴を6mmに広げて使っています。


ついでにバーレーのトレーラーに付属して来るヒッチメンバーをご覧下さいませ。
前出のアルミスペーサーと合わせるとピタリとは来ず、結構ガバガバです。
「ジャストサイズでないと気持ち悪い」というのが本音ではありますが、
このガバ感で問題が起きるなら製品として売ってないはずなので問題無いのでしょう。
c0189724_19292646.jpgc0189724_19294223.jpg


まぁそんでこのガバ感あるヒッチメンバーの穴、測ってみると約φ12mmという事で・・・。
「12mmかぁ~、12mmねぇ~」と呟きながら、142mmスルーエンドの車両にポン。c0189724_19295410.jpg


ヒッチメンバーの厚みが約4mmありますので、
その分だけネジの喰いが浅くなりますが、
何か普通に使えてしまいそうな感じもありますね。

142mmスルーのフレームエンドは、
外側が立体的造形になっているモノも多く、
そういった場合にはバーレーから出ている、
専用のスルーシャフトを使うべきでしょうが、
モンキーさんのST7の用にエンドがツラの場合は、
この付属のヒッチメンバーで充分行けそうです。

と、そんなこんなで触って行く程に色々見えて来るバーレーのトレーラー。
導入の前段階として「どんな車両に着くのか?」という事は情報として提示出来ても、
実際の使用感というのは人其々ですので此方からは何とも申せません。
c0189724_19334853.jpg



ですからトレーラーに御興味をお持ちの方には、マイトレーラーをお貸し出し致します
自分の自転車に装着して店の前をチョロっと乗る程度は勿論、数日お貸しする事も可能。

牽引する感覚とは?車幅や内輪差の感覚は掴めそうか?
自宅で保管となればどの様に置くか?子供は喜んで乗るだろうか?

そんな疑問の答を得るには実使用が最短ルートである事は確実ですから、
御興味のある方は是非一度御連絡&テストライドで確認されたし。


本日は此処まで!
明日19日は臨時休業とさせて頂き、明後日20日の定休日と合わせて、
夏休みの家族旅行に行ってきます~。
# by kaleidocycle | 2017-07-18 20:45 | 商品

洗濯の自由。

c0189724_19503351.jpg

京都の夏の風物詩・祇園祭も、
スルスルスルっと宵山をむかえましたが。

完全ノータッチ&スルーパスで、
嗚呼、今年も祭りの空気に触れられなんだ、
そう嘆いている空井戸サイクルです。


嘘です、洛外の人間にとって祇園祭など、
他府県の祭りにも等しいので、どうでもよろしい。


c0189724_1951616.jpg
寧ろ、ですよ?

山鉾巡航が行われる本日となれば、
「市街地に人が集中する=田舎の人出が減る」
という公式が成り立つ可能性もありますから、
夏を持て余している長男を連れて、
仕事前の川遊びにデッパツな訳です。


あ~、予想通り人が殆ど居らんわ~。
つーか朝早過ぎて誰も居ないだけか。
まぁ貸切は貸切って事で。

c0189724_1953424.jpg
部長!朝の川遊びは楽しかったですか?
 キミ、あの冷っこい冷っこい水で泳げたか?

いや・・・私は冷たいの結構行ける方なんで・・・。
 僕はな、タライで水浴びする方が好みやな。
 よし!次は仕事場で水浴びと洒落こもやないか。


え~、部長仕事について来ちゃうんですか~?
部長、絶対に仕事の邪魔するじゃないですか。
 失っ礼な事ぬかしよるな、邪魔なんぞするかえ。
 この足元の荷物の方がよっぽど邪魔じゃ。


いや、でもコレは部長の水着やタオルを含めた我が家の洗濯物でして、
仕事の行きしなにコインランドリーの乾燥機に放り込んで行かないと・・・。
 ダ阿呆!僕か荷物がどっちが重要やねん!その烏頭振って考えぃ!

え~っと、え~っと・・・じゃぁこんな感じでどうでしょう?
c0189724_19562793.jpgc0189724_19564069.jpg



c0189724_1957027.jpg
と言う訳で「ロングテールwithトレーラー」

組み合わせる必要があるかどうかは別として、
クリアランス的には普通に行けましたし、
実際に走ってみた感覚も極々普通、
予想範囲からプラマイゼロですね。


この仕様であれば子供二人を連れて、
何一つ不足の無いキャンプ行も可能ぞ!

いや、足りないモノあるわ・・・馬力



まぁそんなこんなで色々な使われ方をする、ロングテールバイクという存在でありますが、
初期のFRKの頃と比べると、現行Leapは導入コストがグッと上昇した為、
以前の様に気軽に「お一つ如何?」とは言い辛い状況になりました。

勿論、コスト増の分だけメリットも増えたのですが、
抑えられるなら抑えたいのがコストというモノですからね。
c0189724_1955724.jpg
なので、例えば子供を乗せる事が主目的で、
Yeppシートを使うのだとすれば、
天板(フライトデッキ)は無くても困らないし、
極論左右のバッグも必須じゃないよね?
と、要不要の考察を深めざるを得ません。


そんな要不要の選択肢に更なる自由を与える、
新たなるエクストラサイクルパーツが登場しました。

まずは此方のウィールスカーツ。

Xtracycle WheelSkirts  ¥8,500/ペア(税別)
c0189724_19552246.jpg
これは何じゃ?と申しますと、
荷台に子供を乗せた際に、
後輪に足を巻き込まれない様にする、
言わば足ガードとでも言うべきネット。

子供乗せを主たる使用目的とし、
バッグをパスしている人には、
「コレコレ!」ってなモノでは?

一応、リープ用とエッジランナー用の2種がランナップされておりますが、
手元にあるリープ用を弄りながら考えるに・・・FRKやビッグダミーでも使えそうな?
実際の所はまた機会をみつけて装着&確認して行きたいと思います。


c0189724_19554861.jpg
ウィールスカーツで子供の足の安全は確保した、
しかしやはり・・・横に荷物を積みたいなぁ。

ならば普通のバッグを買いましょう!
とは言っても普通のバッグが結構なお値段で、
現在は¥25,000~35,000の選択となっています。


そんな大層なバッグじゃなくてもええねん、
荷物をボンと放り込めたらそれでええねん、
ってなニーズへの答が此方のスリングセット。

Xtracycle Slingset  ¥8,500/ペア(税別)
c0189724_1956341.jpg
横にベロンと広がる一枚布です。
コレで荷物を巻き込むという事で、
ワタクシも未だに使っております、
初期のフリーローダーバッグ的な感じに。

ウィールスカーツとの同時装着でないと、
荷物が内側にボロボロ落ちるので、
現実問題、セットでの導入必須ですが、
それでもペアで¥17,000とコスト減可能。

勿論、セットで導入しなければならない、なんて事は一切無く、
自分がリープオーナーなら、建材でウィールスカーツ的なモノをでっち上げるでしょうし、
足の巻き込みなど無視して荷物の積むだけなら、適当なバッグに紐を縫い付けて使います。

色々考えて作るのが好きならそれはそれで最高ですし、
時間が勿体無いとか邪魔臭いとかなら、比較的ローコストな解決策もある、と。
そんな選択肢をレゴブロックのピースの様に楽しんで選んで下さい、という話です。


因みに横のバッグのベースにはイケアの青いバッグが最適だと思うのですが、
何をどう加工すればバッグとして使えるのか?それは御自身で工夫して下さいませ~。
# by kaleidocycle | 2017-07-17 21:37 | 商品


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧