井戸端監視カメラ



<   2009年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧


次は。

来る30日(金)は臨時営業し、次の31日(土)は休業致します。
宜しくお願いします!
by kaleidocycle | 2009-10-28 21:58 | 臨時営業・休業

米。

都会と言うには、片田舎。  田舎と言うには、空が遠い。
そんな京都で御座いますが、
c0189724_2015376.jpg
頂き物の松茸酒で、
秋の到来を、
感じる事が出来ます。


というか、松茸酒!
この様なモノがある事を、
この度初めて知りました。


フタを開けると、
松茸の香りが・・・する。
物凄くする!

ありがたや~、松茸様~!
っと、拝みたくなる有り難い品のはず。
しかし・・笑ってしまうのは何故でしょう。

店頭のカウンターに置いて有りますので、ご来店の際は是非一度嗅いでみて下さい。
笑って、酔える、幸せなお酒です。



ペランと申し訳程度に入った松茸が愛らしい松茸酒も良いですが、
本格的な秋の味覚として来た、
c0189724_2105333.jpg
新米。
これぞジャパニーズソウル!

このお米は、
昨冬に地元新潟へ帰った友人が、
始めて作ったお米という事で、
送られて来ました。
きっと、「さぁ喰ってみろよ!」
という挑戦も込みでのお裾分け。

イッタダッキマース!と、
喰うべきなんですが・・・、
ちょっと勿体無くて、
中々食べれません。

食べない方が勿体無い、
ってのは分かってる積もりなのですが。


とても安いお米があったとして。
毎日食べるお米だから、安い方が助かるのは確か。
ただその時米は、対価を払うのが「勿体無い」存在に成り下がり、
米の存在自体が薄まり、やがて空想の産物の様に感じてしまいます。
米の形した、他の何かに。

今回貰ったこの米は、新潟に帰った彼が、
どうしようもない人物像の彼が、何は無くとも形にして、
自分の食料として「産んで」くれたという事実。

この事実は、美味いの安いの言う問題では無く、
食べさせて頂いている有り難味を、とてもダイレクトに感じさせてくれる事において、
価値を付ける等という事さえ憚られる、そんな風に感じ、
食べる為の第一歩が、どうにも踏み出せないのです。



米もガソリンもジーパンも家賃も自転車も、安いに越した事は無いです、ホント。

でも、浮かした金を回す先は何処なのって話になると、
どうせロクな使い道さえ浮かばない自分ですから、無理した安さは無意味に等しい。
それよりも「有難う」と思いながら支払える対価の方が、
自分にとっては重要な事です。



このクソ狭い日本、人が密集するのは避けたいですね。
この米が売れないと、田舎暮らしが立ち行かなくなり、
彼が京都へ帰ってくるかもしれません。
そんな事になると困るので、米をナムナム拝んだ後は、貪り食ってやろうと思います。
by kaleidocycle | 2009-10-28 21:56 | 臨時営業・休業

突然ですが。

勝手ながら、明日26日(月)は臨時休業させて頂きます。
by kaleidocycle | 2009-10-25 22:24 | 臨時営業・休業

駄インプレ その1。

寒くも何も無い、そんな今朝。
寒さと共にやって来るという紅葉は、期待するだけ無駄と思いつつ、
汗かき、息切らし、アスファルトの坂を上って、土を求めに行く。
c0189724_2129319.jpg








でも、ホンの少しだけ紅葉。

もっと山奥は、もう随分紅葉が始まっていた事もあるし、
明日の雨を越えて、次に気温がグッと下がった時、山は真っ赤になるのでしょう。


そんな山へ連れ立ったMTB達。
c0189724_2135504.jpg
どいつもこいつも、オーナーの寵愛を受ける中々にイカしたマシーン達です。
が、自分が本日最も真剣に見ていた一台は、
c0189724_21384891.jpg












←コレ。

分かり難いですね。コレです。
c0189724_21401039.jpg











昨日の予告通り、
持ち出した試乗車。
その名はダスティー。

いや、リボルバーが、
車種名か。

せっかく塚本氏自ら運んできて頂いた一台ですし、
何せ名前がDusteeって事で、遠慮無く埃塗れにしてやりました。


乗った感じとしては・・・って自分は乗り手としてはクサレライダーなので、
あくまで戯言でしかない、という前提なのですが、幾つか並べて行きますので、
もし、Dusteeが気になる人は、参考の参考の参考にして下さい。

まず、とてもニュートラル
これは乗る前から、先に乗っていた南区の某DHショップのマスターの感想そのまんま。
完成車に有り勝ちな、妙な違和感と言うか、借り物感が無く、
いきなりマイマシンの様に、普通にインナーでウリウリ上れて、
思ったまんまに曲がれる。コレはコレで気持ち悪い。

次に、軽いとは言わないが、重さを感じる事も無い。
コレはスペックの勝利でしょうね。
中途半端に足を引っ張るパーツが無いので、コレもやはり「普通」。

あと、フォークは130mm固定でOK
昔ながらのイメージで行くと、130mmストロークって、
結構、ボカーン!って感じのサスペンションと捉えてしまうのですが、
130mmで乗った時が一番自然で、フラットダートで乗っても、100mm位に乗ってる感じ。
クロカンのサスも100mmが普通になっている今だから、
裏山が130mm基準でも、そんなにおかしくないのかも。

反対に、U-Turnグリグリ回して、短くすればする程、
何だか変な感じ。BBが凄く低く設定されているからなのでしょうかね。
U-Turnは、シュチュエーションに合わせて回すと言うより、
アプローチではフォークを短くしてハンドル位置を下げ、
モーションコントロールでロックアウトして地味に上る。
で、ダートに入る前に、またグリグリ回し、130mmでバカバカ走る。
コレが正解な気がします。

最期に、Mサイズのトップ580mmは恐れる事なかれ
寸法表を見ると、Mサイズは水平換算で「トップ580mm」とありますが、
実際に乗った感じとしては、大体トップ565~570位のイメージで、クイッククイックです。
コレはフォークの長さから来るモノなのでしょうが、
130mmでもヘッドが寝ないので、パタンと行く事は無く、
ゆっくりでも飛ばしても、気持ち良く曲がれます。

反対に、トップ580mmを期待して選ぶとスカされるかも。
適応身長っていうと語弊が有るかもしれませんが、
Mサイズで170~178位の間かな、という感じがしました。



総合的に言えば、有りそうで無い、アリガタ系オールマウンテンハードテール。
フォーク130mmでも、BBハイトが低いので、比較的足も着き易く、
狭いシングルトラックをチョコマカ行くのに重宝します、

BBハイトの低さの恩恵から、Sサイズなら身長160cmくらいの人が乗っても、
振り回される事無く、クイクイ乗れて、「MTBなんて怖くてシンドいだけで、もう乗りたくない!」
そんな意見を聞く事も少なくなるかと思います。



来週の金曜日まで、(Mサイズだけですが・・・)お借りした試乗車が店頭に有ります。
店の前を乗るだけでも、上記の話が出鱈目では無い事を感じて頂けると思いますので、
「山を普通に走りたいんだ!」という人は、この機会に是非乗ってみて下さい。

って、まず洗車して、綺麗にしなければ!借り物やしね。
by kaleidocycle | 2009-10-25 22:22 | 商品

Dustee。

昨晩。
天気予報を睨み、「明日の空の如何なる事か・・・」等とUNITさんと検討した結果!
明日予定していた「カライディングユニット」の延期を決定。

しかし、日が変わった今朝、改めて天気予報を確認すると降水確率10%・・・。
何だかなぁ。
楽しみにしてくれていた参加者の皆さんにも残念な事だし、
昼飯を大量に用意してくれていたシェフにも申し訳無いし、
それに、せっかくDusteeの試乗車も借りて用意してたのに。



そんな訳で、カライディングユニットは順延となり、
明日は空井戸営業と相成るのです、が!

Dustee、ご存知ですか?
c0189724_19482168.jpg
正しくは「DusteeBicycles」 。通称「ツカちゃんバイク」
DHライダーの塚本岳さんのオリジナルブランド。
雑誌の誌面上とかでは結構見るのですが、現物にお目にかかる事は中々無い、
だけでなく、Webで検索しても全然引っ掛からない、微妙に謎のMTB。



ただ、前述した通り、情報が全然出て無い様なので、
此処で少しご紹介させて頂きましょう!
c0189724_2032398.jpg
フォークは、
ロックショックスの
リーコンなのですが、
U-Turn様のお陰で、
ストロークが85~130まで、
任意に可変。

使用環境に、
有る程度合わせる事が可能。

ロックアウトも可能な、
モーションコントロールも装備。


c0189724_203444.jpg
コンポは基本的にフルSLX。

ブレーキもSLX。
ディレーラもSLX。
ハブもSLX。

クランクだけ、
c0189724_2041465.jpg



スタイロ。

ペダルも付いてくる。

c0189724_2043911.jpg

サドルはTIOGA、マルチコントロールS。
チタンレールが嬉しいですな。


エンドはこんな感じ。
c0189724_2053996.jpg




エンドとディスク台座が一体なので、
「ブレーキが明後日の方向く」
なんて事も無縁です。



そんなこんなで、そうさコイツが「Dusteeリボルバー」。
c0189724_206096.jpg

此処までやって¥190,000。高いか?安いか?それはあなた次第。

日本の狭いトレールをメインに「一台で」こなす事を考えた時、
どんな自転車が適当なのか?
時に、ロングダートを漕ぎ続けたい。
時に、ダウンヒルコースにも飛び込みたい。
そして何より、毎日のダートを楽しくチョコマカしたい。

で、何をお勧めできるか?というと、結構悩んでしまい、答が出そうで出ない。
そんな状況を打開する為なのか、違うのか、よく分かりませんが、
コレは一つの確実な答として、突如眼前に現れたんですな。


このDusteeの試乗車は、来週末まで店頭に有りますので、
興味の有る方には、是非ご覧頂き、跨って頂きたい、と同時に、
まずは己がド素人インプレを兼ねて、明日の午前は山へ行って来ます。

なので、明日は開店が少し遅れるかも知れませんのでご注意下さい!
by kaleidocycle | 2009-10-24 22:32 | 商品

後の祭りの後。

昨晩、やっと形になった「EBS フロートロード」
c0189724_20424950.jpg
「速く走る為に出来る事を全て!」
と言う感じでもない、地上1mを滑空するマシーン。

自分の中で、ロードバイクと言うのは、
映画「紅の豚」の中に出て来る飛行機のイメージが強く、
速くある事が重要なのは勿論ですが、それと同じ位重要な「必須要素」が幾つか有り、
その必須要素を突っ込んで形になったのが此方。大満足。

自転車に慣れ親しんだ自転車屋のくせに、如何にもときめいてしまって、
朝、のんびり寝ていられる様な具合ではなくて、
まして天気が良いなら、走りに行かない理由は無いって事で、
チョロチョロと様子見がてら出掛けた今朝。



近場の峠の取っ掛かりに看板が。
c0189724_21115655.jpg
丁度昨晩は、
鞍馬の火祭りだったらしい。


看板にもある通り、
火祭りの日は、
車の通行規制がかかります。

あの狭い鞍馬の道ですから、
当たり前なんですけどね。


なので普通、火祭りには叡山電鉄鞍馬線という、
渋味の効いた電車で行くのですが、危険な程混み合います。

そんな時は、やはりと言うか何と言うか、自転車がとても便利。
鞍馬寺の少し手前に臨時駐輪場が出来、
そこに自転車停めて、歩いて行けば、スイスイと行けるって寸法。



当然、今朝は既に祭の後で、観光客は誰も居らず、
静かな朝なのですが、鞍馬寺周辺に行くと、
c0189724_21122012.jpg
地元住民の方々が、「お疲れ様でした」と声を掛け合いながら、
祭の後片付けをしていました。



道の上は、黒く焦げたた跡が其処彼処に。
c0189724_21124357.jpg


煙の匂いと、
ほんのり酒の匂いと、
そして舞い立つ埃とが、
いつもとは違う鞍馬の顔を覗かせる

走れば走る程に、
埃が目に入り、
視界が涙でソフトフォーカス。


何だか、遠くへ来たみたい。
鞍馬じゃぁないみたい。

と言うより、これこそが鞍馬、
きっとそうなんではないか。



道の端々では、燃え残りの火がいこって居り、
お神酒の入った大きな樽を仕舞う人や、燃えカスを豪快に川に蹴り込む人、
疲れたのか、焚き火を見つめて座り休む人などが、
祭が静かに着地して行く様を示していました。

そしてその横を、無音のまま自転車で滑空し、今から始まる日常へ帰って行く自分。
自転車とは、距離の存在を明確に確認させてくれるナイスな道具です。


ただでさえナイスな自転車、その中のこのフロートロード、ナイスを超えて素晴らしいです。
Wレバーも簡単に操作出来る安定したハンドリング、見た目よりも芯のあるリアバック、
そしてアレやコレや何やかんやで、時間が有ると、つい見つめている自分が居るのです。
久し振りのときめきが止まらず、少し困ってしまいます。
by kaleidocycle | 2009-10-23 22:09 | 無駄

ペダル地獄。

自宅のパソコンが、パソコンとしての能力を発揮しなくなりました。

突如始まったパソコンの無い生活。
細々した仕事の続きが自宅で出来ない。日記も書けない。世間の動向にも疎くなる。
けれど、慣れれば結構それはそれ。快適でもあります。
c0189724_22131970.jpg
早寝早起きの結果、カメムシ探しの旅に出る余裕も生まれましたし。


と、こんな事を人様にアッピールしている場合では無くて、
店頭の動向を皆様にお伝えするが故の監視カメラです。

ここ数日で「おぉ」と思った事は、まず、
c0189724_22195710.jpg


突如登場、
EBSのオリジナルエンド。

スロットちょい長めの、
ハンガー付き正爪形状。


地味なEBSに、
一味加えるこのエンド。
コレを使って、アレして、
コレして、ナニをドウして・・・。

想像膨らむ、強い味方の登場です。




色を流しても良い感じに仕上がりそうですが、
こういう鉄の地ってのは・・・何でこうも雰囲気あるんでしょう。
良いか悪いか、人によって受け取り方は其々でしょうが、
「作った!」という匂いが残って居るのは、個人的に好ましいと感じます。

だから、こういう、
c0189724_22374141.jpg


ペダル一つとっても、
「匂い」を見付けるに、
嬉しくなってしまいます。




ホワイトインダストリーズの「アーバンペダル」。
価格は驚きの¥27,300!ひゃぁ~高級だ~!(コレでも他所様より結構安く出してます・・・)
c0189724_224020100.jpg
高級だ、とても買えない、
いや、買う意味が分からない。

それも当然な意見です。
しかし、最高の自転車を組んだ時、
最期に嵌め込むピースとして、
こういう雰囲気のあるペダルが、
世の中に幾つ選択肢としてあるのか?

素材が高い、レアだから高い、
そういう事じゃ無いんです。

削りだされた、ベロの緩やかなアール。
こういう点に・・・ドキっとしてしまうなら、
それが存在価値で、あとは、
対価として納得行くか行かないか。
ただ、納得行こうと行くまいと、存在しなければ評価出来ない。
だから、有る事が有り難い。


左奥に見えるは、現在恐らく最高峰(勝手な判断)のフラットペダル、
プロファイルレーシング ガスペダル。
こちらもたいがい高価な¥18,900。
c0189724_22594828.jpgドンドン薄型化が進む、
フラットペダル。

一度使うと、
以前のペダルには、
中々戻り辛いほど、
薄型の恩恵は大きい。

しかし同時に、
ベアリングの小径化、
乃至はブッシュ化により、
ベアリング寿命は、
短く為らざるを得ない。

だから使い捨てる。
それで良いのか?
良く無いわい!

気に入ったなら、
とことん延命、これ当然。

だから、こんな高級ペダルには、使い勝手が良い・格好が良い、それ以外に、
リペアパーツを用意している、つまり「永く使うやろ?」という前提が有る、
それもまた性能の一つ。

上の画像の、ペダル軸とプレートの間の、
銀色のカラーが、テーパー状になっているのが分かりますか?
薄型ペダルを使った人なら誰でも分かる、「あっ!」という工夫です。

痒い所に手が届く、いや、届かせてくれるか如何かの価値は、
簡単に目に見える所や、重さや価格やブランドネームだけでは、
中々はかれないかもしれない、そう思わすポイントです。



そう、良いと言うのは一つの基準では無く、
「何処から見て」という視点無くして、生まれ得ない。
だから、薄型礼賛の流れの中でさえ、
c0189724_2319635.jpg
ここまで分厚い、
こんなペダルでも、
存在感は消える事は無い。


説明の必要も無い、
高級ペダルのアイコン
「クルッピ ラウンドペダル」
¥19,740

凄いペダルと言えば、
自分の中ではコレでした。


高性能を求めるなら、形は変わって行くのでしょうが、
「此処で良い」と、己の立ち位置を見つけた物の、
普遍的な美しさと言うのが、此処には確かにあります。



けっして高級ペダルを礼賛したい訳では有りません。
安くて、自分の「希望に副う」なら其れにこした事はありませんしね。

ただ、高いから駄目だという問題でも、反対に、高いから良いと言う問題でも無く、
一番大事な、己の「希望に副うのか?」その事が第一なのが、
「趣味」って奴だと思いますので、こういう選択肢が有る事は、
こんな駄文を最期まで目を通す程に自転車に関心の有るアナタにとって、
きっと良い事だ、そう思うのです。
by kaleidocycle | 2009-10-22 23:35 | 商品

相応。

朝、食卓にのぼった、新しいケチャップ。
c0189724_19172261.jpg


工夫が施された出口により、
尻垂れしない、という事で、
それは非常に有り難い事です。

その代わりと言うか何と言うか、
出方が・・・とても唐突で、
朝からテーブルはケチャップまみれ。

その後、何度試してみても、
レース用かと思うようなピーキーさに、
完敗でありました。




きっと、使いこなす人は綺麗に便利に使いこなすのでしょう。
でも、どんくさい自分には、どうも無理な様で、
このケチャップが無くなるまでには、少しは使いこなせる様になるのかしらん?
と、便利さの分不相応加減に遠い目をしてしまった今朝でした。
by kaleidocycle | 2009-10-19 21:50 | 商品

Kariding Unit。

今年の8月末、「UNIT」というお店がオープンしました。
独りでやっている、地味な服屋さんです。
地味と言えば聞こえは悪いかもしれませんが、
言い換えれば「真摯」です。
c0189724_1942562.gif

マスターの彼はMTBが好きです。
「自転車」が好きなのではなく、「MTB」という所がミソですね。

彼とはいつ以来の付き合いでしょう、
良く覚えていませんが、数えてみると、結構な年数になりそうで、
我々をその間繋ぎ止めたのは、やはりMTBと、
そして互いの、己が商いに対する「地味さ加減」だったのでは無いかと思います。



そんな彼と、今度、催事をしようという事になりました。
MTBの「正しい遊び方」と言うより、自分なりの、また彼なりの遊び方を提示する事により、
「皆さん其々なり」のMTB遊び方を見つけて貰う切欠になって欲しい、
そんな風に思って組んだ、今回の「ユニット」です。

このユニットは、UNITさんと空井戸と、そして参加者の皆さんとで構成されます。
もし何かピンと来るものがあれば、是非一度UNITさんか空井戸まで足を運んでみて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。UNITの一部たる皆さん、UNITの一部です。
MTB好きですか?私は好きです。


(朝、近所の山へ走りに行く)のは毎度の事。
少し趣向を変え、皆で山へ行き丸1日走ってみませんか?
・・・・大丈夫!そんなにメチャクチャ遠い場所へ行くという訳では無いのです。
でも、「山」と言うからには上りですから、少し頑張らなければ行き着けませんよね。
その代わり、自分達以外誰も居ない山の中ってのはとても気持ちが良いモンです。

だからほんの少し頑張って山の上へ行き着いたなら、
遠く眺望を眺め・火を熾し・昼飯でも食べて、
山の中をウロウロ散策でもして、なんてのはいかがでしょうか?

秋が来た事と、MTBが面白いって事を、体で感じよう、そう言う事です。



【開催日】
2009年10月25日(日)
【開催場所】
京都市左京区奥(出町柳より約20km)
【所要時間】
朝~日暮れ頃
【参加者応募提示項目】
MTBに乗れる!・頑張る気力と体力がある!・1日に50kmを(多分)走れる!
【集合場所】
UNIT(二条木屋町交差点の交番の向かい)
【参加費】
¥1000‐(昼飯・飲み物などを山の上で御用意します!)



準備の関係上、参加は事前受付のみでお願いします。当日参加は出来ません。
参加頂ける方は(20)日までに、
UNIT:075-241-2832 unit.kyoto@gmail.com
空井戸サイクル:075-755-6627 info@kaleidocycle.jp
の、何れかへお申し込み下さい!

天高く馬肥ゆる秋の一日、落ち葉を踏み締め山の中へ!
by kaleidocycle | 2009-10-17 21:22 | 駄情報

塩梅。

皆さん、散髪に行きますか?
自分は、以前はスキカルで丸刈りorモヒカンが定番だったのですが、
ここ一年ほど伸びっぱなしで、最近如何して良いのか分からなくなって来ました。

だもんで、被り物を欲する気持ちが世間平均よりも高いと思われるのですが、
その自分を救ってくれるであろうブツが、コレ。
c0189724_21285966.jpg

CCP ウーリーキャスケット
紅・オリーブ・灰 各¥6,300

ツバが短いからでしょうか?
キャスケットなのに、
微妙にサイクル風味。
下ハン握っても前が見えます。



因みにワタクシ、
オートバイのヘルメットは、
ショウエイでXLという、
俗に言う「デカアタマ」、
略してデカマなのですが、
それでもこうして被れるのは、
CCPさんのお陰です。

で、モデルに不満を持ち、後ろが気になるアナタ、死罪です。
しかし、良いセンサーしてますね、とも言えます。
そう、この後ろにチラと見えるは、
c0189724_21294346.jpg
今秋の新商品!
Nari/furi ウラケフルジップパーカー
¥18,900

ただのパーカーに見える。
しかし、さに在らず!


ポケットの位置が、
以前ご紹介した、
ドットベストと同じく、
前にも後ろにも奥行きが有る、
とかそんなギミックは当然として、






c0189724_21302265.jpg



「ウラケ」と言うからには、
裏は起毛で、ムクムク。
そして、厚みが結構あり、
ボリューム満点なので、
パーカーと言えど、
インナーでは無いのですね。


インナーでは無い、
けどアウターとも言えない。
これぞ正に「あいもの」。



室内はシャツでOKなこの時期。
出かける際にバっと羽織って、冷たい風の中を走る。
勿論、走り始めは寒いから、この様に、
c0189724_21304466.jpg
首元にスナップが。
しかも二つも!

コレを閉めて、顎を隠し、
寒さを睨みながら漕ぐ、漕ぐ。

漕ぐ内に体は発熱し、
適温になり、やがて適温を越えたなら、
スナップを解き、そしてジップを下げ、
胸元に冷風を送りこみ、
適温に保つ。


中間管理職的存在故のこの塩梅。
誰にでも有り難い訳では無かろうけど、
「あ!」と思う人には強い味方に。

決して安価な商品では有りませんから、「誰にでもお勧め」って訳には行きません。
でも、必要な人にはこの仕上げ・この存在が、無二の一着になるかもしれないし、
そうであって欲しいと思い、並べているのですね。

そんなNari/furi、京都でのお届けは、当空井戸サイクルと、
木屋町二条UNITさんからとなります。

で、UNITさんって何なの?というアナタ。
気になるなら、是非一度木屋町二条周辺を散歩がてら散策してみるのも良いですし、
若しくは、今月25日の・・・いや、コレはまた改めて明日にでも。
by kaleidocycle | 2009-10-16 22:21 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧