井戸端監視カメラ



<   2016年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧


酷暑対策決定版。

c0189724_17463456.jpg

気温計が40℃に向かってグングン伸び、
夏真っ盛りへと突入している本日、
遂に7月最終日と言う事で明日から8月です。


夕方には大粒の雨がダダダーッ!
と降った様は正に夕立って感じで、
夏だ夏だ~!あはははは~っ!

は・・・は・・・

吐きそうに暑い・・・。


故障したままのエアコンを連日睨んで念を送っていますが、
今の所は動きだしそうな気配も無く、修行の足りなさを実感しております。

こうなると次なる手は以下の三択。
1、更に気合を入れて念を送る。
2、諦めて十数万円用意してエアコンを買い換える。
3、裸で暮らせるような法案を通してくれる議員さんを応援する。


さて、どれにしようか?を思案する所に届いた一つの箱。
何が入っているのかと空けてみると・・・。
c0189724_17465480.jpgc0189724_1747663.jpg






ほ~い!
c0189724_17472032.jpgc0189724_17473157.jpg



ほほ~い!
c0189724_17474180.jpgc0189724_17475281.jpg




c0189724_1748243.jpg
はい、という事で弊店なりの酷暑対策、
「サイクリングランニング2016」が、
本日無事完成で御座います~。


前作の袈裟切りパターンを踏襲しつつも、
グレー系の2トンに加えて単色も製作し、
3色展開で如何でしょう?という今回。
・2トーングレー 完売!
・ブライトグリーン 完売!
・ネイビー 完売!

サイズはやはり前作と同じく、
MとLの2サイズ展開であります。

身長174cm・体重63kgの極普通のサイクリストに来て貰うと・・・。
c0189724_2135673.jpgc0189724_214851.jpg


左の画像がM、右の画像がLを着用した姿になります。
幅のはさて置き、今回は丈をより長めにしているので彼なら確実にMですね。
c0189724_2142023.jpgc0189724_2143213.jpg


しかし、「ランニングはルーズに着たいから」と言う事で彼はLをお買い上げ。

c0189724_1758772.jpg
汗の吸収・乾燥は圧倒的に早く、
濡れた際の違和感も少ない高機能素材、
東レのフィールフィットを豪華にも採用し、
裁断・縫製までも勿論Made in 日本。

バックポケットも深めに改良しているので、
川ジャブした際にスマホを落とす心配減少。


そんなサイクリングする為のランニングシャツ、
サイクリングランニング2016のお値段は・・・

空井戸サイクルxCCP サイクリングランニング2016 ¥4,500(税別)

この価格をどう感じるかは受け取り手次第ですが、用意する側からすると・・・異常に安い。
(CCPさん、縫製屋さん、無茶苦茶なお願いをして申し訳ありません&有難う御座います!)

やっぱコレじゃないと!という方!暑い夏のお供に是非一枚!
遠方の方には発送承りますので、何は無くとも御連絡お待ちしております。

後日記:本年分完売。
by kaleidocycle | 2016-07-31 21:34 | 商品

違うのだよ。

朝からSPDサンダル&ランニングという軽装でテレ~ンと走っておりますと、
なにやらド派手な色調の植物が目に留まりました。
c0189724_161507.jpgc0189724_16151410.jpg



山牛蒡の実が全て喰われた跡なのか?と思い眺めていると、
木立の奥から聞いた事も無い様な声が聞こえて来たのです。
「ヤマゴボウとは違うのだよ、ヤマゴボウとは・・・」

は!コレはガンダムに出て来るグフを指した名言ではないか!
と、思ったか思わなかったかは置いといて、今週こんなの組ませて頂きました。
c0189724_16153155.jpg


Surlyのクランパスですが、
ただのクランパス完成車ではなく、
強化版クランパスに御座ります。



メーカー完成車とは違うのだよ、
メーカー完成車とは~っ!



は!また幻聴?
もしくは妖か!姿を見せいっ!


c0189724_16154962.jpg
と言う事で此方のクランパス、
初期型とはエンド形状が違う「MDS」というタイプで、
モジュラー・ドロップアウト・システムの名の通り、
エンドを交換する事で普通の135mmx9mmQR、
シングル用の135mmトラックエンド、
そして142mmx12mmスルーの3種から選択可能。


メーカー完成車は常識的な135mmQRですが、
好きに選べるのなら142mmスルーで組みたい、
そう思うのは自然の摂理でありますな。

135mmで組もうが142mmで組もうがコスト差など微々たるモノですし、
クランパスMDSのフレームセットにはエンドだけでなくアクスルまでついて来る訳ですから、
此処はもう、29+の巨大なタイヤが生む捻りを支えるべく強固な142mmが好ましい、と。


そうなると今度はフロント周りが気になり出します。
というのもクランパスMDSのフォークはOSコラムの9mmエンド仕様。
フレーム側のヘッドチューブはテーパー対応のZS44なのに・・・惜しい。
c0189724_16165987.jpgc0189724_16161721.jpg



そのまま放置するなどという事は出来る訳も無く、
テーパーコラム&15mmスルーアクスル仕様のSalsaクロモトグランデ・テーパーに。
これでガッチリムッチリの前後スルーアクスル化完了!です。

c0189724_16175150.jpg
ホイルもどうせ組むのなら、という事で、
リムはStan'sのHugo52をチョイス。

重量こそSurlyのラビットホールに劣りますが、
穴なしなのでリムバンドトラブルの心配が無く、
心置きなく泥に突っ込んで行けますし、
即チューブレス化可能という美点がありながら、
ラビットホールと同じ¥15,000というのはお買い得。


タイヤもまた敢えてSurlyではなく、
パナレーサーのファットBニンブル29x3.0

絶対的グリップは然程高くありませんが、重量も走りも軽い上に圧倒的に安価。
地産地消まさにコレ!と言いたい所ですが国内生産では無いので的外れ。
しかし消耗品であるタイヤ価格が高い、というのはセミファット最大の泣き所ですので、
この品質をこの価格で出して貰える事についてはパナレーサーさんに大感謝ですな。


c0189724_1618587.jpg
そして巨大なホイルを抑え込むハンドルは、
Surlyが放つ750mm幅のチーターバー

素材をクロモリとしながらも、
トリプルバテッドで意外なまでに軽量。

これ位の幅になって来ると、
クロモリの撓りが効くんですよね~!

と、そんなこんなに加えて油圧ディスク&メタルパッドは勿論の事、
新型7000SLXコンポの1x11でガッチリ固め、ロー42tでキャパシティーも拡大。
結果としてメーカー完成車とは似て非なる筋肉ムキムキマッチョなクランパス

パッと手に入るメーカー完成車も選択の一つですが、
メーカー完成車予算にプラス¥5万で此処まで鍛え上げる事が可能。
トントンとパーツの手配が進めば製作期間は1週間も掛かりませんので、
この手の車両をご検討の方は、どうか邪魔臭がらず御相談頂きとう御座います。
by kaleidocycle | 2016-07-29 20:16 | 商品

ポングピング。

c0189724_18264829.jpg

「パラパラ降りおってからに、この雨がっ!」
などと雨を恨むのはお門違いも甚だしい。

小雨降る → 肌濡れる → 体温下がる
この様な式が成立する事により、
いつもよりも涼しめに走る事が可能なのだから。


とは言いつつも警戒感が先立つのは確か。

c0189724_18271547.jpg
濡れると滑る、コレ自然の摂理。

しかしそれよりも更に恐ろしいのは・・・、
雨天下ではパンク修理がし難いという事。


いや、パンクなんて滅多にしないんですよ?
でもしないしないと思っている時に限って、
「スカ~っ・・・」なんつってエア抜けて行く訳で。

加えてエアボリューム豊かなセミファットと来れば、
パッチを綺麗に貼れているかの確認だけで一仕事。



ワタクシ、最近まで「パンクはしない前提」で活動しておりまして、
日常走りに出る際に携帯するのはエアボンベ1本というミニマム体制でした。

しかしセミファットとなるとエアボンベでは2本あっても追いつかずポンプ必携、
それでも「パンクしない前提」を堅持し、ミニマムなエアボーンのポンプでどうか?
と、思ったりしてみるのですが・・・。
c0189724_18283916.jpgc0189724_18285224.jpg



エアボーンポンプでどの程度エアが入るか試してみると、
30回ポンピングして左画像の様なペラペラ、100回ポンピングしてやっと膨らみ始める、
普通の26インチMTBチューブでコレですから、26+チューブとなると・・・想像もしたくない。

c0189724_18292442.jpg

人には人の乳酸菌。
そんなキャッチコピーと同じく、
セミファットにはセミファットのポンプもあるはず。


と言う事で選んでみたのが此方。
トピーク レースロケットMT ¥3,900(税別)

エアボーンと並べると、見るからに頼もしい。

トピークのレースロケットシリーズの中でも、最もエアボリュームを稼ぎ易い「MT」。
弊店ド定番商品である「レースロケット」と比べると、パッと見は一回り大きい程度ですが、
シリンダの太さ&ストロークの長さは相当違っており、バスバスとエアが入りそうです。
c0189724_1830115.jpgc0189724_18302534.jpg



c0189724_1831157.jpg

サイズが違えど同じレースロケット、
使用方法も全く同じで、
本体にねじ込まれているホースを抜き出し、
バルブに接続したらポンピングする、それだけ。


レースロケットと、レースロケットMT、
両者を比べた際、どの程度差があるか実験です。

まずはスタンダードなレースロケットで、
30回ポンピングしてみましょう。

うん、なんだか薄っすら膨らんで来ています。
エアボーンで100回ポンピングしたのと同じ位入ってる感じでしょうか?
c0189724_18314234.jpgc0189724_18315394.jpg





変わって一回り大きなレースロケットMTで、同じく30回ポンピング。
おぉ~!圧倒的に早く膨らんで行きます!
c0189724_18321894.jpgc0189724_18323847.jpg


って当たり前と言えば当たり前ですね。
その分、高圧になってくるとポンピングが重くなって来るはずなので、
万能とは言えないでしょうが、セミファット&ファットには良い選択かと思う次第。

ファット&セミファットとなると、そもそも予備チューブ自体が嵩張る訳で、
それと比べればポンプが多少大きくなろうが、大事の前の小事です。
c0189724_1833454.jpg



c0189724_18335670.jpg
お盆休みにいつもより遠くへ攻め入ろう、
そんなファット&セミファットユーザーの方、
パンクに見舞われ帰還困難となる前に、
是非ナイスなポンプを御検討召されよ。

チューブも「29+」用は勿論の事、
次回入荷予定が11月となっている、
26ファット用のウルトラライトも、
少量ですが在庫ありますので此方も是非。

Surly 29x3.0チューブ ¥1,900(税別)
Surly 26x4.0ウルトラライトチューブ ¥2,400(税別)
by kaleidocycle | 2016-07-28 20:50 | 商品

視点論点。

c0189724_16183673.jpg

一昨日・昨日と連休頂き、
丹後の海へ行って参りました。


息子(2歳半)にとっては、
人生初の海であり、
海の広さと塩辛さとの、
記念すべき出会いの日となる所、
天気予報は生憎の曇りのち雨。


「スカタンや~!」と思ってみても、
天気を変える様な念動力も無く・・・。

諦めモードで出掛けた先の海は、
曇っているとはいえ雨が降るで無し、
オマケに人が殆ど居なかったりも。

c0189724_16184737.jpg
夏のオンシーズン真っ盛りにに、
丹後有数の綺麗な海水浴場を、
貸切に近い状態で楽しめるとは・・・。

更に幼児の熱中症を心配する事も無く、
遊びたい放題遊ばせられてしまう天気。

もしかしてラッキーなのか?

まぁそんなこんなで、生憎の曇天も見方によっては味方になる、という事で、
世の中見方の切り替えによって幸せ度は大きく変化したりするモンです。


さぁそんな見方を変えてみよう!というお題としてお使い頂きたいのが、
またまた顧客様よりお預かりした次期オーナー募集車両。
c0189724_161928.jpg



見ての通りのSurly/カラテモンキーでサイズは18インチ(Mサイズ)、
状態は「相当良い」と言って差し支えない程度で、傷らしい大きな傷は無し。
c0189724_1619238.jpg

「希望価格は幾ら位ですかね?」と聞くと、
返って来る返事は「ん~、よう分からんねぇ」。

そう、中古の値段はつけ辛いのです。


ただクリスキングのヘッドセットとか、
中古車についていても有り難味薄いですし、
コレは外して他の車両で使ったらどうですかね?

c0189724_1725430.jpg
前輪はSurlyのラビットホールに、
ダートウィザード29x3.0で「29+化」

この前輪だけで¥4万ほど掛かっているけど、
コレもまた中古を選ぶ際の決め手にはならんかな?


と、アアでもないコウでもないとやり取りする様を、
横で見ていた人が一言。

「・・・前輪だけ売ってくれるなら買いますよ」

c0189724_16193269.jpg
このクランクも勿体無いですね~。

ホワイトインダストリーズの、
ディングルクランクKIT「ダブルダブル」

欲しい人には唯一無二の逸品ですが、
「中古車買ったらついてきた」というには、
あまりに高価な¥6万オーバー。

一応、現状のままで¥15万(応談)といった辺りを想定しているのですが、
ヘッドを普通のヘッドに交換して~、前輪も普通の29インチホイルに交換して~、
クランクも普通のシングルクランクに交換して~、となると?

結果的に素のカラテモンキーとなった此奴の価格は幾ら位になるのでしょう?
¥10万か、若しくはそれを割り込む辺りになるのかと想像します。


さぁ!現状で¥15万で交渉を開始するか?
高価なパーツを削ぎ落とした状態を全体にもっと安価に交渉するか?
はたまた装着されているパーツのみに狙いを定めるか?
興味を持たれましたならば是非店頭にて車両チェックされたし。

後日記 : 交渉成立
by kaleidocycle | 2016-07-27 18:53 | 駄情報

明後日臨時休業頂きます。

新型SPDサンダル「SD5」が届き、箱を開けて現物を見ると・・・。
「シマノのサンダルってこんなだっけ?」という位、微妙な変更点が沢山。
c0189724_19315738.jpg
履いた瞬間、違和感アリアリですが、
新品未使用なのだからそれも当然。

お互い密着して理解し合おう!
と言う事で必要以上に踏力の掛かる、
固定ギアで軽く一本峠を上る。

ホイッ!ホイッ!ホイッ!ホイッ!

c0189724_19463950.jpg
サンダルながら程々に硬いソール・・・。

2本止めだけれど程々に締まるベルト・・・。

そして過去最大級に涼しい通気性・・・。

良い!やっぱ良いすな~!


ついでに言えば、濡れた後の渇き易さも、
過去モデルよりも優れているっぽい素材使いで。

c0189724_1932252.png

さぁコレで明日からの川じゃぶライドも、
通勤も何もかもが快適になっぞ!

と行きたい所ですが明日は定休日
そして明後日臨時休業と連休を頂き、
息子を連れて海へ行ってまいります。


果たして新型SPDサンダルは、
砂浜で如何なる能力をみせるのか?

結果は明々後日に判明予定。


嘘です、普通に雪駄で行ってきます。
by kaleidocycle | 2016-07-24 21:09 | 臨時営業・休業

インビジブルブルブル。

c0189724_21344640.jpg
今朝は久々にロードでデッパツ。
午前の風は肌に涼しく、実に爽快。

で、自販機ポイントで休憩していると、
畑仕事に精出す(と見せかけ何もしていない)オッサン達の、
世間話が聞こえて来ました。

「最近どう?」
 「鹿や鹿」
「は?」
 「昨日の夜、鹿が入って来よったんや」
「あぁそうか、取り合えずお茶飲んで行きぃや」

夜の内に鹿避けネットを掻い潜り、畑に侵入してディナーを楽しむ鹿。
抜本的な対策は難しく、気がつけば「あ!喰われてる!」てなモンなのでしょう。

目の前で畑に侵入して来るなら、棍棒片手に立ち向かうという方法もありますが、
人がいない夜更けに来るとなると・・・大変ですねぇ。


その点、街中に鹿は滅多にやって来ませんし、そもそも畑も作ってないので被害とは無縁。
しかし・・・そういつまでも安穏とはしていられない様で。
c0189724_21345574.jpg

というのも世を騒がす「ポケモンGO」、
今日から日本でも始まったそうなのですが、
早速携帯を翳してウロウロする人が其処此処に。

で、昼一番に店の前で少年が叫ぶ訳ですよ。
「お!ホニャララ居った!」
その後もスマホ翳した人が無言で立つ事数度。


そ・・・そこに何か居るのか?

ポケモンGOをやっていないワタクシには見えませんが、そこに何か居る様です。
この居るかもしれないポケモンって、移動とかしないんでしょうか?
ズッと此処に居るとするなら・・・何かポケモンに見られている様で落ち着きません。

人には見えていて自分だけ見えないってのは、チョッとしたホラーですな。
by kaleidocycle | 2016-07-22 21:54 | 駄情報

足元チェック。

c0189724_20121547.jpg
春先に購入し毎日履いていた雪駄が、
夏真っ盛りを目前にしてダメになりました。

雪駄が一番楽なんですけどね、
そもそも毎日履く物では無いのかも。


そんな訳で涼しい夏履きを失ったワタクシは、
キーンのSPDサンダルを履いておるのですが、
このサンダルが何とも微妙~に履き辛い。

見た目はソレっぽくて良いんですけどね。

SPDサンダルも色々試してみましたが、結果的にシマノ製品が一番シックリ来ます。
「激しく使うとアッパーが千切れる」という世の意見も実体験もありますが、
それは使い方自体が間違っている、という事も今はよくよく分かりましたし、
「見た目がオッサンくさ過ぎる」という揶揄も、それはまぁシマノだしねぇと納得済み。


c0189724_2013383.jpg

ただ此処数年ランナップにあった、
シマノのSPDサンダル「SD-SH66」は、
色が黒/青しか無い、という点で採用拒否。

青はシマノのコーポレートカラーかもしれませんが、
サンダルにそういう押し出しは要らんです。


あ~、もう一個前の茶色は良かったなぁ~、
もっと言えば初期型の黒で良かったのに。

c0189724_20124665.jpg

そんな個人的文句を胸に抱き、
シマノの展示会に行ったのは丁度1ヶ月前。

そこにあったのは何と。
モデルチェンジした新型SPDサンダル「SD5」
そうそうコレで良いんだよ!という真っ黒です。


外観的にはチョッと変わった位ですが、
重量がペアで90gほど軽くなっている模様。


ただ新商品の情報公開は「7月18日まで禁止」と言う約束があると言う事で、
そうかそうかと理解したは良いけれど・・・ワタクシ今日まで忘れてしまってました。

で、本日ふと思い出しシマノのHPを見ると!本日から受注開始の告知が!
しかもSD5は明日生産上がり予定との事で、いきなり手元に届くッぽいのです。

価格が¥1,000上がって¥15,000となった新型SPDサンダル・SD5。
興味のある方は見に来て下さい、明後日位から毎日履いているはずですから。


c0189724_20132453.jpg
あとこんなのが再入荷して来ています。
Xtracycleの両立てスタンド「Kickback」です。

ロングテールユーザーにしかご縁の無い本品ですが、
欠品が永く続いた上、入荷もチョロチョロ程度と、
供給が安定しないので多めに在庫してみました。

ロングテールと言えば、FRKの後継モデルである、
「Leap」の入荷が遅れに遅れてテンヤワンヤですが、
今春予定が今年年末予定にズレた原因が、
「セミファットタイヤを履かせた際、
 キックバックと干渉する事が分かったから」


で、そのリープ用にキックバックを作り直しているから、それが出来るまで待ってね☆
という、「そんなモン生産入る前に確認せぇよ!」というレベルのお話で頭を抱えますが。

リープ用にキックバックを作る現行キックバックも勿論作り続ける
キックバックが2種になるただでさえテンテコマイの供給状況が悲惨な事になる

そんな恐ろし過ぎる図式が頭から離れないのですが、さて現実はどうなるのでしょう?


お急ぎで無い方は良いのですが、「そろそろキックバックを」と御検討の方、
是非モノがある内に御用命頂けます様お願い申し上げます。
Xtracycle Kickback-Stand  ¥20,000(税別)
by kaleidocycle | 2016-07-21 21:10 | 商品

大山鳴動。

c0189724_20211061.jpg

ボチボチ京都付近で試乗頂けている、
弊店オリジナル26+のカルトスター。

先週末も顧客さんに乗って頂き、
「返しに来ました~」「置いといて下さい~」
などと適当に返却受付していたのですが、
よく見ると無茶苦茶綺麗に洗車されてました。

MTBなんて泥がついてて当たり前ですから、
洗車なんてして頂かなくて良いのに・・・恐縮。

まぁそんなカルトスター、試乗車兼我が車両と言う事で、
己が好みからシングルスピードとして組んでいます。
京都周辺で乗る限りは鼻歌フフ~ンというノリですが、
そろそろ遠方からの試乗希望者さんへの発送、俗に言うドサ周りを始めるに当たって、
「シングルじゃマズイかな~」と思い出していたりもします。
c0189724_2021252.jpgc0189724_20213589.jpg





c0189724_20224380.jpg
手元に142x12mm用エンドもあるので、
142mmスルーハブでもう一本ホイルを組み、
1x11化しておいた方が何かと良いよな~。

ハブは定番と言う事で8000XT辺りか?
廉価良品、必要十分、正にコレ。
そう、人生手堅く行かねばなりません。


と検討を進める所にやって来た某代理店営業さん。
「オニキス如何っすか~!」

c0189724_20225279.jpg

で・で・で・出た!国内扱いが始まると聞いていた、
アメリカの変態系ハブメーカー、
ONYX-Racingでは御座いませんか!

XTで手堅く組むのも良いけれど、
キヨブタ(清水の舞台から飛び降りるつもり)で、
手を出してみるのも・・・ありか?

ノッチ数無限という謳い文句であれば、
ステルスなどが有名ですが、
コイツはもう一味違うそうですし。

c0189724_20231257.jpg
世の多くのハブはラチェット式であり、
物理的にノッチ数が決まってる訳ですが、
ONYXのハブはスプラグと呼ばれる、
独自のワンウェイ機構を採用しており、
どの角度からでもトルクが掛かるそうな。

で、このスプラグクラッチを見て、
乗り物好きの一部の人は気付くでしょう。
「スタータークラッチと同じやな」と。

スタータークラッチってのは車やバイクのセルモーターについているクラッチ機構で、
エンジン掛ける時はセルモーターの力をクランクにギューンと伝え、
エンジンが掛かった後は空回りし続ける、というモノ。

つまりエンジンを掛ける時(ペダルを踏んでトルクが掛かる時)はロス無く力を伝え、
エンジンが掛かった後(ペダルを止めてフリーが作動している時)の、
ドラッグ抵抗が無いに等しい、そういう機能を求めた機構な訳ですな!
(まぁ正確には微妙にあるロスを嫌ってサンデーレーサーはセルを外す訳ですが、それでも圧倒的にロスは少ない、と)


c0189724_2023412.jpg
ノッチ数無限、ドラッグ抵抗最小限、
更にメンテナンス性が非常に良い等々、
様々な魅力を持つオニキスハブですが、
ワタクシが着目したる箇所がもう一つ。

このスプラグが乗っかっている箇所は、
フリーボディと一体となっておりまして、
ハブボディの中にズドンと通っています。

この事により、ハブボディとフリーボディ間の遊びが少なくなる事が予想されます。
普通のハブを持って、フリーボディを上下に揺するとカコカコ動きますよね?
あの遊びがあっていけないとは思わないのですが、遊びが無いとなると、
変速の正確性がより向上する可能性を秘めていると言えましょう。

また遊びが少ない事に加え、馬鹿デッカイベアリングを採用しているので、
ベアリングへの負荷が少なく抑えられ、結果として長寿命化も期待できそうです。


c0189724_20251516.jpg
全製品にセラミックベアリングを採用し、
あらゆるハブ規格を用意しており、
選べる色は脅威の24色展開!
更にカラーの色も9色から選べてしまう!
(駄洒落じゃなくて・・・分かって頂けますか?)

142mmハブで¥62,000と、
クリスキングとガチンコ勝負です。

さぁどっちにしようかな~?斬新・先進のオニキス?それとも確実・安定のクリスキング?
こうして並べているとホワイトインダストリーズの¥42,000が安く感じますね。

よし!決めた! ¥7,500の8000XTでお願いします。
ミクロ規模の個人商店のオッサンには高嶺の花過ぎますわ~・・・。
因みにより軽量なモデルをお望みの方は、開発中のアルミフリーボディ版を待たれたし。
上手く行けば今夏にもデビューするとの話でしたし。


また密かに手配していたStan'sのチューブレスリム「Hugo」の26インチ版が、
来月にも8本ほど届くはずですので、カルトスター共々御予約お待ちしているだわさ☆
by kaleidocycle | 2016-07-19 22:19 | 独自MTBフレーム

バカンス。

c0189724_20553123.jpg
ギギギ~!ガガガ~!カヴィサヴァ~!
オラも夏休みたいです~!


などと言う熱意は一切無いのですが、
2歳児を抱えるワタクシ、一応父親であり、
父には父の務めがあると考えております。


そこで「2歳の夏休みは人生に一度しかない」
という屁理屈みたいなコンセプトを掲げ、
息子を生まれて始めての海にトプンと浸けるべく、
突如来週の26日(火)臨時休業させて頂きます。

まぁド平日の弊店が閉まっていようが、誰も気付かないのかもしれませんが・・・。
by kaleidocycle | 2016-07-18 21:01 | 臨時営業・休業

余所見をするな、アテモンGO。

c0189724_182141.jpg
祭の華と言えば・・・御輿!

そんな粋な答で行きたい所ですが、
実際に引き寄せられるのはやはり夜店。


そうそう、こうやって景品が並んでてね、
射的でパンとやってどれが当たるかな~、
なんつってやる訳ですよ。

c0189724_1821891.jpg
大当た~り~っ!

ガクガクブルブルアワワワワブクブクブク・・・!
子供の頃に夜店でクジを引いた結果の景品が、
「ゴダイゴ」のステッカーという事態に愕然とするも、
テキヤのオッサンが大声で「大当たり~!」と、
客寄せの為だけに叫んだ、そんな事を思い出し、
当時の遣る瀬無い気分がフラッシュバックしました。


落ち着け、俺。
そして今日当たったモノを確認するのだ。

c0189724_1823942.jpg
え~、コレは当りか外れか~?
お!大当たり!

約2年振りの登場となる、
「身代わりドクロヘッドキャップ」です!

正しくはファブリカサインワークスの、
「calavela-1」というデザインのモノ。

c0189724_1825099.jpg

イカしたデザイン&美しい仕上げで、
欠品後も問い合わせが続く本品。

ベースとなるキャップ自体も凝っており、
軽量化の肉抜きが大胆なだけでなく、
取り付けた際のシルエットがまた美しい。

c0189724_183412.jpgc0189724_1831314.jpg



c0189724_1833777.jpg
ただその「凝ったキャップ部材」というのが災いし、
キャップの欠品=生産待ちとなってしまい、
そのまま気付けば2年も経ってしまった、と。

しかし今回キャップ50個生産の報をうけ、
あつかましくも「に・・・20個作って下さい!」と、
買占めモードを発動してみましたので、
当分は在庫 in stockでしのげる事でしょう。

ご希望頂ければ遠方への発送も承りますが、
製作者からの直販もありますので、
御都合に合わせてどちらからでも~。

FabbricaSignWorks calavela-1  ¥1,550(税込
by kaleidocycle | 2016-07-17 20:14 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧