井戸端監視カメラ



<   2011年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧


花火。

c0189724_201332100.jpg
昨日の休み、海上花火大会を眺める為、
兵庫県は竹野町 竹野浜へ。

この花火大会、昨年はじめて見たのですが、
人込みの中で見る街中の花火大会とは違い、
砂浜に寝っ転がって眺められるってのは、
のんびり優雅で、中々に贅沢なモノであります。

ドーン、ドーンドーン
c0189724_20152964.jpgc0189724_2016146.jpg


京都から、何だかんだで往復約500km。
近いとは言えないけれど、行く価値十二分にある、良い花火でした。
by kaleidocycle | 2011-07-31 20:59 | 無駄

そういえば。

先日御案内させて頂いた、ビチクレなんとかのオフィシャルジャージ
受付が明後日31日(日)で終了となっております!

全く興味関心の無い方はOKとして、「どうしよっかな~?」なんて考えている方。
ドント・ミス・イット、って奴でお願いします。

by kaleidocycle | 2011-07-29 22:15 | 駄情報

仕込み。

c0189724_1902328.jpg

空井戸前のフェンスに、
今年もゴーヤが育ち始めています。


ゴーヤってのは、放っておいても、
何だかんだで蔓を伸ばし、
勝手に実をつける。

エライねぇ、ゴーヤは、うんうん。

c0189724_1904884.jpg
数ヶ月前に種を蒔いたパイク號。


お陰さまで数名の方から製作依頼を頂き、
現在、製作も最終段階に突入。
細かい仕様変更を伝え、
それを形にしようとすると・・・まさかの壁があったり。

でも、製作サイドの努力と工夫で見事乗り越え、
もうすぐ形になります、アリガタヤ。

c0189724_1905827.jpg
デカイタイヤで、どこでもゴロゴロ。
アスファルトの継ぎ目も、ダートの荒れも、
フワリといなして、どんどん前へ。

そんな全方向的走破性を持ちながらも、
綺麗にサイドスタンドを装着できたり、
帰りにコンビニでビールと雑誌を買っても、
ポイポイと積み込める便利性を、
スマートに詰め込んだこの一台。

うむ、妄想通りの良い一台だ。
(まぁデカイ車両なので、身長制限があるのですが・・・。)


c0189724_1911074.jpg
と、そんなニードル・パイクは、
完成まで今しばらく待つとして。


以前にオーダーしていたブツが、
本日、めでたく届きました。

それが、グレーのフイロソフィー・バックパック

フィロソフィーバッグ バックパック
 ¥22,050


c0189724_1912090.jpg

好みと言えばそれまでなのでしょうが、
個人的にフィロソフィーの極め色は、
この杢調のグレーなのではないか、
そう思います。

ただ、同じ様に考える人は少なくない様で、
グレーのバックパックは、
注文しても中々引き当たらず・・・、
待っていたのですが、遂に届いた今回。

c0189724_1912970.jpg
背面&ハーネス周りもイカしてます。

この雰囲気を持った、この品質のバックパックが、
アメリカンメイドで¥22,050は・・・、
買い得感強いなぁ、と。

正直、コレは自転車屋で売る商品やないですな。
街中の洒落たセレクトショップとかに置けば、
飛ぶ様に売れるのではないか、そう思います。

まぁそれが自転車でしか買えんからオモロイ、
といえばそうなんですけどね。


アメリカンメイドも良いですが、日本製も凄いんだぜ、というのを、
最も如実に見せ付けてくれる、あのメーカーのバッグも、
随分間が開いてしまいましたが、種まき完了。

どんな色の、どんな製品が出て来るか?おっ楽しみに~。
c0189724_1915381.jpg

そして来月16日は五山の送り火。

恒例行事と化した、弊店ビル屋上を開放しての、
「五山の送り火を眺める会」
の準備もそろそろ仕込まねばならぬです。

今年も多くの皆さんと、
グダグダしながら送り火を眺められる事、
楽しみにしながらシュワっとしたのを、
沢山冷やしてお待ちしております。

お盆に京都周辺に居られる方は、是非是非に~。

そして明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2011-07-29 19:33 | 商品

アイデア物 三品。

c0189724_1616679.jpg

暑い。

昨日・今日と久し振りにクソ暑く、
夜明けと共に自動的に目が覚める。


で今朝も、特に何をするという訳でもなく、
途中峠を抜けて琵琶湖へ。

c0189724_1616185.jpg

いつもは湖岸まで出ずに、
比叡山に沿った山の集落を抜けて、
大津方面へ抜ける所なのですが、
何となく久し振りに湖岸を走りたくなり、
レインボーロードを下り切り、
そのまま琵琶湖大橋を越えてゴーゴー。


風も無く、非常に走り易い。

c0189724_16163341.jpg
そのまま南湖をグルっと一回り。

途中、通り掛った水生植物公園では、
一面、蓮の華が咲いており、
中々に涼しげな風景であります。

しかし・・・やっぱ平地ばかりでは退屈ですな。

車も多く、排気ガスと巻き上げるホコリで、
帰宅した時には体がザラザラになるし、
琵琶湖、次に走るのは当分先でしょうな。



と、そんな己の事はどうでも良いとして。
本日はアイデア商品を三品ご紹介させて頂きましょう!
c0189724_16171042.jpg

まずはバーテープ系便利グッズ。

バーテープを巻くと、巻き終わりの部分を、
通常この様に、ビニールテープで止める訳ですが。


時間と共に、少しニチャニチャしたりして、
たまにトップを握ると、
「ん・・・気持ち悪い・・・」
となったりします。

c0189724_16172073.jpg

そんな思いをしたくない、そんな人には。

・GIZA バーテープストッパー ¥370


ホルモンみたいな、このシリコン製チューブ。
使い方は至って簡単。

c0189724_16173243.jpg
バーテープを巻く前に、レバーも外して、
まずはこのストッパーをトップ位置まで通す。

その後、レバーをつけて、バーテープを巻いて、
巻き終わりをカットしたら、ストッパーを被せる、と。

イージー。

因みに製品としては26mmクランプ用なのですが、
シリコン製で伸びるので、
少し頑張ればオーバーサイズでも使えるかも。



c0189724_1617458.jpg

二品目。


コレは何でしょう?
裏面を見れば一発で分かりますな。


そう、ダブルレバー台座カバーですよ。

c0189724_16175526.jpg
・プロブレムソルバーズ シフターボスカバー
 ¥1,890(ペア)



ロードのフレームをフロントシングル化した時や、
完全なるシングルスピードにした時に、
フレームの横にポチっと残ってしまう台座。

気にしない、気にしない、
そう思えば思うほどに気になる台座に、
コイツを被せてやれば、あらスッキリ、と。
そういう事。


c0189724_1618873.jpg

三品目。


大きな穴にスレッドが切ってあって、
その周りに小さなネジ穴が6つ。

コレも必要な人は見て分かりますね。

はい、後付ディスクアダプターで御座います。

c0189724_16182125.jpg
SunriseCycles x Jinken
  SJディスクアダプター  ¥10,500



例えば固定ギアを「ディスク化したい・・・」
と、そう思った時。
選べるハブと言うのは非常に少ない。

しかし、このアダプターを使う事で、
どんなハブでも、スリスリねじ込むだけで、
あら簡単、ディスクハブに。

c0189724_16183233.jpg
自分もVブレーキ仕様のシングルMTBを、
フロントのみディスク仕様で組んでいるのですが、
ある日「前後ともディスクにしたいぜ・・・」
と思ったなら、ダブルコグの空いてる方に、
このアダプターを捻じ込めば簡単に可能。

「でも、フレームにディスク台座ないやん。」
そうですね。
そういう時には、何処かの店の片隅に眠っている、
後付ディスクマウントを発掘しても良いでしょうし、
思い切ってディスク台座を溶接するというのもよし。

サンライズサイクルズさんでは、ディスク台座の後付加工¥1万ほどで可能との事。
手持ちのトラックフレームを、シングル&ディスクのスーパーコミューター化したい!
そんな人には、このSJディスクアダプターがある事、知ってて下さいませよ。


という訳で今日はここまで!
by kaleidocycle | 2011-07-28 17:38 | 商品

ダブルダブル カラス仕様。

久し振りに!実に久し振りにホワイトのダブルダブル29er入荷です。
今回はアームのブラックアルマイト加工に加えて、リングもブラックのカラス仕様。
c0189724_20462437.jpg

通常、シングルスピードとは、ギアが一つしかないから「シングル」な訳で、
誰もが「ギア比を幾つにするか?」と言う事で、頭を悩ませているはずです。

トレールではギア比1.6位が良いだろうけど、
麓に下りて来て移動するにはもっと重い方が、
でも間を取ると、どちらも中途半端になるし・・・。
c0189724_20463943.jpg

と、そんな時に!このダブルダブル。


前後それぞれ3丁差という設定のお陰で、
ホイル位置を変更する事無く
「前だけ二枚」とか「後だけ二枚」という、
ディングルスピードでは出来ない、
大幅なギア比変更が可能なのですよ!


で今回用意しているのは「29er」という製品なのですが、
コレは29erでの使用を前提とした、少し軽め(29erはホイルが大きいのでね)の、
前34/31・後16/19というセットで、ギア比に換算すると、
移動用の2.125と、トレイル用の1.632となり、ベストな感じなのです。

勿論、26インチ用設定の、前38/35・後16/19も良いのですが、
ギア比換算で移動用2.375は良いとして、トレイル1.842と言うのは・・・、
チョッと重いかな?と思うので、26インチMTBにも「29er用」という訳ですね!
c0189724_20465743.jpg
と、そんなダブルダブル。

今回からフリーが化粧箱に入って来たのですが、
その化粧箱が・・・超非現代的。
何故かマイケル・ジャクソンを彷彿とさせます。

21世紀に、新規に作った化粧箱がコレな様に、
とても腰の据わったホワイトインダストリーズ。
ギア比に悩むシングルスピーダーは、
諦めてコレにしなはれ、ホンマに。

・ホワイトインダストリーズ W/W カラス仕様 ¥51,030(アルマイトチャージ込み)


あと!明日28日は私用により、18時までの営業とさせて頂きます!
宜しくお願い致します!

by kaleidocycle | 2011-07-27 21:46 | 商品

念。

c0189724_20521278.jpg

昨日の休みは単車に跨り東大阪へ。


目的地は知ってる人は知っている、
知らない人には生涯関係無い、
そんな「WM」さん。

モーターサイクル業界における、
このジャンルの大御所で御座います。

c0189724_20523545.jpg

目的は一つ。
このカウルを買いに行ったのです。


このカウル、ご覧の通りアルミ製です。
通常、カウルってのはFRP製が殆ど。
それは生産効率や、実用性において、
FRPが優れているからで、
自転車で言うなら「台湾製は素晴らしい」
そんな事実と似ていると言えば似ているかも。

c0189724_20524571.jpg
まぁ言うなれば、このアルミ製カウルは、
非常に非効率な製品と言えるかもしれません。

しかし、アルミ製が良い、アルミ製であって欲しい、
そう願う人間(どの程度の数かは別として・・)に対し、
東大阪でアルミ板をトンカラトンカラ叩いて、
この製品をリリースしておられる訳ですね。

そして「アルミ製であって欲しい」と願う自分は、
通販なんかではなく、直接見て確かめたい、
そう思い出向いた今回。

だからどうした、というくだらん話ですが。

効率という、皆さんを幸せにする公式を越えるのは、
「アタシはこれが良いと本気で思うんですけどね?」
という「自我」、言い換えれば「念」、それなのではないかと思うのですね。
c0189724_20525717.jpg

最大公約数の効率は正義であると思います。

が、こと趣味の世界となると、それが通じない、
寧ろ壁となる瞬間が多々あります。


今回、WMさんがあってくれて、
そしてアルミ製カウルを作ってくれて、
自分は非常に非常に助かりましたし、
とても嬉しかったです。

同じ様に、自分もまた「何処かの誰か」という名の同胞の為に、
念をこめて仕事をせねば、改めてそう考えた休みなので有りました。

因みに現在、念をこめてロードフレームを構想中。
ええ、勿論自分用ですけどね・・・。
by kaleidocycle | 2011-07-26 21:27 | 駄情報

夏に効くのん。

c0189724_21115622.jpg

夏が来る、ああ夏が来る、夏が来る。

空井戸の近所にある「木彫り猫ハウス」
この家に前には、常に時節に沿った、
猫の木彫りが飾り出されて居るのですが、
現在は「サーフボードをかついだ猫」。

そう、夏が来るなんてのは馬鹿げた話で、
夏は既にやって来ているのでありますな。

c0189724_2112969.jpg
「夏になったら紹介しよう」
なんて考えて放置してあったコレを、
今出さずにいつ出す、という事でコーヒーキャップ。

・CCP HT-O009 コーヒーキャップ
 ¥6,300



形状はベースボールキャップ。
そして素材はコーヒー豆の袋
ドンゴロスって奴で御座います。

このドンゴロス、通気性が良い事は言うまでも無く、
手触りがザラザラしてサッパリ気持ち良いのですが、
そのまま被るとさすがにチクチクするでしょう。
なので裏返すと、ちゃんと裏布もあれば汗止めもある、と。
c0189724_21122056.jpgc0189724_21123757.jpg


コーヒー豆の輸送に実際に使われていた布ですので、
色々な文字がプリントされており、コロンビア・エクアドル・グァテマラなどなど、
パズル感覚で読み解くだけでも面白いですな。
コーヒーと自転車を愛するアナタ、一枚如何?



c0189724_2113451.jpg

お次は空井戸夏の定番グローブ。

・チバ アスレチック ¥1,680


安い・涼しい・何気ない。
そんな事から定番の位置を確立している、
このチバのアスレチックですが、
それ以上に「着脱がし易い」というのが、
個人的評価において最大の美点だったり。

c0189724_21131881.jpg
その着脱のし易さのポイントは、
開口部の非常識なまでの広さと、
コットンのしっかりした素材感。

スポーツ用品として使うのであれば、
もっと高性能なモノも良いでしょうが、
毎日使うグローブとしては、ほぼ満点。

いや!満点ではなかった!
毎日これをつけていると、手の甲が、
網目状に日焼けして、満点どころか点々に・・・。
まぁ自分は気にしませんけどね、そんな事。




c0189724_21133517.jpg
ラスト!ライタス!

・CCP  ライタス (ライクラ製たすき)
 ¥3,990


バッグを担ぎたくない程に暑い夏、
それでも出先の無人販売が気になる事もある。
そんな時光るのが、この便利バッグ ライタス。

今回は黒・紫・ターコイズの其々単色モデル。
ほぼ各1なので、お早めに~。

と、駆け足で夏に効くグッズ紹介でした~。
by kaleidocycle | 2011-07-24 21:55 | 商品

順番交代。

c0189724_20415311.jpg

随分遅い感じもしますが、
やっとセミが出て来ました。

子供の頃、セミと言えばアブラゼミだった、
そんな記憶があるのですが、
最近よく見るのはクマゼミ。


往年、レアでさえあったクマゼミが、
今やそこらにコロコロ転がっているとは・・・。

c0189724_2042982.jpg

そんなセミの騒ぐ中を、
汗をかきかきロードバイクで進行。


暑い時期はロードが実に気持ちよい。
強い陽に肌がジリジリしながらも、
木陰の下りを下る時は、少し肌寒い時さえあり、
暑いのが苦手な自分には救いですらあります。

c0189724_20422243.jpg
暑いのがとにかく苦手な自分ですから、
山の中で乗るべきMTBも、
ついつい水陸両用車として使う事が多くなります。

蒸し暑い&小虫が飛び交う山中を、
自転車担いで忍耐ニンニンニン。
そんなのはまっぴらゴメンさな!

等と言いながら。
というか、考え出すと逆に、山が恋しくなって来たり。
人とは実にいい加減なモノです。

c0189724_20423569.jpg
「強度とか剛性とか言うなら、潰してから言おうぜ!」
そんなテーマと共に製作したメロウ。

期待に応えて、早速ゴンッと突いて、
見事クラックを入れて頂いた、ユーザーさんの一台が、
補修と塗装を終え、本日無事復活。
お洒落補強プレートも入れちゃったりして。

こんな可愛い・いじらしマシーンを前にしたなら、
虫に刺されようが、暑さにフラフラになろうが、
「MTB乗るしかないでしょう!」となるでしょう。

食事の時も、ご飯→魚→ご飯→味噌汁→タクワン→ご飯となる様に、
自転車も、数台持っているのであればローテーションを意識的にするべきです。

御無沙汰の後に乗ると、大抵「嗚呼・・・やっぱええなぁ」ってなりますからねぇ。
という訳で、自分は明日はMTBに決定です。
さぁアナタはどないされますか?
by kaleidocycle | 2011-07-23 21:10 | 無駄

カフェ・レーサー。

ダブルレバー、好きですか?
c0189724_1749152.jpg
現在、ロードの主流はデュアルコントロール。
「扱い易さ」「絶対性能」を両立させる、
それはそれは素晴らしい存在であります。


が、他人様と追いかけっこをしない限り、
必須という程でも無かったりしますし、
自動車の世界でも、ATやセレスピードではなく、
「クラッチ踏みたい!シフトノブコキコキさせたい!」
という人が存在するのと同じで、
ダブルレバー独特の魅力、なんてのがあったりします。

かく言う自分も、自動車乗るなら必ずマニュアルを選びたい、
そう願う人間であると同時に、ダブルレバー支持者であります。
そんなダブルレバーの(今更って感じもありますが・・・)美点を改めて並べてみましょ~。


「ハンドルが握り易くなる」
 コレはデュアルコントロールに比べ、ブラケットが圧倒的に小さいので、
 上ハン・下ハン、どこでも自由自在に握れます。
「軽い」「安い」
 まぁ見ての通り、単純なモノなので、ええ。
「メンテナンスがし易い」
 これも見ての通りって感じですね。
「見た目の流麗さが・・・ごにょごにょごにょ」
 コレに関しては個人的志向の世界なので何とも言えませんが、
 ある一定の魅力がある事は確かでしょう。
「ダブルレバーを上手く駆動させる事が出来たという達成感」
 この辺はもう自慰行為の世界でありますが、前後同時に作動させて、
 狙い通りにスパン!スパン!と入った時の気持ち良さってのは、ねぇ。


と、そんなこんなで、ロードバイクと言う高効率な移動道具を楽しむに際し、
変速レバーの差というのはスパイスみたいなモンで、
楽しさの本質はまた別の所にあるに決まっている!
と、よく分かりもせんくせに妄言を吐いてみる自分の中で、
「コレで如何なもんかいね?」と作ってみたサンプル車両が此方。
c0189724_17483430.jpg

EBSの工房から引っ張り出して来た、初期型ニードルロードフレーム最後の一本。
スタンダード中のスタンダードと言える、ホリゾンタルロードフレームを、
現代的なパーツ一式で組み上げた「乗る本人が満足する為の一台」
c0189724_17485585.jpg
クランク・ブレーキ・メカは必要充分な105
ホイルは軽快感と充分な耐久性のWH-R6700
その他の部分も日東・IRCで構成と抜かり無し。

どれだけの手応えをもって良しとするか?
それは人其々だと思いますが、
個人的には「バッチリ」な感じを目指した一台。

勿論、もっと良いパーツ構成は幾らでもあるでしょう。
が、大事なのはバランス。
此処までやって・・・¥23万!如何でしょう!

ロードレーサーではなくロードバイク、強いて言えばカフェレーサー的。
下ハン握ってグリグリ漕いで貰えば、上りも下りもクルージングも気持ち良くて、
巻きステーや先曲げフォークのアール、塗り分けの細かさなど、見て楽しめる一面もありと、
盛り沢山の此方、「トップ555mm x シートc-c540」で実測8.8kg
身長175~180cmくらいで趣味の合う方に是非!



非主流的ロードスポーツと言えば。
c0189724_1749275.jpg
こんなのの受注を始めました。

弊店店頭にて配布している、
京都発、頭抱え系自転車フリーペーパー、
「ビチクレティスモ・デ・ラ・アナルキア」
のジャージが発売されるとの事。


格好良いとか、格好悪いとかを越えて、
もう訳の分からん事になっていますね・・・。


受注期間は今月末(7月31日)までで、それ以降は一切お受けできません、との事。
クラブカット及びレースカットの、S、Mのサイズ確認用サンプルを御用意しておりますので、
ご興味を持たれた方は店頭へお越し下さいませ。

本日は以上!
by kaleidocycle | 2011-07-22 20:29 | 商品

無抵抗。

c0189724_17111763.jpg

台風が来ているそうで、
昨晩は猛烈な風に、家揺れまくり。


朝になって随分収まったとは言え、
風は強く吹き続けており、
店へ向かう道中は強力な追い風でらくらくちん。

c0189724_17152650.jpg

そんな雨風強い日、自転車にのるなら、
どんな恰好が適しているか?と悩むアナタ。

速乾ランニングx速乾パンツxビーチサンダル
という、濡れっ放しルックで如何でしょう。


この格好で小雨程度なら何の問題も無いですし、
ズクズクに濡れてしまうなら・・・いっそ着替える、と。
防御能力強化ではなく、無防御・無抵抗~。

そんな夏を快適に過ごせる「速乾&2ウェイストレッチ」のパンツとして、
先日、2ウェイストレッチバミューダというブツをご紹介させて頂きました。

c0189724_17154781.jpg
で、本日は件のバミューダパンツよりも、
「もう少し洒落た感じ」な一本を御紹介。

・CCP PS-V015 ¥16,800



縦にも横にも自由に伸びる、
速乾素材で出来た、
見た通りのシンプルな七分丈パンツ。

c0189724_17164283.jpg
この「シンプル」というのは、
毎日着る服にとって有り難い事である反面、
「地味」とか「味気無い」という、
ネガに結び付く可能性もチラホラと・・・・。

特に、日替わりで毎日穿く為に、
似た雰囲気のを2枚・3枚と持っている人なら、
もう少し香辛料が効いてても良いかもしれない。

だから、ポケットのステッチに注し色を入れて、
ちょっと変化がついている事は微妙に魅力。
c0189724_1717498.jpg


ポケット裏地も、爽やかにストライプ。


部分的に、誰に見せるという訳でもないのですが、
穿く時・脱ぐ時に、自分が少しでも爽やかになれば、
まぁそれで良いじゃない、ってなモンで、ええ。

c0189724_17171788.jpg


フロントポケットの猫耳を、
クイっと捲るとリフレクター。


ストレッチ性や速乾性と合わせて、
こういう所でも「自転車用」の特徴がある訳です。


他にも、バックポケット周りが左右非対称だとか、何だかんだで色気を装備したこのパンツ。
「アイボリーx青ステッチ」「ブラウンx小豆色ステッチ」の2色展開。
「あ、コレだ!」と思って頂ける方、少なくないんじゃないかと想像します。是非に。




c0189724_1718456.jpg
あと、自転車とあんまり関係無いんですが、
こんなカードを入手してみました。

財布のカードホルダに収まる、グレーとピンクのカード、
此方、ランプで御座います。

・Doulex Pocket Lamp ¥840

本体は厚さ約3mmのカードサイズで、
真ん中のレンズ部分を押し上げると点灯、
という単純明快なシステムのランプ。

c0189724_17182733.jpg


ご覧頂ければ分かる通り、「非常時に役に立つ!」とかそういうタイプでは無しに、
ボンヤリと光る、頼りな~いランプです。
ただこのランプ、テントの中で凄く都合良いんじゃないか、と。
c0189724_17192930.jpgc0189724_17184699.jpg


白熱灯に近い黄色っぽい光や、ピカッ!と照らさない柔らかい感じ、
自立して周りに散光するその形状が、何故か寝付けなくなった独りテントにこもる夜、
そんな時間に欲しくなるタイプの光なんじゃないかなぁ、なんて思う訳です。


真っ暗闇の中での、過剰に明るい光が嫌いです。
明るさの差が有り過ぎると、光の当たらない所が余計に見えなくなってしまうから。

これから夏本番。
キャンプに出かける予定のある方は、こんなカード型ランプを財布に忍ばせておく事で、
無味無臭無色透明なソロテントの夜を過ごせるかもしれませんね~。
by kaleidocycle | 2011-07-19 21:11 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧