井戸端監視カメラ



2018見聞録 その1.5。

c0189724_19574076.jpg
ホイルを組んでいる最中、
ふと足元に目をやると、
そこは小さな野生の世界でした。

小さい黒い蜘蛛と、
更に小さい蜘蛛とが、
睨み合ったまま膠着状態に。


c0189724_19582347.jpg
どどどどうなる蜘蛛バトル?

とかそんな事を解説するよりも、
先日展示会に行ったは良いけど、
「情報公開制限」なる張り紙に阻まれ、
何の解説も出来ていなかった、
2018Surly&Salsa&Moreの件、
気がつけば公開解禁になっていたので、
その辺を改めて書いてみたいと思います。


まず2018年Salsa最大の目玉と言えば此方でしょう。
ファットバイクの「BlackBorow」が前後に伸びてしまいました。
c0189724_19583160.jpg



2018Salsa BlackBorow 
フレーム&フォーク&キャリア¥208,000 完成車¥398,000

c0189724_1958425.jpg
セミロングテールとでも言うべき、
何とも微妙な長さ加減です。

以前のモデルと全然違いますね!

って語りかけられたとしても、
世の殆どの人がこう言うでしょう。

c0189724_1959875.jpg
「ブラックボロウってどんなんやったっけ?」

5インチ幅タイヤのウルトラファットで、
トレイル系のベアグリスに対し、
アドベンチャー系のブラックボロウ、
そんな立ち居地だったかと思いますが、
まぁ・・・チョッと印象薄いですよね。

しかし!もう「誰?」とは言わせない!
独自性溢れ出すリアバックを見よ!


一歩先に登場したSurlyのBigFatDummyも山系ロングテールですが、
ブラックボロウはより積極的なトレイルライドまでを視野に入れており、
アルミ&カーボンという素材を使い、見た目よりもかなり軽く仕上がっていますし、
ギリギリ「縦の動き」という概念が通じそうな長さに留まっているしで、
ある意味非常に「Salsaらしい」車両であると言えましょう。
c0189724_19591821.jpg

この「Salsaらしさ」とは味付けであり、
バランスであり、加減でありまして、
例えば此方のキャリアもアルミ製です。

タフさを追求するならクロモリ製、
そこを敢えて軽さを求めてアルミ、と。


ロングテールの感覚で荷物を激積みしたらヨレヨレになるでしょうし、
世界一周など行こうモノなら半分も行かん内にキャリアが割れるかも。
そういった究極的なニーズに応える製品はSurlyに任せるとして、
Salsaはもっと現実的・実用的な範囲での快適性を狙っているのですね。


Salsaが「ツーリングバイク」と呼ぶMarrakeshなども実にSalsaらしくてですね、
ツーリングバイクなのにオルタネーターエンド(可変式エンド)を採用しており、
当然エンドの耐久性は普通のフレームよりも劣る事にならざるを得ませんし、
キャリアもまた専用のキャリアしか選べないという事で、
如何考えても「ツーリングの為!」というスペシャルな匂いがしません。

ただ琵琶湖一周と世界一周を、同じ「ツーリング」という枠で語るのは間違いで、
マラケッシュはよりライトな日常の延長線上のツーリングにおいて、
最大性能を発揮する様に設定された車両と言えると思うのです。
c0189724_19594623.jpg

ツボに嵌れば代替えの利かない、
最高の一台になるのでしょうが・・・。

ドロップ仕様とフラット仕様、
其々独自寸法で作り分けるのは、
流石にやり過ぎだった様で、
フラット仕様は整理・廃盤だそうな。

c0189724_201122.jpg
どちらかというとフラット仕様の方が、
キャラに合ってる気がするんですけどね。

ドロップ前提寸法となれば、
地味ながら定番と化したVayaがありますし、
更に荒地向きなFargoもあるしで、
棲み分けるならフラット残した方が・・・。

って、そうか、なるほど。
マラケッシュ-ヴァヤ-ファーゴと、
ラインナップを直線的に並べたのか・・・な?



と、Salsa論を語っていると文字だらけになるので一旦終了ガラガラ~。
c0189724_2013747.jpg

ブランド変わって「Allcity」
注目すべきはNatureBoy-Diskの、
追加モデルである650B仕様

チビッコ・フィット・ファインな此方、
必要としている人、多そうです。

c0189724_2021597.jpgc0189724_2022713.jpg



c0189724_2025377.jpg
Surlyは色変更くらいで特に何と言う事も無く、
いや、大型新人仕込み済みっぽいですが、
その事はまだ暫く秘匿すべしという事で、
最近の変更としてECR27.5+に注目。

Ogreの29+版的存在だったECRですが、
27.5+の隆盛をうけ27.5+専用仕様が追加。

続いて26+仕様が出る!訳も無い。
というかそれってTrollじゃないか、ってな話。


c0189724_2031556.jpg
つまりセミファットアドベンチャーバイクとして、
29+、27.5+、26+と3種のホイルサイズが、
直線的に並んだラインナップとなる訳です。

Salsaがファーゴ的方向を推すのと同じく、
SurlyはECR的な方向を推すというのは、
戦乱状態の業界の中で生き抜く為の、
各ブランドの戦略なのかもしれない、
と知ったかぶりして語っている内に、
蜘蛛の戦いは捕食という形で幕を閉じていました。
# by kaleidocycle | 2017-09-14 21:34 | 駄情報

シンデレラ。

c0189724_188377.jpg
秋っぽい気候がフワリ広がる本日、
ピクニック日和とは正にコレ。

「チとピクニックでも行ってこましたろか」
そんな際に存在感を放つモノと言えば、
やはりフロントラックで御座いましょう。

とりわけ此方のSimworks/Potluckは、
小振りなデッキと瀟洒とも言える造りで、
ピクニックムードとの親和性も高く、
人気No.1との呼び声も高く・・・無い。

c0189724_1933015.jpg
「案外取り付け対象車両を選ぶ」と言う、
我侭な所があったりするからです。

まず上側の固定方法は選択肢が少なくて、
基本的にはカンチ/Vブレーキが望ましく、
その要件を満たさずとも取り付け可能とは言え、
キャリアの美しさを損じてしまう可能性大。

下側の足先の固定もまた少し変で、
M6ボルト対応と穴が大きめだったりします。

c0189724_1815666.jpg
キャリアなんて実用品なんだから、
着いて使えればそれで良いじゃないか


そう豪快に切って捨てれれば良いのですが、
それならそれでももっと安価で実用性の高い、
WaldやAdeptでも良い訳で・・・、
折角だからぴったり綺麗に取り付けたい。

でもフォークのエンドダボって、
最近はM5が殆どで、M6は超少数派。


エンドダボがM6穴でカンチ台座のついたフレームなんて何処にあるんだ!
c0189724_18152016.jpgc0189724_18153346.jpg



と吼えたりするまでもなく、此処にあります「ESB/Stuff-V」
EBSのビルダーであるS氏の好みから、スタッフのダボはM6だったりするのです。

「シンプル」という表現で全てを表せそうなEBSのクロスバイク・スタッフですが、
そこにポットラックをセットする事で、また違った魅力が滲み出まっしゃろ?
c0189724_18195189.jpg



c0189724_18213121.jpg
あるべきモノが、あるべき様に。
ガタつきも不安感も無くつく様は美しい・・・。

と、悦に浸ってしまいますが、
此方のスタッフ-V、実は廃盤でして、
残す所Mサイズ・Lサイズ各1本ずつのみ。

今後はディスクモデルのみの展開となり、
カンチ台座を追加する事は可能ですが、
此処までのシンプルさは望めなくなります。


極限までシンプルな日本国産クロスバイクフレームにして、
Simworks/Potlackとの親和性が最も高い一台の一つ。
こんなのがお好みの方は最後の一本、滑り込みで是非。

・EBS Stuff-V フレーム&フォーク  ¥75,000(税別)
# by kaleidocycle | 2017-09-13 20:34 | 商品

ホワイト&グレー。

c0189724_1946129.jpg

スースー頬撫でる風で目が覚めた今朝。

「クーラーがかかってるのか?」
と訝しく思ったのですが、そうではなく、
雨が強まると共に強まった風が、
窓の隙間から吹き込んで来ていただけ。

風がこんなに冷たくなる時期になったのか・・・。

c0189724_2045217.jpg

もう暫くすれば寒さを覚える様になるはず、
そうなると雨の中を走るなんて無理。

シャワーライドと洒落込めるのも、
そろそろ今年最後のチャンスかもしれん。


という事で77年式水冷オッサン、出動。


c0189724_1950382.jpg
当然濡れる事が前提なので、
着るモノはジャージ&レーパン。

グローブはどうしよう?
フルフィンガーで行っとくか?
いやいや、やっぱムッチリフィットの、
革製ハーフフィンガーでしょう。

濡れても滑らず、縮む事も無い、
使い始めて3年目の此奴、お気に入りです。



c0189724_19511059.jpg
しかし、このLizard-skinsの革手袋は、
一旦廃盤となったそうな。

正確には名前と仕様が変わった、
後継モデルが出るのですが、
「La-sal」としては在庫品で終了。

という事で在庫として残っている、
白のMサイズのみ特価にて御提案。


Lizard-skins La-sal1.0  ¥4,500 → 特価¥×,×××(税別)
後日記 : 完売!

c0189724_1951337.jpg
この白の分はパーム部分のみ、
白では無くグレーってのが良かった、
そう個人的には思います。

見える場所では無いので、
どうでも良いと言ってしまえば、
まぁどうでも良いのかもしれませんが。

c0189724_19515365.jpg
でも真っ白!問答無用!ってのよりも、
白かグレーかその間か、みたいなの、
その方が落ち着くので好きです。


後継モデルは素材がシープスキンになり、
価格も上がる事になると思われますが。

La-salと同じ様な丈夫さを維持してくれれば、
多少値上がりしてもまぁ、とは思えど、
繊細な高級品になってしまうとカナンですね。

掌が極普通の大きさ、という貴方様。
ホワイトレザーに多少抵抗があっても是非御検討下さい。

一度使い始めればきっと愛用品となり、廃盤品となった事を惜しまれるしょう。
# by kaleidocycle | 2017-09-12 20:54 | セール

幼児inバトルフィールド。

c0189724_20203958.jpg

人は何故無益な争いを求めるのでしょう?
そして強さに惹かれるのでしょう?

「本能」と言ってしまえばそれまでで、
まぁ3000年後、5000年後とかには、
多少変化があるかもしれませんが、
現代ニッポンに生きる我が息子3歳半、
ただ今「強さ」に夢中であります。


c0189724_20205684.jpg
中でもとりわけ恐竜に関心があり、
親子の休みが被る日には、
何処ぞ恐竜的な何かが見れる場所へ、
連れて行ってやりたいと思う訳ですが、
パッと行ける範囲の恐竜は見尽くしました。

「他に何か無いか・・・」
そう探している中で見付けたのは、
大阪府堺市にある「大型児童館ビッグバン」

外観からしてビッグバンですが、中に入ると。


c0189724_20211076.jpg



c0189724_2021231.jpg

デカい、凄まじくデカいワニです。
40万年ほど前に大阪湾に生息していたという、
マチカネワニなるワニをモチーフにした遊具。
「こんなデカいワニが居たのか・・・」と、
恐怖に慄きますが実際はもっと小さいそうな。

で、このワニは見るだけでなく、
体内に入って遊ぶ事も出来、
体内から攻撃すると「グウォ~」っと鳴きます。


c0189724_20213723.jpg

鳴かせたら勝ちな気がしますが、
攻撃した本人は鳴き声が怖いらしく、
化石の発掘現場をモチーフにした、
探検遊具の中に消えて行きました。

この発掘現場的な遊具の内部には、
子供サイズのトンネルが広がっており、
何が面白いのかグルグルグルグルと、
只管に走り続けて休む事をしりません。



c0189724_2022219.jpg

子供の体力というのは無尽蔵、
見ていて呆れ返ってしまうほどに。

そんな子供の体力を奪い尽くすべく、
聳え立つのが「遊具の塔」なる施設。

ビルの4階から8階までの4フロアが、
なんと全てジャングルジムなのです。


c0189724_2022173.jpg

上る、上る、ただただ上る。

時に滑り、時にぶら下がり、
しかし一歩一歩と上り行く。


c0189724_20223194.jpg
親としてはやはり心配なのでついて行きます。

しかし・・・サイズが子供サイズの為、
オッサンは本気で身動きが取れません。
閉所恐怖症の気がある人は、
思わず叫び出してしまうかも。

とにかく必死で高低差約30mを上ると、
そこは展望台で遠く天王山が望めました。

あ~、疲れた・・・。

「モウ1回ヤロカ」 え~っ、マジでか~・・・、まぁええわい!行くど!

c0189724_2025596.jpg

その他、訳のわからん遊具が山盛り。

こんな施設が堺にあるとは、
今回始めて知りましたが、
丸一日居ても飽きませんで、
とてもとても面白かったです。


料金が激安でも無い(大人¥1,000、幼児¥600)為か、然程混み合う事も無く、
ストレス無しに子供が全力で遊べると言うのは素晴らしいですな。

京都からはチョッと遠いですけどお勧めです。
# by kaleidocycle | 2017-09-11 21:12 | 駄情報

プレイステーション・レーシング3D。

c0189724_20502051.jpg

待ちに待ったスープラ35を使い、
今日もバシバシ組んでおりますが、
触る度に「良いリムだ」と再確認。

バランスと言い仕上げと言い、
文句のつけようが無いレベルです。


一昔前は御フランスのMavicが圧倒的に精度良く組み易かった様に思いますが、
今やモノスゴクよく出来てる中国製リムなんてもゴロゴロありまして、
探せば安くて良いモノが沢山あるという、実に良い時代になりました。
(勿論、スカタンみたいなモノも混じる玉石混合状態ですが)
c0189724_20503087.jpg
で、そんなスープラ35と組むべしと、
お客様から送られて来たのは此方、
台湾のメーカー「Bitex」のハブ。

ライバル的存在であるNovatecは、
最早定番製品と化しつつある位、
知名度・信頼度を上げていますが、
Bitexも品質では負けていません。

さぁリムが台湾ナイスリム、ハブが台湾ナイスハブと来れば、
結ぶスポークもナイス台湾スポークで揃えてみるか、などと思いまして。
c0189724_2050566.jpg
取り出しましたるスポークは此方。
PillarのPSR14-3D Forceです。

異形です、見た目が何か変。
しかし・・・男心をくすぐるぜ。


基本的には2.0ストレートですが、首元のみ太めの2.2mmとなっており、
Sapimで言う所のStrong(ストロングは2.3mm)と同じ首折れ対策強化品ですね。

c0189724_20533429.jpg
ある一定の品質に達しているスポークは、
折れる際には大体首から折れる訳ですが、
その首元を太くして強化している事を指し、
ピラースポークでは「PSR」と表しております。

そこに加えてこの「3D Force」は、
首元に縦横の潰し加工を施す事で、
意図的に屈曲点を作り出し、
首への負担を減らそうという意欲作。

面白いですね~!


c0189724_2054571.jpg
いやまぁ、弊店周辺程度の使用環境では、
DTの普通のストレートスポークでも、
首飛びなんて滅多に起きませんので、
定番のチャンピオンで充分なのですが・・・。

貪欲に機能を追及し上を目指す、
そんなメーカーの姿勢が透けて見えて、
ついつい興味惹かれてしまします。


ついでに言えば値段も高く無いですし。

c0189724_2242631.jpg
この台湾3点セットで構成され、
オッサンが愛を籠めて組んだホイル。

オーナーの熱い走り(とゲシリ)で、
スポークが折れる事はあるのでしょうか?

まぁスポークが飛ばなきゃリム割れるか、
ハブのフランジ割れるかで、
いつか何処かは傷むんでしょうけど・・・。

男心をくずぐるぜって話。
# by kaleidocycle | 2017-09-09 22:14 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧