井戸端監視カメラ



<   2015年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧


デファレンシャル・デフィカルト。

c0189724_20484885.jpg
遂に大御所パナレーサーからも、
規格対応タイヤが発売されるなど、
確実に定番化が進む「29+」

そして幾つかのブランドから完成車がリリースされ、
タイヤラインナップ拡充の準備も進む「27.5+」

そして。
同じプラス規格なのに伸び悩んでいる、
というか客観視するに少々ヤバイかもしれない、
そんな「26+」を可愛がる空井戸サイクルです。

まぁ世の流れ的には「アカン臭」プンプンしてる様な気がしますが、
プラス規格三者三様それぞれ違った魅力があり、26+のホンマに良いんですよ?

ただ・・・ただ・・・Knard26x3.0をマキリに履かせて「ギリギリ!」とほたえていたけど、
「ギリギリOK」のギリギリではなく「ギリギリOUT」のギリギリだった様で・・・。
c0189724_20475280.jpg
ガッツリとトルクを掛けると、
リアバックが撓ってタイヤ擦っちまう。

擦ったからと言って困る事があるか?
大して無い、けど気色悪い。

という事でリアホイルを27.5x2.35の、
「蝉々ファット」に交換しクリアランス確保。

c0189724_20481736.jpg
前輪がデカくて後輪がチッコい、
そういった組み合わせは普通ですが、
逆となるとやはり違和感ありあり。

しかし26x3.0(左)と、27.5x2.35(右)を、
並べて直径比べてみると・・・。

26+の方が微妙にデカいっぽい。

c0189724_20473312.jpg
少なくとも差は僅少という事で、
この組み合わせに活路を求めた今回。

フロントにはサスペンションに加え、
3.0幅のセミファットで絶対的グリップ、
そしてリア27.5ホイルで軽快な漕ぎを!


まぁそうと言えばそうなのだけれども・・・。

c0189724_204943100.jpg
前後26+の乗り味を覚えた後では、
リア27.5の「普通さ」はやはり心許なく、
何やらチグハグな印象がある事は否めず。

見た目的にも、パッと見は分からんとは言え、
「コレで良いのか?」という疑問は払拭出来ずで、
スッキリせんまま考えがドンドン絡まって行きます。


自分が乗るだけなら別に何でも良いんです。
しかし26+規格のキチンと嵌り込む場所、
それが見つけられない事が何とももどかしい。

インスティゲーター以外にも26+を活かせるフレームは無いのか?
「もしかして・・・」と頭に浮かぶあの一本に嵌るや否や?を確認すべく、
本日、Knerd26x3.0タイヤを関東にある国際的大型研究施設に送りました。

まぁ無理だろうなぁ、とは思いながらも一縷の望みを託し!
by kaleidocycle | 2015-11-30 23:26 | 駄情報

MSS(もう・すぐ・そこ)。

c0189724_20333284.jpg

一昨日・昨日は臨時休業させて頂き、
視察の為、アコンカグア山を登って来ました。


などという訳も無く、普通~に法事だったのですが、
どうせ足を伸ばすのならと、家族揃って一泊旅行に。

幼児を連れての旅行など人生初でありますが故、
「計画の中に何か抜けていないか?」という不安、
それが此処暫くの間、頭の6割位を占めていました。


c0189724_20335081.jpg
しかし案ずるより何とやら、とはよく申したモノで、
終わってみれば何の問題も無い平和な旅行。


あ~、無事終わった~・・・と肩の力を抜き、
さてさて今後の予定は?と確認してみると。
???12月?
なんと明後日にはもう師走ではありませんか!

エライコッチャエライコッチャ。
何がエライコッチャなのか分からん程に、
慌てふためく師走はもうすぐそこ。

年内にあと何台仕上げる事になるのか分かりませんが、
材料さえ揃えばホイル組みから始めて2~3日で仕上げますので、
「もう少し仕事さしたろう」という心優しいお客様、お待ちしておりますです、ハイ。
by kaleidocycle | 2015-11-29 20:54 | 無駄

万物流転。

c0189724_21445190.jpg
人生山あり谷あり他にも色々あるけれど、
大抵の事はシングルでなんとかなる。


それを実証すべく日々走る、
シングルスピードのロングテール。

ほんでまぁ実際なんとかなっていた。

ただ、フルフェンダー付という事で雨天下の出動機会が多く、
必要以上に水気に晒された結果、此処の所BBの調子がイマイチ。
c0189724_2145387.jpg
水ブッかぶるわ、ゴリゴリ立ち漕ぎするわじゃ、
そりゃBBも傷むってな話です。

やっぱ変速つけた方が良いのかなぁ~、
息子乗せてトロトロ走る事も多いし・・・。


等と考えていた矢先、お客様との物々交換で、
素晴らしいモノが巡ってまいりました。
高級デュアルプーリーテンショナー、
Paulのメルヴィンです。

普通の多段変速用フレームをシングルスピード(SS)化する際に使う事が多い、
こういったテンショナーでありますが、SSにするだけならシングルプーリーで良い。
c0189724_21453211.jpg

デュアルプーリーだからこそ出来る事といえば?
リアシングル&フロントダブルの「2段変速化」

以前作った「2KING」でも実証済みのこのシステム、
メルヴィンがやって来た今こそ我がマシーンにも!


という事で今まで着いてた3ピースクランク抜いて、
バッシュガードつきのダブルクランクに替えて~、
変速ワイヤのアウタ受けなど無いフレームだから、
受け無しで駆動するダイレクトマウントメカつけて~。

c0189724_21454747.jpg
ホイ、来た~!
フロントダブルのディングル化完了!

いやぁ、ポールのメルヴィンは良い。

バッグが被って表から見えないとしても。
FRKにつける為には、
ハンガを削らねばならんとしても。

c0189724_2146564.jpg

シフターは信頼と実績の、
「ジョニーKシステム」を転用。


そこらに転がっていた、
リア用のサムシフターキットを、
左につけてフリクションでクリッ!

クランクもBBもご秘蔵の95XTRに替えたので快調快調~。
ギアが二枚選べる事になったから、息子を乗せた状態で峠越えも行けそうですぞ!
c0189724_21461679.jpg


そして外して封印されかかっていたデモリションのミディアルクランクは、
「スピンドルのスプラインなめてしもうた~・・・」と意気消沈してやって来た、
元BMXプロライダーに丁度必要とされている感じだったので、
コレもご縁とばかり、新聞紙に包んで貰って頂きました。

万物流転、輪界平和、コレ何よりなので御座います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日・明後日(27・28日)は所用の為、臨時休業させて頂きます。何卒何卒~。
by kaleidocycle | 2015-11-26 23:58 | 無駄

ライト・マイ・ファイヤ。

c0189724_20424274.jpg

最近眠たくて眠たくて仕方がありません。

しかし二度寝三度寝するのは雨の日で良く、
天気が悪くないならば走りに出るべき。


それでも眠い・・・いやしかし!・・・でも眠い。
そんな揺れる天秤をポンと傾けてくれるのは、
愛車感というモノであったりします。


c0189724_20435381.jpg
布団の中で自分の自転車の事を想う。

「あ~、やっぱええよな~、マイマシン。
 あのキュッとした所とかね、もうホンマね・・・」


そんな事をしている間に目は覚め始め、
よし!行こう!と発奮させてくれる効能あり。


人様には伝わらねども自分の中では、ね。

c0189724_20431186.jpg
「何故コウあるべきなのか」は、
自分だけ分かっていれば良いのです、
使うのはどうせ自分だけなのですから。


此方、知人から依頼を頂戴した、
高級耳かき、じゃなくて、
高級バーベキュー串、でもなくて、
口にするのも恐れ多い高級スポーク。

セミエアロスポークの王道・サピムのCX-RAY、単価は衝撃の¥350/本。
前後ホイルを組んだら、スポーク代だけで¥2万にもなっちゃいます。
c0189724_20432351.jpg

まぁそんで相談を受けた時に自分は止める訳ですよ。
使用用途を考えれば、ほぼほぼ同程度の結果を、
あと¥15,000安いコストで出す事が出来ますから。

しかし彼はこう言いました。
「何か拘りなくちゃ愛着湧かんじゃない。」


うん、腹が決まってんなら組ませて貰うさ、
どれどれカチャカチャクリクリギュッギュッ。

ほぅ・・・なるほど・・・これはこれは・・・。
c0189724_20433341.jpg
恐らくレースにのみ使われるホイルであり、
どんなスポークを使っているかなんて、
泥に塗れて人様の目には留まらんでしょう。

しかし帰宅して洗車して、
泥の下から現れる眩い輝きは、
きっと次の一戦と共に戦おうという、
やる気スイッチとなり得るに違いありません。


物理的性能が存在するのは勿論ですが、、
精神的性能というのもまた確かに存在するのです。
by kaleidocycle | 2015-11-25 21:19 | 無駄

オカモトゼロワン。

c0189724_19472291.jpg
やっと雨が上ったと思ったら、
また明日から雨予報ですよ、アナタ。

もう自転車洗っても洗ってもキリが無いから、
「泥ではない、塗装だ」という事にして、
このまま放置しておこうかしらん。


まぁしかし、この様な状態になっても、
それはそれと納得出来るMTBは良い。
ロードバイクがこんな状態になってしまうと、
気を失いそうになりますからねぇ。



これから来る冬の時期は、道路上に塩カルがバラ撒かれている上に、
積もった雪が融けて出る水が常に山道を濡らしている事になり、
ロードで走りに出るとなると、自動的に洗車がセットでついて来る。
c0189724_19474739.jpg
だからMTBの様に扱えるロード的な一台が、
ついつい欲しくなってしまったりもする訳で、
ワタクシなぞは暇をみつけては、
「フレームはコレで~、ハブはこんなんで~」
と、妄想の世界で計画を練っていたりします。

そんな中でタイヤはもうコレだ!と決まっているのが、
IRC Serac-CX Sand 32c ¥6,200


いやはや、とんでもないタイヤが出て来たモンだ。

c0189724_1948874.jpg
シラクCXサンドは以前から存在し、
ドライコンディションのレースでは、
愛用する人も多いと聞きます。

が、以前からあるのはチューブレスで、
今回登場したのはそのチューブドタイプ

つまり普通~に使う選択肢に入った、と。

レースとは無縁のワタクシが興味を惹かれるのは、このダイヤが細かく並んだトレッド。
オンロードでの使用で抵抗が少ない事は容易に想像されますし、
また水・雪・砂利などと出会う事の多い、冬サイクリング環境下での安心感もまた。
c0189724_19481934.jpg

そしてこのシラクサンドの何がとんでもないって、
重量たったの260gという阿呆みたいな軽さ。

23cや25cなら普通の重量ですが、
32cで260gって・・・もはや異常。
パンク対策など何も施されておらず、
もうペランペランのペランペラン。

更に表示よりも実測は細い事が多いIRCにあって、
24mmリムに履かせた際の幅実測34mmと、
猛烈なエアボリュームを秘めていたりもするのです。

「とんでもなく軽く、太く、しなやか」
・・・グラベルロードに履かせて走る事を想像するだけでウットリします。
パンクの恐怖との戦いになる事でしょうが、それは日々の功徳と祈りでケア。


当然、シクロクロスのレース用タイヤとしても良い仕事してくれるでしょうから。
c0189724_19484624.jpg


「担いだ瞬間腰抜かす」
みたいな軽量シングルには、
非常に良いスパイスとなるはず。


A-classのCXD4に履かせると、
ホイル持ち上げた瞬間、
チューブラーかと思う程に軽く、
TCX-SSにセットして、
フレームごと持ち上げると・・・。


こ・・・腰抜ける。


とう訳で冬眠なぞする気はさらさら無いという皆様、
冬も爽快にビュンビュン乗り切る為のドーピングとしてシラクサンド、お見知りおきあれ。

そして引き続きTCX-SSも宜しくお願い致します。
Sは現在商談中、Mは売約つくもキャンセルで現在フリーで御座います。
後日記:Mサイズ完売 Sサイズフリーです
by kaleidocycle | 2015-11-23 20:48 | 商品

Newスタンダード皮。

c0189724_17134786.jpg
食み出しそうにボリューミーなKnard3.0を、
マキリに履かせて早1週間が経過、
徐々にナード26+の具合も掴めて来ました。


相変わらずアプローチの漕ぎはマッタリですが、
ダートウィザードと比べるとやっぱ楽です。
朝一本走った後に残る疲労もグッと少ない。

反面、一旦トレールに入ったなら、
そんなアプローチの苦労・疲労など、
一発で吹き飛ばす様な自由自在感を発揮。

c0189724_1714641.jpg
フカフカ落ち葉もヌタヌタ泥溜りも、
締まったダートと同じ感覚で漕ぎ抜けられ、
速くは無いけど、とにかく楽にズイズイ進む。


そして下りパートに入ったならもう・・・速い。
というよりも選べるラインが増えて増えて、
どこでもタイヤとサス任せでバシバシ行ける。

結果として安全で速い訳ですが、
コレに慣れると確実に横着&下手になりますな。

c0189724_1714157.jpg

別に速くも上手くもなりたか無ぇ、
毎日楽しく山の中を徘徊したい、
それが望みのオラにゃバッチリさ。

嗚呼、今朝も静かだ・・・。
走っているのも気分良いけど、
ジッと座ってるのはまた格別だねぇ。

と、気温一桁台の朝に汗かいたまま呆けていられるのは、
目の部分以外、全て保温布でピタリと覆われているからであります。
c0189724_17143455.jpg

そう、CCPのフルフェイスパーカーの季節が、
今年もまたやって来たのですよ。

CCP 防風フルフェイス2015 ¥13,000(税別)


恐らくCCP最大のヒット作であろうこのパーカー、
生地色で遊んだりトリムで遊んだりと、
比較的派手な配色が続いてましたが、
今期は混じりっ気無しの真っ黒が登場。

c0189724_17178100.jpg

目出し帽状態のフード、という、
デザインにばかり目が行き勝ちですが、
パターンの妙にこそCCPらしさが滲みます。

機能的でありながらスッとしていて、
そして他の何にも似ていない独特の一枚。


だからこそ敢えて、の真っ黒が光る。

c0189724_1714444.jpg
本格的にガシガシ走るのには向きませんが、
冬季のダートハンティングやトレッキングライド、
キャンプや雪遊びにと幅広く重宝します。

自分が着ている分はもう5年目になりますが、
生地の傷みも縫製の解れも無い様に、
ヤレ感が出難く長寿命なのも魅力。


動き易く、汗を効率的に散らし、風を止め、
耳・口元・頭部を必要に応じて寒気から護る、
そんなCCPの防風フルフェイスパーカー。

本来は10月に仕上がる予定の所、縫製職人さんが体調を崩されたという事で、
製作が1ヶ月ほどズレ込んでしまいましたが、タイミング的には結果オーライ、ですね。
by kaleidocycle | 2015-11-22 19:15 | 商品

ペコちゃん。

またまたお客様より次期オーナー募集車両をお預かりしました。
後日記 : 次期オーナー決定となりました
弊店企画のホリゾンタルモンスタークロス「EBS/PIKE」で御座います。
c0189724_20441550.jpg


c0189724_20444120.jpg
希望価格は¥××万という此方、
内容の如何なるモノかを順に見て参りましょう。


本車両の目玉は何といっても、
銀色のアルミスポークが眩しい、
フルクラムのRedMetal-XL29でしょう。

しかも履かせているタイヤはシュワルベのハイエンド、
サンダーバート&レーシングラルフという事で、
相当漕ぎの軽い系の組み合わせになり、
ホイルとタイヤの定価は希望価格を超えています

c0189724_20445245.jpg
ステム&ハンドルはSimworks製品で、
TomboyCalsagaとナイス定番チョイス。

サドルはフィジークのGobiに、
シートポストはトムソンセットバックと、
やはり間違いの無いナイス定番。

コンポはSLX、クランクのみデオーレと、
派手さは無いが堅実な選択です。

c0189724_2045429.jpg
コレ、新車で組んだら幾らになるでしょう?
¥30万は超えるよな~・・・。

つか¥××万ではホイール周りかフレームかの、
どちらかしか買えんので、Pike欲しいなら確実に買い得。

何で¥××万なんだろう?何故?何故・・・、
ん?んんんん~?

c0189724_20451563.jpg

オマエかーっ!
トップチューブに盛大にペコ入ってます。

駐輪場中に何か良からぬ事があって、
気付いた時にはこの状態だったそうな。

ひ・・・悲惨。

勿論、このままでも乗れて真っ直ぐ走りますが、
トップチューブを挿し代え、塗装もやり直してスッキリさせるのも一つの手。

部品取り?寂しい話だけれどそれも一つの手ではありましょうなぁ・・・。
by kaleidocycle | 2015-11-21 22:14 | 駄情報

水臭い関係。

c0189724_16683.jpg

ドサっと降った雨も今朝は一休み。


この隙に、とばかり出動するは必然。

濡れた落ち葉で時に滑る、
松葉が積もっている所は特に滑る。

これ即ち路面抵抗が少ない、と曲解し、
気分スイスイ滑る様に漕ぎ進める。

c0189724_1662561.jpg

水溜りをパシャッ!と二つ割りにし行く快感。


思い立ったが吉日、乗る気と時間さえあれば、
いつでも何処へでも行けるのが自転車の魅力。

雨上がりは勿論、雨降りの中だって、
気分が乗ればドンドン行きたい。

が・・・その気分に水を差すのが正に「水」

c0189724_1665315.jpg

自分が濡れるのは全く問題ない、
なにせ完全防水仕様の人体ですし。


ただ車体の方はそうも行かず、
迷路の様に入組んだ構造内部に、
水は浸み込み、そして溜まる。

c0189724_1673851.jpg
フレームに水が入って溜まるとかは良いんです、
それが即致命傷になる事などまず無いですから。

しかしベアリング部分、特にハブの中に水が入ると、
致命的ダメージへ向けて一直線。


外から見ても判断はつきませんから、
定期的にバラしてメンテするのが唯一の対策。

バラすのは当然邪魔臭い、となれば、
いきおい雨の中を走るのを控えてしまう訳で・・・。

「明日の事など気にせず今日を走る」そんな姿勢でありたいと思いはするのですが、
私の稼業は問題対策担当である自転車屋、ついつい先の事を考えてしまうのです。


c0189724_1672524.jpg

弊店恒例となった感もある、
「日本一汚いスーパーコルサ」の、
一斉総点検を今年も開催。

乗りに乗り込まれ汗の結晶だらけ。
その汚れを落として現れたのは、
焼き鯖の如く荒れ果てた姿。

・・・格好良い。実に格好良い。
こんなに真っ直ぐに自転車と付き合えたならどんなに良い事でしょう。

が、自分の自転車がこんな事になっているのを想像すると、
気を失ってしまいそうなので、やはり真面目に整備し真面目に走る方向で発奮すべし。
by kaleidocycle | 2015-11-19 20:03 | 無駄

雨の日こそ。

c0189724_20302740.jpg

雨の日の午前中は暇で暇でしかたない。

それは自転車乗りに行く気が起きない自分も、
家の中に閉じ込められる息子も同じ。


息子、暇だねぇ。何しようかねぇ?ん~・・・。

よし!行くか!

c0189724_20303623.jpg

という事で京都市動物園に突撃した本日。

年間パス(¥2,400)を購入している我々は、
いつでも行きたい時に行けば良いのですが、
「仕事前にチョッと行く」という選択は、
今まで頭にありませんでした。


まぁそんな中、何となく行ってみた今回ですが、
コレがですね、滅茶苦茶当たりだったんですよ。

c0189724_2031633.jpg

平日&雨でただでさえ人手が少ないのに、
開園早々の9時ともなるとほぼ貸し切り状態。

更に普段寝ている姿ばかりのライオンや虎といった、
夜行性の動物たちがまだまだ元気な時間なのか、
歩くわ飛ぶわ吼えるわで、実に見応えがある。


雨が続いて暇で暇で仕方無い、そんなアナタ。
もし平日に休みが取れる事があれば是非。

走り回る子供に傘をさしてついて行くのは大変なので、
子供にはヤッケ着せて、好きに歩き回らせる方が親子共に楽ですよ。
by kaleidocycle | 2015-11-18 20:43 | 駄情報

デカ・フィット・ファイン。

デカいっ!
c0189724_181442.jpg


c0189724_18324643.jpg
長身のお客様からご用命頂いた、
Allcity・Bigblockのサイズ展開中、
最大サイズとなる61の此方。

横から見ればホイルが650cに見えてしまい、
ヘッドチューブの写真を取ると、
縦横比が間違っている様に見える。


流石に日本国内ので展開は無いモノの、
本国からの取寄せで対応させて頂き、
無事目の前でシャキンと立つに至りました。

デカい人が多い国の車両なれば、当然車両もデカいのが当然っぽいですが、
此処までデカいとなると既製品は相当少ないく、あってくれて有難うってなモンです。



まぁ平均身長がデカいという面においては日本人などお話にならん訳ですが、
こと「アレ」のデカさで言えば日本人特有の悩みと言うのもありまして、
「あぁ~・・・オレのアレは何でこんなにデカいんだろう・・・入らんじゃないか・・・」
と悩む人はそこらじゅうに居られるのではないでしょうか?
c0189724_18141994.jpg

「アレ」って・・・そう「頭」ですね。


外国の素敵なサイクリングキャップを、
被ろうとしてもどうにもキツくて諦める。
そんな悩みを持つ人を救えるのは、
日本製の日本人用なのでありますよ。

という訳で心待ちにしている人も多いCCPの新作サイクリングキャップを御案内。
・CCP セーターフリースサイクリングキャップ ¥4,500(税別)

その名の通り、セーター調の外観を持つフリース素材で出来た4パネルキャップで、
裏はサラサラフワフワの起毛で柔らかく頭を包み込んでくれます。
c0189724_18143975.jpgc0189724_18145029.jpg


c0189724_18152160.jpg
で、サイズ感は当然デカい。


一般的なサイクリングキャップを被ろうモノなら、
孫悟空の輪っかの如く頭部を締め上げられるか、
もしくはドン・ガバチョの様に頭丁部に、
チョコンと乗っているだけになる。

そんな頭囲60オーバーのワタクシでもですね、
ご覧の通り、極々普通な感じで被れてしまう。

嗚呼・・・被れている事が癒しになるぜ・・・。

c0189724_18153662.jpg
ツバまでセーターフリースのモノと、
ツバのみ平織りデニムのモノの、
2パターンでの展開となる本作。


同じモノは二度作らないCCPです、
どっちが良いかと悩んむのであれば!

いっそ両方御用命あれ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
商品詳細、在庫状況、発送などについてはメール「mail@kaleidocycle.jp」か、
電話「075-755-6627」にてお問い合わせ下さい。

by kaleidocycle | 2015-11-17 19:35 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧