井戸端監視カメラ



≠(ノットイコール)。

昨年秋の展示会会場の隅にひっそりと置かれた一台の車両。
「まだプロトだから写真も撮らんといてね」と釘をさされ、
コレが新型か・・・と眺めていたその製品名は「MidnightSpecial」

ミッドナイトスペシャル・・・ってか・・・。
c0189724_16322873.jpg


興味無い人からすれば「はぁ?」って感じだと思いますが、
モーターサイクルを好む人間にとってミッドナイトスペシャルと言えばコレ。
黒と金の組み合わせがカッコ良いのか悪いのか?なヤマハの限定車シリーズ。

ただ今回のミッドナイトスペシャルはヤマハPASの新ラインナップでなく、
Surly新製品という事ですので、色も黒・金カラーなどではなくこんな感じ。
c0189724_16324112.jpg



Surly MidnightSpecial フレームセット¥110,000(税別)

グラベルロード、というと少し違いヘッドも立ってるしリアセンターも短め。
スルーアクスルを採用した現代的マルチパーパスサイクリング車って所でしょうか?
前後共に12mmスルーアクスル前提(F:100x12 R;142x12)なれども、
間座を用いる事で旧来のQR(100&135mm)も使えるという工夫が面白く、
フレームセット¥110,000という価格も、このジャンルでは珍しいお求め易さ。

ただ、ブランドページの説明にある「Pacerの後継機」的な文言を見るに、
なるほどなるほどと右半分で頷くも、左半分固定のアシュラ男爵状態。
c0189724_16325139.jpg



組み合わせる部品の相性とか深く考えずに組めて使えて、
ズボラ&軽快&タフにロードサイクリングを楽しめるペーサーと比べると、
ミッドナイトスペシャルは絶対性能も出来る事の幅も上を行くとはいえ、
必要とする人の層は結構・・・違うんじゃなかろうか、と思う訳ですよ。


「だからペーサーは貴重」とか「ペーサー復刻すれば激売れ必至」とか、
そういう阿呆な事を言う積りは毛頭無いのですが、
「最もSurlyらしくないSurly」と揶揄された事さえあるペーサーも、
改めて今見ると、実にSurlyらしい存在だったんだなぁ、としみじみ。
c0189724_1633869.jpg



Surly Pacer(54) フレームセット¥70,000(税別)

特別な刺激や特徴がある訳でも無い、実にオーセンティックなジオメトリに、
必要以上に軽量化し無い事で得られる懐の深さと信頼性、
そして履きたいだけ太いタイヤが履けるタイヤクリアランスの余裕。

「ただサイクリングがしたい」という粗野な願望を直球でかなえる、
小技の少なさこそSurly初代当主デイブ・グレイの「っぽさ」でしたねぇ。

c0189724_16332452.jpg
で、弊店在庫最後のペーサーである、
54サイズをそろそろ組むかと思う訳ですが、
此奴、チェーンステーに塗装欠けがあるのです。

なので色を塗り直そうと思いはすれど、
何色にしようかなぁ・・・という所で思考停止。

最後の一本を勝手に塗ってしまって良いのか?
「ディスコトマトが欲しかったのに!」
というお客さんがいつか現れたらどうしよう?


と考えていても纏まらないので、以下の様な御提案で如何でしょう?

「コース1」 追加¥5,000でお好きな色に再塗装&純正新品デカール。
「コース2」 お値段そのままでFC-RS500(50x34t 170mm)をサービス。
c0189724_16333293.jpg

FC-RS500ってのは此方のクランク。
11速対応の5アームクランクという、
シマノ内でのレアキャラとして、
弊店定番だったクランクです。

ただ、「だった」という過去形の通り、
既に廃盤となってしまっております。

後継モデルとしてRS510という製品が出て来ては居るのですが、
現行シマノ製品の殆どがそうである様に変則的4アームなんですよね・・・。

いやいや!そうじゃナッシング!11速対応で5アームって所が有り難いんだよ!
適当なチェーンリングを好き放題使える110pcd5アームだから好・き・な・の!
と、ガタガタ抜かした所で廃盤は廃盤ですので受け入れるしかないです。

でも・・・ペーサーにピタリはまるクランクってコレですよ、うん。
勿論、ミッドナイトスペシャルに組んでもバッチリ似合う事でしょうけどね。
# by kaleidocycle | 2018-02-18 16:33 | 商品

評価分岐点。

c0189724_171041100.jpg

「さぁ明日の朝は5時起きだ!」
と寝る前に入れた気合は何処へやら。

いつも通り7時に起きて朝飯喰って、
開園直後の動物園で猿団子を眺める、
そんな気の抜けた私で御座います。

気が抜けているのは自分のみに非ず。
時間と共にエアが抜け行くタイヤもまた、気が抜ける仲間と申せましょう。
特にチューブレスは抜け具合にムラがあるのでシーラントの力に縋りたくなります。
c0189724_17114384.jpg

そのシーラントの中でも「スペック最強」と言えば、
エバーズ/スーパーシーラントが筆頭となり、
「6mmの穴まで防ぐ」という脅威の能力!

ただ元々はチューブに入れて使うパンク防止剤で、
「チューブレスにも使える」という感じらしく、
チューブレスと組み合わせた際の能力は未知数。

ならばと調査を開始したのが4ヶ月前

で、タイムカプセル開ける感覚で、スーパーシーラントを入れたタイヤを御開帳。
中を覗くと・・・おぉ~揮発する事も固まる事も無くドロドロのままです。
一般的なチューブレスシーラントは半年もすると乾いたり固まったりで、
追加補充をしてやる必要があるので、その点においてはスーパーシーラントは見事。

c0189724_17115232.jpg
ただ、穴を防ぐ能力の源泉たる、
細かい繊維が溜まってしまってる所があり、
持てる能力を発揮し切るには、
結構な量を入れる必要があるっぽい。

また機密性向上という意味においては、
普通のチューブレスシーラントと比べると、
何となく劣る傾向にある様な気もします。

もっと沢山の例を拾って行かねば本当の所は分かりませんが、
スーパーシーラントはやはり細めのチューブドタイヤに入れて、
パンク自己修復剤としての能力を期待するのが正道なのかもしれませんねぇ。


そんなシーラントの実験台でもある愛車にして弊店オリジナルの「カルトスター」
c0189724_17113450.jpg



c0189724_17121523.jpg
世に放ってから約1年と6ヶ月、
海のモノとも山のモノともつかぬ、
弊店の主張にポツポツと賛同・御用命頂き、
ドラゴンボールの如く全国に散らばりました。

ただそろそろキャンペーン終了というか・・・、
今まで¥14万でお願いしておりました価格を、
次回製作分から下記の通り改定させて頂きます。

¥140,000→¥210,000(エンド別・税別)


「価格1.5倍はボッタクリ!」と感じられる方も居られるかと思いますが、
弊店の考えるベストトレイルフレーム像を具現化したいという欲望と、
製作担当者が暇してる位ならとにかく手を動かした方が良いという考えとで、
利益率とか工作時間とか無視してとにかく最低価格で提案したのがカルトスターです。

ただカルトと一部部材を共用するモンキーさんの新27.5+フレーム、
「98N-Plus3.0(仮)」の生産が開始され、製作担当者が暇人で無くなった事もあり、
今後は仕事として受けて貰えるだけの真っ当な制作費を払いたいと思う結果の価格改定。

c0189724_1712636.jpg
そんな話でして、初回価格¥14万分は、
現在の在庫2本をもって終了です。
後日記:1本売約 残り1本のみ

他のタイヤサイズには無い、
26+だけが持つ可能性を追求した、
カルト系トレイルバイク「カルトスター」。

¥21万でも安い!と言って頂きたいけれど、それも甘い話な気がするので、
「¥14万ならギリギリ買ってやっても良いかもしれない」という方は御検討下さいませ。
# by kaleidocycle | 2018-02-17 19:55 | 独自MTBフレーム

白黒判例。

c0189724_2024775.jpg

お客様からのご依頼で組ませて頂いた、
ホワイトインダストリーズの「ENO」。

プックリとした胴の膨らみと角のアール、
コレぞホワイト!って感じで実に良い。


無論、形状の優劣など人の好み次第ですが、シュッと痩せたスポーティーな形状よりも、
プックリ膨れたこの形状に魅力を感じるという人は少なからず居られる事でしょう。

「現行ホワイトの多段ハブは皆痩せてモデル体型になっちまってよう・・・」
と寂しい気分に浸るデブ専豊満さを愛する貴方様へ。
c0189724_20244496.jpg

チュビーな胴の旧型6穴ディスクハブ、
「MI6」の在庫が未だ眠っとります。

最終モデルのCX仕様ですので、
11速対応チタンフリーボディ。
現状135QRですが142スルー化も可。

WhiteInduetries MI6(135mmx32H) ¥39,500
此方はMI6のフロントハブ(¥17,500)とセット売りのみでお願いしたいのですが、
その分、お値段の方がセット割的な感じで前後セット¥57,000→特価¥43,000!
フロント12mm&15mmスルー、リア142mmスルーでの納品も御相談下さい。


「でも何で黒なの?ホワイトと言えばポリッシュシルバーでしょう!」
c0189724_20245339.jpg
ってなイメージが強いのは確かですが、
ポリッシュは手と気を抜くとすぐに曇ります故、
輝きの維持には絶え間無き努力が必要。

此方はメンテでお預かりしているT11ホイル。
輝きにオーナーの努力と愛が映っておりますな。


ダートで使う場合などには黒アルマイトの方が、
施された黒の方が絶対的に楽ですので、
私自身もMTBには黒のMI6を使っています。

c0189724_20251095.jpg
しかし雨や泥に塗れる機会の少ない、
ロード系ならやはりポリッシュは魅力。

普通のストドロエンドのロードを、
ハブ側でチェーンテンション張れる、
EccentricENOを使ってシングル化!
となれば愛でて美しいポリッシュで。

WhiteInduetries Eric's Eccentric ENO(130mmx32H) ¥22,500

ただポリッシュハブをラジアルで組むと、手が入らないので磨くの結構邪魔臭いです。
そんな事も含めて「自分が使うならどうなるか?」を想像して楽しい時間をお過ごしあれ。
# by kaleidocycle | 2018-02-16 21:31 | 通販でも買うべき存在

オー・マイ・コート。

あ~サブイサブイ、今日も洗い物やホイル組やで手荒れ進行中じゃわい。
と、ストーブで手を炙る私の姿を見た人はきっとこう言うでしょう。
ひぃっ!妖怪カオナシ!
c0189724_2034282.jpg



はい、カオナシ違いますね、コート着たオッサンの顔がボケてるだけですね。

昨年末にCCPが放った新機軸コート「エプロンコート」を着始めて暫く経ちますが、
長男を保育園に送って行く朝にはパッと羽織って自転車漕いで、
仕事行く時にもやはりパッと羽織って自転車漕いで、
店に来たら来たで、日暮れと共に店内が寒くなったら羽織ってと、
結果的に一日中着ている様な事が多かったりします。

c0189724_20345314.jpg
一枚布で軽い事に加えVネックなので、
とにかく着ていて負担が無いんですよね。

羽織ればそれだけで暖かいのは勿論、
更に寒けりゃ上にも下にも重ね着し易いので、
何も考えずに適当に体温調整出来てしまう。


ついでに言えば腿が温かい
一度この腿の温かみを知ると・・・脱げない。

腿が寒いと感じるのは代謝が落ちてるんでしょうかねぇ?
代謝の曲がり角が何歳なのか知りませんが、多分もうコーナーを曲がって、
ホームストレッチを駆け上がる辺りであろう41歳、本日誕生日で御座います。

まぁ別にオッサン専用という訳では全くありませんが、
「一日中なんとなく寒い」と感じている方は是非エプロンコートを御試着あれ。
CCPの歴史に名を刻む大ヒット作になるはずですよ、コレは。

CCP エプロンコート ¥15,000(税別)
# by kaleidocycle | 2018-02-14 20:57 | 商品

もういいかい?もういいよ。

c0189724_1756399.jpg

もう半月も前、東京へ行った際に、
Sunrisecycles高井氏から、
「遅くなったけど御歳暮」と、
手渡された此方の物体。


コレ、何するモノか分かりますか?

c0189724_17572330.jpg
答は「スピーカーホルダー」

弊店とサンライズ、共に使用している、
ドリームウェーブ/ハーモニーに合わせ、
暇をみつけて拵えてくれたそうです。


サンライズらしい意匠が格好いい、
というかチョッと狂ってますね。


格好良いし有り難いとも思うんだけれども・・・自転車で走りながら音楽聞くか?
ん~、まぁ年に1回か2回くらいは出番あるかな、という程度になりましょうか。
c0189724_17575253.jpg



と、この様に訳の分からんモノがドンドン増えて行くのが人生でして、
弊店店内にも賞味期限切れというか「もういいやろ」というモノが蓄積過剰。
c0189724_17581753.jpg

そこで「もういいよ」なモノを、
チョッと並べてみようという今回。

トップバッターはブレーキシュー。
KoolstopのEagle2ですが、
パッケージに「New」が三つもある割に、
変色具合が全然Newで無い事を物語ってます。

使えるか否かは・・・貴方次第!

c0189724_2012929.jpg
次、ゼファールのスパイミラーです。

フレームやハンドルやに取り付け、
後方視界を補助するというブツですが、
長期保管も度が過ぎた様で、
肝心のミラーが錆びてブツブツ浮いてます。

少し磨いてみた所、まぁ使えるかな?
という程度にはなりましたが、
間違っても売り物にはならんですねぇ。

c0189724_17585257.jpg
3番、BBBのナンバーフィックス。

レースの際に必要なナンバープレートを、
シートポストに簡単に装着出来るアイテム。
何故そんなモノが弊店にあるのか?
というのには海より深い理由が。

固定用のゴムなど朽ちてしまっていますし、
今後店頭で「これ下さい」って無い無い無い。
ま、ゴムは普通の輪ゴムで代用可能です。

c0189724_202260.jpg

4番ポジションにはかなり真っ当と言える、
リクセンカウルのサドルアダプターが登場。

ワイヤ径6~10mmのケーブルロックを、
サドルの下に固定できる、という部品です。


パッケージは汚れていますが全然使えます。
が、今の弊店で需要があるかと言うと・・・。

c0189724_17593225.jpg
続きまして5番!

ヘイズのHFX-9用純正レバーセットです。

15年位前は右みても左みてもナイン、
皆ナインを使っていましたので、
予備レバーの必要性もありましたが。

滅多に見なくなった今となっては?

c0189724_17594283.jpg
6番目は「HFXを愛している!」
というマニアの方に送るラブレター。

デンジャーボーイのビレットレバー。

ただナイン用ではなくMag用ですので、
需要は更に少ない事かと。

c0189724_2023585.jpg
ラストは一番まともな、
オルトリーブの小型バッグ「チケット」。

新品ですし綺麗は綺麗ですが、
在庫期間は10年を超えています。

一眼レフ入れとかにどうでしょう?

c0189724_180597.jpg
と、並んだ上記7点、
販売するには問題があり過ぎ、
「もういいよ」って感じですので、
弊店顧客様には無料で進呈致します。

弊店で買い物した事ない、
けど欲しい!という方は・・・、
何か買ってお客さんになって下さい。

因みに最初に出て来たSunrisecycles製スピーカーホルダーが欲しい人は、
直接Sunrisecyclesへ製作依頼をしてみて下さいませ~。
# by kaleidocycle | 2018-02-13 19:46 | 駄情報


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧