井戸端監視カメラ



<   2009年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧


祭。

鉾が建ちはじめました。
京都の祭と言えば!の祇園祭が徐々にテンポ上げて来てます。

しかし、街中に出ない自分にはあまり影響も無いのが寂しい所です・・・。
そんな事よりも個人的に重要なのは、
c0189724_0591890.jpg
明日から始まる、
メッセンジャー風の配達員デザイン、
Tシャツ展。
【M・T】
明日11日からの展示に備え、
七人の侍モドキが、其々ブツを搬入。

これから始まる【M・T】は、
売れる割合を競う、一種のレースです。

売れた奴は、売上の小銭握り締め、
CMWC行こうが、バンキン行こうが、
ツーリング行こうが、日食見に行こうが、
家で宅配ピザLL喰おうが自由。

売れなかった奴は・・・、
自分オリジナルTシャツと、
敗北感に囲まれ、
自宅待機の夏をお勧めされる。

勿論、「負けるのは嫌!」だから、其々の勝つ為の一手を出して来ています。
c0189724_0593442.jpg


チープ感&ダメ感溢れています。
バカバカしくて、足り無すぎて、
そこらが何故か野生を感じさせて、
とてもバランスが悪い、凄くパンクです。

「製品」では有り得無い、
これ等の未完成度は、
カセットテープで売られていた、
随分前に聞いた音楽に、
似ている気がして、
何やら嬉しいです。
by kaleidocycle | 2009-07-11 01:41 | 商品

馬子にも衣装的盲目。

「人は、不老不死になったら何歳まで生きる事を選ぶんやろうか。」
等と言うのは、考えても如何しようも無い事の代表例です。
そんな事考えている位なら、手を動かすべきです自転車屋。

ブレーキ取り付け穴がナメてしまったRockShoxのSID32。
レッグを交換するとなると、結構な出費なので、修理です。
c0189724_2333233.jpg







バカになったネジを、
ドリルで飛ばします。
ツルリとした御穴。

後戻り出来なくなった感じが、
ゾクゾクします。







コレをチュルチュルっとタップ立てて、
立ったネジにクリクリっとヘリサート入れて、
c0189724_022420.jpg










はい復活。









コレが、サスペンションフォークを扱う人間として、
正しい対応だったかは未確認です。
安全・確実の為には、レッグ交換すべきだったかもしれません。

ただまぁ、使えるモノが使えなくなるのは悲しい事なので、
修理と言う名の下、
「使える様になれ~」と念注入行為をしてみた訳です。



山の中で、たまに20年位前の空き缶を発見する事があります。
その様に、モノが使い物にはならなくなる事と、
モノ自体が消えてなくなる事には、大きな隔たりがある様です。

モノが道具であるか、モノでしかないかは、
「用をなすか?」その如何に因るのでしょう。



「頑張れよ~頑張れよ~」と日頃から酷使する反面、
「ご苦労様~」と、リフレッシュしてやりたくなる。
c0189724_022614.jpg
気付けば7年目。
腐れ縁の1x1。

似合うか?
似合わんだろう。
と、考えながらも。

クタクタのクランクと
入れ替えられた、
ホワイトの新製品、
「バッシュガード」




c0189724_0203723.jpg
何と、このバッシュガード、
ギアとバッシュガードと、
スパイダーが全て一体。

こんなバッシュガードで、
倒木乗り上げようもんなら・・・。
ガードにチェーン噛み込んで、
山から下りれなくなるかもしれんけど、
そもそもそんな人は選ばないホワイト。

自己満足で充分ですよ。
勿論、高性能も欲しいですけどね。
「自己満足性能」が高いから、
それで良いのです。






素敵クランク入れたからと言って、性能的に何が変わった訳では無いです。
ただ、「ちょっと乗りたい」と思う気持ちは、以前よりも強くなります。

この1x1の最期はどんな風なのでしょう?
車と当たってボキリ、か。
それとも、有る日突然知らぬ誰かが乗って行くのか。
いやいや、金に困って鉄屑屋に持ち込むのか。

そのどれか、それ以外かは知りませんが、
取り合えず、
「飽きて乗らなくなって、どうなったか・・・」
と言うのは、最下位に近い答なので、
そうならぬ様に、バチの当たらぬ範囲で、
たまに紅を注してやろうと思います。
c0189724_023215.jpg


これからも、

どんな自転車よりも、

夜の御所の砂利道を、

走り抜けるのを楽しくさせる、

最高の道具であり続けて欲しいです。
by kaleidocycle | 2009-07-10 11:22 | 無駄

七夕。

「七夕に」の約束違わず、
Resistant、届きました。
c0189724_2149542.jpg



(奥右)
・バックパック M
(奥左)
・オールドスクール


(手前左右)
・ハイスクール




c0189724_21492648.jpg



此方は奥から、
・ロウスクール

一つ手前が、
・ヒップハンガー

も一つ手前、
・トレジャーハンター

一番手前に、
・セルフォンケース






此処暫く、店から姿を消していたResistant。
一気に増えたその様は
大家族ドキュメンタリーを見ている様です。
by kaleidocycle | 2009-07-08 23:16 | 商品

無茶苦茶。

来る8日(水)は臨時休業させて頂きます。
代わりに、10日(金)営業致します。

週末から風のTシャツ展が始まりますし、
明日には、七夕の約束のブツが届くし、
ホワイトインダストリーズの部品も無事国内に入ったらしいしで、
ハッキリしない天気とは関係無く、ドタバタな週末になりそうです。
by kaleidocycle | 2009-07-06 21:50 | 臨時営業・休業

幸雨。

c0189724_2040508.jpg
午後、雷の号砲を合図に、
夕立ちらしい夕立ちが。

見上げる空には晴れ間覗く。
おそらく、すぐそこに、
降らない場所も有るだろうに。
此処は大雨。

ラッキー&アンラッキーか。

いや、空をよくよく見てみると。
あの空の色は灰色か?
それとも青色なのか?

それさえロクに判別つきやしねぇ。
ならば何がラッキーで、
何がアンラッキーだってんだ。

平等というのは、手を繋ぐ事では無く、
きっとこういう事なんでしょうよ。
by kaleidocycle | 2009-07-06 21:44 | 無駄

何が故に、誰が為に。

ツールドフランスが始まった今日。
思い付きを形にすべく、水面下で進められて来たイベントの案内が、
遂に完成したという事で、メールで送られて来ました。
c0189724_19113516.jpg
【メッセンジャーTシャツコレクション09】



その内容とは、
・京都メッセンジャー風に所属する、
・メッセンジャーの面子が、
・其々デザインしたTシャツを、
・7/11~7/26の期間、
・京都市内4箇所で、
・一挙公開&販売しよう、
そんな企画。


なのですが・・・





コレクション!とか09!とかって「いかにも」な掛け声かけて、
最高のオシャレ見せてやる!とか、そんな事では全くありません。
じゃぁ何なんだ、と言いますと。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


メッセンジャーという食い扶持確保の仕方が有るのは、
世間的に随分認知されたと思うのですが、
ただ、佐川・クロネコ・郵便が自転車での配送業務を始めた今、
「何が違うの?」「何故メッセンジャーなの?」
そんな疑問に一言で答えるのは、中々に困難そうです。

勿論、「単純にカッコつけてんでしょう」とか、
「自転車に乗って飯食える事に無上の喜びを感じてるんじゃないの?」、
等など、簡単に思い付きそうな答もありますし、
それで正解のメッセンジャーも居るでしょう。
しかし、それで全てが説明できる訳ではけっして無く、
其々、色々な想いでメッセンジャーをしており、
そこには中々に面白い人生模様が浮かび上がって来るのです。



なので今回、Tシャツと言う誰もが着る機会の有る、
貴賤の無い不思議な媒体を通し、
京都と言う、この中途半端な都市で自転車便をする、
メッセンジャー個々の人物像を、何となく、感じ取って頂き、
「ふ~ん」とか「おおぉっ!」とか「へぇぇ」なんて楽しんで頂ければ、
そんな風に思うのですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今夏、東京ではメッセンジャーの世界一を決める、「天下一武道会」、
ではなく、「サイクルメッセンジャーズワールドカップ CMWC」
と言うイベントが行われます。
日を前後して石川県では、誰でも出れるトラックレース「bang-king」が。
何より京都では、メッセンジャーの自己完結イベント「京都LOCO」が!
こんなに加熱する年は今後来ない、と言っても過言ではない様なえらい年なのです。

裕福とは程遠い京都メッセンジャーも、今年の夏は逃せない夏。
ドキドキして、もうジッとしてらんなくて、
何かしたいからやってしまうのが、今回の【メッセンジャーTシャツコレクション09】。



売上利益は、デザインした本人の遠征費用に充てられます。
当然、売れなければ自分オリジナルTシャツの山を抱えてお留守番。
なので、其々頭抱えて考え込んで、勝負掛けたデザインを出して来ます。
それがどんなのか・・・興味ないですか?

もし興味を持って頂けるなら、来週11日より、
・空井戸サイクル
・トランジスター
・ダーウィン
・チキンノット
という、京都の腐れ中年が其々商う4店にて展示しますので、
是非、ご覧頂くと共に、人は其々思う所有り生きている事、
楽しんで頂けると幸いです。
by kaleidocycle | 2009-07-05 23:02 | 駄情報

キュートなTシャツ、略してQT。

蒸し暑い日々、ダラけた格好でやり過ごす事屡。

昨日は久し振りに、京都の中心部 四条河原町に出向いたのですが、
縫い目解れたTシャツに、薄汚い雪駄ってのは、
如何に楽チンな格好といえど、さすがに人目に触れたくないかなぁ、なんぞと。

思うが故の、夏ラインアップ。
c0189724_14393964.jpg
Nari/furi 七分袖Tシャツ ¥8,925


パッと見コットン風の、
優しい風合いながら、
裏は吸汗速乾ジャージ風生地という、
おいしい所取り的七分丈シャツ。

腰左右にポケット有する有袋類。
モノを入れると、
ダラーンとなりそうですが、
生地自体が、
伸び難い編み方になっているんだとか。


そんな見えない魅力を秘めた一枚。
勿論、見た目も、価格も魅力的。



c0189724_14395638.jpg
Nari/furi Tシャツ ¥6,300


夏、汗だくになるのは自転車の必然。
ただ、他人に見せない様に!
ってなら、まだ何とかする余地が・・・、
あるそうです。

その一例としての此方のTシャツ。

見た目は普通のTシャツですが、
表面に加工が施されている、
汗染みが出難い生地を使用。

Tシャツを着て、自転車で移動して、
そして人と会わなければならない、
そんな瞬間に着て居たくなる、
または着ていて良かったと思わせる。
かもしれない。

c0189724_14401017.jpg

「まだ持ってんの!」と驚かれる、
Nari/furi+Fred perry ポロシャツ 
¥14,700

当然ラスイチなれど、Sというサイズ故、
出会いの無いまま此処に。



そして右、
「何で持ってんの?」と驚かれる、
Nari/furi サイクレアTシャツ
¥7,350

何かが違います。
レッツ間違い探し!




と、この様に。
自転車を快適に乗る為のシャツと言うのは、単一メーカーでさえ色々ある訳ですが、
そんな真面目なシャツ類とは別に、
来週末(11日)から2週間、ちょっとしたTシャツ展を致します。

結構面白い企画になる。
やる側としてはそんな風に思い込んでいるので、
「面白い事ないかなぁ・・・」と、曇天見上げる人は、
ちょっとチェックしといて頂けると幸いです。
by kaleidocycle | 2009-07-03 14:41 | 商品

其々フリー。

梅雨の中休みというのは、こんな日の事なのか。
昨日の豪雨とは打って変わった、気持ちの良い空の青。

丁度届いたNari/furiのTシャツを、写真でも撮ってこましたろうかと、
屋上に上ってみると、そこには、
c0189724_23385282.jpg








ハイチュウの
上の山が
左大文字山だ!




食べかけハイチュウのカス。
ゴミを放置する奴は許さん!と犯人探したろうかと思うけど、
こんな手摺の外に、態々置く奇特な奴は誰かいな?

誰かいな~って、ハイチュウの残骸をよく見ると、
何か穴が開いている。

あ。
カラスや。
カラスが拾って来て、食べようと思ったけど、
思う様に喰えずに、諦めたに違いない。
カラスってハイチュウもいけるクチなんやね。



カラスとハイチュウって、思いも寄らぬ組み合わせ。
そういや、今朝、スズメとトノサマガエルが格闘しているのを見た。
スズメがカエル喰うか?喰わんやろう。
きっと何か事情があったに違いない。
そんな不自然さを感じる、思いも寄らぬ組み合わせ。



「普通は」という表現は、
科学と同じで何処まで行っても確実性など無く、
あくまで「統計上確率の際立って高い」という次元止まり。

だから「普通じゃない」ってのは、
褒め言葉でも貶す言葉でもなく、ただ、低い確率が当たったね、
それだけの表現。
そこには、外からは見えない何か其々の事情と言うのがあるのかもしれない。



自分が今日、
c0189724_004180.jpg















この様に、無理矢理自転車と自転車を繋ぎ合わせて走るのも、
同様に深い事情から発生した行動であり、
人様に説明するほど大した事でも無いという事実からも、
やはり世間とは理解し合うよりも放っておき合う方が正しいのだと身に沁みるのです。
by kaleidocycle | 2009-07-03 00:12 | 無駄


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧