井戸端監視カメラ



<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧


無防衛。

先週、初めてスズメが轢かれる瞬間に遭遇。
以前から鳥類の轢死体を見つける度に、
「あんなに敏捷な動物が何故轢かれるのか?」
と、少々疑問に思っていたのですが、答えは、何とも簡単なモノ。
c0189724_21322697.jpg

狙った位置に着陸、と同時に車がブン。
着陸に夢中で、次の瞬間の事には気が回らなんだ、と。

スズメが不注意や、とは言えるはず無いですね。
周りの何処からパンチ飛んで来て、
ボカンといかれるかなんて、誰にも分かりませんから。


そう、世の中いくら気を張っていても、
完全防御など不可能。

昨日・今日と店を臨時休業して張り付いてみた家内の手術も無事終了。
普通の手術だ、大丈夫だ、とは知っていながらも、
何処かから見えないパンチが飛んでくるのではないか、そんな不安もありましたが、
幸いにして、パンチもザックもスカイフィッシュも飛んで来なんだです。

弊店が2連休しようが、世のほぼ全ての人に影響は無いはずですが、
気軽に連日休めるほど肝っ玉も太くないので、明日30日(水)は臨時営業致します。
by kaleidocycle | 2011-11-29 21:56 | 無駄

ウェア・アー・ユー・強引。

さぁさ、そろそろ寒さ到来。
今日は少し寒さも緩みましたが、寒さの洗礼は皆さん受けられた事と思います。
こうなると考えざるを得なくなるのが「寒い時期、何を着て走るか?」と言う事。
c0189724_20385182.jpgc0189724_2039034.jpg

因みに最近の自分はこんな感じ。
メッシュフルフェイスマスクの下は、ベースレイヤーのみ。
フリースではこうは行かないけれど、吸汗速乾ウェア2枚重ねってのは、
上り&担ぎで汗をかいても、下りで冷え冷えにならない、なのに動き易いという、
非常に快適な組み合わせであると思っております。
朝の山風にさらされても耳も痛くナッシン。
c0189724_20391074.jpg
下は長ズボン・・・では動き難いので、
夏から引き続き短パンな訳ですが、
そのままでさすがに寒い。
ではどうするか?スパッツです

この点、昨年の、
買って良かったと思った2大冬用品の内の一つ、
サラカラホットスパッツはナイスです。
その内容の如何なるか?は、
上の文字をクリックして頂くとして、
感想だけ言うなら「アホほど快適」。
この点、使用者の方なら同意頂ける事と、ええ。

と、そんなこんなで本日は寒い中でも自転車を快適に楽しむ為の、
「防寒x耐寒」ウェアを御紹介致しましょう!

まずは、前述した「昨年買って良かったと思った2大冬用品」のもう片方、
サラカラホットサイクルジャージです。
c0189724_20395485.jpg
・CCP LT-O001 サラカラホットジャージ
 ¥18,900


元々水着用の素材であるサラカラ。
その保温バージョンである、
サラカラホットで作られたこのジャージは、
肌に触れる部分は起毛になっており、
汗を一瞬で吸い取って乾かしてくれます。

更に縦横無尽のストレッチ性で、
暖かいのに、着ていない様な快適さ。

c0189724_2040733.jpg
この快適さというのは、
ある意味夏ジャージでは無理な世界。

パッと見は地味で、メタルジップのみが、
やや存在を主張する程度ですが、
実際に着てみれば、その快適性に納得。

このジャージ、実は今年2月という、
中途半端な時期にリリースされた為、
あまり多くの人の目に留まっていないと思うのですが、
今年はシーズン丸ごと活用できますぞ!

そんなサラカラホットジャージは、昨冬からの引き続き商品ですが、
今年の新商品の中で、チェックが必要なのは。
c0189724_20401949.jpg
・CCP JC-O005 斜めジップジャージ
 ¥18,900


ジッパが斜め&襟の高いこのジャージ。
サイクルジャージでありながら、
サイクルジャージっぽくない、という、
チョッと異色な、つまりCCPらしい一着。

全面はストレッチの防風素材で、
風も通し難く、裏は起毛なので暖か。

c0189724_20403096.jpgc0189724_20404187.jpg


で、背面中央部は、同じストレッチと言えど、
通気性の良いジャージ素材で、発汗への対策を講じておる訳です。
c0189724_20405222.jpg

その切り替えしを利用して、
後腰部には、バックポケットが。

実用性とデザイン性を、
非常に高い次元で調和させたこの一枚。
久し振りに「CCPらしい!」
と言い切れる一枚になっていると思います。


因みに色は画像のベージュの他、真っ黒もあり。

c0189724_20411180.jpg

そして最後はオッサンの被っている帽子ですよ。
耳あて付きサイクリングキャップです。

・CCP HT-V020 3WEYキャップ
 ¥7,350



基本的な型はサイクリングキャップなのですが、
素材はフリースでヌクヌクです。

c0189724_20412529.jpg
で、見た目の通り、耳の部分を下に下ろし、
アゴ下で結ぶと、あら耳も温か、と。

そういう事。


コメリで売ってる農家のオッサン用キャップと、
サイクリングアパレルの融合、という、
一部の人間以外誰も興味を持たないであろう作品。

必要な人は「欲しいやんけ・・・」と思われませんか?

そう思われたなら是非御検討下さい!

そして明日・明後日は営業時間未定ですので、
御来店頂ける場合は、電話で「開いてるか~!」と御確認頂ければ幸いです・・・。
by kaleidocycle | 2011-11-27 21:51 | 商品

ラット・ホイール。

c0189724_21132739.jpg
忙しや、忙しやったら忙しや。


秋ヶ瀬バイクロアから、もう一週間も経ってしまった。
しかし、その間何をしていたのかと思い返してみても、
特に何もしていたという記憶も無い。
まぁアラジンストーブに火を入れた位か。


しかし実感としては忙しい。
何でだろうか?

現実問題「繁盛して次から次から作業があるぜ!」という訳でも無いので、
本当は忙しくも無いはずなのに。
c0189724_21133871.jpg
それでも忙しく感じるというのだから、
きっと整理整頓が出来ていないのではなかろうか、
そう想像するは必然では無いか!

という事で、本日は店の掃除&整頓を少し。
小一時間かけて、掃除機をかけ、ホコリを掃い、
要らないモノは倉庫にしまい、少しスッキリ嗚呼壮快。


結果!
何か忙しくしていた様な記憶が残った、と。

忙しいとは一体何なのだろうか?
教えておくれよ、カオステム・・・。
by kaleidocycle | 2011-11-26 21:41 | 無駄

ペースofベース。

c0189724_19525293.jpg
先日行われた「秋ガ瀬バイクロア」

「大人の自転車運動会」と銘打たれた、
コース設定も参加制限も、共に緩~いイベント。
とは言え、やはりレース。
普段、人様と競って走る事の少ない自分には、
とてもとてもハードな一日となりました・・・。


「やっぱ・・・一人が一番良いやね~」
と、朝から大比叡を登った本日。

c0189724_19532390.jpg
比叡山は漕いで上れる道は殆ど無く、
自転車を担いで延々獣道を登り、
そして延々シングルトラックを下って来る。

そこにペースやスピードという概念は無く、
変速機は有っても良いけど無くても良い、
だからシングルスピードがピッタンコな訳です。


シングルだと担ぐのも軽いですしね!

c0189724_19552780.jpg
二時間も担いで、じっとりと汗をかけば、
京都と滋賀を両方見渡せる尾根に出ます。

自転車云々は別として、
「何かえらい高い所まで上って来たもんやなぁ」
と、この風景を見る度にしみじみと・・・。
人力というのは中々に凄いもんですな、実に。

ただ。
この登りを競争で!と言われると・・・ゾッとするぜ。

c0189724_19553924.jpg
そう、無理をするのは面白くない。

人其々好みも有れば特性もある訳で、
そりゃぁ多少プリロード掛かった方が、
やる気出ちゃう!って人も居る事とは思いますが、
自分は放ったらかしの独りっきりが気持ち良いなぁ、と。


この人混みだらけの世の中で、
独りっきりをとても簡単に味わえる装置、
それはマウンテイン・トレイル・バイク(MTB)。
c0189724_19555939.jpg
「皆で遊ぶから楽しい!」
その気持ちを否定する積もりはないけれど、
自分の中では違和感があるのですよ、何かね。

「独りで遊んでいる中で同胞を見つけると嬉しい!」
こっちの方がしっくり来るね、うん。
←(今朝ソッと追い付いたA氏の後姿を激写)


と、そんな与太事も所詮は戯言です。
人の基準に合わせる必要など何にもありません。
其々が、己の納得行く様に乗り&走る。それが何より。

涼しく、虫も居ない良い季節になりました。
皆さんも、独りの時間を探しに秋の山へ潜り込んでみなはれよ。
by kaleidocycle | 2011-11-24 23:24 | 無駄

パイクinバイクロア。

c0189724_16221210.jpg
「秋ヶ瀬の森 バイクロア」へ行って参りました。
人生初の埼玉県侵入です。


借り物の車にに知人と二人で乗り込み、
深夜に出れば、朝には着くだろう、
そんな風に考えていたが、読みが甘く・・・。

午前4時前に着いてしまうという事態。
真っ暗な中、閉じられた公園のゲートの前で、
ゲートが開くという5時を只管待つ。

c0189724_1627019.jpg

直前の天気予報では、週末は雨と出ており、
泥まみれのダークなイベントになるか、
そんな覚悟を固めていたにも拘らず。


前日の晩には雨も上がり、気付けば快天

更に、11月だというのに妙に気温が高く、
Tシャツ・半ズボンの陽気に。

c0189724_16235997.jpg
シリアスなレースの匂い等無い、
「大人の自転車運動会」という事で、
手持ちの自転車で取り合えず参加、
そんなのがレーシングバイクよりも多かった。


が、数時間前まで降っていた雨をタップリ吸い込み、
最高の状態に仕上がった地面の上を走ると、
高級ブレーキも一瞬で目もあてられない状態に。

c0189724_17363634.jpg
粘土の様な泥は、自転車に飛び掛ったが最後、
引っ付き虫の様に離れない。

一周走るとフロントディレーラはディレーラではなく、
ただの泥の塊と化して用を成さなくなったり。


「飲み物無しで喰いつき、
 咀嚼を繰り返した後のサーターアンダギー」

そんなのにも通じる素晴らしい粘着力に、
芝の繊維が絡み合うという強力タッグ。
水分無しには拭う事もままならない。

c0189724_16245530.jpg

そんな事もあり、会場脇の排水路らしき水たまりでは、
自転車の泥団子を落さんとする人々が群がる。

そして同じ水たまりで子供が遊び、犬も浸る。


この瞬間、水たまりはただの水たまりでなく、
秋ヶ瀬のガンジスであったかもしれない。

c0189724_16375540.jpg
コースは芝生の公園と、
シングルトラック的なダート、
そこに沼とシケインが組み合わさり、
走り易く楽しいコース設定。

主催者の華麗なる進行さばきで、
朝から昼過ぎまで、滞る事無く、
カテゴリー毎のレースが続く。

c0189724_16332350.jpg
その間、走る人は走り、応援する人は応援し、
自炊を始める人も居れば、歌唄う人も居る。

グッズの展示・販売はもとより、
様々な飲食物や、製作体験コーナーなど、
自転車関連をベースとした色々なブースが、
まるでマーケットの様な賑わいを見せる。



そんな理想も、字で書くだけなら簡単だし、
今まで色々なイベントの広報で見ても来た。

c0189724_16391875.jpgが、それが顕現したのを見たのは始めてかも。


BMXとクロスバイクが泥の中を併走し、
23c履いたロードが根性だけで駆け抜け、
着グルミとリカンベントがコーナーで競り、
泥沼をパグスレーが滑る様に超えて行く。

自分もその白昼夢の様な中へ、
荷台&スタンド付きのいつものマシーンで飛び込み、
心臓バクバク言わせ、息の中に変な味を見つけ、
泥にまみれる事を厭わず、とにかく走る。


c0189724_1639501.jpg
天気が良かった、場所が良かった、
仕切りが良かった、タイミングが良かった、
集まった人が良かった、その他諸々。

一体何が良くて、こんな結果になったのか、
も一つ見当つかないけれど、
何だか凄く良い一日だと感じてしまったこの事実。


バイクロアの「ロア Lore」というのは、
「伝承」や「言い伝え」という意味だそうな。

まだ第一回目が終ったばかり。
しかし、いつか二回目のバイクロアがあるかもしれない。
その時「行こうかor止めようか」で悩んだなら、
「行った方が良いよ!」何てお節介は言えないけれど、
少なくとも「行って良かったと俺は思ったよ」と。
そう伝えたいですな。
by kaleidocycle | 2011-11-22 20:24 | 無駄

大乗侮。

明日、埼玉県は秋ヶ瀬公園で行われる「秋ヶ瀬バイクロア」へお邪魔しようという事で、
本日は早仕舞い、そして夜から借り物の車で出発。
ドライビン・オ~ルナイロ~ンでございます。
c0189724_15325165.jpg

忘れ物は無いか~、と準備しながら、
泥まみれのマシーンを洗ってみた所。

発見、スポーク一本飛どりますがな・・・。
差し替え差し替え~。


こんな事で大丈夫なのか?やや心配でもありますが、
まぁ大丈夫でしょう。
「大人の自転車運動会」と銘打たれておる訳ですから。

その言葉からは、レースとは言え大乗的な匂いが嗅ぎ取れますし、
何とかなるだろう、気楽に構えていても良いだろう、等と。
c0189724_1533519.jpg


そんなこんなで、明日20日(日)は定休日
そして21日(月)は臨時休業という事で宜しくお願い致します!
by kaleidocycle | 2011-11-19 16:08 | 臨時営業・休業

THE検証 ホース編。

右往左往していた怒涛のここ数日間。
本日で一段落と相成りました、終了~。

嗚呼・・・一服したい・・・と言いたい所ですが、
作業をやっつけ続ける為にはタバコを吸う時間が勿体無く、
ついつい自動的に禁煙がスタートしたという、この副次効果。
c0189724_204138.jpg
と、そんな誰も望まない情報では無く、
今日は、世の何処かで誰かが持っているであろう、
素朴な問題を検証してみようと思います。


此方、今年モデルチェンジした、
シマノのディスクブレーキシステム。
XTRからデオーレまで、
統一したレバー形状になるなど、
「今後コレで行きま~す」
という意思が溢れ出して居りますね。

c0189724_2041148.jpg
で、そのブレーキシステムを繋ぐホースが、
画像上のSM-BH90

今年モデルチェンジしたディスクブレーキ達は、
デオーレからXTRまで全て、
両端ストレートorバンジョータイプの別はあれど、
この90を使う事になります。

そしてこの90ホース。
今まで使われていた59/63ホースとは、
互換性が無いとの事。

カナンなぁ、常備在庫が増えるのは実にカナン。
意味無く在庫増やすのはいやん、何が違うのか教えませ、という当然の思いの下、
新旧ブレーキホースの「何処が互換性が無いのか?」を検証してみた今回。
c0189724_20415265.jpg

まずは「バンジョー形状」

素材は63が鉄に対して、90はアルミで、
軽量化を図っている事はまずチェック可能。
穴径は共通で6.5㎜なれど、取り付け厚みが違い、
旧型の63が7.0㎜、新型の90が6.5㎜と、
僅かに薄くなっている。

この点だけ見れば、違う事は違うけれど、
まぁ使えそうじゃぁないか、と言う程度ですね。

c0189724_20425646.jpg
ホース外径はやはり共通の5.0㎜

ただ・・・内径が違う
どうやら御一新の理由は此処にありそうです。

左の中が白い方が90、右の中が黒い方が63。
ホースの厚みを増す事により、ダイレクト感の向上を!
そんな風なのでしょうかね?

90は二重構造に見えますが、三重構造だそうですよ。

コネクターインサートが、旧い63/59は長さ13㎜で径が約2.4㎜、
新しい90は長さが11㎜と短くなり、径も約2.3と僅かに細くなっており、
素材も63の真鍮から、90はアルミに変更されると共に、
通油孔の径も拡大されているなど、様々な変更点が見受けられました。
c0189724_20432616.jpgc0189724_20434056.jpg


そんなこんなで、63&59と90には互換性が無いと言う、
当然でありながらも少し悲しい事実が判明・・・。
c0189724_2044357.jpg

因みに、今は無き夢屋のホースも、
やはり63や59のコネクティングパーツは、
互換性が無いので使用しない様に、
と注意書きがありました。


じゃぁこの夢屋ホースってのは、
実は90ホースの色違いだったんじゃないか?

そんな風に想像してしまいもしますが。

c0189724_20441438.jpg

寸を測ってみた所・・・微妙。

夢屋、やはり謎です。



まぁ夢屋を使う様な人は、
横着な流用・混用をするな、と、
そういう事でOKでしょう、きっと。

c0189724_20442479.jpg
そんなこんなで久し振りに沢山の文字を書いた今回。


次回は、
「ロングホールトラッカーデラックスと、
 トラベラーズチェックの違い」

をテーマに進行するかもしれませんし、
しないかもしれません。

というか、S&Sのカップリングが違った
この一言で充分でしょう。

本日はここまで~。
by kaleidocycle | 2011-11-18 23:42 | 駄情報

秋は上の方から。

c0189724_20421918.jpg
11月も折り返し地点を過ぎた今日、
やっとと言うか何と言うか、
京都御苑の木々が色付き始めて参りました。


比叡山を麓から眺めててもそうなんですが、
やはり色付くのは上から上から。

高度が高い所ほど気温が低く、
故に一歩先の季節を行く、そういう事なのでしょう。

c0189724_20423364.jpg
そこで、人体の中で最も先の季節を行く箇所、
頭の乗っける、秋っぽい帽子を御紹介。

・CCP HT-O013 ウールサイクリングキャップ
 ¥6,930



CCP定番のリバーシブルサイクリングキャップ、
その素材にウールを取り入れた秋バージョンです。

c0189724_20431240.jpg

表は、チェック柄のウール素材で、
肌触りが良いだけでなく、
見た目も温かな印象ですな。


上は網目の細かいベージュチェック。

下は網目の粗いネイビーチェック。

c0189724_20432114.jpg
いつも通りリバーシブルなので、
引っくり返すと・・・表色の別は問わず、
コットン素材の黒で統一されておる、と。


因みに今回のキャップ、
いつもよりも結構大きめ出来上がっております。

という事は・・・女子には緩いかもしれないが、
サイクリングキャップとは無縁の、
巨頭主義の方でも被れる可能性が!

c0189724_20433330.jpg
「ヘルメットは常に御指名XL!」
そんなアナタは勿論、
「髪の毛長くてボリューミー!」
そんなアナタも。

もしサイクリングキャップに興味があれば、
今回のこのチェック柄、
逃さない様御注意下さい、うん。


因みに此方は、本日配達された野菜。
白菜、デカイなぁ~。
by kaleidocycle | 2011-11-16 21:12 | 商品

今月の臨時休業(フィーバー)について。

さぁさ、11月も折り返し地点にやって参りました。
ここで臨時休業のお知らせです。
c0189724_19441131.jpg

19日(土) 夕方17時までの営業
20日(日) 秋ヶ瀬バイクロアの為臨時休業
21日(月) 秋ヶ瀬バイクロアの為臨時休業
22日(火) 通常営業
23日(水) 昼14時からの営業
24日(木) 通常営業
25日(金) 定休日
26日(土) 通常営業
27日(日) 通常営業
28日(月) 開店時間不定 要電話確認
29日(火) 開店時間不定 要電話確認
30日(水) 臨時営業(本来定休日)

如何でしょう、このポンコツっぷり。
人生にある色々な事が何故か重なって来た今月後半。
御迷惑お掛けする事があるかもしれませんが、宜しくお願い致します!
by kaleidocycle | 2011-11-14 19:55 | 臨時営業・休業

無花果。

朝晩と、程好く冷える様になって参りましたな。
冷えるとは言え、坂を上れば汗は流れ、体は芯からぽっかぽか。
c0189724_20354451.jpg
でも耳や鼻の頭は冷たいという、
うどんで言うならひやあつ、いやあつひやか・・・、
ま、どうでも良いや、この感じがとても心地良い。


心拍バクバク言わしたまま、山の中でへたり込むと、
脳味噌に霞みがかかった様に呆け、
精神がピターっと水平になる様な感じがしまして、
ついついチャクラ開いてしまいそうになります。

パカっとな。

c0189724_20352958.jpg
むぅぅぅ、仙人への扉が開くかもしれぬわい・・・。

と、期待に胸を膨らませながら走っていると、
何と幸先の良い事でしょう!
不老長寿の実、無花果が生っておりましたよ。

こりゃ、仙人デビューしちゃいそうですな、
皆さん、お先に失礼~。

と、無花果を捥ぎりたい所で・す・が。
人様の畑のモノを無断で捥ぐのはマズイので、
無花果の匂いを嗅ぐだけで我慢です、うんうん。

仙人への道の話とか、無花果の食い頃はあと数日とか、
そんな話はどうでも良いとして、大事な話が御座います。
c0189724_203558100.jpg

それは先日も御案内した、
EBSボッカ空井戸仕様完成車
オプションについて、重要な記載漏れがありました。


それは何かと申しますと・・・。
「シフターは基本ラピッドファイヤですが、
 無料でWレバーに変更可能」

という事。

このボッカ、そもそも個人的な嗜好により「Wレバー&油圧ディスク」を基本に考えております。
自分が使っていて、一番都合の良い組み合わせがソレ。
だからと言って、押し付けるってのはチョッと・・・てな話でありますので、
基本的には世間一般で一番メジャーなラピッドファイヤシフターをベースに設定していますが、
「Wレバー、選べます!」この事は伝えなきゃイカンだろう!
c0189724_20361261.jpg


Wレバーにする事で、ハンドル周りはスッキリする上、丈夫でトラブルも減る。
手元でパチパチシフトできるのは、そりゃぁ便利だけど、
別にそんなに急いでシフトせんでもよろしやおまへんか?

と、そんな風な考えに同調するアナタ。
その中でもボッカを御検討頂いているアナタ!

Wレバー、いけますよ。
by kaleidocycle | 2011-11-13 21:16 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧