井戸端監視カメラ



<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧


損得感情、早一年。

c0189724_2030956.jpg
最近、上中下3巻からなる本の上巻を読みまして。
興味を惹かれた為、中巻・下巻を本屋に注文。

だがしかし!数日後、届いたのは下巻のみ
店員さん曰く、中巻は在庫無し、との事。


ぬ、ぬぅぅぅぅ。
中巻飛ばして下巻を読むってか・・・。
それは勿体無いなぁ。


早く安く確実に本を取り寄せるなら、本屋よりもアマゾンなり何なりで買う方が早い。
それでも、足を運んで本屋で注文するのは、
「文字を買うのではなく、文字の書いた紙を買う」と言う、
その事実に近い意地みたいなモンであると同時に、
やはり本屋で買うと言う事が、総合的にみてだと考えるからであります。

この得というのは、価格的な意味だけでなく、入手に要する時間、様々な手間の事や、
また、本を本屋で買わなければ、本屋が潰れ、結果的に本を物色する場を失うかもしれない事、
そんな算段まで含めて、もしくはそんな細かい事考えるの邪魔くせぇや、とばかり、
一番シンプルな答として選択する事を含め、得であると判断し、本屋で買う訳です。

つまり、本屋さんを仕事として認めているが故に、本屋を利用する、と。



勝手な考えですが、仕事と言うのは「意味が有るか・無いか」だと考えます。
要するに、必要なのか?無くても良いのか?
自分の様な自転車屋なんぞと言う商売も、やはり同じで、
意味が無いならやらなければ良いじゃないか、と思います。

今は通販で何でも買えます。
オークションや海外通販なんてのも身近になり、
空井戸で買うよりもグッと安価に買う事が、誰でも可能になっています。
そしてあらゆる人は、それを己の選択肢として持つべきで、
自転車は自転車屋で買わなければならない」などと盲目的に思うべきでは無い。

ただ、ひっくり返すと、自転車屋だから出来る「得」の提供の仕方というのは必ずあり、
それを提供する事こそが、自分の考える自転車屋の仕事である、と勝手に思っています。
c0189724_22152245.jpg
丁度一年前、空井戸サイクルを始めさせて頂くに当たって、
ぶち上げた抱負は「普通の自転車屋になりたい」その事でした。
お店としてお客さんに損さすなんて、如何考えてもおかしいですよね?
お客さんは、得だと思って店を利用すべきです。
それこそが自分にとって、普通の店、普通の自転車屋の姿だと思います。

c0189724_22265560.jpg



あっという間の一年であると同時に、
何とか生き永らえれたこの一年。
果たしてお客さんに「」を提供して来れたと言えるのか?
振り返れば、やり直したい事が幾つもあります。


週が明ければ、空井戸サイクル二年目突入。
店潰したくないし、嫁に辛い思いもさせたくないし、借金背負いたくもないです。
しかし、「こんなん買う奴アホやなぁ」なんて思いながら儲かっても、
それは最早仕事では無いので、やる意味が無い。

その間の寸隙を、カツーンと突いて行けるのか如何なのか?
空井戸サイクル、引き続き宜しくお付き合い下さい。
by kaleidocycle | 2010-02-27 22:44 | 無駄

改めて。

明日は25日なので休みです。小春日和を満喫したいと思います。
c0189724_2338577.jpg
by kaleidocycle | 2010-02-24 23:44 | 駄情報

2月22日は「荷」の日。

c0189724_20445796.jpg

夜、街灯の下をすり抜けて行く塊。

「アレは何だ!」

「鳥だ!」「飛行機だ!」


c0189724_20451724.jpg
否。
フロントキャリアだ!

フレームを配達する用事があり、
フロントキャリアに、箱ごと乗せてみた所、
意外にも・・・普通に運べました。

しかも、風防にもなって寒さ知らず。

そして、その箱から出て来たのは、
c0189724_20461594.jpg
「ベントさせて何になるのか?」
そんな疑問さえ起きる、角パイプのイカついリアバック。

どうせ色が剥げるに決まっているチェーンステーは、
最初から生地仕上げという、先回りっぷり。

c0189724_20463549.jpg







そんなコイツは「Banshee Vient」
ヘッドチューブの分厚さも、ディスク台座の厚さも、
何もかもが辛口仕上げ。カナディアン・・・恐るべし。

しかし、我が荷台の前では、だたの荷物よ



c0189724_20495459.jpg
まぁ別にね。

自転車がね。


←EBSワークの荷台には、
  灯油缶が丁度入る事を最近発見。


c0189724_21165443.jpg
荷物を運べなきゃいけない、

なんて訳では無いんよね。


←オオヤコーヒーの配達用ビッグダミー。
  京都一円に20kg位のコーヒー豆を配達。



ただ、運べるという余裕は、

言うならば母性。

c0189724_21131560.jpg
甘えさせて貰うと、

やっぱり良いモノだし。

←卒業製作展に使う机を運ぶ。

そこにドップリ浸かる快感は、

否定しようが無い。


自動車を毎日乗っている方には、ピンと来ないかもしれませんが、
荷物を運べるって事は、とてもとてもスウィートな事でありますな。
by kaleidocycle | 2010-02-22 22:48 | 商品

春色々。

昨日正午。
知人が結婚式をあげるという事で、上賀茂神社にレッツゴー。
空は晴れ渡り、風は未だ冷たさ残せど、差す陽はそれを打ち消す。
「嗚呼、ええ日やぁ・・・」と、夫婦となった二人の巡り併せに想い馳せつつ、
自転車の季節が巡って来た、その循環をもまた感じて居りました。

さぁさ、春!
爪先・指先を痺れさせながら、ハナミズ垂らして走る時期は終わりだ!
c0189724_20392266.jpg
そんな春に向けて本日届いたのは、
CCPのウインドブレーカ。
CCP LT-V004  ¥14,700(税込)

CCPからは今までも、
色々なウインドブレーカが出ていますが、
今回のはド直球のサイクリングブレーカ。

勿論透湿防水、勿論バックポケット有り、
勿論パッカブル、勿論ストレッチ、と、
求める要件はバッチリ全てクリア。
サイドの青い部分は伸び伸びライクラ素材で、
不要なシャカシャカ感を減らしていると共に、
動き易く、何より見た目を引き締めています。

c0189724_204057.jpg
色は白ではなくアイボリー。
白と並べると、違いが分かりますね。

こんな微妙な色のウインドブレーカ、
今まで無かった!と言いたいのですが、
色の組み合わせや切り返しが何となく古着風で、
新しいのやら旧いのやら・・・?

コレ一枚ある事で、走っている途中で雨に降られても、
反対に気温がグングン上がって来ても、
はたまた帰りが遅くなって冷え込んでも、
なんなと逃げが効く、そんなぺランペランな頼れるヤツ。

c0189724_20403084.jpg
同じく此方も本日届いた、
Everyware x Bagjuck 
 フレームバッグ ¥15,750
(税込)

随分久し振りな感じがします。
秋に売り切れてからですから、もう随分ですね。

その後、年末に入荷する予定でしたが、
なんじゃもんじゃで届いたのが今日。


まぁ春前に間に合ったならOKって事で。


あと、コレも随分前から製作依頼していたのですが、
c0189724_20405659.jpg
オリジナルチタニウムアヘッドスペーサー 
オーバーサイズ30mm
 ¥1,260(税込)
やっと出来ました!って4つ作っただけですけど。

4つで充分です。
使うべき所に使わないと、ただの筒ですから、
大して必要とはされないはず。

しかし、ある瞬間、
「コレがあれば・・・」と思わせる、
そんなタイミングも、やはりあるはず。
このスペーサーって、格好良いモノとして作っている訳ではありません。
「格好悪い」を逆に魅力として受け流す、そんな価値観ベクトル変換装置だと思っています。
なので、コレ一つつけたら格好良くなる、というモンでは全くありません。

其々なりの「良い」を積み重ねたとしたなら、最後の仕上げとしてこんなのもある、
そういう提案です。だから4つで充分。 (2つ使ったので、残り2つ。)

もし「ん?」と思わる方居られましたなら!そして京都府外にお住まいであれば!
是非ご検討頂きますと共に、自転車乗って春の京都へいらっしゃ~いってなモンで。
by kaleidocycle | 2010-02-21 23:40 | 商品

廿日。

c0189724_19374727.jpg










明日は二十日。
なので休みです。
by kaleidocycle | 2010-02-19 19:40 | 臨時営業・休業

さらば、また。

c0189724_20393495.jpg


薄白い街灯の下。
白い発泡スチロールの箱を積んだ一台の自転車。
その姿は、何処となくカニを髣髴とさせる・・・。


それは、幅広のハンドルや、
先についたライトだけが印象づけるモノなのか?

否!
c0189724_204342.jpgそれは箱の中身がカニだから。

誕生日祝いに、カニを頂きました。
産地直送、THE新鮮。
箱を開けると、まだ微妙に・・・生きている。

逃がそうか・・・という思いも、
2%位は脳内に湧いたのですが、
ナムサン!とばかり引導を渡してやり、
おいしくおいしく頂きました。

「カニは食べるのが邪魔臭い」なんて意見もありますが、
それは誰かが調理してくれて、自分は食うだけ、そんな場合の意見。
目の前で動いているカニを絶命させ、硬い甲羅に慣れぬ包丁入れて食うその時、
邪魔臭いなんて考えが占める場所は頭の中に無い、まして食い残すなんて。

うまいうまいと、甲羅の裏まで喰い尽くし、
残った汁は、朝、雑炊にして全てご馳走様。
さらばカニの魂、また会う日まで。
by kaleidocycle | 2010-02-18 21:56 | 無駄

準備、今日も。

今週末はエラく寒くなるそうですが、遅かれ早かれ春は来ます。
来てからバタバタしている様では遅い!そら当然の事。

ですので、日々色々用意しておる訳ですが、
本日届いたのは、年末にとりあえず各1ずつ形になった、
Resistant x 空井戸 SSが遂に!一年半の時間を超え、遂に残りが完成~。
と言っても、今回はシリーズ最大のオールドスクールと、最小のヒップハンガーの2点。
c0189724_20222836.jpg
空井戸の夢見心地な要望を、
最高品質を実現するResistantが形にした此方。
この地味さ、この価格、そしてこの完成度!

まぁ何だかんだ言って「百聞は一見に如かず」
気になる方は、是非手に取って見て頂きたい!

数は其々3つずつの作製。
無くなってから「作って~」って、コイツは無理ですぞ!

・ オールドスクール ¥26,040
・ ヒップハンガー  ¥11,550



次は、幾らでも何とでもなるけど、やるかどうかで結構変わる、
c0189724_1113486.jpg
Dustee Revolver フレーム
塗ってみましたバーガンディー。
悪かないですね~ムフフ~♪

「クラシカル」とか「革サドル」とか、
そっちに振るのはノンノンですが、
MTBっぽくない、直球MTB!
そんなのも良いんじゃないか、ってなモンで。
月末には組み上げますので、さては仕上げをごろうじろ!


最後に、地味を極めればこうなると言う見本たる、
c0189724_11125992.jpg
クラゲ
じゃなくて、コゼバッグが作った透明バッグ。

練りに練り込まれたこの商品
でも無く、
「透明のバッグが欲しい」という希望に対し、
ビニール縫い縫い作ったブツ。

地味を通り越して消えちまった・・・なんてね。

使えるかどうか?どれ位でダメになるのか?
そんなのは使ってみなけりゃ分からない。

けど、モノの良さってのは人其々で、恒久的なモノを好む自分の様な人間も居れば、
この様な刹那的なモノを好む人も居る、それだけの事。選ぶ事は全ての品質を超える。

来る春に向け、空井戸は空井戸なりに色々用意をします。
その中で、何かお気に召して頂けるモノがあれば、それは幸いな事でありますよ。
by kaleidocycle | 2010-02-18 00:09 | 商品

如何ってこと無い道程。

今週末は、パソコンの入れ替えに伴い、
データがあっち行ったりこっち行ったりで、右往左往しておりました。

パソコンが無い、という事は実は無駄な時間を減らす事が出来る、
そんな事を実感する程に、手を動かしていた、そんな週末。
その成果をまとめてご紹介~。

まずは、
c0189724_21515859.jpg
Inzistのクルーザー InzistSS
先日ご紹介した正統派の白とは、
打って変わった、此方のピンク。

桃色ではなくピンク、マゼンタ一歩手前です。
もっと言えば、女の子の色ではないピンク。
そいつに余計な手を少し加えてみました。

フロントに、男節溢れ出す極太の柱、
マルゾッキダートジャンパーをインストール。
更に、ステムをオーバーサイズのSULステムに、
変則的カモメ形状フラットバーを組み合わせてドン

クルーザースタイルも良いですが、こんなのも悪くは無いでしょう?
そらそうです、作っているのが日本MTBのご意見番 T・マッケンジーですから。

しかもこのSS、寸法的にシートチューブが寝ているので、
オールマウンテン的に使うにも、案外都合が良さそうな可能性を持っています。
c0189724_21563250.jpg
正統派MTB!では無いかもしれないけれど、
街を流す事と、たまに山を駆けずりまわる事、
その二つを綺麗に繋いでくれそう!



InzistSSバレンタインSPL 
¥84,000
(モチロン一台のみ)



画像は変わって此方のスッキリしたMTB。
c0189724_21581349.jpg名をSingular Swiftと言います。
シングラー スイフトでOKです。

上記のInzistと同じサイズみたいですが、
此方はホイルは29インチ。
フレームもデカいのでパース狂います。
このスイフト、スチール製フルリジット29erMTBフレームな訳ですが、
c0189724_21582462.jpg
BBがエキセントリックとになっており、
シングルにもマルチにもなる、という、
Salsaエルマリアッチや、
NinerのSIR9等と同じ括りになります。

しかも嬉しい事に、BBのシェル部には、
フィルウッド製エキセントリックシェルが!
組みつけてしまうと見える訳では無い。
でも少しホコホコ、そんなフィルシェル。

このシェルとフレームと、
そしてフォークがセットで99,750

29erの車種は増えましたが、残念ながら本当に29erを必要とする人の為の、
20インチ・22インチといった大きなサイズが手に入り難い状況です。
でも、このシングラーなら大丈夫、背の高い人は是非チェックして下さい。


ラスト!
お馴染みSurlyクロスチェックの完成車ですが、よく見て下さい、少し違うの分かりますか?
c0189724_21584583.jpg
完成車と同じ様な色味で仕上げていますが、
変速関係はナント!Sramライバル、
ホイルはナント!ベロマックス、
そしてハンドルもオーバーサイズと、
少しやる気のクロスチェックになっており、
メーカー完成車よりも、
持って軽く、乗って軽いです。

「高性能・軽量は絶対的に良い」と言う訳では有りませんが、
「性能なんてどうでもよい」という訳でも有りません。
Surlyに何が似合うのか?を考える以上に、自分に何が必要か?
それを考えたなら、こんな仕様もありじゃないか、と思いますが如何でしょう。
クロスチェックバレンタインSPL ¥170,000(54一台のみ)


と、今週形になった3台を一気にご紹介致しました。
c0189724_21585715.jpg
あと、今週はこんなのも。

頂きモノの時計の中身だけ外し、
使いさしのチェーンリングと合体。

良い感じです。
ただ、微妙に時間が分かりません。

しかし、それで別段不便も有りません。
今が昼なのか、夕方なのか、それさえ分かれば。

自分は本日、誕生日を迎えました。
何歳になったかと聞かれた際には・・・ハッキリ分からず数秒間考えてしまいます。
年々、1才の重みが薄らいで行き、
学生時代は絶対的でさえあった、歳が一つ上・一つ下という意味は遠く彼方へ。

反面、確かな事は、今自分が健康に問題も無く、思う様に体が動くと言う事。
思いと動きが同調しているのは、きっと幸せな事で、
やがてその間に、己では如何仕様も無い歪が生まれてしまうまでの時間、
そんな時間の真っただ中、それが分かれば充分な30代です。
by kaleidocycle | 2010-02-15 01:08 | 商品

THE お得情報。

昨日は祝日と言う事で、飛び日連休たる今週末。そして中日の今日。
そんな週末、すぐ使える有益そうなお得情報を垂れ流したいと思います。

c0189724_23046100.jpgまず食品関係。
先日誕生日を迎えたUNITさんに、
祝いの品でも送ろうと思い立ち、
UNITさんの年齢x10本=360本のウマイ棒を、
真心と共に届けてみました。

サイクリングのお供にウマイ棒!は最悪ですが、
粉をこぼして良い所で喰うのは、気楽で良し。

UNITさん一人で360本喰い切るのは至難の業ですから、
きっと、お客さんにもウマイ棒が差し出される事でしょう。
お得情報その1
今、UNITへ行くとウマイ棒が喰える!



次、セール。
知る人ぞ知る、知らない人は知らない服屋さん、
そんな寅二ことトランジスターさんが、突如移転です。
寅二は空井戸と一日違いのオープンと言う、同じ星の下に生まれた兄弟分なのですが、
思う所有る様で、店を移転してしまいました。
c0189724_9313912.jpg

新しい場所は、水玉でお馴染みの三条富小路チキンノットさんの3階。
そして、いきなりセールをしているらしいです。
アウトドアテイストを含んだ、恐ろしく洒落た服をセレクトする寅二
自分には、少し背伸びしたしなければ届かない系ではありますが、
今なら全品、しゃがむ位の価格でセールされているとの事。
お得情報その2 洒落た服がヤフオクより安く買える!


当店では、こんなお得品をご用意してみました。
c0189724_20541670.jpgスポルテラ エクストラ
って、オインゴボインゴみたい。

ベースのシュイン スポルテラは、
2010ニューモデルなのですが、
とてもとても地味な、セダンの様な一台です。

が、内装8段を採用したクロスバイクとしては、
知る限り最も安価な定価¥58,800
しかも、手抜き見当たらぬ完成度。

この単品では少し地味過ぎるスポルテラに、エクストラキットを組み込んでみた今回。
結果、変速ストレス無く300%オーバーの変速比を使えるインター8と、
そもそもコンフォートバイクであるべきロングバイクの相性は悪いはずもなく、
ハンドリングのマッチングも、何故だか偶然良い感じ。

便利なインター8、実は雨晒しに決定的に弱いという弱点があるのですが、
今回エクストラ化する事で、その弱点をカバーできると言うのは、とても良い事です。

と、自画自賛のこのオインゴボインゴ、車両とエクストラで約12万、
そこに取り付けに必要なアレヤコレヤで部品代¥1万少々、
それを・・・¥110,000でのご案内です! お得情報その3 ロングバイクが安い!


以上、営利目的のお得情報でした!
by kaleidocycle | 2010-02-12 07:48 | 駄情報

My別荘。

本日は一日、良いお湿りで。

雨が上がれば、富小路に引っ越した知人の店でも冷やかしに行こうか、
そんな風に考えていましたが、雨は上がる事無く、そして件の店も休みだそうで、
結果的に、
c0189724_2134581.jpg

詩仙堂へ。

この詩仙堂、要するに「庭園」を売りにする観光スポットなのですが、
失礼を承知で言えば、凡夫にはその有難味は・・・今一つ掴めないです。

c0189724_21451780.jpg
しかし、自宅から徒歩5分という距離、
そして庭に面して広く開いた座敷を、
「こんな時期のこんな天気のこんな平日なら・・・」
独り占め出来るのではないか?と画策し、
本とビールを携え、水煙の中、比叡の麓へ。



暑くもなく寒くもない湿った空気に包まれ、
外でもなく内でもない場所で、
空想の世界へズブズブと・・・。

BGMは目の前の小さな滝のたてるチョボチョボとした音、
そこに遠く関西古紙のアナウンスや、大工の打つらしき槌の音などが混じり、
時に、強さを増す雨の落ちる音が波打つ様に。
c0189724_21525632.jpg


詩仙堂の売りの一つであるししおどしは今一つ調子良くない様で、
水をなみなみと湛えながらも殆ど固まったまま。
そして時たま思い出した様に「カコン」と素朴な音を聞かせる。

嘗ては、霞に煙る静かな静かなこの庵で、
この世との関係を繋ぐものとして機能していたかもしれない「ししおどし」も、
空にヘリコプター舞い、すぐそこまで人の匂い迫る現代では、
鳴っても鳴らなくても、どちらでも良い存在になり下がっているのかしらん?

なんて思ったり思わなんだり、梅の蕾が綻んでいたり。
by kaleidocycle | 2010-02-10 22:18 | 無駄


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧