井戸端監視カメラ



防水愛憎。

c0189724_19224998.jpg
夜半からザザザザっと雨が降って来まして、
今日は一日しっかり雨。

雨の日はサンダルで出動し、
濡れても乾けばそれで良い、
そんなスタイルで押し通すには少々寒め。


という事で今年も防寒防水SPDシューズ、
Alpineduroを引っ張り出して来ました。

c0189724_1923848.jpg
やっぱ足が濡れないって気分良いねぇ。
濡れて冷えて皮膚が真っ白シワシワに、
なんて好んでなるモンでは無いし。

濡れが冷えに直結する季節になったので、
靴と同時に手の方も護っておくか、
と取り出したるは高級軍手風の此方。

Sealskinz UltraGrip ¥6,600

激安軍手ならば300双くらい買えてしまう価格ですが、
普通の軍手とは全く違う、何が違うって色が黒い
c0189724_19232248.jpg
とかである訳も無くてですね、
外側は耐擦過・磨耗性に優れた、
ナイロン素材としながらも、
内側はべた付かず手触りの良い、
メリノウールとなっている点が違う。

やっぱ手袋はウールですよ、ええ。

c0189724_1923545.jpg
そしてのその外層と内層の間には、
透湿防水フィルム(メンブレン)があり、
御覧の様に水に手を突っ込んでも、
その上グッパグッパしまくりながら、
5分手を浸し続けても手は濡れないのです。


って此処までは宣伝でよく見る奴です。
世の多くの人は「ホンマかいな~」と、
穿った目で見られるのではないでしょうか?

かく言うワタクシ自身、数年前に始めて使った時には数日で浸水させました。
シールスキンズは嘘つきの誇大広告なのでしょうか?否。

中間層=メンブレンは伸縮性がありませんが、外層・内層は伸縮性があります。
その差を埋める為にメンブレン素材をクッシャクシャにした上で、
手袋形状にして中間層としているのが此奴の特徴です。

そのお陰で手袋と言う動きの大きい部分ながら完全防水を実現している訳ですが、
グッパグッパ程度は伸びても着脱でグイグイ引っ張るとメンブレンに負担がかかり、
メンブレンの一部が裂け、そして浸水に至るという話だろうと思います。
c0189724_1924681.jpgc0189724_19241655.jpg



なので着脱時には優しくソフトに扱ってやり、
針金みたいな尖ったモノを触る時も慎重に行えば、
きっとこの完全防水性を永く保てる・・・はず!


商品名は勿論、メーカーの説明にも「しっかりグリップ」とありますが、
シリコンプリントしただけでグリップ力を売りにされても困ります。
また「抜群のフィット感」という謳い文句もあるものの、
圧縮メンブレンを挟んだ3層構造の為、新品時は物凄くゴワゴワしてて、
とてもではありませんがフィット感を売りに出来るレベルではありません。

でもね・・・丁度良いんですよ、本当に。
使い込んで柔らかくなって来ると握り込みも着脱も凄くスムースになりますし、
ウールのサラッとした手触りに防風性の高さが加わり、
「取り合えずコレがあれば大丈夫」みたいな定番感を醸すのです。

前回の穴が空いて防水では無くなった分も、その後長く使いましたが、
やはり防水であり続けて欲しいので・・・今回は大事に使いまっせ!
# by kaleidocycle | 2017-11-14 20:16 | 商品

佳作。

そういや暫く前にSurly/Steamrollerの新色が発表&入荷してました。
c0189724_19422946.jpg

ダークイエローの廃盤と共に、
追加されたのはラメ入りライトグレー、
「Ministry-Gray」なる色。

うむ、実にSurlyらしい色です。
しかしミニストリーグレーって、
どういう意味なんでしょうね?

c0189724_20184148.jpg
ミニストリーと申しますと通産省とかの、
「省」という意味が一番に思い浮かびますが、
「聖職者・奉仕者」という意味もありますので、
「聖職者の灰色」なのか?と思ったりします。

しかし聖職者の灰色って・・・何?
聖職者の着ている服は灰色、
そんな常識とかがあるんでしょうか?

いや、寧ろメタルバンドのミニストリー、
そこから取られている可能性も否めない。

まぁ色の名前なんかどうでもええわい。
文化や時代が多少違えど固定ギアでやる事は皆同じ「踏む」、ただそれだけ。

しかし「どう組むか?」となると色々考えてしまうのが自転車屋です。
さて、この新色をどういう構成で組みましょうかねぇ・・・。
と考え込んでいる所に、この色を御所望の方がお越しになられ、
パズルを嵌めるようにトントントンと決めて行った結果が此方。
c0189724_194258100.jpg




c0189724_194359.jpg
フレームの色は黒部品が似合う系統ですが、
銀色金属色の部品を散らす事で、
重っ苦しさや安っぽさを遠ざけてます。

そこに差し込むオープンサイドのタイヤが、
実に良い塩梅の一つまみになっとりましょう?

特に高価な部品は使わずこの立ち姿、
これはもうバランスの勝利!
脳内で練り上げたオーナーさんは偉い!

他のモデルが年旧ごとに変化していく中、ほぼ変わらず在り続けるスチームローラー。
さぁ貴方なら如何組む?って考えるのはタダですから妄想して遊んで下さい。
どちらにしろ国内在庫は大きなサイズしか残っておらず、次は来年4月以降予定ですし。

時にSteamrollerって、どういう意味か分かりますか?
一般的には道路を舗装するロードローラーの事、と受け取られていると思いますが、
ワタクシ個人的には・・・違うと思うんですよね~。
いや、直接確認した訳じゃないんですけど、多分XXXをXXXXする事です。
日本では公に言ってはダメな奴ですので、気になる方は店頭で。
# by kaleidocycle | 2017-11-13 20:59 | 商品

再就職。

遡る事7年前の本日に御提案させて頂いた此方のDustee/revolver

お買い上げ頂いたオーナー様にとっての初トレイルバイクとして、
山を駆け巡る楽しみの引導役をキッチリこなして来ました。
c0189724_19585243.jpg


しかしMTB部品の規格変化と共に、「壊れたなら直せば良い」という普通の事が、
段々普通では無くなって来た為、ナウなスペックのモンキーST7への乗り換えを決断。
c0189724_1959142.jpg

今やOSのサスフォークは滅亡寸前で、
短いモノならまだまだありますが、
リボルバーはBB位置がかなり低い為、
短いフォークではイカンのですよね。

またディレーラハンガーがかなり薄く、
結構バキバキ折れるのですが、
このハンガーが入手出来なくなると、
自動的に寿命終了、となる可能性大。

置き場所確保が困難な為、オーナーは手放す方向で考えられているのですが、
7年間共にして来た愛車ですから、乗って頂ける方の元に嫁ぐ事を御希望。
でも前述の通り、トレイルバイクとして乗って行くと確実に壁にブチ当るし・・・。
c0189724_19591243.jpg
しかし。
ロングテールバイクのベースとするなら、
ディレーラハンガーなど関係ありません。

フォークも寿命が来るまで使って、
ダメになったらリジッドに差し替え、
そして前後29+化、とかもあり。

そう、退役した此奴の再配備先としてロングテール化はベストチョイスだと思うのです。

7年使用なりに傷はありますが、昨年OHを行った為それなりにシャキッとしてますし、
欠品が続いているXtracycle/Leapも今月入荷する予定(多分)というタイミング。


実際に「ロングテールのベースにするから譲っておくれ!」となると、
オーナーさんに相談して価格を交渉して頂いてという流れになるのですが、
ザックリで言えば¥13万程度でロングテールバイクに乗れる感じになりましょうか?

勿論、新車を買う訳ではありませんから御自身で判断頂き、
納得の上で決定頂く必要はありますが、
「限りなく安価にロングテールを!」と望まれる方はチェックチェック、です。
# by kaleidocycle | 2017-11-12 21:17 | 駄情報

コーヒーブラウン。

「な~つを~逃がすな~♪風はコーヒーブラウ~ン、風はコーヒーブラウ~ン♪」
といえば旧き昭和の日曜、アニメ番組の幕間に流れていたCMソングですが、
子供の頃も今も同じく、歌詞の意味が全くわかりません。

いや、「夏を逃がすな」の部分だけは何となく分かるか、
ええ時期が行ってまうぞ、シャキッとせぇよ、みたいな?


で、紅葉が徐々に山から下りて来た今、最高のMTBシーズンが到来。
「年末に仕上がる位のイメージで」とモンキーST7を御注文頂いていた顧客様からは、
肌で感じる秋の到来に尻がモゾモゾして来たのか、
はたまた塗り上がったフレームを前にソワソワしたのか、
「秋を逃がすな!今乗っぞ!」と計画前倒しの指示が飛んだ一昨日。
c0189724_211889.jpg

確かに真冬で足元ベチャベチャの中で乗るよりも、
落ち葉を踏む音も心地良い秋に走り出す方が良いに決まってますわな。


という事で急遽組み上げ納品したST7、明日早速走りに行くとの事ですが、
今日はチョロチョロ雨が降っていた事もあり、山はきっとコーヒーブラウン。

「滑って転んでブラッディーレッド」とならぬ様、楽しくも慎重に、です。
# by kaleidocycle | 2017-11-11 21:31 | 無駄

ダーティーフィンガー。

頭の怪我が治るまで保育園を休んでいる長男(3歳)が、
パッドで動画を見るという事を覚えまして。

で、Youtube内を徘徊して好きな動画を見ているのですが、
お気に入りのシリーズが何か・・・怖いんですよね。

c0189724_22331953.jpg
ダ~ディフィンガ~♪ダ~ディフィンガ~♪
というこの歌が妙に耳に残り、頭の中をグルグル。

仕事中も気がつけば「ダ~ディフィンガ~♪」と、
好きでもないのに口ずさんでいる自分が。


呪いです、最早呪いの呪文。
その所為か、ダディのフィンガーは、
ダーディーフィンガーと化してしまいました。

c0189724_22333966.jpg



c0189724_22334829.jpg
いや、呪いではなく祝いですね。
手が汚れるのは、仕事があるという事ですから。

乗せ替え・組み替え作業は実作業よりも、
部品の清掃の方が遥かに手間取りますし、
一台仕上げるだけで手の皮はガッサガサ。

しかしせっかく頂いた御依頼、
綺麗に早く仕上げる事が最優先で、
手の皮なぞ構ってる場合では無い。

待つのが嫌いな方は是非弊店にご依頼下さい。
常識的なホイルは部品が揃えば即日組ませて頂きます。
フレームから一台組み上げも最速3日で仕上げさせて頂きます。
いや・・・そりゃ出来ない事もありますけどね、なるべく早くは常に意識してます。

現在23時、キリがついたので帰ります。
「深夜まで作業せよ!休みの日も作業せよ!」
それ位御依頼欲しいですけど、そこまで作業は無いので明日は普通に定休日です。
# by kaleidocycle | 2017-11-09 23:02 | 無駄


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧