井戸端監視カメラ



<   2010年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧


微妙な早仕舞い。

明日1日(日)は、勝手ながら20時までの営業とさせて頂きます。
c0189724_215175.jpg
by kaleidocycle | 2010-07-31 21:06 | 臨時営業・休業

花火。

c0189724_1344286.jpg
「高速道路無料化?
 車持ってない人間には関係ねぇや。」

と斜に構えて居りましたが、
レンタカーという文明の利器を介する事で、
この度、めでたく関係出来ました。

高速道路、便利至極。
レンタカー、便利至極。

c0189724_1344235.jpg
午前中にひとっ走りしてかいた汗を落とし、
午後に向かったのは兵庫県 竹野町。

普段なら、そうそう来る用事も無い、
そんな竹野町。
鄙びた、とても良い町。


しかし、本日は違う。
用事もあれば、盛り上がっても居る。
たけの海上花火大会」があるからさ。

c0189724_13445579.jpg


日暮れ前、海上に浮かんだ船から、
レーザーが、ピシーッと。


この船から花火が打ち上げられるのかしらん?
花火は日が暮れた後の20時から。
日が落ち切るのが待ち遠しい。


c0189724_13451781.jpg
露店は日暮を待つ事無くヒートアップ。

タコヤキ・カキ氷・射的・・・。
何もかもオールドスクール。


中々の盛況っぷりに、
出所不明の高揚が、小脳の辺りから沸々と。

辺りが闇に染まるのを待って、海上花火大会、めでたく開会。
c0189724_13454937.jpg
花火に照らされた、海上の船は、
見た事の無い戦争を彷彿とさせる。

コレが戦争で、自分の生き死にが迫るなら、
そらぁ恐ろしかった事やろう。
もしくは、現実味を持つ事無く、
ただ、綺麗やなぁ、と思ったかもしれない。


不謹慎でも何でも、頭に浮かぶモノは浮かぶ。

c0189724_13465937.jpg花火との距離が近く、爆音・轟音、内腑に響き、
目ン玉びっくり玉手箱。

記憶の中に、こんな風景は見当たらない。
という事は・・・真っ当に花火を見るのは、
実は人生で始めてかもしれない事に気付いたり。


花火と言えば、人込みでもみくちゃになりながら見る、
そんな印象だったから、知らなかったけど、
海岸に寝転がって、こんな近くから見る花火は、
圧倒されるほどに、とても良いモノだったのです。

好きじゃない、好みじゃない、と思っている物事の中には、
こんな「実は知らない事」ってのが、きっと沢山埋まってんでございましょうねぇ。
by kaleidocycle | 2010-07-31 16:44 | 無駄

やっぱり。


明日は休みです。
31日(土)も休む予定でしたが、やっぱり営業します。
適当でスイマセン・・・。

お詫びにモーターヘッドでもお楽しみ下さい。
しかし、レミーのマイク位置は高いねぇ・・・。
by kaleidocycle | 2010-07-29 21:47 | 臨時営業・休業

イロモノdkg。

c0189724_203601.jpg
木々、萌えあがる今の季節。
何処へ行っても、キッコロ・モリゾー、緑一色。
嗚呼、爽やかだ~・・・。


と浸る間も無く、視界の隅を占領するのは、
小蠅か蚊かブトの黒い点。

鬱陶しい・・・。
こんなワンポイント要らん。

c0189724_20361676.jpgそう、視界を邪魔する虫の黒点は要りません。
しかし、視界のチラと見えるこんなのは如何でしょう?

・dkg シートクランプ


今までは、黒か銀しか選択肢の無かった
シートクランプ界の超王道 dkgに、
今回、日本別注カラーモデルが合流。

(空井戸入荷分は全てφ30.0、
 つまりスチールフレーム用サイズ)

c0189724_2036316.jpg
カラーと言うからには、気になってしまう、
そんなアルマイトの発色具合ですが、
全体的に、結構な濃い目の仕上がり。

梨地の表面仕上げと相まって、
非常に高級感あるイカした感じになってます。


dkgの圧倒的な精度に、この美しい仕上げで、
ボルトタイプ¥2,940、クイックタイプ¥4,750と、
お値段据え置き。お得です。

「Salsaで良いや」って人はそれでよしとして、
「やっぱdkgで無ければ・・・」ってな体になってしまってる人で、
更に色を注したい人は、逃げ場の無い強力な引力を感じる事でしょう、ええ。

引っ張られて下さい。

隅に。
by kaleidocycle | 2010-07-29 00:07 | 商品

新世紀29er。

29erという、MTBのジャンルが御座います。

29erの持つメリットとしては、
・転がり抵抗が少ないので、よく走る。
・障害物に対する進入角が浅いので、乗り越え性能が良い。
等など、とても素敵なモノであるのですが、
個人的にはやはり、26インチのフツ~のMTBが好みです。



何でだっつーと、メリットの裏には当然デメリットがあって、
例えば、自分の身長だと出せるポジション幅の事、
部品選択肢の事、重量の事、剛性の事など、
細々した問題が山積している訳ですが、
正直、メリット・デメリットを天秤に掛けると、
丁度吊り合う程度、どちらでもOKってな程度なのです。

で、その天秤を26インチにカタンと傾けるポイントは、
ズバリ「見た目のバランス」という、どうでも良い事だったりします。
c0189724_1848425.jpg

愛車です。普通です、非常に普通な感じのバランスです。
普通という事はニュートラルと言う事で良い事です。

自分で身長177cm、29erのメリットに魅力を感じはするものの、
メリットを最大限に享受出来る体格層には一歩及ばない、
という、とても保守的な感想を持っています。


しか~し・・・最近、とても気になる29erがあります。
それが此方!
c0189724_18482257.jpg

Banshee Paradox
29erの殆どは、その走破性を活かすべく、クロスカントリー系が多い現状ですが、
その中にあってこのパラドクスは「下り系29er」という珍しい存在です。

珍しいだけに、何かアンバランスな存在な様にも思えますが、
ダートのギャップをいなすラージホイールと、
長めのサスと、極端に短いリアセンターとの組み合わせを想像すると・・・。

下り系では上るのが辛い様なセクションもゴウンゴウンこなせ、
重力に背中押されるトレールでは、根っこもギャップもポンポン行けそう。
「パラドクス=逆説」という名前の通り、相当に面白そうです。



こんな変なジオメトリの、こんな造作の凝った、
こんなイカすグラフィックのフレームが・・・¥66,000と消費税!
非常~に買う価値のある一本だと思いませんか?
見積もり叩いてみたら、ビシビシ走れる裏山Spl仕様で¥24万切れそうな感じ。

こんな29er、増えるとオモロくなるのになぁ・・・。
by kaleidocycle | 2010-07-27 20:08 | 駄情報

浜始め。

梅雨が明け、暑い暑いと言い始めてからもう幾日。

何か・・・段々慣れて来た様な。
c0189724_18525711.jpg
路傍の気温計は、見つける毎、
26、29、31、36と数字を増して行くものの、
グッタリ下向き、という風にもならず。


食べ始めるまではお腹空いてなかったのに、
一度食べ出すと「あら、美味しいじゃない」
と、パクパク喰ってしまうが如く。

パクパクパクパクパクパクパクパクパク。
c0189724_18534910.jpg

近所の峠を二つほど上ってみよう。
そんな気分で家を出て来たはずなのに。

ワンツーワンツーと機嫌よく走った結果、
気付けば水泳の案内が目の前に。


夏やモンね、やっぱ泳がなね、しかもこの暑さやしね!
浜は相当盛り上がってんじゃないかい?

c0189724_1854516.jpg
と、勝手に想像した所で、所詮平日の午前。
見渡す限り、動くモノなど殆ど無く、
浜の掃除しているオッチャンが一人見えるのみ。

嗚呼、砂浜とロードバイクは似合わんなぁ。
しかし、マイマシーンは格好よろしなぁ。
等と、愚にもつかない事を暫し考えた後。


今が何時なのか分からない事に気付き、
焦って帰って、遅刻して店に急ぐ。
夏、もう少し暑くてもイケそうな気がした本日。
by kaleidocycle | 2010-07-26 20:00 | 無駄

「取りあえず生中!」的Tシャツ。

夕立です、エライ勢いの夕立です。しかも大風を伴った。

家を出る前に干して来た洗濯物が濡れている、
と言うよりも、風で飛ばされているのではないか、
とても心配です。


それでなくとも、毎日汗にまみれ洗濯物の量が嵩む今。
シャツとパンツの山が出来ているアナタ。
普通な感じのTシャツは如何でしょう。
c0189724_18165324.jpg
・CCP ボートネックTシャツ
¥5,985
(税込)


クタっとしたコットンの、
見目涼しげで、普通~な一枚。

背面長めで、
「自転車乗っても背中が出ない」
と言う程度の優しさは標準装備。

c0189724_18173149.jpg

首周りはボートネック。

見てサッパリ、着てサッパリは勿論の事、
ワシワシ洗った後、首周りが伸びて、
「首周りがデレンとなってみっともない」
なんて事を避けれるという副次効果もあったり。

c0189724_18175875.jpg
背面左には、チビポケット有り。

此処にですな、先日ご紹介した、
「ライクラサコッシュ」を潜ませておき、
いざと言うとき、パッと広げると。

アラ、便利ってなモンで。

絶対お勧め!ってタイプのブツではありませんが、
どうせ着るなら、こんなのじゃないかね?
という、参考程度にお見知り置き頂け・れ・ば。
きっと普通な普段が、僅かに自転車色に染まるのではないか、
なんて思うのですが、如何でっしょう!
by kaleidocycle | 2010-07-24 19:30 | 商品

羽化。

c0189724_20243427.jpg蝉鳴き始め、夏待った無し。

羽化を急ぐ蝉の一部に、
過ちをおかすモノが出る程に、
一気に夏を巻上げる昨今。


午前どころか、朝6時でもクソ暑い。
つまり逃げ場無し。

だもんで、刺す様な日光の元、
走りたい時が走り時ってなモンです。

c0189724_20283272.jpg
「大雨の後は、一週間後が一番危ない」
という、コゼバッグからの助言をスルーし、
京都で最も崩れそうな名前の山へ。

押忍の気合いで、押す押す押す。


休もうと止まった途端に、小虫に囲まれ、
逃れる為に動き続ける事になるという、
天然スパルタシステム。

c0189724_2029116.jpg
スパルタ方針は虫だけでなく、
足元に転がる石にも通じております。

不安定な上、絶妙に足が潜り込むサイズを、
全国から此処に集めました!と言わんばかりに、
綺麗に揃った石、石、石。


一歩上って、半歩ズリ下がる。
ズバリ、辛い。


上っている時、特に後半戦は「今すぐUターンしたろか・・・」と、
負け犬根性が常に隙間から飛び出す機会を伺っている。
c0189724_2030286.jpg

が。
上りで払った分の苦痛は、
等価以上で返して貰うぜ。ベイベー。


芋虫の様にのたうっていた上りは終わり。
この先は山の中を縫いながら飛んで行くのさ、
蚊も蠅も頭虫もアバヨ、ってなモンで。

c0189724_20304330.jpg

雑巾の様に濡れ、肌に張り付いている、
不快感の象徴たるシャツは、
下り始めると、冷や冷やしてて気持ち良し。


そういや、ここ数日暑くて暑くて、
涼しい」なんて言葉は頭の隅にも出なかったけれど、
これも一種の涼しさですわな。

この暑さでは、中々走りに行く気も起きぬと言う事もありましょうが、
ジッとしてて汗滲ますよりも、バカっと汗かいてヒューと退く時の瞬間、
その瞬間を思い浮かべて・・・思い切って外へドーン!で御座いますよ、ええ。
by kaleidocycle | 2010-07-23 23:41 | 無駄

ドリフト。

本日、表のホースで水を被る事、二度。
目が回る暑さです・・・。

空井戸、実は「エアコン装備済」なのですが、
意地でエアコン使わず、窓全開で対処しております。
c0189724_20142289.jpg
いや、意地ではなく「維持」なのかもしれません。
電気代を節約する事で、店舗運営を維持。
汗をかく事で体重を維持・・・。

今日も、意地全開でドリフトです。
何か間違っている様な気もしますが、ドリフトなのです。
アクセル全開で、次の定休日である、
25日(日)は臨時営業致します

この暑さでは、休みとて何も休まらんのでね。


セールも絶賛継続中!
Webには出していない御秘蔵品も僅かながら御座いますので、
もうこの勢いでズリズリっとお願いしますよ~!
by kaleidocycle | 2010-07-22 22:10 | 臨時営業・休業

CCP サコッシュ夏バージョン。

c0189724_13141821.jpg
暑つおますな。


カバン背負うと、背中が蒸れてユ~ラユラ。

担がんで良いなら、カバンも担ぎたくない、
だもんで、最小限の荷物をフレームバッグに詰め、
何とかやり過ごしております。

が、道すがら荷物が増える、なんて事もあるので、
少々不安と言えば不安・・・。

c0189724_13154070.jpg
その不安を埋める為には、
此奴をポケットに忍ばせておくのが有効。

・CCP サコッシュ  ¥1,900(税込)


クルクル畳むと、ご覧の通りのミニサイズなので、
持ってるのを忘れるって事はあっても、
邪魔になるって事は無さそうですな。

c0189724_13152414.jpgそんなミニマムな此奴も、
広げれば、ホラ、サコッシュ。

生地が伸び伸び素材なので、
リスの頬袋の様に、詰めれば詰めるだけ伸び、
フと目に留まった小玉スイカを持って帰る、
なんて事も可能。



「サコッシュを伸び伸び素材で作っただけ」
なんて思うと、甘い甘い。
c0189724_13173320.jpg安くとも、素材の特性を上手く利用する工夫が、
このコンパクトな一枚に集約されているのです。


使い方はアイデア次第。
一枚持ってて損は無い、
と言うより持って無ければ損する一枚。

今回は、茶色・紺色・灰色の3色をベースに、
其々、黒・アズキ・薄桃・白のリボンの、
計12種類の地味系な組み合わせ。


サドルバッグやポケットに詰めて便利なのは勿論の事、
海水浴で海パン一丁に合わせてよし、花火見物で浴衣の帯に挟んでよしのこの一枚。
夏のお供に、使えないなんて訳が無い!
by kaleidocycle | 2010-07-21 22:40 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧