井戸端監視カメラ



<   2014年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧


選択の自由。

最近になってやっと「オモチャ」という存在を認識し始めた息子様。

そんなオモチャビギナーながらも、好みというのは一応あるらしく、
お気に召すオモチャと、全く反応しないオモチャの仕分けも日々進み。
c0189724_17341096.jpg
お気に召さぬオモチャを、
これ以上増やすまじ!
という事で本人に選ばせるべく、
子供の夢の国オモチャ屋へ。

そんな夢の国のはずなのに、
シルバニアファミリーのサンプル達が、
大惨事っぽい事になっているという現実。

c0189724_17343693.jpg
おっかしいなぁ~?
シルバニアファミリーはもっとこう・・・、
チョコマカチョコマカと並べて、
疑似体験を楽しむモンだと思うのだけれど。

いや、それは大人の勝手な押し付けで、
現に子供がこう遊ぶのであればそれが正解か。


そんな押し付けなど撥ね退けて、
大きくなるんだ子供達よ!

c0189724_17341992.jpg

と、子供を鼓舞しつつも、
己の世界の押し付けに反発すべく、
並べられた2本のダンパー。

パッとみほぼ同じ、よく見るとチト違う。
コレはお客さんから持ち込まれた、
サンツアー・エピコンの改良作業風景。

恐らく唯一のOSコラムx27.5ホイル用フォークである「エピコン」
存在するだけありがたい、実にありがたい、しかし・・・、
ストロークは120mm止まりだし、ダンパー調整もリバウンド&ロックアウトのみと、
「もう一声!」という色気を出さずには居れんスペックである事も事実。


そこが我慢ならなんだお客さんが部品取りとして別バージョンのエピコンを持ち込み、
コレがあっちで、それがコッチと入れ替え作業をゴニョゴニョして。
c0189724_1735316.jpgc0189724_17351251.jpg



出来上がったのがエピコン27.5豪華バージョン。
ダンパーはRC2という事で、低速コンプが追加され山で使い易くなり、
スプリングもトラベルアジャスト可能になり、ストロークも最長約140mmに。
c0189724_17353179.jpg


いいねぇ~!
使えるフォークに化けたねぇ!


というか・・・う~ん。


そもそもこのOS用フォーク中、
唯一の(しつこい)27.5対応品である、
エピコンの価格は¥55,000

お買い得、とてもお買い得、
でもここまで安くなくて良いから、
最初からコレくらいのスペックで、
出してくれればなぁ、ゴニョゴニョ・・・。

c0189724_19304115.jpg

勝手な事を申すでない!
そう一喝されても仕方無い。
だってOS用の27.5フォークがあるだけありがたい
ってのが大前提なのだから。


自分自身はOSに不満など無く、
必要充分だと思ってはいるものの、
今やOSを選ぶ事はフォークの選択肢を減らす時代。

という事で弊店オリジナル京都トレイル対策兵器「マキリ」の3rdロットは、
テーパードフォーク対応フレームに進化するべく準備中。

8月末~9月頭頃の仕上がり予定で、販売分はショートが2本、ロングが1本。
価格はなるべく抑えますが、部材の分だけチョコっと上がると思います。
それでも「国産のこんなフレームがこの価格で!」と納得頂ける様パッケージしますので、
秋の山行に向けて是非是非御検討賜ります様お願い申し上げる次第にござります。
by kaleidocycle | 2014-07-31 19:42 | 独自MTBフレーム

地味ながら。

c0189724_1938417.jpg
熱気吹き荒れた祭の後の、
片付けのゴールが見えて来ました。

催事期間中には倉庫に仕舞われていた、
平常並んでいるはずの商品を元に戻し、
ついでに雑巾掛けしたりゴミ放ったりで、
何だかんだで丸2日がかり・・・。

c0189724_19382113.jpg
さぁさ日常へ帰ってきたでや!

という事でご紹介してみるのは、
此方のボトルケージ&ツールケース。

・King-cage Kargo-cage


「暑くて暑くてダブルボトル必須だけど、
 ツールケースも常備していたい」
そんな夏真っ盛りの今にはコレでしょう。


「こんなん知ってまっせ~」というアナタ!
よくよく見ると以前のモノと少~し・・・、
違ってるのが分かります?

c0189724_1939251.jpg

以前のモノはツールケースホルダーに、
ケージを取り付ける、という形式でした。

が、進化した此奴はケージまでが一体化。
コレにより軽量化・・・かは知りませんが、
バッグの着脱がし易くなりましたよ、っと。

c0189724_19391191.jpg

あと変更点では無いのですが、
一部の人に誤解されている、
ツールケースの固定方法。

ケースをホルダーに差し込んで、
ハイ終了、ってな事では無いんですよ?


チャンと2箇所のスナップで固定するので、
走行中にポーンと飛んで行く、という心配は無用。

c0189724_19393184.jpg
そんなカーゴケージには、
ロード用とMTB用の2種類が存在します。
ロード用 ¥6,000(税別)
MTB用 ¥6,600(税別)


ただツールケースのサイズが違うだけで、
ベースのケージ自体は同じモノ。

当然ロード用の方が小さい訳ですが、
ロード用にでもMTBチューブは入ります。
「チューブしか」入らないんですけど・・・。

まぁしかし、クールにシステマチックに、ライド必需品を常備する為のモノですから、
其々のニーズに合わせてピシっとタイトに選んでやって下さい。


c0189724_19395479.jpg

あと夏休みにロングツーリング行く人や、
愛車にそもそもボトル台座が無い、
そんな人にはこの便利グッズ。

・SKS ボトルケージアダプター
 ¥800(税別)



c0189724_1941465.jpg
バックル付きベルトをキュッと捻る、
それだけの簡単着脱で、
車体の何処にでもボトル台座発現。

ベルトの裏にはゴムが加工され、
固定力はかなりしっかりしており、
500mlクラスのボトルであれば、
大体問題無く使えそうな印象。

c0189724_19402383.jpgc0189724_19404027.jpg

c0189724_19412195.jpg

またオレンジのボタンを押すと、
角度をカチカチと変える事が出来るので、
色々な場所&角度で取り付け可能。

シートチューブ、ダウンチューブは勿論、
シートポスト後やトップチューブの上や、
アドベンチャー風にフォークってのも。

c0189724_19413211.jpg
自分のダボなしの固定ギアで使っており、
ボトルを装着する事もあれば、
輪行袋を突っ込むのに使ったりと、
一つ有るだけで何なと使えて便利です。

こんなモン、よく¥800で出せるなぁ、
と、感心してしまいますが、
それがドイツ製だと知るにつけ・・・驚愕。

まぁ何処製だろうが如何でも良いです。
ただ使って便利で、それによりサイクリングが快適になるなら良くて、
さらにそれがスマートであるなら言う事無し!って事で。

え~、そんなこんなで本日は以上。明日は安らぎの定休日です。
by kaleidocycle | 2014-07-29 20:34 | 商品

エンドロール。

c0189724_1814017.jpg


ピーヒャラピーヒャラトントンカララ、
っと5日続いた手作り自転車の祭、
「Handmade Bocycle Meeting in KYOTO」
も、昨日をもって無事終了。


お越し頂いた皆様、ありがとうございました。


c0189724_1848956.jpg

なんせイベント事のプロじゃない、
ただの自転車野郎の手によるイベントだった為、
大して人も来てくれないんじゃないかな~とか、
来たとしても知り合いばかりで、
身内ノリのレベルで終わってまうかもな~とか、
結構悲観的に捉えている自分であったりしましたが。

開けてビックリ。
延来場者数は400名に届かんとする域にまで!

c0189724_18483731.jpg
そもそも狭いポケットサイズの弊店、
ゆっくり腰を据えて見て頂くなんて出来る訳も無く、
人の海を泳ぐという事態に陥る事しばしば。


「クソ熱い中、何でモッシュかまさねばならんのだ?」
興味はあったけど行かなかった、
そんな人がそう思ったとしても、きっと普通。


←犬猿の仲とは、時に片想いである事を示す、
  ボス猿様と京都産トレイル犬の出会いの図


c0189724_1849620.jpg
まぁしかし。
そもそもこの場に集まった多くの人に共通するのは、
「自転車に興味がある」という事は確実で。

その自転車という乗り物を乗るからには、
腿や脹脛や肺や首や目やなんやかんやに、
ビリビリ来る痛みを感じる事は避けて通れず、
その痛みを共有した人同士であった事も確実。

←山を走る楽しみを共有しようという流れから、
  担ぎ上げる苦痛も共有して頂く事となった、
  ボス猿様の汗腺が全開になっているの図


c0189724_18492332.jpg
自転車乗らない人に、
「自転車の何が面白いの?」と聞かれても、
今ひとつ上手く説明し切れないのと同じ様に。

今回の5日間の何が面白かったか?って、
説明すればする程上滑りしてしまいそうだから、
何がどう面白かったって話は無し!


個人的な感想を一言で言うなら、
「ムッチャ疲れて、ムッチャオモロかった」
そう、自転車乗るのと同じ答ですな。

主催した人、スタッフした人、遠い所から踏んで来た人、協力してくれた人、全ての来場者の人、
言い出すと映画の超長~いエンドロールみたいになってしまうから一言で纏めると。

お疲れさん!
最高でしたな!

by kaleidocycle | 2014-07-28 21:00 | 駄情報

2日目終了。

c0189724_1832531.jpg

催事初日の瘴気にあてられ、
体の中を流れる血が少々ドロリッチ。

汗を流せば吹き飛ぶか?
と期待を胸に浮腫んだ瞼を強制的に開き、
ムッハムッハと軽くひとっ走り。


蒸し暑い市内と比べ、
山のトンネル内に溜まる空気の涼しさよ。

c0189724_1833542.jpg
本日も千客万来御礼御礼。


現在ジャパンツアー中のSurlyスタッフも、
わざわざオフを使って来場、感謝感激。

自ら自転車作り出すビルダーにとっても、
Surlyってのはやっぱスター。

「オイラ!Surlyのあのフレーム大好きっス!」
とか言いながら文化交流しちゃってアハハハ。
c0189724_1834584.jpg
チョイと凹んで来たのは、
連日の飲酒の影響のみに非ず。

だって来場者は一様に、
とてもとても楽しそうなのだものよ。

こんな日が毎日続けば良いなんて、
思いはするけど、そうも行かない。

開催期間5日の内、既に2日を消化してしまった現在。
残るは3日間!でも最終日は撤収作業もあるから実質2.5日間!
全て終わってから「聞いてないよ~」なんて泣き言は勘弁願いたいので、
御時間あれば、いや無い時間は作ってでも是非是非この空間を体験されたし。

しかしこのカウントダウンの寂しさは・・・小学生の頃のキャンプのそれと同じですな。
by kaleidocycle | 2014-07-24 20:52 | 駄情報

開幕グロッキー。

c0189724_19115241.jpg

パカっとな!


という事で本日より自転車祭開催。

関西自転車業界の基本定休日たる、
「水曜日」と言う事で許容限界を超える満員御礼。

c0189724_19183767.jpg

灼熱の太陽に晒されながら、
「人生初めてロウ付けをした日」
という記念日を刻む人を次々へと量産。

「出来る!意外と出来てしまう!」
と、自転車ビルドというモノへの、
敷居を一気に跨いで向こう側へ。

c0189724_19185545.jpg
しかし敷居を越えてこそ始めて見える、
そんな自転車世界の奥深さ。

それを嫌がおうにも感じさせる、
輪界の神同士の邂逅。

こんな瞬間に立ち会えるチャンスは、
人生の中でそうそう無い!(と思う・・・)

お疲れお疲れ~と言い合いながら本日散会。

しかしバカ言ってんじゃねぇってな話で、今日がスタートでまだまだ続く5日間。
このそうそう見る事の出来ない奇跡的な空間を見逃す事無かれ!
by kaleidocycle | 2014-07-23 21:03 | 駄情報

はじまり~。

c0189724_1942114.jpg

明日から始まる催事に向け、
フレーム、車両、アクセサリー類と、
様々な展示物がドッと流れ込んできまして、
早くも自転車屋としての機能は停止状態。


チラホラと覘きに来て頂ける方も居られ、
フライングスタート・・・ではなく、
敢えてロケットスタートと呼びたい展開に。

c0189724_1942103.jpg
実際の所、21時の時点でも、
まだ会場設営は終わってないのですが、
今周りをグルリ見回してみても・・・、
凄い事になっています。


明日の昼にはバッチリスタートとなるはず!
5日過ぎたら融けて消えちゃう氷像の様なこの会、
見逃す手などあるわきゃない。

更にビッ〇ダディーに会えるかも!

そんなこんなで明日からの5日間、自転車屋としての営業は一時休業し、
代わって「手作り自転車の集い」のはじまり~はじまり~。
by kaleidocycle | 2014-07-22 21:49 | 駄情報

土産は思い出。

c0189724_1918399.jpg
軽量化をした26+の具合をみに、
今朝もキノコ狩りがてら軽く一本。


キノコもこもこ生えまくる昨今、
足元を彩るキノコに魅了されつつあります。

どうでしょう!このキノコなぞ!
チーズパンの様で腹がなるではありませんか!

ガブリンチョ!

c0189724_19181581.jpg
ん~・・・朝からキノコを喰った所為でしょうか?
何かモノの見え方が変・・・な気が・・・。

届いた荷物の「壊れ物注意札」の文字が、
読めそうで読めなくて。
ゼイジャクユウケンショウシンハンウン!
ふむふむ、なるほど、どうやらコレは・・・。


明後日から始まる「手作り自転車の集い」に向け、
台北のStubboneCycleworksさんという、
カスタムビルダーから送られて来た荷物でした。

今回の「集い」に態々海外から参加して貰えるというのは恐縮至極。
ただ海を渡って辿り着いた会場が、このクソ狭い弊店となると・・・。
ビックリ&ガッカリするでしょうな、少なからず。

しかし、集いの意義とは場所が創るに非ず。
そこに集う人と人との科学反応こそが意義に通ずるはず!


自転車超大国・台湾の自転車シーン&ビルドシーンの現状をStubboneさんに聞いたり、
大江山に棲むチタンの鬼「オーガ」さんの手による凄まじいチタン造形に驚嘆したり、
生ける伝説ドバッツさんと最若手コーナーバイクさんの、
多分噛み合わないであろう自転車談義を横で観戦したり、と。

意義深い時間を過ごして頂ける可能性を充分に秘めた夏の集い。
「場所はショボイが中身はグレード」でお待ちしていますので、
仕事や愛情すっ飛ばしてでも是非に是非にカモ~ン!
by kaleidocycle | 2014-07-21 20:17 | 駄情報

Come on and join us、略して加茂茄子。

c0189724_12381828.jpg

週が明けると遂に始まる「手製自転車の集い」



既に準備万端!と言えれば良いのだけれど、
実際に始まってから「あ!」と思う事は必ずある。

そうなると朝となく夜となく任務飛び込む可能性大。
(現に今クーラーのリモコン故障したし・・・)

c0189724_12382916.jpg

つー事は1週間ほど走りに出れんのかもなぁ、
等と考え、今朝は余裕多めのモーニンライド。


家を出る際、然程悪くなかった天気も、
南丹に入る頃には小雨がパラパラ。
そして強まる雨。

廃屋の軒先で雨宿りをしてやり過ごし、
頃合を見て霞に煙る山道へと再び漕ぎ出す。

c0189724_12384075.jpg


「自転車に跨る朝の時間・・・何と贅沢な事だろう」
そんな事を、息子が生まれてから更に強く感じる様になりました。
c0189724_123904.jpg
家庭の中で、社会の中で、
やるべき事など幾らでもあるのに、
一人っきりで時間と体力を垂れ流す、
そんなサイクリングという遊び。

「タバコをやめたら小遣い貯まる」
じゃないですが、自転車乗るのやめて、
その分だけ働けば相当貯まるはず。

趣味の自転車を買う事が贅沢なのではなく、
自転車を趣味で乗る事、その事こそが贅沢なのだと思う訳ですよ。


c0189724_1936263.jpg
知人から組立て依頼を頂いた、
ライトスピードのユニコイ。

ワタクシの額がまだもう少し狭かった頃、
「う~ん・・・憧れちゃうぜ・・・でも買えるわきゃ無ぇ」
と頭上遥か高くに見上げた一台であります。


今振り返ると、想像&妄想の海に溺れてるだけで、
「この一台がどの様に素晴らしいのか?」と言うのは、
全く把握していなかったんですけど。

c0189724_19361373.jpg

そんなユニコイの実車を目の前にし、
組み上げ、調整がてら軽く乗ってみて、
「素晴らしい!」と感じるかと言うと・・・。

思わん訳ですよ。
普通に「ソフトテールだ~!」と思うだけ。

当時、フレーム単体価格が¥35万ほどしたかと記憶しておりますが、
¥7万のフレームの5倍素晴らしいかと言うとそんな事は無い。

ただ「¥35万も突っ込んだからにはしゃぶり尽くすまで乗ろう!」と奮起し、
そして過ごす自転車との時間はとてもとても贅沢であり、
重ねる距離と時間の中で愛車の素晴らしさを噛み締める様に知る、と。


c0189724_19424917.jpg

「自転車如きにそんなにムキにならなくても」
頭の中ではいつもそう思っているし、
きっとそれが正しいんだろうけれど。

でもついついついつい、と流れ流れて今。


ど、どういう事だ?と周りをキョロキョロ見回すと、
同じ様にムキになってしまった人達が遠くや近くに。

そんな自転車野郎による自転車野郎の為の集い、
「手製自転車の集い=Hand made Bicycle meeting in KYOTO」
c0189724_14103385.jpg

23日=初日、ドタバタ
     祇園祭・後祭の宵山
24日=ripaさんのワークショップ
     祇園祭の山鉾巡航
25日=北野天満宮の縁日(天神さん)
26日=ボス猿様と行く京の山散策(仮)
     19時よりBOXにて呑みニケーション
27日=最終日、クタクタ


と、この様にハンドメイドバイクは勿論の事、
京都観光をもたっぷり堪能出来る事請け合い。

加茂茄子たわわに実る夏の京都へラッシャイ!
by kaleidocycle | 2014-07-19 15:55 | 駄情報

メルヘーヌ。

c0189724_1721485.jpg

山の中ではキノコ祭開催中
梅雨の湿気をグングン吸い込みワッショイワッショイ。
c0189724_17222356.jpgc0189724_17235455.jpg

改めて見ると、キノコって其々色や形が違うモンですね。
c0189724_1723773.jpgc0189724_17241163.jpg


キノコ見つける度にしゃがみ込んで観察。
何ともメルヘンチックな気分に浸っているというのに・・・。
c0189724_1727477.jpg


股下のトレイルバイク「マキリ」は、とても現実的な仕様のまんま。
c0189724_1728146.jpg

何が現実的かって、ホイルですよホイル。

暫く前にテストテストと嘯きながら、
650Bホイルに履き替えたのですが、
まぁコレが・・・良くてですねぇ。

何が良いって、とにかく軽快なのが良い。
漕ぎが軽けりゃ振っても軽いし、
履かせているneo-motoのグリップ感も良好。
つまり何の問題も無い、コレで良いじゃない、と。

以前の「26+」ホイルも、太さの割りに漕ぎが重い訳でもなく、
充分に満足行くレベルではあったのですが、650Bの軽快さと比べると・・・。

と、ついつい650B仕様のまま乗り続けていたのですが、
そつ無くバランスの良い650Bを乗れば乗る程、頭の隅には26+のあの感触が蘇る。
c0189724_17282996.jpg

「26+がもっと軽快になれば・・・」
そんな身勝手な思いが、
振り払っても振り払っても消えません。

しかし26+は太さ2.75幅もあるのに、
タイヤ重量たったの845g

いつもトレイルで使う26インチタイヤが600g前後なのと比べても、
そないに重い訳でも無いですし、もっと言えばミブロXの2.4よりも軽い!

リムも50mm幅にして570gと、超軽量というに充分。
つまり2.75幅ながら重量は抑えに抑えてこれ。
c0189724_17284220.jpg
更なる軽快さを望むのは、
酷というモノなのかもしれない・・・。

しかし!いざ進まん未知の世界へ!
という事で残るチューブに狙いを定める。

左がコンチのFR用チューブで、
右はR-AIRの普通の26インチ用。
当然太さは全く違う。

c0189724_17285239.jpg
これだけ太さが違えば使える訳も無い。
け・れ・ど。
空気をドンドン入れればボヨヨヨヨン。


柔らかくてよく伸びるR-AIR故、
低圧でもよく膨らみ、
極太2.75タイヤ内にも密着する・・・か?

取り合えず1.2kgまで圧を上げた所、
特に問題は無さそうな雰囲気。
(とは言え替えチューブは携帯必須でしょうが・・・)

そしてチャチャっと嵌めて、近所をクルッと走ってみる。
c0189724_17291669.jpg


やっぱ良いね!26+は!
一番最初に入れたコテコテのDHチューブ480gから、常識的なFRチューブ270gと来て、
遂に軽量チューブ150gまでやって来てしまった。
c0189724_19275070.jpg

タイヤの太さが太さなので、漕ぎが画期的に軽くなるとは思っていませんが、
トレイルでドタバタする際の縦の動きが軽快になれば良いなぁ、
と夢みて今夜もメルヘーヌ。
by kaleidocycle | 2014-07-17 19:31 | 独自MTBフレーム

潮流。

c0189724_1947118.jpg

今宵は祇園祭のクライマックス「宵山」


なのですが、市内の端に在る弊店までは、
コンチキチンのお囃子が届く事は無く。

人で溢れかえる市内に背を向け、
人影見当たらぬ山の奥にいるという、
いつも通りの朝を過ごしておりました。

そんな祇園祭、今年はタイムテーブルが少し変わる(というか元に戻る?)という事で、
山鉾巡航は明日だけでなく、5日遅れの「後祭」でも巡航が行われるそうな。

という事は!
山鉾巡航が見たい!と言う人は、チャンスが2回に増えたという事。
ニーズに合わせて選択肢が増える、うむ!素晴らしい!
c0189724_19472173.jpg

変わって此方。
Surlyの空手モンキー進化版、
「空手モンキーOPS」

エンドはタブ付きトラックエンドから、
取替え式エンドの「MDS」に進化。


結構邪魔臭い「ディレーラ付きトラックエンドのホイル着脱」から開放される、
その一点のみでも非常に大きな恩恵と言える今回の進化。

また興隆著しい142x12mmスルーに対応したエンドも付属し、
都合3種類のエンドが自由に使えてしまう、と。
c0189724_19474176.jpg
コレで価格¥1万UPの¥8万はよくやった。

しかし一部のSurly愛好家はこう言うかも。
「ハイスペックに対応したSurlyって・・・」と。


それに対しては「少し違う」と言い訳したい。
例えば今回ヘッドもOSからZS44に拡大され、
テーパードフォーク対応になったのですが、
今後10年先までを考えると、
実はOSのサスフォークってのは、
絶滅する可能性が結構高い。

現時点、使いたいフォークを選べる自由というのはOS劣勢である事は事実。

つまり今回のOPSの進化はハイスペックを目指した結果ではなく、
パーツ選択肢の自由を「今の流れに即したモノにする進化」なのですね。
故にOPSは正しくSurlyであり続けている、という事、


ただまぁ個人的には・・・。
新規格とか云々とかに振り回されて「イィィィィィーーーーッ!」ってなった時、
初期型1x1みたいな極々普通~の一台に逃げたくなるので、
ドンドン進化する自転車界の潮流と一緒に進化していくSurlyというのは、
チョッと寂しかったりもします。

しかし旧いSurly乗ってる自分がどう思おうと、そんな事はどうでもよくて、
今からSurlyに乗る人にとって、より自由で快適で普通であるなら、
それは何よりの事なのであるとも思う訳です。
by kaleidocycle | 2014-07-16 21:05 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧