井戸端監視カメラ



2018見聞録 その5。

c0189724_19374861.jpg
まだまだ続く2018年度展示会。

マルイさんに続いて向かったのは、
バーミッツで御馴染みのミズタニ自転車さん。

「バーミッツで」という括りは妙かもしれませんが、
我々の冬の恋人バーミッツを扱っているのは、
このミズタニ自転車さんだけ、な訳ですから。

c0189724_19381397.jpg
クリスキングなどの人気商品は、
ミズタニ自転車さんだけではなく、
SimworksやA&Fさんでも扱いあり。

そこに横槍というか切腹というか、
己の商材への対抗馬「Onyx」

スプラグクラッチを用いたロスの無いフリーシステムは興味深いですが、
色の選択肢が此処まで多いと逆に選び難いですね・・・。
って言うかそれ以前に買う金が何処にも無えか。

c0189724_19384962.jpg
「多少高くてもコレは!」
とグングン喰い付いたのが、
トムソンのグラベルバー、遂に登場。

正式名称はOffroad-Dropbarで、
フレア角25°と結構な開きっぷり。

別にトムソンである必要も無いと言えば無いのですが・・・、
格好良いじゃないですか、ねぇ!
c0189724_1939194.jpgc0189724_19403181.jpg



c0189724_19405979.jpg

格好良いハンドルと言えば此方の、
Answer/プロテーパーも格好良い。

因みにワタクシの周りでは、
この現行プロテーパーのグラフィックが、
まぁ中々に評判が悪かったりします。

ん~・・・良いと思うんですけどねぇ。




同じグループ繋がりでManitouの戦略的製品「Machete」
c0189724_19412563.jpgc0189724_19414414.jpg



c0189724_19415469.jpg
140mmのBoostフォークという事で、
今最も需要がありそうなこの一本。
価格も¥50,000とバカ安です。

「海外通販ならもっと安いわ・・・」
誰だ!ロクでもない事を呟いた奴は!

チャンと見なさい。
海外通販でよくあるのとはダンパーが違う
しかも保証がついてて¥5万、やはり安い。



「フォーク買ったら次はフレームが欲しくなる」
そんな逆立ち状態の精神は修験道で叩き直すべきかもしれませんが、
DMRの新フレーム「Bolt-Long」はジーっと見てしまいますねぇ。
c0189724_19425767.jpg

クロモリフルサスってのは、
重量的デメリットが消えない訳で、
無い無い無い無いと頭で思っても、
思っても・・・邪念が振り払えない。

嗚呼、素敵。

c0189724_19431365.jpg

軽量化など無視した様な、
この同軸ピボット周りのゴツさ。

しかし手に持ってみると意外と、
ん~・・・重くもないか?

まぁ同軸と言えばスロープスタイルやDJ系というイメージから、
重戦車の様に重いフレームをイメージしてしまうからかもしれませんが、
それ等と比べるとこのボルトロングは「それ程でも無い」といった印象。
c0189724_19432331.jpg
正確にはBolt-long「MKⅡ」で、
山~エンデューロ向けの設定。

エンドはDMRのSwopoutなので、
リアハブ選び幅も広いですし、
¥15万というフレンドリーな価格は、
意外と多くの人を引き寄せるかも。


c0189724_19442239.jpg
価格といえば判断し兼ねるのが、
今流行の「e-bike」、即ち電アシ車。

シマノが遂に日本市場に投入した、
E8000系Stepsユニット。
Boschユニットと比べれば、
相当安価(単価非公開)でしょうから、
日本でも一気に普及するか?

c0189724_1944945.jpg


c0189724_20572295.jpg
ミズタニ自転車オリジナルブランドである、
「Seraph/セラフ」からは早くも搭載車両が。

ロードジオメトリベースのアルミフレームに、
テーパードコラムのカーボンフォーク、
前後スルーアクスルに油圧ブレーキ、
その他構成部品もキッチリ纏め上げて、
お値段ズバリ¥38万!

安いと言えば安し、高いと言えば高い様なで謎。

因みに試乗できる機会があったので少し乗ってみたのですが、
「ははぁ~、なるほど、こういうモンですか」という新鮮さを感じました。

ママチャリの電アシとは全然違い、アシストの出力は物凄く自然&マイルド。
グッと踏み込むとリアを1段、2段軽くした様な感覚でスススっと回ります。
完全な状態なら100kmほどもアシストを受けながら走れるそうなので、
有意義な製品である事は間違いありませんが、まぁ・・・ウチは関係無さそうですね。

ランドナーみたいなスタイルの搭載車両が出たら良いのに、
そう思ったりするのは自分だけではないはずですが、
そんな妙なモンが登場するのはもっともっと先の事でありましょう。
# by kaleidocycle | 2017-10-06 21:15 | 駄情報

2018見聞録 その4。

c0189724_17515335.jpg
展示会シーズン真っ盛り!

と言うより既に後半戦ですが、
我々自転車屋にとって展示会の極みと言えば、
Maxxisで御馴染みのマルイさんです。
(弁当が豪華な事で有名なのです)

・・・いや、マキシスと言えばインターテックさんで、
マルイさんは昨年から扱い開始されたばかり、
マルイさんといえばトピーク、コレが正解。

c0189724_17522674.jpg
マニアックな扱い品こそ少なめですが、
実は会社がバカデカいマルイさん。

地力があるからこそ定番品を堅く扱える訳ですが、
マキシスなどもマルイの手に掛かればこの通り、
グラベル系タイヤのランブラーとリフューズが、
其々サイドスキンバージョンに変身です。

まだプロト状態だそうですが登場が楽しみですね。

c0189724_17544357.jpg
オリジナルブランドAdeptからは、
新商品のベンド系ストレートバー、
「Arcade-Bar ¥3,200」が登場。

27°ベンドの600mm幅という事で、
色々使えそうなOSバーですが・・・。

此奴、グリップのストレート部分が約140mmしかなくて、
端から160mm地点は確実に曲がり始めています。
それの何が問題なのかと申しますと、MTB用グリップは130mm程度のモノが多く、
ストレート部分140mmという事はブレーキレバーの取付け代が殆ど無いという事で、
このハンドルを使う際は短めのグリップを選ぶべき、という条件を意味するのです。

シマノのi-specB対応レバーとかを曲がっている所に無理矢理つけると、
瞬殺でブラケットが割れますので、導入時には是非御注意あれ。

c0189724_17554838.jpg
此方のステムは・・・トムソ・・・、
いやニット・・・違う、貴様は誰だ!

誰も何もアデプトの「Deft」です。
しかし何と言うか、ほぼ日東ですね。
でも価格が¥5,500と安いので、
ジェネリックとしての活躍を期待。

c0189724_17545857.jpg
同じくオリジナルブランドのGPには、
マウテンドロップ「Yukon」が追加。

全幅580mm、リーチ80mm、
ドロップ110mmの「正に」な一品。
価格もGPらしく¥4,000という事で、
敷居の低さが嬉しいゆーこりん。


はじめにも書きましたがマルイさんの基本は拘りのマニアック路線ではなく、
使えて普通でリーズナブル、これこそがマルイさん扱い品の真骨頂。
このGPブランドのリアキャリア「YA-202H ¥4,200」など個性は皆無です。
でも変に弄って無いだけ外連味も無く好感が持てるってなモンです。
c0189724_17591619.jpgc0189724_1759496.jpg



c0189724_1801826.jpg
あと此方は参考出品となっていた、
テクトロのメカディスクキャリパー。
完成車についてるのをよく見かける、
廉価製品「Aries」で御座います。

いやしかしコレが馬鹿に出来ないというか、
最近のテクトロって・・・かなり良いんですよ。

コレ、幾ら位で出るんでしょう?気になります。

c0189724_1811214.jpg
価格不明と言えば此方も不明な、
Kryptoniteのライト。

着脱用の固定解除レバーが、
ライト体側にあるというのが、
新しくもあり不安でもある。
だってレバーが潰れたら・・・ねぇ。

しかし着脱のスムースさは流石新ネタ!なレベルですし、
光量も表示されている数字よりも強力っぽい感じだったので価格発表を待って検討。
c0189724_1812389.jpgc0189724_1813743.jpg



c0189724_1814994.jpg
テールライトもロボ風味が魅力的で、
明るさもモードも充分なレベルでした。

が、タイミングが悪かったかも。
キャットアイからヤバいのが出た所です。

個人的にテールライトの本命は、
当分ウェアラブルXになるのでは、と思います。
いや、一度現物を見てみて下さい、ヤバいです。

c0189724_183229.jpg
「新製品を見に行ってケチをつけるな」
という話ではありましょうが、
諸手を挙げて褒めりゃ良いってモンでもなく、
製品の良い点、気になる点を勉強する、
展示会は我々にとってそんな場でもあるのです。

ビーチクルーザーとかもね、
弊店で販売する事はほぼ無いですが、
興味はあるのでジロジロ見てみたり。

で、少し変な事に気がつきました。
左の車両はアメリカンBBにスタンドプレートという組み合わせで、
右の車両はユーロBBに直付けスタンドという組み合わせ。
アメリカンBBに直付けスタンド、ユーロBBにスタンドプレートの方が一般的ですが、
此処は何でこういうテレコの組み合わせになったんだろう?
c0189724_1833588.jpgc0189724_1835094.jpg


c0189724_184412.jpg
そんなモン知るか!
と切り捨てるのは簡単。

でもこういった所から商品の狙いというか、
考え方というかが透けたりする事もあるので、
現物を見れる展示会は有意義なのです。


ところでキミは誰?「僕、チェンシン君!」

チェンシン君について語りたい所ですが、明日は定休日です。
# by kaleidocycle | 2017-10-04 19:44 | 駄情報

10月の営業予定。

c0189724_212277.jpg



10月の営業予定は上記の通り、赤丸が休業日となります。

変則的事態と致しましては・・・
・ 4日(水)は展示会の為、営業開始が14時頃からとなります。
・ 14日(土)は運動会の為に臨時休業させて頂き、翌15日(日)に振替営業致します。
・ 19日(木)はSurlyのスタッフが正午頃に来店予定。
  Surlyに言いたい事&聞きたい事がある方は正午頃お越しあれ。
・ 20日(金)は一応休業日ですが、遠方からの来店予定あるので微妙に開いてます。


と、そんなこんなで今月も宜しくお願い致します!
# by kaleidocycle | 2017-10-03 21:11 | 今月の営業カレンダー

ハードコア雨具。

本日中々の雨っぷりで御座いまして弊店暇です。
なので在庫フレームの下処理を一気に纏めてシュリシュリシュリシュリ。
c0189724_19502660.jpgc0189724_1950464.jpg

c0189724_19505431.jpgc0189724_1951944.jpg



c0189724_19531631.jpg
雨の日は外に出なければ良い。
屋根の下で出来る事をやれば良い。
そうすれば濡れる事などないから。

実に素晴らしい真理です。
しかし・・・世の中そうも行かん。

雨の日でも通勤や買い物で自転車に乗る事はありますし、
ツーリングの途中とかになると、雨でも何でも出ない訳には行きませんし。

c0189724_19532848.jpg
そんな雨の憂いを吹き飛ばす、
絶対雨具「ダックスバックポンチョ」

此方は唐揚げ屋さんで、
揚がるのを待つオッサンの図。
このまま数時間待っても濡れませんが、
濡れる前に不審者として通報されるはず。

c0189724_19533614.jpg
唐揚げなんてのは5分程度で揚がりますので、
その程度で此奴を出すのは役不足です。

一度濡れると乾かすのに時間がかかりますし、
携帯性も雨具としては最悪クラス。

しかし雨天下で数時間濡れない状態を、
10年以上にわたって維持出来るという、
絶対性能において比肩し得るモノは無し。

Carradice Duxback-poncho(スーパー)  ¥18,000(税別)
入荷が疎らなので欠品している事も多いですが、現在在庫御座いますので、
雨を無視して突き抜けられるハードコアな雨具に興味のある方は是非。
# by kaleidocycle | 2017-10-02 20:24 | 商品

整列。

c0189724_1745121.jpg



c0189724_17371853.jpg
気候もガクンと秋に傾きまして、
日中は日差し強くとも風心地好く、
夕暮れと共に急激に気温が下がる様に。


特に今朝などは「寒い」と感じる程で、
Tシャツ&パンツで寝ているとブルブル震えます。

そんな季節の変化をうけて、
「そろそろ一応」と出して来たソフトシェル。

ええ、弊店の定番品であるシャワーズパスのローグフーディーです。
デザイン&シルエットが良い、素材が良い、機能性が良い、仕上げが良い、
それでいてリーズナブルという素晴らしい製品ではありますが、
唯一の問題が「欲しい時に在庫が無い」という点。

入荷が大体年一回なのですが、それがよりによって春とかなんですよね・・・。
春に必要なモノでは無いけれど、秋に向けて仕入れて寝かしておく、
そんな非常に無駄な動きの結果が弊店店頭在庫なので御座います。
c0189724_17373465.jpg


ついでに言えばサイズ。

アメリカブランド故に、
サイズ感もアメリカン。

日本市場での支持サイズは、
圧倒的にSが多いですから、
当然Sから売れて行きます。


という事で在庫しているのも、
Sサイズのブラウン&ブラック。


Showerspass Rogue-hoodie  ¥17,500(税別)
サイクリングだけでなく日常からアウトドアまでマルチに使える、
間違いの無いソフトシェルをお探しならコレ!在庫ある内に是非。


シャワーズパスの様にほとんどモデルチェンジしない製品であれば、
型落ちというのも存在しませんので在庫のやり繰りも比較的し易いです。

が、毎年新版が出る製品となると新商品が入って来る半面、
サイズや色が偏った旧在庫が残る事になります。
それ等を後生大事に残していても仕方が無いので、
ニーズが生まれる時期を待ってセールを致しましょう、という話です。
c0189724_17381356.jpg

CCP Karuishiフルフェイスパーカー
¥13,000→30%off→¥9,100!

ライトグレーxイエロー S・M 各1枚

形状こそCCP定番のフルフェイスですが、
驚異的に伸び、軽く、暖かいという、
新素材Karuishiを使う事により、
ストレスフリーな着心地を得た一着。

重ね着してもゴワつきませんのでミッドレイヤーとしても有能ですし、
フードとマスクを引き上げて着たまま寝ると、冬季キャンプの寝間着としても力を発揮。


c0189724_1738327.jpg
CCP 後染めフルフェイスパーカー
¥13,000→30%off→¥9,100!


パープル Lサイズ x1枚
グリーン Lサイズ x1枚


此方は保温性も程々なジャージ素材で、
熱くなり過ぎないというのが美点。
CCPオリジナルの後染め加工により、
メルヘンムードが倍の更に倍、ドン。

サイズ的にもフルフェイス平均からすれば少しルーズですので、
普段着として楽にバサっと着たい方に良い一着だと思います。


c0189724_17384223.jpg
「Lって現代人のLだろ?」と拗ねてる、
ラージな貴方にはチョッと珍しい巨大版。

CCP フルフェイスパーカー
¥13,000→30%off→¥9,100!


ブラック XLサイズ x1

何もかも真っ黒ってのも逆に新鮮ですね。

此方はウォームキャッチ素材となりますので、汗っかきでも大丈夫。
特に寒い中で汗をかくウインタースポーツには最適との評もあり。

そんな国産パーカーの金字塔:フルフェイスパーカー、
並べてから気がつきましたがセール価格は一律¥9,100。
たかだか5枚のセールですがお気に召す一枚があれば是非に是非に。
# by kaleidocycle | 2017-10-01 18:59 | セール


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧