井戸端監視カメラ



<   2013年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


宿題。

c0189724_19284088.jpg

早くも梅雨入りしたと思っていた。

なのにこの快晴、素晴らしい。



あ~、空が広いや~。

と感じるのは不意の晴れ間の所為だけでなく。

c0189724_19291354.jpg

乗っているマシーンがリカンベントだから。

はい、数年振りにリカンベントを増車しました。

前輪駆動が妙なコイツ、ドイツZOX社のSフレームです。
勿論、新車で買う能力などショボクレタ自転車屋にある訳も無く、
お付き合いのある顧客様より譲って頂いたモノなのですが、
譲って頂くに際し、宿題もオマケで頂きました。
c0189724_19293648.jpg


というのもこのZOX、フロントドライブという事で、
ステアリングを切った際に前輪とチェーンが干渉しない様、
妙なチェーンの取り回しになっているのですが。

チェーンの取り回しの為にある大・小のアイドラの内、
大きな方のアイドラには、ペダルを踏む力が全て掛かってしまうのにもかかわらず、
何故か固定ボルトがM6という細さの為、全力で踏むとボルトが曲がってしまう・・・。

この点、持病みたいなモンで「思いっきり乗るなら対策が必要だよ」と、
前オーナーさんから宿題が出た、と。
c0189724_19294779.jpg
そんな宿題を検証すべく、
今朝は前輪駆動の限界を探りつつ、
グイグイ踏んだ結果!

見事アイドラ固定ボルトはグニャラと曲がり、
まぁエライ目に遭いました・・・。


さて如何しようか?
フレームに溶接されたアイドラマウントを、
削り飛ばして、M8かM10の雌ネジを再溶接
ってのが一番手っ取り早いんだろうけど。

c0189724_19295747.jpg
塗装に時間喰われるの嫌だなぁ、という事で、
ジャンク箱をひっくり返し、暫し思案した後。

雌ネジの肉厚が行けそうだったので、
モノは試しとばかりネジをドリルで揉んで、
タップをかけてボルトのM8化で攻めてみる。

c0189724_1930552.jpg

日本人の踏力で曲がるなら、
ゲルマン人が踏めばひとたまりも無かろう。
なのに何故?何故M6なのだ?

という様な事は考えてはいけない。


リカンベントとは何処まで行っても製品では無く、
乗れる奴だけ、ついて来れる奴だけカモン、
未開の地平を切り拓く精神で付き合うモノだろうから。

ま、ウチはリカンベントなんて扱ってないのでホントの所は分かんないんですけどね。

夕焼けも良い感じに染まり、明日の天気も良い様なので、
M8化されたアイドラボルトの効能を試してみたいと思いますです、ハイ。
by kaleidocycle | 2013-05-31 20:10 | 無駄

てるてる坊主バッグ。

c0189724_19522514.jpg

あ~、降らんと思って手ぶらで出たら、
結構な勢いで降って来よったやんけ~!

どこぞ雨宿りでける所あれへんか~い?



お、あったあった!


ふ~・・・。

c0189724_19525719.jpg


c0189724_19532285.jpg
と、バットマンが雨宿りに使っているのは、
今までのサドルバッグの概念を越えた、
巨大にも程があるサドルバッグ。

「バイクパッキング」と呼ばれる、
キャリアもパニアも使わず、
如何に荷物を自転車に載せるか?
という流れへの答の一つ。

今年のGWには、この手のサドルバッグをつけてツーリングしてる人をよく見かけました。
c0189724_19573819.jpg

ご覧の様にキャリアダボが無い自転車にも、
金具不要でトントントンと取り付け可能。


メインの口はロールアップで、
中はPVCナイロン張りですので、
常識範囲の雨なら充分防水。

c0189724_19592514.jpg

で、そのメインの口を閉じる為の、
ベルクロテープは延長可能となっており、
ベリベリベリと伸ばすと。

c0189724_19593624.jpg

倍の容量に拡張

此処まで容量(6ℓ)があると、
コレ一つで野宿or宿泊まりの旅も可能かと。


何だか火をつけるとモコモコ伸びる、
ヘビダマを髣髴とさせる異様さですが、
知らぬ間に見慣れた感も出て来てたり。

c0189724_201222.jpg

底にループもあるので、
更に寝袋!更にテント!などと、
無理矢理括り付ければ更に運べる。


c0189724_2001462.jpg
またサドルバッグ上部には、
小物入れ的ポケットもあり。

よく取り出すモノは此処にポン。

c0189724_2002841.jpg

自転車への取り付けは、
サドルのレールへバックルで二箇所と、
そしてシートポストの一箇所の、
計三箇所での取り外し簡単固定なのですが。


シートポストへの固定はベルクロ3枚重ねで、
荷物が重くなっても、立ち漕ぎで揺れても、
外れてしまわない様な強固な仕様に。

c0189724_2013478.jpg
とツラツラ書いたコイツのブランド名は、
好天を意味する「フェアウェザー」。

好天の下、何処行こう?という時のお供には勿論、
曇天の機嫌を伺いながら雨具を忍ばすのにも。

・FairWeather Seat-Bag ¥10,290


近年様々なメーカーからリリースされていますが、
此処まで細かく作り込まれたモノは珍しい。
なのに価格も恐ろしくリーズナブル。

この作り込みの細かさもこの価格で出せるのも、日本で作って日本で売るから。
そんなドメスティックブランドのシートバッグ、本家さんの方では完売ですが、
弊店にはブラウンが一つだけあるんですよ。

という事で明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2013-05-29 21:06 | 商品

MからUへ。

c0189724_16573198.jpg

天気予報の通り、
本日から梅雨入りという事で。


空は雲がスイスイ流れ、
小雨が降ったり止んだりまた降ったり。

濡れると冷たいし、自転車も錆びるし、滑って転んで失神しそうだしで、
梅雨が終わるまで自転車生活大休止、と言う選択もあるのですが。c0189724_16584933.jpg


そもそもそないに速く走る訳では無いし、多少濡れた位の方が気持ち良い事もあるしで。
c0189724_1702921.jpg

コロコロハンドルを換えている
パイク号の最新ハンドル、
「Simworks Calsaga-Bar ¥6,930」
を握りながら小雨に煙る峠を行く。


Calsagaはバーエンド一体型ハンドルという事で、
随分前にはスコットやオンザをはじめ、
腐るほど出ていた形状、つまり懐かしい。

c0189724_170393.jpg
このニョロンと伸びた「ツノ」というのは、
当然上りにとてもとても力を発揮致しまして。

ゆっくりのんびりシッティングは勿論の事、
「コレ以上は無理~!」となる激坂でも、
遠い先っぽを握って前加重でグイっとなグイっとな。


でも、このグイッと上るだけなら、
昔のハンドルを引っ張り出して来て使えば良い。
ならばCalsagaが存在すべきポイントとは?

それは素材が鉄(クロモリ)であるという事。
この手のハンドルはアルミ製が殆どでしたが、管長が長い為剛性が下がり、
グイグイ引くとグニャっとした感触が出てしまい、好みにもよるけど「ん~」って事屡。
その点、このCalsagaは鉄なので引いても引いてもガシッとしており、
この剛性感が生む気持ち良さは、選びたくなる大きなポイント。


そんなCalsagaと、前に使ったSomaのマウンテンマスタッシュと並べると。
c0189724_170516.jpg

「縦握り・横握りが使い分けれる」
という意味では同じですが、
手前位置が縦握りとなるSomaに対し、
奥が縦握りとなるCalsaga。

幅広い位置で手前を握るという事は、
即ちダートの下り時を意味する訳で。

つまり、Somaは縦握りでダートをこなし、遠い奥を横握りで引いて上る。
そしてCalsagaは遠い縦握りで上り、手前の横握りでダートをこなす、という事に。
c0189724_1711695.jpg
ま、ドロップバーの亜流であるSomaと、
フラットバーの亜流であるCalsagaですので、
どちらが効率的、という話は出来ないのですが。

「気楽にダートをクルージング」という目的なら、
Calsagaに軍杯が上がるかな、と。

今回自分の選んだCalsaga540mm幅は、使い勝手と良い視覚的バランスと言い、
モンスタークロスであるパイクとのマッチングはとても良い。
c0189724_172355.jpg


しかしそもそもの幅が540mmな事に加え、握れる有効管長が狭まる形状なので、
ダートで飛ばそうなんて思うと・・・痛い目を見る事になりそう。

それでもダートを飛ばす気持ちが抑えられない!
そんな人にはよりワイドな640mm幅仕様もあったりします。

マウンテンサイクリングやツーリングには540mm、
シングルスピードMTBには640mm、そんな感じでお勧めしたいですな。
by kaleidocycle | 2013-05-28 19:15 | 商品

6月の営業予定。

c0189724_19592774.jpg



6月の営業予定は上記の通り、赤丸が休業日となります。

早くも5月末で入梅となった今年、果たして今月中に梅雨明けとなるか?
それでは今月も宜しくお願い致します!
by kaleidocycle | 2013-05-27 20:04 | 今月の営業カレンダー

なんて事ない。

c0189724_20215998.jpg

昨日は補陀落山荘一日管理人ごっこ、
という事で朝から日暮れまで山の中。

山荘の敷地、と言うか山荘裏の斜面は、
「山荘会員1番」の御大がGWを徹して整備し、
杉木立の周回トレイルに変貌。

「此処をもっと曲げて!」とか、
「此処でドカンと飛んで!」などなど、
言うのは簡単、成すのは難し。

c0189724_20222088.jpg

しかし言うだけ&思うだけはタダなので、
一周2分程度のショートコースをグルグル回り、
ああでもないこうでもないとレイアウトを妄想し、
やがてバターになる。訳は無い。


けど次行こう、という事で、
山荘の背に聳える花背のロングトレイルへと、
会員番号2番さんと共にデッパツ。

c0189724_20224376.jpg

「北山杉」というブランド名からも知れる通り、
杉林に覆われた北の山ですが、
トレイルの中を抜けて行くと雑木林も。


杉林は杉林で悪くは無いのですが、
やっぱ雑木林の明るさってのは、
スカッ!として気分良いですな。

c0189724_20231815.jpg
山荘に戻り、ウッドデッキに寝転ぶと、
木から落ちて来た樹液でベタベタする。

濡れ雑巾で拭いたにも拘わらず、
数時間でまたベタベタ。


よく見ると何か灰の様なモノが。

c0189724_20234077.jpg
手で触ってみると液状になり、
舐めてみると・・・甘~い!

どうやらウッドデッキ脇に生えている、
何れかの木から出た樹液が、
灰の様な形状になりフワフワ飛んでいる模様。

樹液と言えば液状で垂れるモノ、
と思い込んでいましたが・・・ホヘ~って感じ。

よく見りゃ蟻がモクモク喰うとるわい。

c0189724_20235328.jpg

自分は蟻ではないので、
蟻と並んで別のモクモクで一服。


なんて事ない、実になんて事ない一日ですが、
やっぱ秘密基地ってええモンや、
そうジンワリ思う一日でありましたよ、ええ。



by kaleidocycle | 2013-05-26 21:32 | 補陀落山荘

なるべくしてそこそこ。

c0189724_15531494.jpg
定食屋で昼飯を喰いながら、
見るでもなく聞き流しているテレビから、
「梅雨」という言葉が聞こえた本日。

自転車でトーレーラ引いてる、
「移動カキ氷&わらび餅屋さん」
の存在感がグッと増して来ております。

そんな梅雨も視野に入って来たこの時期に、何故こんな濃厚な配色なのか?
EBSのヒラリ舞う日本国産スタッガート小径車「リーフ」がまた一台完成。
c0189724_15533971.jpg


自分で作っといて言うのも何ですが、爽やかさの欠片も無い。
けど、この濃いボルドー系の赤に構成部品を黒で統一ってのはやっぱ良いし、
こんな濃厚な配色が活きるだけの造形や存在価値ってのがリーフの特徴なのだから。
c0189724_1553433.jpg
老若男女誰もが乗るであろう一台、
なもんでマイナートラブルは避けたい。
だからクランクは丈夫でトラブルの少ない、
アウトボードBBは是非使いたい。

そこで弊店のリーフ用定番クランク、
リングガード付きのアルフィーネ。
汚れずトラブル無く美しく丈夫。

c0189724_15535588.jpg

速さを求めた一台じゃない。

けどあまりにチープに組むと、
要らぬトラブルで気分は台無し。

だから大事なのは「そこそこ」


なるべくリーズナブルに、
なるべく耐久性高く、
なるべく使い勝手良く、
なるべく美しく、
なるべくよく走る様に。

そんななるべくをギュッと圧縮、
すると完成「そこそこリーフ」。

ペダルまで込みで¥158,000
自転車に興味の無い人からすれば「高っか~い!」と思うかもしれないし、
反対にこの手のが好きな人や同業者であれば「安っす~い!」と思うかもしれない。

結構結構メリケン粉。
自分はこの手の車両を乗られる人を想像すると、
コレくらいの感じが「丁度良い」と思っているというだけの事ですし、
同じのもう一台作れ、と言われても厳しいので、
何処かに一人、「欲しい!」と思ってくれる人が居れば良いだけですから。


リーフは、素っ裸のフレームがもう一本在庫ありますので、
もっと盛り込みたい方は、ある内にご相談頂ければ幸いであります、はい。
by kaleidocycle | 2013-05-24 18:25 | 商品

マキリ、出撃。

c0189724_1804462.jpg

午前中に工房との打ち合わせがある為、
今朝はその分早起きして「マキリ」の実走へ。

スカッと晴れ渡り湿度も低く快適至極。
それでも峠を上ればやはり汗はかき、
早速ダウンチューブに汗が垂れて模様に。


本当はまず色を塗って完成させなければいけない。
しかし、乗ってみたくなるのが人情というモンです。

c0189724_1804220.jpg
そんなマキリ。
「ベーシックなトレイルフレーム」
というコンセプトではあるのですが、
あくまで「空井戸的解釈」でのベーシック。

なので、フロントメカ無しが前提。

「トレイル専用!」で練ったジオメトリですから、トレイルでの快適性を追求したい。
ならばフロントメカなんて無しにして、右手でリアのシフターに集中した方が良いかと。
c0189724_1811624.jpg

今はスプロケもロー36tまでありますからねぇ。
余程長い長い激坂でも無い限り、
充分以上に使えますし。

使わないなら無い方が良いに決まってる、と。


んで、フロントインナーギアを捨てたから、
その分タイヤクリアランスを広げられた訳です。

と、そんなややこしい話は置いといて、何は無くとも走り出すのが最良の理解方法。
c0189724_1812192.jpg


c0189724_18252.jpg
長いトップと、寝気味のヘッドが生む、
スムース&コンフォートな抜群の安定感。

手前味噌ですがアホ程乗り易いです。
自分の好む「走りながらローアングルで」
というこの写真の撮り方(いわゆる片手運転)を、
初乗りでも簡単に出来てしまう程にマイルド。


トップが長い反面、リアセンターを短くしているので、
意識的に切欠を作ってやれば、
「これぞトレイルスペシャル!」という動きをみせる。

担ぎで持ち上げても結構軽い。
って、MTBのフレームなんて総重量からすれば15%程度なので、
何もフレームが軽いからって車体が軽くなる訳じゃないんですけどね。

とグダグダ言いながらも、フレーム重量はロングサイズで実測2,030g
結構軽う御座いますやろ?無駄に重いよりかはやっぱ・・・嬉しいしねぇ。
c0189724_1815635.jpg
リアバック&ヘッド周り共に、
「ちょい固め」って所でしょうか。

ゴツいアルミフレームの、
内臓に来る「ガチガチ」とは当然違うし、
「クロモリのしなやかさが云々」
とか言うノリでも無く、
まぁ「信頼できる普通」って感じ。

c0189724_1822761.jpg
空井戸独自MTB初号機「メロウ」は、
自分が乗る為だけに作った超軽快スペシャル。
その分、独善的なバランスにならざるを得なんだ。

しかしこの空井戸二号機「マキリ」は、
乗り易さから生まれる自在感を狙った一台。

「ダウンヒルも出来て。クロカンレースにも出れて。」
そんな甘い文句は似合わないけど、
日本のせせこましいトレイルを走るのなら、
きっとピカピカ光るスペシャルマシーン!

山を下りて来てから工房へ赴き、加工と工作段取りのミーティング。
今回の初期ロットは盛り込み過ぎた所為で製作時間が予定を大幅に超過し、
このままではコスト的に狙う所に落とし切れなくなる。

コストを優先するか?それともディティールを優先するか?
コンセプトに沿うなら勿論コストなのだけれど、やっぱディティールは捨てたくないし・・・。


と、未だ煩悶している「マキリ」
件のコスト、つまり価格ですが今の所¥80,000を予定。
ええ、国産でこの内容このレベルでこの価格は破格というに充分なはず。

国産という存在が、イメージだけで支持される、
そんな状況を甘んじて受け入れているだけでは先がありません。
純粋にモノとして魅力的である事を、金勘定のマジックによる安売りではなく、
効率化と技術とアイデアで戦い勝ち取る為の「マキリ」。


6月頭には正しい姿をお披露目出来る事かと思われます。
初期ロットは特殊過ぎるので完成車のみでの販売予定ですが、
気になって頂けちゃう方は、とにもかくにもご相談あれ。
by kaleidocycle | 2013-05-23 19:39 | 独自MTBフレーム

巷で噂のナウな奴。

c0189724_17331066.jpg

はぁ・・・今日も気持ちええ気候どすなぁ。

と、朝からサイクリングをしながらも、
逸る気持ちが表面に出て来るのか、
何故か少々駆け足気味。


それと言うのも鹿のバッヂが愛らしいから。

ではなくして。

c0189724_17333622.jpg
昨日の晩に届いた此奴等を、
何は無くとも本日組んで、
その完成した形を拝みたいから。

そう!
コイツが「仮称ザク」と呼称していた、
京都山中新標準型MTBフレーム!

店を開けると同時に、他の車両からポポポンと部品を移してドン!
c0189724_17334452.jpg


此方、正式名称を「マキリ」と申します、以後お見知り置きを。

短いリアセンター、長めのトップ&シートチューブ、チョッと長めの5インチフォーク設定。
クロカンじゃない!ジャンバイじゃない!
せせこましい日本のシングルトラックでブン回す為のリアルトレールバイク也!(当社比)
c0189724_17335914.jpg

企画段階で「ザク」と仮称していたのは、
勿論モビルスーツのザクを指していまして、
「裏山遊びだけにターゲットを絞った、
 ある種の基準となるスチールMTBフレーム」

を、シンプル&ローコストなスタンダードモデルとして、
言わばジオン軍のザクの位置をイメージしたが故。


不要なモノは極力排除!のはずが、
やっぱり愛らしさが欲しくなって、
ついガセットに穴あけたり。

c0189724_1734942.jpg
エンドなんかプレスのチープな奴で良い!
はずなのに、かさ付きエンドになったいたりと、
チョコチョコ欲望が漏れ出した結果に。

いやまぁローコストは大事なのですが、
やっぱ「お!ええね!」と思いたいですしねぇ・・・。


寸法的にも、3倍速の反応を見せる、
シャアザク的な「メロウ」とは違い、
自分の好みをベースとしながらも、
扱い易さを前面に打ち出した今回。

なのに何故か。
c0189724_17342681.jpg
タイヤクリアランスがメガサイズ
比較的太目の2.25を入れてもこんな。

トレールでスッ転んでホイルを潰しても、
何とか山を下りて来れる様に、
という配慮の意味も有るので・す・が!

もう一つ隠された意味があります。
答は夏の終わりに・・・ウフフフフ。

と、そんなこんなでまずは形になったマキリちゃん。

「マキリ」とは猟師が使う小刀を指す、アイヌ語が語源の名前で、
獲物を解体するのは勿論、山での行動中は何にでも使う万能ナイフの事。
そんなマキリの「山での必需品」というイメージから名前を頂いた訳ですが、
自分の好きな猟師モノ小説の中では、
絶体絶命の時に最後はマキリで戦う!というシーンがあったり。

戦う為でのモノではない、されど戦えない訳ではない。
そんなマキリ、トレール行を愛するアナタの懐にも。
by kaleidocycle | 2013-05-22 21:03 | 独自MTBフレーム

山髭。

c0189724_20193113.jpg
素晴らしい陽気に恵まれ、
峠で汗がタラタラ垂れるシーズン突入。


そんな今朝の相棒は「Pike」

出口の見えないハンドル地獄に陥り、
アレやコレやとハンドルをとっかえひっかえ。

そんなハンドル地獄の現在は。
Soma 3スピードマスタッシュバー22
 ¥4,930


c0189724_20194317.jpg


c0189724_20205834.jpg
マスタッシュバーと言えば、
日東のRM-016が定番な訳ですが、
このSomaのモノと比べると~?

重ねるとこんな感じ。
シェイプが僅かに違いますが、
それよりも大きな違いとして、
手前部分がより長い

c0189724_2022910.jpg
幅もドロップもそないに変わらん。

しかし!画像では判別つかんけど!
ハンドルの太さが違う!

日東のマスタッシュは、
ロード系のφ24mmですが、
SomaのはMTB系のφ22.2mm。

なのでSoma製品にはMTB用ブレーキレバーが取り付けられる、
それ即ち「油圧ブレーキが使える」という事。
c0189724_20212632.jpg

この油圧ブレーキが使える、というのが、
自分が使う最大の理由なのですが。

ハンドル端がザグってあるので、
エンドに取り付けるタイプ、
俗に言うオポジットレバーも使用可。

c0189724_2022342.jpg
ダートへ入ると端にして手前を握り、
505mm幅を活用してドドドーんと。


MTBの様にグイングイン押さえ込んで攻める、
なんて使い方に向く訳が無い。

しかしフルリジッドでダートを走る、
そんなシチュエーションには良い塩梅。

上り返しの立ち漕ぎで引いてもビシッと来るし。

c0189724_20215127.jpg
ひたすら上る時には前部の湾曲部を握り、
舟漕ぎの様に引いて引いて。

日東のモノよりも湾曲部が外に開いているので、
より広い位置で握れるので、この点もグー。

おぉ、結構良いんじゃない?これで。
と納得しかけた所に、タイミングが良いのか悪いのか、
飛び込んで来たのはSimworksのブランニューハンドルのリリース情報。
c0189724_20271676.jpg




・Simworks Calsaga-Bar
「うわぁ~古っる~!」というこの形状、オンザオンザ。
古いというと悪い意味に取られそうですが、そりゃ違う。
ニーズに合うか?という問いに「今でない」というバイアスが掛かるだけ。

同様の「バーエンド一体型ハンドル」は、今となっては日東のB261AA位ですが、
このCalsagaは「幅540mm&640mm」とワイド&超ワイドの二本立てであり、
更に「素材が鉄」であるという事で段違いの魅力を放っています。

あうぅぅぅぅ・・・ブレーキホース長いのに替えた所やのに・・・。
こんなん良いに決まってるから試さずには居れんやないかい!
c0189724_20282122.jpg


しかし、ハンドルとっかえひっかえして何をしているのでしょう?
と言うか何を求めているのでしょう?自分でもよく分かりません。

実際問題、パイク号というモンスタークロスに一番マッチするハンドルは、
Surlyのオープンバーである事、この事はほぼ確定しています。

その事を前提としながらも、他のハンドルをアッセンブルした時に見せる、
また違った魅力というのを知りたい、そんな無駄な行動へと突き動かすのは、
きっと目的が「トレールを攻める」というのではなく、
「マウンテンサイクリング」という曖昧模糊としたモノだからなのでしょう。
by kaleidocycle | 2013-05-21 21:54 | 商品

雨の日曜。

本日は天気予報的中で、「午前曇りの午後から雨」・・・正解!
c0189724_2035382.jpg

東京からやって来たripaさんは、
「日曜は雨降るから気をつけなはれや」
と伝えていたにもかかわらず、
濡れ濡れのナイロンジャケットを羽織って来店。

雨の日は雨具だろ!


という訳でワタクシ雨森がお勧めする、
定番サイクルポンチョを今再びご案内。

c0189724_204747.jpg
・キャラダイス ダックスバックポンチョスーパー
  ¥18,900



古典的な蝋引き綿(ワックスドコットン)で出来た、
オールドスクール極まりないこのポンチョ。
されど侮る事なかれ!

その防水性の完璧さは、自分の人生上最強。
使い始めてもう7~8年になりますが、
メンテなど一度もしていないのに未だバッチリ状態。

c0189724_2041680.jpg
表は雨に濡れてベチャベチャで、
水溜りが出来ている様な状態な・の・に。

裏返してみるとサラッとしています。


繊維が水を吸い、膨れて目を詰らせる事で、
水を通さないのはロクヨンナイロンと同様か。

素手でギュッと摘むと、
ほんのりシットリ感がありますが、
下に着ているTシャツに移るほどでも無い。

c0189724_2042718.jpg

頭から被るポンチョなので、
コンビニに入ろう、という時にも、
スポンと脱ぐのも簡単ですし。

脱いだポンチョを自転車にかければ、
自転車が濡れる事も無いので、
これぞ正に一石二鳥。

c0189724_2043961.jpg
乾くのが遅い、携帯性が悪い、
梅雨に放っておくとカビるかもしれない。

そんなネガは挙げればキリが無い。


しかし梅雨時期なら濡れっ放しで走れば良いし、
形態性が良く無いとは言え、
丸めれば別にバッグに収まらない訳ではなし。

「適材適所」この言葉を理解すれば、
コレ以上の雨具は無いと信じるに充分。

そんなキャラダイスのダックスバックポンチョのスーパーサイズ、
ノースイングランド製という事もあり、中々入荷しない難物ですが、
今なら2つ在庫ありますので、この先数年の事を考える方に。


とか何とか言いながら明日は定休日です。
その次の定休日である25日(日)は一日山荘に居ますので、お暇なラッシャイ。
by kaleidocycle | 2013-05-19 20:47 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧