井戸端監視カメラ



カテゴリ:セール( 69 )


縁とは来なモノ味なモノ。

c0189724_203693.jpg

昨日の休み、新年の挨拶とばかり、
チョロっと某所へ顔を出して来たのですが、
そこで妙なお話を預かって参りまして。

それは何かと申しますと?
チタンフレームの委託販売。
当たり前ですか新品未使用です。

c0189724_20364783.jpg
製作は大阪のチタンメーカー「TIG」さん。

チタンフレームとしては珍しいなぁ、
と思うのはWレバー台座がある事と、
ヘッドが1インチである事。


クイルステム&Wレバーで決めるもよし、
アヘッド&デュラコンで決めるもよし。

そんなチョッと余裕のある息の長い立ち居地は、
チタンと言う素材と相性よさげですな。

c0189724_20373459.jpg

超有名ブランド、とは言えぬまでも。

国産チタンメーカーとしては、
恐らく最もメジャーなTIG製という事で、
あらゆる箇所の造形・仕上がりは、
地味に納得の行くレベル。


c0189724_20374223.jpg
チタンで怖い焼け付きへの対処として、
BBシェルにはアルミスリーブが入っていたり、
チタンオーソリティーとしての優しさ搭載。

ん~、チョッと欲しくなっちゃいますなぁ。
サイズが合うならねぇ・・・。


幸か不幸かサイズが小さいんですよ、
仮想トップが515~520くらいなので、
ザっと身長165~170cm位のイメージですかね。

提示された価格は¥130,000で、お好きな色での塗装(単色)込み。

知人からの委託ゆえに弊店取り分はジャスト¥0ですので、
ご縁を感じた方は御検討頂けます様お願いします、そして・・・。

もしお買い上げの際は弊店でも何か買ってね!
by kaleidocycle | 2014-01-11 21:14 | セール

信心。

ある本の序文にこんなのがありました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
歳をとることは、自分に似合う洋服を知ることだ。

自分に似合う服と、似合わない服との間には、
「似合うけど着たくない服」と、「似合わないけど着たい服」がある。

c0189724_22224123.jpg


親や教師や上司に注意されたり、
好きな相手にバカにされたりしていくうちに、
人は自分に一番似合う服を見つけていく。



ただし、それがいちばん着たい服とはかぎらない。
いちばん当たり障りなくて、つまりいちばんラクな服。


ほんとはなにをいちばん着たかったのか、もう思い出せなくなったころ、
″自然な着こなし”というやつが身についてくるのだろう。

自分のタマシイが、「まわりが君に来て欲しい服」のかたちに固まっちゃったってことだ、
それは。

c0189724_22232673.jpg

「似合わないよ、それ!」とみんなに笑われて、
でも大好きな服だから、いつまでたっても、
いくつになっても着つづけている人たち・・・・・



c0189724_2223147.jpg

40代のゴスロリ少女や、
60代の長髪ロックじじいや、
そのほかたくさんの、
”いい歳して、まわりが見えてない”人たち。

そういうふうに(何か)とつきあえたらと、
いつも思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と、こんな感じ。
良い表現だなぁと感心しながらも、「個性派万歳!」と素直に諸手をあげれず、
「そもそも主観って何なのさ?」という思いが先に立つ自分に対し。

そんな細かい事で足踏みする事無く、強烈な主観でグイグイ進むのが、
「SunriseCycles」
c0189724_1336162.jpg


c0189724_22225927.jpg
店頭に吊ってあるサンライズのサンプルを見て、
誰もがその造形と存在の独自性に驚くも、
真正面からハート打ち抜かれる人は稀。

代わりに、打ち抜かれた人は膝を折る。


誰も彼もが最高!と言わなくとも、
跨っている自分が最高!と思えれば良い。

いや、思える事が全てであるとするなら、
サンライズは模範解答たり得るのでしょうな。

c0189724_22233790.jpg
そんな主観チャクラ全開のサンライズが、
開催中のEBSセールへ殴りこみ参戦という事で、
ロードフレームが一本届いてます。


彼の考えるロングライドロードと言う事で、
汎用性を持たせながらも、
よく見れば見る程・・・主張が溢れ出す一本。

通常、フレーム&フォークで¥18万オーバー、
納期半年程度が必要なのですが、
この一本のみ特価!しかも即納・・・。

トップ水平換算約530mmに適合するアナタは結構ラッキー。
価格と各部の仕様は店頭でご確認あれ。            後日記:売約済!

c0189724_22234521.jpg
本当にサンライズに興味がある人は、
東京で直接相談するのが一番ですが、
京都でもチラっとお見せは出来ます。

自分が企画の一部を担当している、
650Bの試作車なんてのも、
密かに届いていたりするので、
暫く乗り込んで精査しながら。

乗られるユーザーさんが信じるに値する所を目指し、ウゴウゴ蠢きながら進んで行くのです。
by kaleidocycle | 2013-12-10 15:55 | セール

EBSセール、迫る。

先日予告しておりましたEBSのセールが今週金曜に迫ってまいりましたので、
そろそろキチンと案内させて頂こうかと。
c0189724_17464978.jpg
1、セールに出されるモノは基本的に、
  「旧品」や「いわく付き」のモノとなります!

2、また一部を除き未塗装の状態での販売になり、
  塗装はご希望に応じて別途必要となります!

3、当然早い者勝ち!取り置きは一切無し!

4、故に完成さす為の構成部品を選んで、
  見積もりして練り直して~、
  と、やってると手からスルリと逃げる危険あり。


あと今回の企画はEBSが行うストック品放出セールであり、
弊店は皆様に商品をご確認頂く場所をご用意するのみで御座いましてですね、
お渡しするのお御代頂くのもあくまで代理(弊店は1円の利益もねぇです!)なので・・・。

5、当日のお支払は現金一括のみ!



つまり「勝敗は試合が始まる前の準備で決まる」という事ですね~。
ん?チョッと違うか?ま、そんな事は如何でも良いとして。
エントリーナンバー4番 「ボッカ Mサイズ 完売!
c0189724_17454619.jpg

主に街乗り、時々ツーリング、
たまにはダートも走ってみたい。

自転車屋になって以来、
何度も何度も耳にして来た、
そんな条件を真正面から受け止める、
ワタクシメ渾身の一作、
スーパー何でもマシーン「ボッカ」。

エントリーナンバー5番 「ボッカ Lサイズ」
c0189724_1746669.jpg
そんなボッカ、
エンド形状の変更を予定している為、
MとLを其々放出。

手前味噌ながら濃厚な内容にして、
ただでさえ国産としては破格なのに、
セールでの価格となると・・・。

最強の通勤車両を作るもよし、
フルリジッドMTBを作るもよし。



エントリーナンバー6番 「スタッフ-D Sサイズ」c0189724_17462853.jpg

街中を軽快に駆け抜ける為の、
700cクロスバイク「スタッフ」。

ディスクブレーキ仕様ながら、
リアキャリアもフェンダーも、
共に綺麗にセットできるエンドが魅力。

フラットバー前提のジオメトリですが、
短めステム&マウンテンドロップで、
泥臭く仕上げても面白いかと。



エントリーナンバー7番 「ニードル XLサイズ」
c0189724_17464087.jpg

バランスと効率を突き詰めた、
クロスバイクという存在に、
敢えて趣味性を加味したこの一台。

しかもサイズは別注のXLと、
クロスバイクでは選び難いサイズ。

身長180cm越えの方、この機会に。

と、こんな感じが今回の内容。
型落ちと言えば寂しい響きですが、ボッカは旧モデルの方が軽量ですし、
ニードルはシングル化が可能であったりと、新旧の違いと良い悪いは全く関係無し。
c0189724_17452412.jpg
最新型と初期型のビッグダミー2台。

最新の方が良い点も勿論あるけど、
最新型に跨るオーナーは宣う。
「初期型、良いなぁ~・・・」

セールの価格メリットと同時に、
やっぱ旧型が良い!そんな方に、
この機会を生かして頂きたいですな!

価格の方は店頭でご確認頂く事になるのですが、
まぁ・・・「思ったより安くない」という人は殆ど居ないと思いまっせ。
by kaleidocycle | 2013-12-03 23:59 | セール

ウィズ・ラヴ。

こんな寒い日は温い店に篭ってオーバーホール作業が最高だっちゃ!
c0189724_18542299.jpg

バラして~洗って~点検して~、
を繰り返していく中で、
アカン事なってる部分を発見。

コレを発見する為のOHなのですが、
補修部品を調べてみると・・・、
既に入手不可。

丸ごと買っても¥3,000もしないリアハブゆえ、いっそハブ交換してしまいたくなりますが、
ハブ変えるとなるとスポークとホイル組み工賃で一気にコストが上昇してしまうのでバツ。
c0189724_185436100.jpg
そこで打つ手は代替え品の模索。

同じ寸法のモノが手に入らないなら、
使える同様品を間座で調整して、
無理矢理滑り込みセーフ!

では無くて、問題は残ってしまう。
何の問題が有るのか?何でしょう~。

と、問題が残るとは言え取り合えずローコストで延命完了。
ハブ丸ごと変えれば良いじゃない、いやいやいっそ乗り換えれば良いじゃない、
そんなドライな効率主義を離れて頂くオーバーホールの依頼ですから、
此方もそれに応えたくなるのが人情ってモンです。



さぁそんな意地でも直して乗りたくなる「愛車感」をお届けする、
京都伏見発サイクルフレーム「EBS」セール、今朝から徐々に準備開始。
セールの日程はまだ先ですが、並べるブツの中から一部をチラッと御紹介。


エントリーナンバー1番  「Trip29 Mサイズ」
c0189724_18552139.jpg

平均的日本人体型でも、
良いポジションが出し易い、
フルリジッド専用設計29er。

今後Tig溶接に移行する予定の為、
ストックの一台を世にリリース。

流麗なフィレットに心揺れる方に。



エントリーナンバー2番  「Float700R」 完売
c0189724_1855388.jpg
初代EBSのアイコン。
通常のMサイズジオメトリよりも、
チョッとだけ大きい試作サイズ。

豪華にフルメッキを施すも、
ヘッドラグに曇りが出た為アウト。

故に塗装は必須なのですが、
チェーンステーにメッキを残すとか、
上手く受け流して遊んで頂きた~い。



エントリーナンバー3番  「ニードル Lサイズ」
c0189724_18555276.jpg
コレは中期モデルの前期?後期?
と迷う様に、EBSで最も多くの、
モデルチェンジを繰り返して来た、
マルチパーパスクロスバイク。

偉大なる某アーティストによる、
ペイントが施された企画展示品。

一応フラットバー前提寸法ですが、
ドロップでシクロ風に組むのもよし。

c0189724_1856450.jpg
と、この様な3台をはじめ、
計8台がセールで放出される予定。


皆「この一台だけ」という理由がありますが、
其々可愛い奴である事には違いありません。


願わくばこの機会にオーナーに巡り会い、
数年後、このOH中のミニベロの様に、
リフレッシュしたくなる程の愛着を感じて頂けん事を。

そんなEBSのセール、期間は来週の6日(金)から14日(土)までで決定です!

価格、条件、そして続くラインナップについてはまた後日って事でオヤスミナサイ。
by kaleidocycle | 2013-11-28 23:33 | セール

心積もり。

タ・タ・タ・タシケテ~!と歯医者にかけ込んだ昨日。
「痛むなら抜いてしまえホトトギス」という事で歯の神経を抜いて貰って、
めでたく無神経野郎へと進化してみました。
c0189724_21302130.jpg

しかし。
「神経を抜く」って聞いた事はあるモノの、
具体的に何をするのかよくわからん。

麻酔が掛かってて何も感じなんだが、
何かゴリゴリ削っていた様な・・・?



教えてグールグル、パチパチパチ、
っと調べてみるとすぐ出来ました。

うわぁ~・・・エグイ。
見なんだらよかった。




と、「見なけりゃ良かった・・・」という事があると同時に、
「見ときゃ良かった!」という事もあり、共に後悔先に立たず。
さぁ!後悔せぬよう見て頂きましょうか!
c0189724_20533278.jpg
日々チョコチョコと進化を続ける、
京都産フレーム「EBS」。

しかしその進化の中で、
取り残された旧仕様品や、
先走った試作品などのストック品を、
チョイと整理整頓すべくですね。
大セールを予定。

c0189724_205193.jpg
前述の通り何かしらの曰く付きが主となりますが、
取り合えず1割引・2割引とかでは無く、
つい絡め取られる危険なレベルになろうかと。


時期は12月の初旬~中旬で調整中で、
予定確定次第ルールも発表致しますが、
基本的には、
・当日現金のみ。
・取り置き、予約は無し。

というストロングスタイル。

どのモデルの、どんな仕様の、どんなサイズが出て来るのか?
それは神のみぞ知る・・・ではなくてEBS工房を整理してからなのですが、
如何に良い出会いがあろうとも、先立つモノが無ければ悔し涙を飲むのみ・・・。

懐の具合を確認しつつ続報を待つべし!
by kaleidocycle | 2013-11-26 23:59 | セール

キッチリパニア。

先日、タイヤに草を詰められるという訳の分からん事態に遭遇し、
タイヤが昇天、そして不動と化していたパイク号。
c0189724_1715512.jpg

無事新タイヤが届いた事で本日復活。

「あって当たり前」と思っていた、
オールテレーン何でも来いマシーンが、
無い毎日というのは思いのほか辛かった・・・。


ま、5日間だけですけどね、
北方面では路面が凍結している所も現れ始めた、
そんな今はやっぱコイツでしょう!てなモンで。

c0189724_16285894.jpg


某尾根道は中々の積雪で、
ふんわりさくさく、愉快な塩梅。

しかし、これ以上積もると、
進むのも難しくなりそう。

だから!やはり!今走らねば!
と思わずには居れん訳です。


路面が見えんので、
時々「フンガっ!」てなりますが。

先日はトレールで財布を落としたモノの、見事回収出来た自分ですが、
この雪の中で財布を落としてしまうと・・・見つからんでしょうなぁ。

よし!という事で装着してみたのは、蓋がついてて中身が落ちないパニア。
って、パニアは普通蓋ついてますけど。
c0189724_16292765.jpg



取りあえず、ツヴァイのパニア「Zwei Office O20K」です。
横長形状ながら、斜めにセットされる事により、
ペダルを漕いだ際、踵とバッグが接触し難くい状態に。
c0189724_16301763.jpg

取り付け金具はリクセンカウル製で、
キャリアのパイプ径を問わず、
簡単&確実な固定が可能。


この金具自体が、
ボタン一つで取り外し可能ってのは、
中々に珍しい仕組みですな。

c0189724_16305036.jpg
「簡単に外せる」というのは、
「持ち運ぶ為に」という事なので、
ハンドルも勿論ついています。


このZweiはBD-1などでお馴染みの、
ライズ&ミューラー社(r&m)が企画したバッグであり、
商品名が「オフィス」である事からも分かる通り、
旅用パニア!と言うのではなく、
日常生活に即した内容のパニア、
というのが狙いであります。

c0189724_16302825.jpg
なので、キッチリ取り付け走行でき、
外せばキッチリかばんになる、
という内容が練りこまれている訳ですね。


勿論、その条件を叶えるパニアは、
他にも幾つかありますが、
コイツはもう一歩踏み込んでおり。

取り付け用金具サイドのファスナを引っ張ると、
ご覧の様に金具を隠す事が出来ます。

そしてバッグの両脇に隠されたハーネス用ジョイントに、ハーネスをカチンとはめると、
キッチリとしたショルダーバッグとして成立する、と。
c0189724_16311864.jpgc0189724_16312793.jpg


金具を隠すカバーは、金具が背に直接当たらない様にするだけでなく、
パニアについた汚れを背中につけてしまわない様に、という配慮でもあるのです。


c0189724_163206.jpg
サイクリングウェア前提では無く、
普段着やスーツを前提としている、
そんな内容が見えて来ましたね~。

外側に位置するメインコンパートメントは、
開けてみるとご覧の通り、
様々な小物が整理出来る、
ポケットが並んでいます。

c0189724_16322838.jpg
この整理整頓!な感じは、
やはりドイツ人民精神に基くのでしょうか?

その辺はよく分かりませんが、
ポケットの内は起毛になっており、
擦れ傷が入って欲しくないモノへの配慮も。

c0189724_1632454.jpg

整理されたメインに入れたくない、
そんな汚れ物や、ゴチャッとしたモノは、
一番外にあるポケットに。

容量が無さそうに見えますが、
2.0ℓペットボトルが2本、
スッポリ収めてまだ余る位。

c0189724_163331.jpg

更に、裏側にあたるファスナを開くと、
そこにはサブコンパートメントが。

此方はザックリ大物を入れるべく、
大きなポケットがメインとなるのですが、
中央側にラップトップPCケースを装備。

c0189724_16331822.jpg
ただポケットなだけでなく、
緩衝材もキッチリと装備しているので、
自転車の振動でHDをダメにする、
という悲惨な事態も防げる・・・かも。

内側はやはり起毛ですので、
i-padなどのタブレットを入れても、
画面が傷まないので良いのでは、と。

自分はそんなモン持ってないので、
よく分かりませんけど、まぁ。


と、そんなツヴァイのオフィス。
こうして書いてみると滅茶苦茶作り込まれている事がご理解頂ける事でしょう。
よく出来ているはずですよ、何せ定価¥21,000ですから。
c0189724_16333542.jpg


「ん~、良いのは分かるけど¥2万は手が届かんなぁ~」
という方も居られるでしょう、ええそうでしょう。
そこで!数量限定ですが!空井戸特価!

¥21,000が幾らになるのか?幾らになるのでしょう?
半額?馬鹿仰い、もっともっと!3分の1?ワハハハハ、甘いわ甘い!
ズバリ¥X,XXXでのご提案です!
後日記:完売致しました。

普通、¥2万のモノが¥XXになる訳が無いって事は誰でも分かるとは思います。
そう、此方の商品は問屋さんの協力による一発芸です。
なんでそんな事になるかというと・・・そう扱い終了、クローズアウトだから。

¥X,XXXというと、Basilとかの価格ですよ?
Basilがあかんとは言いませんけど、レベルが違い過ぎて比べられんでしょう。
c0189724_16335012.jpg

要らない人は要らないでOKですが、
必要な方は、この機会に是非にとお勧めします。


あと、これからの路面凍結シーズンは、
塩カルがガンガン撒かれていますので、
一発で自転車錆だらけになります。
帰ったらウガイ&手洗い&自転車洗い!

何もかもキッチリでお願い致しますです、はい。
by kaleidocycle | 2012-12-12 18:54 | セール

ブラックセール。

c0189724_17364226.jpg
冷え込み厳しい本日。
バックオーダーだった新商品が届きました。

それはシマノの新型ハブダイナモ「HB-T675」

取りあえず手で持ってクリクリ回してみた所、
ホウホウ、なるほど、こりゃ確かに。

今までのシマノのハブダイナモとは、
抵抗の感じが少し違い、
シュミットとかに近い感じもあり。

c0189724_17365293.jpg
ほんでまぁ何が新しいかと言うと、
最大のポイントはディスク対応である事。

今までにもディスク対応製品(DH-3)はありましたが、
品質が向上した上に価格も3分の2程度の、
¥7,000になった事には価値がある、と。

此方はLXグレードになる訳ですが、追ってXTグレードも登場する予定という事で、
其々黒と銀も選べるので、2013年からはハブダイナモのチョイスもし易くなりますね。

あとは・・・シマノのハブダイナモ用ライトのラインナップが、もう少し充実する事を願います。



と、新商品コンニチハの話の後は、旧商品サヨウナラの話。
先日もご紹介した「シャワーズパス」のジャケット。
そのシャワーズパスの国内扱いが終了する、という事で特価セールに、
そして争いの結果、最速で反応を頂いた方が栄光に輝いた訳ですが。

問屋さんからもう一枚搾り出されて来ました。
c0189724_1737543.jpg


今回はモデル違い、
そして色違い、
更にサイズ違い。


・ShowersPass
 Elite2.0 Sサイズ
 定価¥28,350



c0189724_17371483.jpg

防水を是とするシャワーズパス製品の中でも、
本道と言えるのが、このエリートシリーズ。

エリート2.0は、エリートの2世代目という意味。


タイトなシルエット、腕の長さ、
そして背面の長さが、
本気で漕ぐシーンを彷彿とさせます。

c0189724_17373094.jpg
前回紹介したソフトシェルトレーナは、
ストレッチ性豊かなジャージ風生地でしたが。

このエリートは「防水である事」が第一の、
透湿高防水生地「eVent」素材を採用。

c0189724_17374074.jpg
eVentと言うと、ゴアテックスのライバル、
ってな感じですね。

しかし、ゴアのXCRなどと比べると、
透湿性では上回るというデータが、
比較的一般論として認知されており、
自転車用としては、より適切かと。


素材だけでなくシムテープもガッチリしており、
さすがと言うに十分な仕上がり。

c0189724_1738823.jpg


雨天行を基準に考えている為、
バックポケットも口は開放されておらず、
右エントリーの止水ジッパでアクセス。

c0189724_17384680.jpg
またシャワーズパス他製品と共通で、
脇下には大きなベンチレーターが。
此方も止水ジッパ仕様。

脇から下に向けて開くので、
雨が強い時にも、少しだけ開けてるだけなら、
雨の進入を最小限に抑えながら、
通気が確保できます。

また雨が小降りになれば、
脱ぐ事無く、ジッパを全開にし、
スカッと空気を流す事も出来る、と。

c0189724_1738564.jpg
脇下から入った空気は、
背面のベンチレーターから排出されます。
まぁこんな事は言うまでも無い事ですが。


さぁ本題です!

シャワーズパス、弊店としては最後の絞り汁の、
エリート2.0、黒のSサイズ一枚のみ

定価¥28,350が! ¥X,XXX! 完売!

Goreよりも高価なeVent素材の、ハイエンドサイクリングジャケット、
それをこの価格で手に入れるってなぁ・・・チョイと良い話では無いですか?
まぁサイズが合う人一人だけ、なんですけどね。

さぁ!「俺だ!」と思った人、カモーン! → 完売しました
by kaleidocycle | 2012-12-08 19:05 | セール

ゴールデンセール。

c0189724_1859462.jpg

晴れた!
と思えば時雨れたり・・・。


思う様に洗濯が出来ぬ時期であると同時に、
走りに出た先で降られてしまう時期でも。

ただでさえクソ寒いのに、
濡れてしまう事を考えると・・・ビビりますね。

c0189724_18595722.jpg
そんな今の時期。
欲しくなるのはこんなのではないでしょうか?

・ShowersPass SoftshellTrainer


「シャワーズパス」というブランド名が示す通り、
防水を重んずるサイクリングアパレルメーカー。

そのラインナップの中でも、
伸縮性の高い生地を採用しているのが、
このソフトシェルトレーナー。

c0189724_1904139.jpg

生地は薄く、伸縮性に富み、
手触りはジャージに近い感じなのですが、
糸自体が防水加工されており、
伸びる感覚からは想像出来ない防水性。


また、フィルムも入っていないのに、
防風性もかなり高く、
腕ぐりも広めなので重ね着もし易い。

c0189724_1904968.jpg
止水性が高くて防風性が高いって事は・・・、
蒸れるんじゃない?

という疑問への答えとしてベンチレーション


両脇に大胆に空いたベンチレーションは、
全開にすればスコッと風が抜ける。

そしてジッパは勿論止水ジッパなので、
閉めれば雨をシャットアウト、と。

c0189724_191946.jpg
脇下のベンチから入った風は、
体熱と共にシェル内を上昇し・・・。

そして首後ろにも装備された、
ベンチレーションから排出される!

切り替え部分のシームテープの、
このゴツさが本気感満点です。

さすが、クリスキングの手引きで日本に入って来た防水アパレル、ってだけありますね。

c0189724_1911076.jpg
因みにLサイズを自分が着てこんな感じ。
身長177cm・体重72kg位の人間が着て、
下に裏毛ジャージを着ても窮屈ではありません。

さぁ本題参りましょう!

シャワーズパス、今年で国内の扱いが終了です。
なので、在庫限りのクローズアウトとなったのです!

入手したのはゴールデンのLサイズ一着のみ、
定価¥23,000が! ¥X,XXX! 売約済
コイツは本来自分用に用意したモノです。
しかし自転車屋のオッサンばかりが良いおもいをするのは忍びないので、
ご入用の方が居られれば融通してみようか、という今回。
c0189724_1912954.jpg


期限は一週間、それを過ぎたら自分が持って帰りますので、
こんなのを探していたアナタ、このチャンスにカモーン! →売約済

因みに明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2012-12-04 20:23 | セール

2012年秋のセール 四発目。

c0189724_1752199.jpg
ドッタンバッタン一人相撲、そんな先週。

ご連絡が遅くなりましたが、
EBSのスタッガートミニベロ「リーフ」の、
店頭展示分が塗装完了し、
久しぶりに、実に久しぶりに店頭に。

予価¥15万で来週中の組み上げ予定。

ステップスルーで跨ぎ易く、センタースタンドも装着可能な上、
ハマックスのチャイルドシートもキッチリ取り付け可能。 
なのに趣味性も満載な国産ミニベロ・リーフ、貴方と貴方のご家庭に是非。


と、車両は増えるが店は非常に狭い、そんな弊店。
在庫でギチギチにしても仕方ないし、作ったモノはおいしい内に届けたい。
と言う事で引き続きセールのご案内です。
c0189724_17522022.jpg


c0189724_17523230.jpg
今回は「これぞクロモリトレールバイク!」
On*Oneの456、京都の山仕様です。

オンワンはイギリスのブランドで、
MTB好きな人ならご存知だと思いますが、
日本には代理店が無い為、
一般的にはあまりメジャーでないかもしれません。

しかし特徴的なウィッシュボーンバックや、
彼等なりの好き嫌いを大きく反映させた、
独自のジオメトリは、ある種の定番であったり。

c0189724_17525421.jpg
そんな456ジオメトリのフレームを、
SLXコンポの1x9でセットアップ。

足元は勢いを増す質実ブランド「サンツアー」の、
5インチエアサス「エピコン」の15mmスルー仕様で、
軽量&高剛性という、当然過ぎる要求をクリア。


リムもSunのイコライザー
タイヤは自分の愛用品でもある、
IRCのミブロ&ミトスXCと手抜きは無し。

c0189724_1753476.jpg
トップチューブ長めのフレームに、
短めステムで懐を広く取りながらも、
急な下り時の余裕を確保。

ハンドルはSalsaのBend2Bar。
ステムはKCNCフライライド、
ヘッドはタンゲのラブハニーと、
使える定番パーツをバランス良く配置。

と、ここまでやって今まで¥20万でご案内して来ました。
それでもかなり安いと思うのですが、今回セールという事で思い切って。
・On*One 456空井戸仕様 16インチ 完売!

「京都の山を走る為のクロモリトレールバイクとは?」
という非常によく聞かれる質問への答えとして製作してみた一台。
山を走る事無く、店頭で陽に焼けて行くのは忍びないので、
何方様かコイツに土埃をつけてやって下さいませ。



c0189724_17532666.jpg
ウェアの方もまだ引き出しあります。

コレからの時期も走る人への、
定番ジャージとして此方を。

・CCP さらからホットジャージ
¥18,900 → 完売!

在庫数=完売!





c0189724_1753358.jpgイルカの様に鈍く光る黒いジャージ。

見た通りのフルジップのロングスリーブで、
特に何、という事は無さそうですが。

バックポケットがついております。
しかもスタンダードな3ポケットに加え、
ファスナ付きの小物入れもオマケで一つ。

これは、アウターを着るベースとしては勿論、
コレ一枚で走る際の使い勝手を考えている、
という事ですね~。

c0189724_17534594.jpg
この一枚が使えるポイントは生地にあります。

サラカラホットという東レの素材なのですが、
裏起毛で厚みも有り非常に保温性が高く、
汗をかいた後も表面に残らないので、
汗を感じ難い、と。


吸汗速乾は当然として、
ゴムの様に自由にストレッチしますので、
着る事によるストレスが非常に少ない。

欲しいけれど価格で二の足を踏んでいた、そんな方はこの機会に是非!(ってもSだけですけど)



「朝晩は寒い、けど日中はTシャツ」そんな今あると便利なのが。
c0189724_17541498.jpg

・CCP JK-V011
 ナイロンフリースジャケット


¥26,250 → セール終了!

在庫数=茶 M/Lx各1
      紫 Lx1


c0189724_17545755.jpg
タイトでライダースチックなナイロンジャケットです。

首元が高めなので、ファスナを上げると、
寒い夜風もバッチリシャットアウト、
そして暑ければ、ファスナを下ろしてクールダウン。


首元は人が暑さ寒さを感じるキーポイント、
なので、この首元の高さは実用的であると同時に、
タイトなシルエットと合わせて、
独特な外観を作り出しています。

c0189724_17544337.jpg
そのタイトさを生かせるのも、
表のナイロンが防風を、
裏のフリースが保温をしてくれるから。

Tシャツの上から羽織るだけで温っくぬく、
なので下はTシャツ一枚で充分、
だからシルエットはタイトに収まる、と。


アウターなのに丸洗い出来るのも便利。
丸洗い出来るという事は?
汗をかくまで漕いでも良いって事。

c0189724_17542918.jpg
タイトである事、ベンチレーションがある事、
また袖が長く、先が曲がっている為、
袖からの風の入り込みが少ない事などなど。

自転車に乗る前提での作りになっている訳ですが、
極めつけはやはり「バックポケット」

バックポケットが無ければいけない、
なんて事がある訳も無いのですが、
一度バックポケットの便利さに慣れてしまうと、
「何でバックポケット無いの?」となりますしね
c0189724_17551453.jpg

フードの中もフリース張りなので、
被れば上半身パーフェクトぬくぬく。


首の後ろに穴が開いているので、
少し風を流してベンチレーションしても良いし、
スピンドルを絞ってもよし、と。

髪の毛の長くて、普通のフードは被り難い、
そんな人は、毛を括ってこの穴からペロンとな。

そんな一枚、寒がりな貴方に。


本日は以上、そして明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2012-10-09 20:24 | セール

2012年秋のセール 三発目。

一昨日の休みも潰し、昨日も一日ドタバタして、
一体何がそんなに忙しいんだ、という話ですが。

体は一つ、仕上げるべき車両が数台あるとなるとそれも必然。
で、今回仕上げた中の一台が柿色の此方。
c0189724_2052459.jpg

・Surly Disk-Trucker Long

ロングテール化のベースに一番向くのは何か?と聞かれたなら、
「マウンテンキャット!」とか「リッジランナー!」と答えたいのですが、
現行の車両で、となると間違い無くロングホールトラッカーと答えます。
c0189724_2054855.jpg
更にディスクブレーキバージョンの、
ディスクトラッカーとなれば鬼に金棒。


ロングテールと油圧ブレーキ、
この甘美な組み合わせには、
「超ロングホースが必要」
という壁が立ちはだかっておりまして。

今までは高価なジャグワイヤやグッドリッヂのホースセットで対処する、
という手法が通常(って何の通常やねん)でしたが、
現在はシマノからBH59/63系の10m巻きホースが出ていますので、
そんな問題もコイツでスパッ!とかわせる、と。
c0189724_2055896.jpg
そのブレーキをブッ刺すハンドルは、
SimworksのFun3Bar
97%リラックス、3%頑張り、そんな。

チョコチョコ使うリアシフターは、
マウントキットでハンドル前部に、
そうそう使わないフロントシフターは、
Wレバーで、という気の抜きっぷり。

この一台、「アンタどうかしてるよ・・・」というレベルの当空井戸支持者であれば、
「ん?」と気付かれるなんて事もあるやもしれません。

何かと言うと、この一台は店頭に並べていた緑のディスクトラッカーを、
塗り替え、ロングテール化したモノなのでありますね。
当然、此方はまだセール品として此方ではご紹介していなかった訳ですが、
店頭では足を運んだ人から順に、セールへご協力頂いている次第です。

因みに此方のディスクトラッカー・・・。
ロングテールKIT¥57,750とキックバックスタンド¥16,590の計¥74,340。
更に塗装をして!合計¥23万!安っすい・・・。
車体ナンボやねんというレベルやと思いませんか?ホンマ。


さぁ車両の件は置いて。

朝晩涼しくなって来た昨今、必要性が増して来そうな長袖を幾つか。
c0189724_2062493.jpg
とにかく一枚あれば便利な。

・CCP シルケットボーダーパーカー
¥13,650 → セール終了!
(在庫数) Sx1のみ

サラッとした着心地の薄手のパーカーシャツ、
しかしただのパーカーシャツに非ず。

ゴムの様に伸びまくるこの素材は、
長袖にありがちな窮屈感とは無縁の楽さ。
フロントポケットが何気に便利だったりも。



お次。
c0189724_2063123.jpg

・CCP 斜めジップウールパーカー
¥16,800 →  完売!
(在庫数) アイボリーM・L x各1


その名の通り、斜めにジッパが走る、
フルジップのウール混パーカー。

斜めジップは外観のポイントになるのは勿論、
髭を生やしてる人に痛い思いをさせる事もありません。

c0189724_2065040.jpg
綿パーカーには無い肌触りと、
CCPらしいタイトなシルエットが、
秋の快適ライドを髣髴とさせます。

またバックポケットも装備しているので、
出しなにパッと羽織ってチョッと漕ぎを入れる、
そんな時に、過不足なく役立ってくれるでしょう。


できたらMを買って下さい。
Lは売れなんだら自分で着たいので。



本日のラスト。
c0189724_2065712.jpg

・CCP 斜めジップウインタージャージ
¥18,900 → 完売!
(在庫数) 黒のL x1のみ 完売


問答無用の高機能素材ウォームキャッチを使った、
肌寒い寒い時期にも汗をかけるロングジャージ。

汗を吸い取り肌に感じさせず、
またそれを蒸散させるその能力は、
一度試して感じて頂きたい実力。

c0189724_2071641.jpg
また背面にはより通気性の良い素材を使い、
低気温下での走行中、熱を効率よく逃がす事で、
余計な汗をかいて、体温が下がる事を防ぎます。

前面の防風素材、そして背面の通気素材、
その切替しを上手く使ったバックポケットもあり。

何より、着た時のサイバーな印象は、
「これぞCCPサイクルウェア!」と言うに充分な完成度。

コレからの肌寒いシーズンも走ろう!という人へ、
背中を押す一枚。Mサイズの人へ是非。

と、今日はこんな感じで閉店です。また明日~。
by kaleidocycle | 2012-09-22 22:01 | セール


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧