井戸端監視カメラ



<   2011年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧


4月の営業予定。

c0189724_20162378.jpg





赤丸が休業日です。
2日(土)は臨時休業ですが、恐らく夕方16時頃からは店を開けていると思います。

それでは今月も宜しくお願い致します!
by kaleidocycle | 2011-03-31 20:17 | 今月の営業カレンダー

削り節。

HBC(Home Brewed Components)のチェーンリングが幾つか届きました。

c0189724_20113795.jpg
HBCは、アメリカはサンディエゴの、
チェーンリングを中心とした、
切削部品を製造するメーカー。


魅力は色々あるのですが、まず、
・価格が分かり易~い。

手前から32t・33t・36t、
どれも一律¥4,200(税込)と、
かなりリーズナブル。

c0189724_20115089.jpg

そして、
・勿論仕上げもキレ~イ。


ゴツっとしたガッチリ系ではなく、
ポールやホワイト等と同じ、小奇麗系で、
・軽~い。


c0189724_2012682.jpg
更に。
・歯数は勿論、4アーム、5アーム問わず、
 何でもラインナップにあ~る。


スタンダードな104pcdの4アームをはじめ、
ギアの替えが利かない980XTR用や、
懐かしの94pcdの5アーム、
そして新規格の102pcdも。

こんなのまであります。
分かる人は即分かりましたね~。

c0189724_20121726.jpg
そう、これはホワイトインダストリーズ対応!

ホワイトと言えば、バイクショーにおいて、
デフォルトとも言える程の定番パーツですが、
ホワイトのランナップには無い、
こんな28tなんてのまであるんですね~。

しかもコイツはチタンだったりします。
さすがに価格がチタン価格(¥16,800・・・)と、
良い値段しますが、背に腹はかえられない
そんな時に「あって良かったHBC」

c0189724_20124247.jpg

バッシュガードも引き続き在庫しており、
此方もチェーンリングと同じ¥4,200(税込)
再び、価格が分かり易~い。


シンプルで小奇麗で、
ゴツ過ぎず派手過ぎない、
そんなバッシュガード、安価でありますえ。

と、そんなHBC。
「至高&究極のメニュー」というタイプではなく、
高品質を非常にリーズナブルに提供してくれる、非常に使えるメーカーです。
入荷量が少ないので「今すぐに!」となると、ご都合に合わない事もあるでしょうが、
頭の隅に置いといて損は無いですね。


あとシングル用として、リーズナブルにイカしたクランク周りを叶えるなら、
こんなのも有りますぞ。
c0189724_20125612.jpg


細身のポリッシュクランクが素敵な此方。今探すと、こういうのって結構無かったりします。
クランク自体は懐かしのSTXと言う事で、一昔前はそこらじゅうにあったんですけどね。
「STX(170mm) x カナダ製D/Bのバッシュガード x 32tリング」を組み合わせて、
ずばり¥10,000では如何でしょう?かなり良いんじゃないかと思うのですが。

当然、在庫一つのみですので、アンテナに引っ掛かった方は、
HBCと合わせて、マイマシーンのブラッシュアップに是非ご検討あれ。
by kaleidocycle | 2011-03-29 21:16 | 商品

SunriseCycles。

c0189724_19234861.jpg
首都 東京へ行って来ました。

「新幹線に乗ればアっと言う間」
というイメージを持っていたのですが、
妄想膨らませる程にはすぐでも無く、
電車酔いと戦いながらの時間は中々に長かった。

東京駅では、携帯電話のCMで出て来る、
「中野坂上」の文字を、
看板の中に見つけて微興奮。

c0189724_19255266.jpg
中野坂上と同じく、
名前を聞いた事しかない、
高円寺にて地下鉄を下車。

駅から出て歩く道は、程良くひなびており、
やたらと古いボロ家がそこかしこに。

「24時間シャワーを使える」
というサービスを提供する店の横を通り過ぎると、
目的地はすぐそこ。

c0189724_1927949.jpg


Sunrise Cycles」さんです。

この日は、オープニングセレモニーって奴で、
お祝いをすべく駆けつけた訳ですな。


c0189724_19285140.jpg


中に入ると、想像を超えた激しい狭さ。

その中に人が詰め込まれ、
また、詰め込めなかった人が外に溢れ出す、
そんな状況。

c0189724_19272530.jpg

此処でビルドされるフレームは、
オーナーの嗜好により、ミニベロが中心。

ビルダーとしては、かなり若手の部類。
にも拘らず。
非常に押し出しの強いフレームを作ります。

c0189724_19314124.jpg



エンドも、こんなステンレスの、
オリジナルエンドだったり。


c0189724_1929543.jpg
ビッグダミー愛好家として名高い、
デブパレードのハンサム判治氏が、
偶然前を通り掛かる。

曰く、「肉を買いに行った帰り」との事。
さすが首都、恐るべし。

c0189724_19315950.jpg


サンライズサイクル代表にして、
唯一無二のスタッフ、つまり孤立無援な高井氏。


フレームビルドは勿論、
ディスク台座の後付加工や、
ダボ取付、エンドの差し替えなど、
出来ると思いますので、
高円寺周辺の方は、見つけてみて下さい。

c0189724_1932950.jpg

同じく昨日、京都にあるGoldsprintBOXでは、
競輪選手による、チャリティーオークションが。


出品物の中には、こんなカタカナバッヂの、
えらく古いフレームや、
アラヤのチタンリム「チタエース」など、
歴史を感じられるブツが、色々出ていました。

始まったばかりのSunriseCyclesさんですが、これからも止まらぬ様に邁進して続け、
今作っているモノが、いつか歴史を感じさせてくれる様になる事、勝手に願っています。
by kaleidocycle | 2011-03-28 22:21 | 駄情報

オン・ザ・レール。

突然ですが。
明日27日()を臨時休業とさせて頂きます。

明日の目的地である東京は、そもそも人口の多い街でもある事にくわえ、
震災の影響で、交通状態に不安もありますから、
ニュースなどの交通情報を眺めつつ、行くか行くまいか思案しておりました。

しかし、新幹線で東京へ行くと誰にかに迷惑になる、
という様な状況でも無さそうなので、行く事に・・・・決定!


c0189724_2013783.jpg

という訳で明日は、ちょっとレールに乗って行って来ます&適当でスイマセン。
by kaleidocycle | 2011-03-26 20:24 | 臨時営業・休業

OSbikes BlackBuck。

c0189724_1641574.jpg
「やぁみんな!ハナミズ垂らしてるかい?
 そんな時にはコルゲンコーワカプセル。
 一粒飲めば、粘膜という粘膜がパッシパシ!
 花粉なんて何処吹く風さ!」



そんな、ハナミズを垂らすか、
口腔パシパシに渇かすかの、
2択を強いられる今日。

ブラックバック、登場です。

c0189724_16412415.jpg
・OSbikes BlackBuck完成車 


一度見ると忘れない強大なインパクトを持つ、
29インチxスチールxシングルスピードxMTB、
ブラックバック。

「名前は知らんけど、何か見た事あるなぁ・・・」
そんな風な方も多いのでは、と思います。


c0189724_16413951.jpg
ブラックバックの最大の特徴と言えば、
落ちるフォークボールが如く曲げられた、
このシートステー

ベントステーの車両は世の中に数多ありますが、
縦曲げの中の多くは、大体逆向けに曲がっており、
外に膨らむ様に曲がっているのは圧倒的少数派。

故に目を惹く訳です。

c0189724_1642038.jpg
ブラックバックは、シングルスピードの29er。
チェーン張る方式にはエキセントリックBBを採用。

エキセントリックBBと一口に言っても、
ボルト固定式もあれば、左右別体臼式もある。
そんな中、コイツはシェルに割りの入ったタイプ。

調整の度に劣化する可能性が少なく、
確実な固定を実現する方法ですな。

c0189724_16422081.jpg

パッと見た時、リアバックにばかり目が行き、
他の所はついつい見逃してしまいがちですが、
ヘッド周りも中々に興味深い造りに。

ヘッドチューブ下の特厚ハチマキや、
面積の広いガセットは、29er故の問題である、
「ヘッド剛性の低下」を認識し、対処している証。

c0189724_16423181.jpgこの完成車、フォークを初め、ホイルやクランク、
ブレーキには良いモノを使っているのですが、
いかんせんハンドルが・・・ハンドルが話にならん。

なので、勝手にハンドル&ステムを交換。
ベント角の大きなワイドハンドルが似合うぜ。

c0189724_16424173.jpg
と、そんなブラックバック。
本当であれば、今は2011カラーの、
フレーム&フォークが流通し始めていたはず。

「はず」というのは、悲しい悲しい事情があり、
2011モデル計画が頓挫してしまったと言う事。


そこで急遽、2010モデルを米国から掻き集め、
数台取り寄せた内の一台がコイツなのですな。

本来定価¥256,000なのですが、一応2010モデルである事や、
少量入荷である事、また2011を待っていた人が居る事を考慮し、
今回入荷分のみ¥236,000&オマケとしてリジッドフォークつきでのご提供。

如何でしょう!ロックショックスのRebaや、Avidのジューシー7がついて、
この価格は中々に価値のある価格だと思います。
「でもシングルは・・・変速欲しくなった時の事考えると二の足踏むなぁ」
そんなアナタ!ちゃんと後付のディレーラハンガーもついて来るのでご安心を!

そんなブラックバック、気になって買っちゃって乗っちゃって、
好きになっちゃったら、シングルスピードジャパンオープンに参加しちゃうのも良いでしょう。

サイズについて。
by kaleidocycle | 2011-03-24 19:38 | 商品

好機。

c0189724_18321699.jpg
自転車担いで、ガレ場を登り、
ふと見上げると、射す日の中に、
フワフワ飛ぶモノが。

綿毛だろうか、と思いながら、
手に落ちたそれを見ると「雪」


そしてそんな雪にも拘らず、
今年初の短パンライドを決行し、
寒さにうち震える愚か者が一人。

c0189724_18332926.jpg
本日は気温が低くなる。
そう天気予報で聞いていたはず。

朝起きて外を見た分には、
晴れて気持ち良さそうに見えた。
故に短パンで飛び出した訳ですが、
時期尚早とは正にコレ。


それでも、日差しが当たれば気持ちええね。
c0189724_18334790.jpg
最近はパラパラ降ってばかりで、
「山走るのに向くか?」と言えば、
走る自分にも、走られて轍つけられる山にも、
両方共に都合良く無かったりします。

しかし、それならそれで、
水捌けの良い山を走れば良い訳だったり。

ベチャベチャドロドロも面白いですが、
落ち葉サクサクフカフカのスリルもまた好し。
それにしても落ち葉深いなぁ・・・。

c0189724_18344332.jpg
暑過ぎる・寒過ぎる。
虫が多い・花粉が多い。
ドロドロ・パサパサ。
人が多い・熊が多い(?)。

コンディションを求め出すとキリが無い。
本当に文句の出ないコンディションの日なんて、
一年の内で多分3日やそこら程度。

「グチャグチャ言わんと行きなはれ!」
その気持ちの具現化したMTBがシングルスピード。

5月21日の「シングルスピードジャパンオープン」まで2ヶ月を切りました。
参加される方はそろそろ、そろそろ足を動かし始めましょう。
by kaleidocycle | 2011-03-23 20:03 | 無駄

春のオマケ付きの一台。

c0189724_19481793.jpg

午前、店に向かう途中、
鴨川にて、ほころぶ蕾発見。

「ついに来やがったか・・・春!」
と、構えてみたものの、
明日からまた冷えるそうで。


アッチョンブリケ。

c0189724_19492945.jpg

で、そんなアッチョンブリケな日、
先日ご紹介した「Simworks テーブルラック」を、
ちょっと取り付けてみようではないか、
という事で、店頭展示車のEBS Stuffに装着。


で、こんな感じ。
必要最小限な感じが良いですな。

c0189724_19494227.jpg
Stuffのフォークには、
エンドと側面にダボがある為、
今回はこの様に取り付ける、と。

ラック単品では、やや頼りない剛性感も、
フォークを剛性メンバとする事で、
取り付けると、一気にガッシリ感が出ます。

で取付後、跨ってハンドル振ってみた所・・・、
やっぱ軽~い!圧倒的に軽い。
こら着けても違和感無いわ。


花見の季節、場所取りに、料理や道具やなんかを運ぶのに、
「Simworks x Nitto」のテーブルラック、あれば重宝するんじゃないでしょうか。
c0189724_1950563.jpg


しかし、着けてみると非常によく似合う、と大満足。
国産フレームに国産キャリア、せっかく着けたのに、外してしまうのはしのびない。

という事で。
此方の「EBS Stuff」の展示車に、テーブルラックをオマケでつけちゃいましょう!
・EBS Stuffディスク 参考完成車+テーブルラック ¥150,000(税込)
Mサイズの赤一台のみですが、構成部品からすれば元々かなり買い得価格なので、
Sttuffをご検討の方で、サイズが合う方は花見に向けて是非に。
by kaleidocycle | 2011-03-22 20:34 | 商品

暇潰し連載 「中村春吉 自転車世界無銭旅行 その35」

c0189724_21384154.jpg
カレーを喰いに行きました。

近所のカレー屋なのですが、
取り合えずナンがデカイ


所詮、粉を膨らしたモノであり、
デカけりゃ良いというモノでも無いのですが、
それでも、腹が減った時には、
見た目のインパクトはとても嬉しいモンです。

今日の春吉は、腹減りモードです。
さぁ、彼は何を喰うのでしょう・・・。


(35)黒豹出現(スエ臭い生肉)

読む。
by kaleidocycle | 2011-03-21 21:47 | 暇潰し読み物

運び屋。

自転車屋というのは、実は結構ゴミの出る商売です。
自転車の各部品は、其々梱包されて来ますから、
一台組み立てると、大ゴミ袋一つ位出てしまう。
c0189724_19271955.jpg
なので、忙しかった週のゴミ出しは、
ゴミ捨て場まで往復するのが嫌なので、
ワークバイクにゴミ袋を積んで捨てに行くのです。

ゴミ出しに始まり、日常の買い物も含め、
色々とお世話になっている運搬自転車。

c0189724_1927441.jpg
そんな自転車以上、軽トラ以下な存在が、
「ガソリン無いわ、道路ボコボコだわ」
という被災地で役に立つのでは?
という至極当然の結び付きから立ち上がった、
ロングテールバイクを送るというプロジェクト

現地まで運搬する方法が見付からず、
少し足踏みしていた様ですが、昨日先発隊として、
シュウジさん提供のラディッシュを携え、
元メッセンジャー風のマナブくんが、
故郷である福島へ向かいました。

c0189724_19275890.jpg

いくら「自転車としては規格外の積載量」とは言え、
やはり自転車は自転車であり、
大型トラックなどと比べると、
その輸送能力は非常に微々たるモノ。


あくまで「個人的な範囲」での有用性であり、
一台で多くの人を救える程の、
強大な能力がある訳では無いでしょう。

しかし「自転車で、大きな荷物を、長距離運べる」という、
今まであまり一般的には認識されていなかった選択肢が、
もしかすると、想像外に役立つ事があるかもしれません。

燃料が無くても、自分の力だけで走れる「からがる」、こんな時こそ!
by kaleidocycle | 2011-03-19 23:59 | 駄情報

「シムワークス フロントテーブルラック」と「EBS リーフカゴバージョン」。

雪降る本日。
フロントラックの本命がやって来ました。
c0189724_192441.jpg
SimWorks フロントテーブルラック
 ¥16,800(税込)


ご覧の通り、非常にシンプルで、
瀟洒な印象さえ受けるフロントラック。

このラックには3つの大きな特徴があります。
1つ目の特徴は、何せ「軽い」という事。

フロントラックは非常に便利なモノなのですが、
一般的な問題点として、「重い」という事が挙げられます。

モノを積載する時には、問題になりませんが、
積まずに走る日常では、その重さは負担となり、
使い初めは輝いた便利さも、やがて薄いだり。
c0189724_1921676.jpg

その点、このラックは軽い。とても軽い。
本体約1kg(実測990g!)&取付小物約100g。
これがどの位軽いかと言うと、
ガモウやEBSのカゴが2~3kg位、
軽いと言われるPaulフラットベッドで約1,400gと、
比べるべきで無い程に圧倒的に軽い。

つまり、取り付ける事で被る負担が、
圧倒的に少ない、という事。

2つ目の特徴は「フロントパニアがつけられる」という事。
荷台として、箱物を運べるのは勿論、左右にフロントパニアを取り付ける事も可能。
コゼパニアとの相性も実験済み。
c0189724_1924423.jpg
そして3つ目の特徴は「汎用性が高い」という事。
このシムワークス製品は日東による製作で、
取付方式や金具類も、信頼の日東方式。

下部はダボマウントが基本ですが、
穴を広げる事でアクスルマウントも可能。

上部は、カンチ台座マウントか、
フォーク側面のキャリアダボマウント、
もしくはバンドによる固定と何でもあり。


と、そんな3つの特徴ですが、更に4つ目を付け加えるなら「安い」という事。
この内容、この品質でこの価格は・・・凄いと思います、ええ。


カゴといえば、こんなのも現在製作中。
c0189724_193467.jpg
EBS リーフ」のフロントラックを、
カゴに変更したバージョン。

如何でしょうか、全く可愛げのないピンク、
というか鮭色。バッチリな仕上がり。
昭和&労働な匂いのする、とても好きな色です。


本日塗りが上がって来たので、早速形に!
と行きたい所ですが、部品が手に入らず、
頓挫&休憩。

このリーフは、製作に時間が掛かり過ぎる為、
今後暫くの間、受注中止となります。
正確には、受注は致しますが、製作が夏以降になる予定です。

リーフをご検討頂いている方で、こんな色見にドキ胸な方、
コストを抑えながらも、手を抜かずビシっと仕上げますので、
是非、見ててやって下さいませよ。
by kaleidocycle | 2011-03-17 20:45 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧