井戸端監視カメラ



<   2010年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2011展示会 その3。

c0189724_23415641.jpg
はい、今週こそ行って参りました展示会。


展示会に行けば、
こんなステルス戦闘機も見れます。

まぁ・・・間違っても買って帰れませんので、
「ゴッツイことなってんな~」と見るだけ。
c0189724_061839.jpg
そう、展示会とは検討や商談の場である訳ですが、
空井戸の様なミクロ規模店舗には、
ただの見学会にしかならない事屡。

だからLet's見学会。

GT ザスカーのトップキャップは、
完成車には不釣り合いなほど凝ったカーボン製。
軽いのか?カッコ良いのか?そこは不明。
c0189724_063414.jpg
SramのX9(2x10)が、
アッセンブルされているの図。

そうかぁ、こういった価格帯の、
こういった車種にアッセンブルされるのか~、
ほえ~、ってなモンで。

c0189724_065868.jpg
スターメーアーチャーの、内装3段Fixxedハブ、
S3X」を採用した完成車が、今年は2種に増加。

このハブは、何か馬鹿馬鹿しくて良いですね~。
便利なのか不便なのか微妙に謎。
でも、1,000人に1人位は、とても必要としてそう。

ある米国出身者が「セックス!セックス!」と連呼して、
「何、ヒワイな事を宣うとるのか。」と首を傾げたら、
彼は「S3X」と言っていた、なんて事がありましたが、
そんな日本人には呼び難い名前もまたナイス。

c0189724_071757.jpg
展示会にはお決まりの、
カーボンフレームの開き

コレ見ると、何だか嬉しくなると同時に、
見てはいけないモノを見てしまった感が、
じんわりと湧いてくる様な気が・・・、
せん事も無い事も無い事も無い。

c0189724_073127.jpg
世の中はエライ事になっております。

このネオレトロを綺麗に纏めたシュッとした感じ、
最早ショーバイクの世界でございますよ。

で、コレのお値段が約¥10万、勿論完成車で。
エライ事になって来たなぁ・・・。

c0189724_048413.jpg
ノグ・アンタレクス・インフィニなど、
群雄割拠の点滅ライト界に、新たなる新星が!

他と何が違うって、電池が太陽電池
一時間充電で、一時間点滅可能だそうな。
因みに大きさは少し大きなキャラメルサイズ。

価格は約¥2,300。コレは便利そうですな。

c0189724_0483022.jpg
帰路。

駄目だ・・・こんな積極性に欠ける、
傍観者的ノリばかりではいけない!

等と考え、通った事の無い新しい高速道路、
第二京阪道路と、阪神高速京都線で帰ろう!
と、積極的に走ってみた結果。
名神よりも余計に料金がかかる事が分かったとさ。
by kaleidocycle | 2010-09-30 23:59 | 駄情報

リベンジ。

c0189724_23263157.jpg

先週はよぅ~、
何を勘違いしたかよぅ~、
空振りしちまったけどよぅ~、
明日こそは、明日こそはよぅ~!

ホントに展示会。(のはず。)


と言う事で、明日は休みです。
代わりに明後日はやっています。
by kaleidocycle | 2010-09-28 23:34 | 臨時営業・休業

秋冬の本命ベスト、予約受付中。

c0189724_17594620.jpg
馬鹿が格好つけて黄昏ております。

見ているだけで恥ずかしくて、
ついつい目を逸らしてしまいますね。


しかし、そこを我慢して、着ているモノにご注目あれ。

此奴の着ているベスト
コレが今年の秋冬ウェアの中で、
最も重要になる(かもしれない)一点なのです。

皆さん、ベスト持ってますか?
持っていればOK、ベストの利便性をよくご存知の事でしょう。
しかしながら、もし「ベストなんて・・考えた事も無い」なんて言うなら、
今一度、ベストの素晴らしさを再考頂くべきです。

人は、腕や足なんてのはそれなりに冷えても我慢できますが、
寒さ対策の勘所である「身」はそうは行きません。
言い換えれば、身が保温できたなら、他は何とかなる、とも言えたりして、
その点を考えると、ベストは非常に有難い。
c0189724_180650.jpg
また、今の時期の様に、
朝晩は少し肌寒いけど、
「寒い!」とまでは言わない、
そんな時期から使えて。

「あぁ、クソ寒くなって来たなぁ。
 でも自転車漕ぐと、10分後には暑くなるなぁ。」
なんて時期に、フリースやスウェットと重ねれば、
バッチリ問題無く対応出来たりと。

気候の守備範囲が実に広い

c0189724_1802186.jpg
そんな、ただでさえ便利なベストなのに、
このベストはフルジップ&フーディーなので、
暑ければ胸元を開放し空気を入れ、
寒ければフードを被り、熱を閉じ込める、
と、気温の調整もし易く。

自転車用なので、着丈が長く取られており、
背中やお腹が出てしまう事も無く。

裏はメッシュで張り付かず。

更には防水で、予期せぬ雨も突き抜けられる。
c0189724_1804730.jpg
収納は、左右のポケットに加え、
右バックに一つと、左胸に一つあり、
街着としてだけでなく、走る事が目的でも、
バッチリ対応可能。


パッカブルではないモノの、
そもそもベストなので、クルクル畳めば、
意外なまでの小ささで、
ジャージのバックポケットにも詰め込めるかも。

c0189724_181095.jpg
こんなに便利そうなベストなのに、
シャリ感のある生地で、
地味ながら何気に洒落た感じという、
ありそうで無かったハイレベルな組み合わせ。

そんなコイツは、CCPから10月にリリースされる予定の、
VT-V002と言うのが商品名。
色は御覧のグレーとカーキの二色展開。

気になる価格は¥21,000(税込)。
内容・対費用効果を考えると、確実にありな一枚。

勿論、自分用は注文しましたし、在庫分もお願いしてあります。
が、恐らくコイツは手に取って頂いた頃には、
御用意出来ない、なんて事になる気がしてなりません。

だもんで、CCPさんからサンプルをお借りして、
今週末までは店頭で現物を見て頂ける様、御用意しておりますので、
見て・触って・着て、気に入ればご予約をお願いしたい、と。
そう考えておる訳です。

空井戸でこんなに積極的に動くのは始めての事です。
つまり、それ位期待で一杯の一枚。
自転車での冬を気持ち良く乗り切る為のマスターピースになると思います、是非!
by kaleidocycle | 2010-09-28 18:44 | 商品

フレームバッグと、その相棒。

しばらく欠品が続いており、ご迷惑お掛けしました。
c0189724_17453241.jpg
・Everyware x Bagjack フレームバッグ 
 ¥15,750(税込)

が、少量ですが入荷してきております。

サドルバッグでは心許ない、
しかし、バックパック担ぐ程モノを持たない、
そんな人への隙間産業的一品。

何が良いって、金具も台座も無しで、
パッと付けれてパッと外せる、
だから、今日はあの自転車に、明日はあの自転車にと、
何台持っていても使いまわせる。便利。

替えチューブ・ポンプ・飲み物・オニギリ・タオル・文庫本、
それ位はこのフレームバッグ一つで、充分事足ります。

しかし、コレからの時期「山の上でのほっこりタイム」を楽しむべく、
ガスストーブ・お茶セット・白米・炊飯用水・ヤッケなどなども持って行こうとなると、
やはり少し足りない・・・。

かといって、バックパック背負う程でもない・・・。
c0189724_18112941.jpg
となると、こんなのが良い感じ。

ワンショルダーってのは、
結構使い辛いイメージが強いのですが、
山で使えるワンショルダーなんてのも有るのです。


・フレドリックパッカーズ バイクパック

止水ジッパと、止水内装で、
ほぼ防水。大雨降ったら諦めろ!

c0189724_18362855.jpg
肩部分はベルト幅が広く取られ、
パッドも肉厚なので、多少重量が嵩んでも、
肩に食い込む事も無し。

そんなハーネス関係が絶妙で、
ワンショルダーながら、前に回って来難くかったり。

外にループ関係がそこそこ有って、
拡張性もあったりと。

のんびりサイクリストに非常に都合がよろしい。

国産なのにもかかわらず、この内容で¥12,390と超がつくほどお値打ち価格!
ただ、残念な事に・・・空井戸取り扱い製品では御座いません。
「良さげじゃないか!」と思われた方は、UNITさんで詳しく聞いて下さい。

取り敢えず、このフレームバッグとバイクパックの組み合わせは鉄板だ、と。
そういう事です。
by kaleidocycle | 2010-09-27 19:45 | 商品

値千金。

c0189724_23241226.jpg
素晴らしい気候であります。

自転車が良いとか悪いとか、そんな次元では無く、
自転車に跨り、ヨタヨタと風の隙間を抜けるだけ、
たったそれだけで、多幸感が沸々と。


仮に「自転車に乗る事が好きだ」と言うならば、
今乗らずにいつ乗るのだ?と言う話ですわな。

c0189724_23244043.jpg
琵琶湖から比良山を望むと、
湖から吹く湿気った風が、
山の上で冷やされ、
雲になって行くと思しき光景が。

違うかもしれんけど、きっとそう。

そんな絶好のシーズンなのに。
自転車屋たる自分は、休みの日も展示会に赴く事が多く、
暇な休みは、やや貴重なモノとなっているにもか・か・わ・ら・ず!
c0189724_23254229.jpg
臨時休業頂いた一昨日。
展示会の為、現場まで行きました。

誰も居ませんでした。

・・・日程を間違っていました。

驚愕です!
by kaleidocycle | 2010-09-26 23:44 | 無駄

明日、明後日入れ替えです。

明日24日(金)は、展示会の為臨時休業です。
反対に、明後日25日(土)は営業いたします。

今晩は良い月です。
日本酒を抱いて、雲を眺めるのに最高の夜です。
by kaleidocycle | 2010-09-23 21:02 | 臨時営業・休業

Banshee Paradox。

蒸し暑い昨日と打って変わった涼しい今日。
長袖を求めてごそごそしていた所、革ジャン&革パンを発掘。
c0189724_19191264.jpg
去年の冬は、「ピチピチで・・もう着れんなぁ・・・
等と悲しみに暮れながら仕舞ったのですが、
ワタクシ、春に12kg減量致しました。
という事は?

スルリと普通に着れてしまいました。
嗚呼、人は大きく成長するだけじゃないんだね。


小雨の中、ペダル漕ぐ足も軽やかどすえ。
c0189724_19201938.jpg
体重の数字は小さくなっても、
背丈の数字は、そうそう小さくなる事は無い。
だから、背の高い人は、腰が曲がるまで背の高い人。

そんな背の高い人向けの一台、
・Banshee Paradox

29erには珍しい、上って下れるトレールバイク。
パッと見た所、普通に格好よろしいMTBですが、
近くで見ると、とてもデカイです。
そうは見えなくても、とてもデカイのです。
c0189724_2062496.jpg
奥が26インチホイールの、
Dustee Revolverで、
大体身長175cmくらいの人向け。

決して小さい自転車では無いのに、
Paradoxと並べると、こじんまりと見えたり。

だから、近くで見ると、Yes、大迫力。

c0189724_19203684.jpg
そう、背の高い人が山を普通に遊ぼうと考えた時、
選べる車種と言うのが、実は非常に少ない。

その少ない選択肢の中でも、
このParadoxは「逃げ」の選択では無く、
「背が高いからこそ乗れる」という、
攻めの選択として輝いています。

チェーンが当たって傷つくチェーンステーは、
敢えて無塗装で「傷が付かずに何がMTBか!」と、
乗り手を煽って来ますし。
c0189724_19205024.jpg
ギュンギュン曲げられた角材のリアバックは、
折れるもんなら折ってみい!」と、
プロレスの如く、やはり煽る。

シートチューブをくの字に曲げ、
ギリギリまで詰められたリアセンターで、
29erとは思えない程、フロントがポンポン上がる。


こ・こいつぁ・・・面白い!
しかもフレーム価格が¥66,000、や・安い!

背の高い人は、日本市場においてやはり少数派であり、
本当に満足行く出会いと言うのは、残念な事に少なかったりします。

しかし、少ないだけで「無い」訳ではない。
こんなイカしたParadoxという車種を選べて、使いこなせるのは、
やはり高い背があるからこそです。

こんなParadoxが気になってしまった背の高い人、
背が高く生まれた事に感謝してしまってOKです。
南無南無~。
by kaleidocycle | 2010-09-23 20:24 | 商品

北区独り旅。

c0189724_211621100.jpg
何故なのか?
せっかくの休みだと言うのに、
パラパラと小雨降り、
空気は妙に蒸し暑い。


「北へ向かえば涼しかろう。」
と言う単純至極な思考の下、
京都市北区の北の端へ。

c0189724_211740100.jpg



随分前から、橋が落ちたまま。

しかし、否、だからこそ、
ファイト一発越えて行く。


c0189724_21175882.jpg

道は当然ザクザクで、
最早、ジムニーでも通る事は叶わなそう。



隣の草むらでは、ウリボウがゴソゴソと。
コヤツ等も、真っ暗な夜なら、
この溝に嵌ったりするのだろうか。

c0189724_21194115.jpg
しかしまぁ、車が通れようが通れまいが、
天は我に完全なる移動道具を与え賜うた。

車が数年は通っていないと思われる道を、
歩くのと同じくらいの速度でMTBが行く。

歩くスピードなら、いっそ歩いて此処まで来い!
という話かもしれませんが、街から此処まで約25km、
歩いて来るのは・・・キツイなぁ。
だからやっぱり素敵さ、満点バイク。

c0189724_21203667.jpg
杉林の間を抜ける林道で、
山の天辺付近まで上ったら、
その先は雑木林のシングルトラック。

シングルトラックと言えば聞こえは良いが、
まぁただの登山道ですわな。

狭過ぎてハンドルがガシガシ引っ掛かったり、
下りからの上り返しがやたらと急だったり、
倒木が其処彼処に現れたりと、
決して快適なトレールライドではナッシング。
c0189724_2121741.jpg
けど、ビンディング嵌めたまま、
上れない上りを、無理矢理木を掴んで上ったり、
蜂の警戒音が聞こえる様な空耳に怯んだり、
落ち葉を潤滑材に崖をズリ落ちたりしながら、
山の中を進む事、その事自体が愉快な訳です。

ここに初めて来た時、このマホラ谷で迷い、
「こ、此処から出られへんのでっしゃろうか・・」
と、泣きそうになった事がありましたが、
そんな「苦味」も含めて、楽しいなぁ、なんて。

c0189724_21213728.jpg
ただ、林道に出た所に看板がたっており、
「行方不明者捜索願」なんて文言が見えました。

自分が探される方になるとマズイので、
山奥の方に行く際は、
昭文社の「山と高原地図」 & 方位磁石
を忘れずに持って、二人以上で入る方がベターですね。

しかし・・・山なんてのは、独りになれるから面白い、
とも言えるモンで、ムニャラムニャラ・・・。
まぁ好きな様にしましょう。
by kaleidocycle | 2010-09-21 23:05 | 無駄

忍者モノ色々。

忍者がへたり込んでいます。
どうやら、月末がやたらと冷え込むという、
天気予報を聞いて、ブルーになっている模様。
c0189724_1814320.jpg
確かに下半身は完全に夏のままですが、
上半身は温かそうな感じ。
彼奴の上半身を守っているのは、
・CCP LT-V013  ¥12,600(税込)

CCPの定番 ニンジャパーカーの今年版です。

脱いでハイネック、被ってパーカー、
口元引き上げればマスク、
そんなギミックはそのままに、
素材を少し厚手の防風裏毛素材に変更し、
アウターとして使える仕様にリニューアル。

吸汗速乾&フルストレッチなので、インナーでもアウターでも使える、
そんな守備範囲の広さが魅力的。
今週はネイビーxネイビーのみの入荷ですが、
来週くらいには、ライドグレーxブルーも入荷予定。
c0189724_1814396.jpg
突然、鉄棒にぶら下がり始めました。
何か嫌な事でもあったのでしょうか?

いや、それよりも、よく見ると上半身の色が、
ネイビーから黒に変わっています。
このヘソ出し&腹毛出しが着ているのは、
CCP LT-V012  ¥21,000(税込)

此方は薄手のライクラ素材による、
昨年、地味にヒットした3ウェイパーカー、
リアルニンジャパーカーの今年版。

マスクを被った状態の時、鼻で息がし易い様に変更が入れられているのに加え、
フロントジッパをつける事で、より体温調整の幅を大きく取る事が可能となっています。
c0189724_18145254.jpg
と、この様なニンジャ系を始め、
羽織モノがぼちぼち出始めております。

まだまだTシャツで快適に過ごせる気候ですが、
言うてる間に、朝晩走りに行く際は、
寒い・・・」と感じ始める事でしょう。

先程も書いた通り、月末は一気に冷え込み、
平年より暑い今の時期から、
カクンと、平年より寒くなると予報が出ています。
もし、月末に寒いと感じたなら、これ等を是非。

c0189724_1815974.jpg
お次は、本当に商品名が忍者な、
・Nari/furi ニンジャバッグ  ¥12,600(税込)

薄くて広~い、ヒップバッグらしからぬヒップバッグ。
パッと見た感じ、特に忍者らしくも無く、
何が忍者かな~てな感じですね。

大体、こんなに薄くては、荷物が入らないではないか、
使えなさそう~。

なんて思ってる所にカウンター。
c0189724_18152320.jpg
裏向けると、こんな所にマチが。

モノを入れていない時はストンと薄く、
モノを入れると、裏側から膨らみ、
容量が増えるってな寸法です。

広げたマチが、何となく忍者に見えない事も無い。


c0189724_1983034.jpg
裏が膨らむって事は・・・、
荷物を沢山入れるとこんな感じに。

腰への接触面積はそのままに、
後ろへ後ろへと膨れ上がって行く訳です。

モノを入れて、重量が嵩んだ際、
どんどん下に引っ張られるのを避ける為の、
隠されたギミックなのですね。

外ポケットもあり、使い勝手も良さそうで、デザインも斬新且つシンプル。
なのに、価格は¥12,600、かなり魅力的な製品。
色は黒x黒と、黒x赤が其々一つずつ入荷。
普通のヒップバッグにピンと来ない人には、知って欲しい新製品です。


と、そんな訳で今日はここまで。
因みに明日は臨時休業日です。忍者修行でもして来ます。
それではさよなら、さよなら、さよなら~。
by kaleidocycle | 2010-09-20 19:19 | 商品

浦島。

c0189724_23463119.jpg
昨日の朝、道端で大きめのカメを発見。
車に轢かれる、干乾びる、自転車が踏んでこける、
そんな事を危惧し、カメを持ち上げ川に放り込みました。

その後、店を開け、夕方まで営業し、
Nut'sFesへ行こうと、店を閉め始めた、その時。
今朝のカメがトコトコと現れ、口をパクパクさせ曰く、
何と、「愛知まで連れて行ってやる」との事。

カメの背中は広く、空を飛ぶスピードはマッハ3と、
ガメラと同等の性能で、アッと言う間に現場につきました。

c0189724_00286.jpg等という事は当然無く。
閉店後、Nut'sFesに向かい、
着いた時にはまぁ良い時間で、ビールをスコンと空け、
超快適気候の中で呆け~と座っている内に眠たくなり、
気付けば朝の森の中で寝ていました。

で、そのままとんぼ返りで京都へ帰り、
昼からまた店を開け、そして閉め、今に至る。

まるで人生早食い競争。
記憶はうすぼんやりし、昨日が一昨日の様に感じます。
楽しむなら、チャンと噛んで喰うべきやね。
by kaleidocycle | 2010-09-19 23:57 | 駄情報


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧