井戸端監視カメラ



<   2016年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧


フライングⅡ。

c0189724_19372934.jpg

ブルルルルルルルルルル・・・・・・。


爽やかな雨上がりの高速道路を、
意味なく、ただただ真っ直ぐ走り行く。

そう、オイラは自由を愛するバイカー(スクーター)さ。
この先にどんな出会いや事件が待ってるかなんて、
分からない、分かる訳も無い、
でもだから面白いんじゃないのかい?人生は。

c0189724_19381372.jpg
って寝言?

バイカーじゃなくて自転車屋、
足元はブーツじゃなくて雪駄、
行き先未定などという事もなく、
眠い目こすって元気に展示会へ出撃、
そんな本日の朝なので御座います。

c0189724_19391555.jpg
朝の9時過ぎだというのに中々の人出です。

会場である堺市までは、京都から1時間少々と、
まぁパッと行ってパッと帰れるレベルですが、
岡山・広島、そして九州から来ている人も居るそうな。

ご苦労様です!

きっと皆さんコレが見たかったんでしょうねぇ、
そうそう、自分もコレが見たくて見たくて、
という斬新な猫のカモフラ柄「ネコデジカモ」。

c0189724_1946388.jpg
ニィェットッ!
思わずロシア語で否定するほど違います。


本日ワタクシが吸い寄せられて来たのは、
Chargebikesの新たなる一手、
「Plug1-Disk」登場の報を聞いて、です。

個人的には低迷期である様に見えていた近年のチャージですが、
昨年のラインナップ一新で「おっ」と思わせる輝きを放ち出し、
「でもツメ甘いな~」と斜に構えていた所に届いた2017ラインナップが相当良い

そんな2017の中でも一際目を惹くのがディスク・シングルのプラグ1ディスクで、
ツボを抑えた程々な内容と¥89,800という価格のバランスやよし、
なのですが、更に更に気になるプラグ1ディスク(P1D)のスペシャルモデルが此方。
c0189724_19462095.jpgc0189724_19463438.jpg



Chargebikes Plug1-disk Grinduro  ¥118,000

グラインデューロの詳細はグーグル検索で御確認頂くとして、
まぁ一言で言えばグラベルロードレースのイベント名で御座いますな。
そのグラインデューロの主要スポンサーはGiro、Sram、そしてChargebikesと言う事で、
同イベント名を冠したスペシャルモデルが登場した、とそんな話。
c0189724_1947315.jpg

「シングルスピードのディスクシクロ?」
ノンノン、ノンノノンノン!
このP1Dの面白い所はジオメトリにあり、
設計がシクロでは無くグラベルロードのそれ。
つまりSSグラベルロードな訳です。

で、そんなP1DのグラインデューロVerは、
タイヤがWTBのNANO40cというナウな一品。

リムはチューブレスレディーなので、
そのままいきなりチューブレス化が可能だったりも。



P1Dのスタンダードモデルが約¥9万に対し、グラインデューロverは約11万、
その差約¥3万を、塗装色が違う&タイヤが違うだけで埋められようか?否。
c0189724_19481383.jpgc0189724_19482553.jpg



なんと。グラインデューロにはTRPの油圧ブレーキ「Hylex」が装備されとります。
シングル用油圧ディスクの定番であるHylexは、パッドもシマノ互換なので選び易く、
片方¥2万、前後で¥4万と手を出し易い価格も相まって支持を集めております。

油圧にどれ程の魅力を見出すかは人其々ですが、個人的には「ナイスチョイス!」であり、
価格差¥3万でこの内容であれば、確実にグラインデューロ推しですね。


あと現車を見て「あれ?」と思った「カタログ写真と違う所」が此方。
c0189724_19473280.jpgc0189724_19474419.jpg



カタログではトラックエンドになっていたのですが、
現車はエキセントリック(偏芯)BBになっているという嬉しい変更。

BB側でチェーンテンション調整を行う為、ブレーキキャリパーの調整頻度が下がり、
また出先でパンク修理を行う際にもホイールを外し易いというメリットが。
(あと別にやらなくて良いんですけど、ディレーラハンガーを取り付ければリア多段化も可能)

c0189724_19484179.jpg

如何でしょう?
とても遊べそうな一台でありましょう?

なんともさじ加減の良いこの内容で、
¥118,000ってなぁ・・・欲しくなりますね。
(←サドルは専用刺繍入りのデニム張りスプーンです)


入荷は9月予定という事で少し先ですが、
果報は寝て待て、いや小遣い貯めて待て!です。


本日はP1Dの話に終始しましたが、2017チャージはまだ見所があります。
それは明日の定休日を挟んでまたどこかでって事で、おやすみなさい。
by kaleidocycle | 2016-06-29 21:50 | 駄情報

7月の営業予定。

c0189724_2145883.jpg




7月の営業予定は上記の通り、赤丸が定休日となります。
あと勝手ながら26日(火)臨時休業とさせて頂きます。

さぁ梅雨も明ける7月、即ち夏突入の今月であります。
海まで漕ぐもよし、汗かいて塩浮かすもよしという事で、
塩に塗れて元気に参りましょう!今月も宜しくお願い致します!
by kaleidocycle | 2016-06-28 21:45 | 今月の営業カレンダー

マイテール is バック。

c0189724_18303474.jpg

「自宅内でオーバーフローし出した本を、
 取り合えず店に移動させようではないか」


そんな事を思い立ち移動させてはみたモノの、
我が城たる店舗は思いのほか手狭であり、
2つ目、3つ目の本棚を置く場所が決められずで・・・。


モラトリアム決め込んでいた間に再び本が溜り始め、
息子の幼児用DVD置き場を侵蝕して来ました。

これはもう「何処に移動させる」とかではなく消し去らねばならぬ・・・即ち・・・ブックオフ!

また時間を置いて読みたい奴は左に~、好みに合わんかった奴は右に~、
と仕分けを進めてみるモノの約10対1で左派優勢。つまり極左。


c0189724_18304127.jpg
そうじゃなくてもっと大胆に!
身を切る大胆な改革を!
進めて行こうではありませんか!
心強い応援も駆けつけてくれています!

フリーラディカルキットです!

キャァ~~ッ!(熱狂・日当無し)


という様なノリで、顧客様にお貸し出ししていた、
我がロングテールベースフレームが返って来ました。

c0189724_18305078.jpg
約2ヶ月のロングテール無し生活期間中、
無くて困った事というのは左程無い。


しかし言い換えれば多少は有った訳で、
「大体何でも運べる」という自由が、
一度当たり前になってしまうと、
運べない不自由感・ストレスが募る募る。

c0189724_18313437.jpg


チャカチャカチャカっと組み付け、
再び伸びた我が1x1。



さぁコレでブックオフに出陣!
の前に仕分けせんとならんです。



仕分けで除けた分に関しては、
ご入用の方が居られれば、
どうぞ差し上げますので、
適当に取りに来て下さい。



ってホラこういう「本取りに行こう」なんて時に、ロングテールあれば便利なんですよ。

FRKに続くXtracycle社のロングテール化ベースフレームLeapは、
納期が遅れ遅れて最早混沌、五里霧中ってな状況でありますが、
一体型ロングテール車両であるエッジランナービッグダミーは、
共に7月国内入荷予定で進行していますので、久し振りにその姿を拝めそうです。


特にビッグダミーは次回入荷分から新色の「Soil Ant Green」という黄緑で登場。
フレームが、フォークも、そして荷台の天板も!・・・やだ、素敵。
しかもカラーバリエーションはこの1色のみというアホさ加減。
c0189724_18324250.jpg


カラーチェンジに伴い、構成部品も少し変わっておりまして、
クランクがシマノLXからトゥルバティフのファイアックスに戻るというのはマイナス1点。
スプロケもシマノからマイクロシフトに変わるので此方もマイナス1点。

対してシフターがSramのX7になるのは差し引き無しとして、
リアメカがやはりSramのGXになるのはプラス1点!
そしてタイヤが「本当に勘弁して下さい・・・」と泣きを入れざるを得なかった、
コンチネンタルのタオカンから、Surlyの極太ツーリングタイヤE.Tになりプラス1点!


価格は変更無しの¥268,000(税別)。
家に荷物が溢れ返って、カーチャンから「片付けよ!」と指令をうけた際には、
「片付ける為の必要経費」という形で、是非家族会議で提案してみて下さい。

ええ、それで家庭内の雰囲気が悪化したとて私は何もしませんけどね。
by kaleidocycle | 2016-06-27 21:08 | 駄情報

エンデュランス。

「風邪ひく奴は気合が足らんのだ」
そんな事を半ば本気で言うておった10代、20代は今や遠く、
オギャーと生まれて40年経過した私、
先月に引き続き今月も風邪をひいてしまいました・・・。
c0189724_1863716.jpg
なんというハイペースでしょう。
このまま行けば年12回の風邪も夢ではありません。


「風邪は寝れば治る」という治療法を支持し、
昨晩は帰宅後即寝て、13時間寝続けましたが、
その程度では足りないようで頭がボーっとします。

丁度タイミングよく明日は定休日ですので、
35時間耐久睡眠に挑み、
ゴールの後にはニコ!スキッ!となる予定。

ほんで50歳とか60歳とかになったら「昔は寝れば治ると思ってたなぁ」と、
今の事を振り返るのかもしれませんね。
by kaleidocycle | 2016-06-24 22:09 | 無駄

未だ最中。

c0189724_14282569.jpg
明け方までジャンジャカ降っていた雨も、
朝飯食い終わる頃にはサラサラ小降りに。


雨の中を走る事自体は気持ち良いのだけれど、
靴がなぁ・・・濡れると中々乾かんしなぁ・・・。

走る?濡れる?靴クサなる?走る?濡れる? x 百回
と考えながら表に出ると小雨を無視し座る子猫一匹。

キミ、濡れると臭くなりますよ。

ま、靴なんか濡れようが濡れまいがやがては臭くなる訳で、
濡れるから走らんなどと言うてると、梅雨の間ずっと休みになってまうやも。
c0189724_14254353.jpgc0189724_14255284.jpg



c0189724_14261965.jpg
イカン、だちかん、それはイカン。

サボり過ぎると次に走る時が辛いから、
雨の隙間を見つけたなら捻り込む様に、
踏むべし踏むべし踏むべし!


フンフン言いながら固定ギアで峠を上り、
肌濡らしていた雨粒が汗の粒に変わる頃、
雲は散り始め、青色が少々覗くに至り、
結果として靴は全然濡れませんでした。

沖縄はとうに梅雨明けを迎えたそうですが、関西はまだまだ梅雨真っ盛り。
「梅雨が明けたは良いけど、走るとすぐにバテバテ」みたいな事にならぬ様、
雨の隙間を見つけてシュッシュ漕ぎ出しましょうぞ。


そして、梅雨期間の宿題と定めた「26+プロト」はリアバック改修作業も終え、
引き続き塗装工程へと放り込みましたので、梅雨が明ける頃には・・・。
c0189724_18544649.jpgc0189724_18545897.jpg


お披露目させて頂ける事になりましょうな!
by kaleidocycle | 2016-06-23 22:17 | 無駄

フライング。

c0189724_15592083.jpg
今年一発目の展示会、と言う事で、
ヒール&トゥ決め決め(妄想)車を飛ばし、
やって来ました心斎橋in今朝。


「心斎橋」と偉そうに言ってみましたが、
正直、心斎橋が大阪の何処なのか?
未だによく分かっていません。

c0189724_15595610.jpg
大阪市内って広い上に道もややこしくて、
なんか分厚い説明書を読む時にも似た、
「苦手感」を感じてしまいます。


まぁそんなナチュラルボーン田舎者をも、
引き寄せる香りというか魔力というかを
フンワリ放っているのが・・・此奴。

ななななんと!


ZUNOWが再始動するって言うじゃないですか!
c0189724_160744.jpgc0189724_160151.jpg



そんな話聞いたらもう確認せずには居れん訳でして、パタパタと大阪まで飛び、
サンプルのフレームの前でハチドリの如く静止して喰い入る様に見つめてしまう訳です。

復活に際し、ZUNOW陰山氏の手によるモノと並行して、
ZUNOWラグを使った台湾メイドも予定されているとの事。
衝撃がいっぱい過ぎて頭の中こんがらがるわ~・・・。
c0189724_161299.jpg

個性溢れてジュルジュルなズノウラグを、
台湾の技術で今組んだとしたら、
出て来るモノは一体どんなモノかしらん?

オリジナルのズノウを手元に持つ身としては、
寧ろ台湾メイドのズノウが気になって仕方無い。


そんなとんでもない作戦をブチ上げたのは、
Rockbikesの創始者コンビ。

弊店、ロックバイクスの扱いは無く、単なる業界横繋がりのご縁だけであり、
彼等の商品を詳しくは知らなかった中、「こんなのもあるんか!」と反応したのが、
オリジナルパーツブランドとして展開するSixth-Compの、
「Machus-Wheel」という完組みホイールセットであります。
c0189724_1652955.jpgc0189724_1654333.jpg



今となっては殆ど選択肢のないシルバーのホイールセットで、
重量約1,500g/ペアと軽量で、価格もリーズナブルな¥55,000。
世の反応は流石に早いらしく、初回入荷分は即完売ですって!奥さん!


c0189724_1613870.jpg
さぁ、ズノウは見たから帰るか。

生産開始が楽しみだね~。


ん?君は誰?
何や禍々しい雰囲気を纏っておるね?

FABIKE・・・ファ・・・ファ?
ファーバイク?


Fabikeは付属のエンドを入れ替えする事で、120mmのトラックハブから、
130mmのロードハブ、135mmのMTBハブと使い分ける事が出来、
ブレーキもエアロVブレーキとフラットマウントのディスクを使い分け可能。
タイヤクリアランスも35cで余裕余裕なので、一本あれば色々出来ますよ!
c0189724_1621694.jpgc0189724_1623655.jpg



・・・カブリア紀の生物を見ている様な気分になるのは私だけでしょうか?
何でも出来るという懐の深さの反面、モノ凄っごいマニアックな世界観ですね。
コレをキッチリ使いこなせる人はとても格好いい気がしますが、自分は無理です。


c0189724_1635716.jpgc0189724_164854.jpg



c0189724_16441100.jpg
そんな混沌としたFabikeの横に並び、
「真っ当とは何か」という波動を送って来るのは、
台湾の新興ブランドAxman

長年OEM生産を行っていた会社の、
オリジナルブランドとして立ち上げ3年目だそうな。


価格を抑えながらもフルシマノコンポと言う事で、
質実剛健が売りな模様。

色々あるもんですね~。



c0189724_20435718.jpg
そんなNYCさんの展示会を後にし、
同日別会場で行われていた、
シマノさんの新商品展示会にも行ったのですが。

情報公開制限ってのがかかっており、
7月18日までは公開してはならんとのお達しが。


シューズ&アパレルの新商品群だったのですが、
これが・・・結構凄かったです。

感想を一言で纏めると「シマノってやっぱ怖いなぁ~」

来期はシマノシューズユーザーが激増する事間違い無し!
取り合えず自分は新型SPDサンダルの発売を待ちながら、引き続き雪駄で過ごしますです。
by kaleidocycle | 2016-06-22 20:53 | 駄情報

梅雨は梅雨とて。

盛大に雨が降った本日ですが、フレームが一本塗装から上がって来たので、
用意していた部品でガチャガチャガチャっと組み上げてみました。
c0189724_21104551.jpg



「フルリジッド&フロントシングル&650Bホイル」という構成は、
細かい事を考えずチャーっと走れそうな分かり易さが魅力的。
c0189724_2131636.jpg

とは言え、梅雨時期の納車ってのは、
チョイとタイミングがよろしくないというか、
申し訳ないというかで、ええ。

しかしオーナーさんに完成の連絡をすると、
即取りに来られるというレスポンスの良さ!


「ディスクブレーキは雨の中でこそ活きる」
その事を思えば梅雨の納車も良いモンです。

まぁ実際、雨の中を走るに際し、心配事となるのは車両本体よりも「シューズ」
シューズを濡れたまま放置すると、クサ~くなりますからねぇ・・・。
c0189724_21105954.jpg
さて明朝、雨は上がるのでしょうか?

雨が上がらなかった場合は、
シューズを濡らして走るべきでしょうか?


そんな問いを覆い隠す様に、
展示会の予定なんてのも入っており、
さてはてどうしたモンだこりゃ・・・。

朝起きてから考えましょう。
by kaleidocycle | 2016-06-21 22:19 | 無駄

CQ!CQ!

c0189724_17571083.jpg

15年位前まではチネリなりITMなり3Tなりと、
何だかんだで選べた様な記憶があるものの、
最近は選択肢がめっきり減ったクイルステム

そんな中にあってもクイルステムを作り続けている、
「日東」と言う会社があってくれて本当に有り難い。


しかし日東でさえもラインナップの殆どは、
角度が地面と水平に近くなる70°クラスの物。

ですから角度が上に向いた此方の「MT-10」なんて製品は、
求める人間にとっては命綱というか防衛線というかな稀少な選択肢でありますので、
是非是非これからも粘り強く作り続けて貰える様、エールを送りましょう!

「フレー・・・フレー・・・」って声が小さいっ! 
いや、声が小さいというよりも声出している人数が少ない、
つまり「求める人間」が滅多に居ないというのが正しいか。


まぁ求める人が世の中の何処に潜んでいるかは知らぬとしても、
少なくとも自分が「コレで無ければ!」と思い至った今回。
c0189724_17572874.jpg



完全に趣味と暇潰しで組み始めたSomaとRivendellのコラボフレーム、
San-marcosにセットオン!でこの様な良い塩梅のバランスに。


「大人のライトツーリングスポーツ」てな方向性を持った個性豊かな設計のサンマルコス。
その個性が溢れ出した結果の「クイル&スローピングトップチューブ」という、
あまり他では見かけない組み合わせが、実際に組む段になって難しさを醸します。

というのもこのスローピングにしてヘッドチューブ長の異様に長いフレームに、
一般的な70°クラスのステムを着けると、視覚バランスがモノ凄く「変」になっちまう。
(いや、この変と言うのは主観でありまして、アイドルグループの総選挙で誰推しみたいなのがあるとの同じく、
 人によっては「カックイイ!」となるやもしれませんが、個人的には変だな、と思う次第)

c0189724_17573685.jpgc0189724_17574357.jpg



そこで手配した件のMT-10を取り付けると、やはり「良い!」となる訳です。

まぁただ問題は・・・スローピングの59という巨大な本車両を乗れる様な人で、
更に「リーベンデール、良いな」という趣味を持つ人に、弊店がご縁あるか否か?ですね。

CQ! CQ! 未来のオーナー様、聞こえますかー!
身長180~182cm位の王子様、何処にいるのでしょう?

とそんな訳の分からん事を言いながら作業は続くのですが、取り合えず明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2016-06-19 20:19 | 商品

ミクロの決死圏。

c0189724_1347117.jpg

本日は湿度も低くカラッと晴れて、
実に気持ちの良い暑さで御座います。

まぁ走る分には気持ちが良いとしても、
走りに出た先でマシーントラブルが発生し、
暑い日差しの中リペアする事を想像すると、
ん~・・・オェってなりますね。

c0189724_13473298.jpg
そんな出先でのトラブルに遭わぬ様、
日々行いを正すであるとか、
朝一番に水垢離をするなど、
様々な努力をするのも良いですが、
「いざという時に備える」のが、
最良の方法である事は確実。

なのでワタクシは走り利に出る際、
此方を必ず持つ様にしています。

Resistantの財布の中にはまず現金、ポケットにはパンク修理用のイージーパッチ
タイヤサイドカットに備え補修材のタイヤブート、そしてエアボンベ&口金と、
自転車にとって最大の敵である「パンク」への対策をミニマムに纏めたモノ、ですね。


コレさえ持っていれば、まぁ何処でパンクしようが9割がたは解決可能ですが、
オットットとひっくり返ってステムを斜めに捻ってしまうだとか、
気がつけばブレーキパッドが擦っているだとか、そんなトラブルも・・・。
c0189724_1347539.jpg
無い無い無い無い。
そんな事は滅多にありません。


が、100%無いとは言い切れず、
僅かながらも残った不安が増殖し、
頭を埋め尽くしてしまうのはカナンので、
最低限のミニマムツールも持ちたい所。

ほんで今手元にあるミニマムツールは上記3点。
左はRunwellのSus-x、中央はレザインの4点ツール、右は謎のS字アレンキー。

究極のミニマムツールとして絶賛していたS字アレンキーですが、
5mmと6mmの2種のみという選択肢は実にギリギリ。
c0189724_13481343.jpgc0189724_13482310.jpg



対してSus-xは更にコンパクトである事に加え、3.4.5.6mmの4種を装備し、
厚みこそS字アレンキーに譲りますが、実際携帯する分にはほぼ変わりません。


「なるべく小さく4種工具を」という事で持っているレザイン4点、
4.5.6mmに加えプラスドライバーの計4種を装備。
c0189724_13492576.jpgc0189724_13493681.jpg



しかしフォールディングツールとしては最小クラスとは言え、
そのボリューム感は如何ともし難く、財布の中では結構邪魔な存在。
またトムソンのステムを固定する際に使う3mmアレンキーが無いのは痛い。


と言う事で、今まで財布の中に居たレザインを引っ張り出し、
代りにSus-xを入れてみると、やはりと言うか何と言うかかなりの省スペース化に。
c0189724_13501493.jpgc0189724_13502236.jpg



形状の違いから配置も変わり、幅・厚み共に減った事で、
財布は一回りコンパクトに纏まり、実に持ち易くなりました。


丸一日ポッカリ空いた休みを使って何処までも、という時には、
「どんなトラブルもどんと来い!」な20種マルチツールが良いでしょう。

しかし毎朝のライドのお供に持って行く、御守的意味合いのミニマムツールとなれば、
機能的にもスペース的にも重量的にも、そして所有感を満たすという意味でも、
先頭を突っ走っているのはSus-xではなかろうか、と思う今日この頃です。
Runwell  Sus-x  ¥3,500(税別)
by kaleidocycle | 2016-06-18 20:09 | 商品

明日を逃すなコーヒーブラウン。

c0189724_20415343.jpg
いつ頃からだったでしょう、額が後退し始めたのは。
嘗ては毛が生えていた場所を触っても毛は無く、
そして毛が残る前頭部を触る感触も、
頭皮のそれではなく肌を触るそれであったり。

ってどうでもいいですね、そんな事。


また伸び放題の髪の毛を纏めるべく、
毎日ヘアバンドをしていた結果、
額のゲーハーポイントに日が当たらず、
焼けずに白く残った額は角の如し。

実にどうでもいいですね、そんな事。
c0189724_2042888.jpg
まぁそんな日に焼け残った額を日光に晒し、
他の皮膚とのトーンバランスを均一化しようと、
額にコパトーン塗って(虚言)走っている訳ですが、
そもそも梅雨真っ盛りという事で、
日光はなかなか射してくれません。


しかし明日の天気予報は「晴れ」
明日以降は梅雨らしい梅雨が続くとの予報ですから、
明日の晴れをキッチリ享受する事、
これが今最も重要な事でありましょう。

「ハゲ」じゃなくて「晴れ」ですのでお間違え無き様。
by kaleidocycle | 2016-06-17 22:11 | 無駄


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧