井戸端監視カメラ



カテゴリ:セール( 72 )


海パン解禁日。

c0189724_18251319.jpg

ザッと降ってムワッと湿気て、
如何にも梅雨!って感じになりました。


雨がジャジャ降りならいざ知らず、
パラパラ降っている位であれば、
雨具を着るのも邪魔臭いので・・・。

いっそ濡れてまわんか~い!
と、濡れる前提スタイルで出かけた今朝。

c0189724_18252650.jpg
即ち今年の海パン解禁日であったのです。

海パンと言っても純然たる海パンではありません、
サイクリングついでに川で泳ぐ、
そんなニーズに応えるべくCCPさんが製作した、
ボーダーレスな一本の事を指して「海パン」と。


濡れてもすぐに乾く事に加え、
漕いだ時に張り付かないサラッと感とストレッチ性、
そして何より街で履いても違和感の無い洒落感。

初代が生まれたのはいつだったでしょう?確か2009年かそこらだったと思いますが、
そこからチョコチョコしたモデルチェンジを経て、海で山で川で街でと大活躍。

しているべきなのに、弊店に居残っているモノもチラホラあり。
あまりよろしい事では無いので、夏目前セールしてみたいと思います。
c0189724_18253886.jpgc0189724_18255353.jpg



此方は自分が履いているモノと同じ「PS-O017 ¥16,000」
前面は左右にポケット&ベンチレーションを装備し、
後面はペダリングの邪魔にならない左右大腿部裏に大型ポケットを。
腰には紐が入っているので、ベルト無しでもズッて来ませんぞ。
また右ヒザ部分にのみ用意された小型ポケットは秘密の何かを隠すに最適。
c0189724_1826281.jpg
濡れても乾くのが早いだけでなく、
履いている時の肌触りが良いので、
湿気の多い今の時期も、
べた付かず快適に過ごせます。

え~、ほんでコイツは永い事居るので、
盛大に××%Offで¥×,×××・・・いや、
もう××で行きましょう!¥×,×××!

在庫はベージュのLが1点のみ。サイズと趣味が合う方、此処から救い出してやって下さい。
後日記:PS-O017完売


そんなO017はCCP海パン第二世代となるのですが、
その後、進化を遂げた第三世代が此方「PS-L003 ¥18,000」
c0189724_1826153.jpgc0189724_18262650.jpg


前面に出していたアウトドアテイストを引っ込め、
より都会的なシュッとしたデザインとなっただけでなく、
ポケット周りをメッシュ系素材に変更して、同素材を腰のベンチレーションにも採用。
勝手な主観で言うと「今のCCPらしさ」に通ずる仕上がりとなりましたね。
c0189724_18263537.jpg

今改めて見ても、やっぱり良い。
何で売れ残ったのだろう?と考えるに・・・、
ブログで紹介した事なかったな、と思い至る。

ネイビーは素直に欲しい、でもサイズが無い。


そんな此方の在庫はオリーブのS&M
そしてネイビーのM、其々1点ずつの計3枚。
全て×割引¥××,×××!でのご提案。
後日記:全て完売

自転車をしっかり漕げて、そのまま川ジャブOKというコンセプトで生まれた海パン。
しかし履いた時の楽さや動き易さ、そしてこのルックスの優秀さを考えると、
サイクリング、川&海遊び、キャンプ、フェスに留まらず、
人気のトレールランニングなどでも使えるのかも知れません。

さぁ海パン大放出です!ベタベタ張り付く嫌なパンツを脱ぎさりLet's海パン!
by kaleidocycle | 2015-07-01 19:55 | セール

思ったよりも。

c0189724_17241888.jpg
昨日は家族サービスと言う事で、
神戸の王子動物園に行ってきました。

京都市動物園も立派なモノですが、
王子動物園は更に広く立派。


こんなに大きいとは思わなかった。

そこで見たカバがまた大きかったんですよ、実に。
カバって水の中に居る事が多いのか、その巨体を陸上で見たのははじめて。
c0189724_17242992.jpg
ツキノワグマ位かと思っていましたが、
なんのなんの、完全にヒグマサイズです。

自転車界の巨獣「クランパス」を、
横に置いたとするならたぶんコレ位。


こんなに大きいとは思わなかった。

やはり図鑑で見るのと現物を目の前にするのでは全く印象が違います。


同じ事は自転車でも言えるのでしょう。
いや、普通の自転車ならそういう事は無いでしょうが・・・。
c0189724_17245192.jpg


先日、お客様から御注文頂きせっせと用意させて頂いたクランパスOPS
さぁ用意出来た!あとは乗るだけだ!という段で、
引き取りに来られたお客様が発した一言は・・・。
「こんなにタイヤが大きいとは思わなかった」
c0189724_1725129.jpg

指名買いでのご注文だったので、
此方も何を如何言うて良いのか分かりません。

顔を歪め巨獣を見つめるお客様。
納車で笑顔以外に接するなど人生初。


嫌々乗っても何も良い事はありゃしないので・・・、
はい、キャンセル一丁~!
キャンセル料を頂き、キャンセルと相成りました。

お客様には残念な事で申し訳なくも思いますが、
キャンセル料を頂いたと言う事は、その分だけ次に安く出せると言う事で・・・。

クランパスOPS完成車 Mサイズ 定価¥248,000(税別)を、
特価¥×××,×××(税別)でご提案させて頂きます!  後日記:売約済!
クランパスを御検討頂いている方には朗報としか言えんでしょう!
安い!安いにも程がある!フレーム&フォーク&前後ホイルだけで大体これ位します。

キャンセル料を払って頂いたお客さんの涙を乗り越え、
巨獣使いとなってやろうという方、お待ちしております。


ただ通販一切承りません、店頭納車のみでお願い致します。
「こんなに大きいとは思わなかった」なんて悲しいコメントはもう聞きとうないですから。
by kaleidocycle | 2015-06-26 18:25 | セール

ニッコリは天下の回りモノ。

c0189724_18543231.jpg

濡れた瓦で猫も足滑らす梅雨。
皆様如何お過ごしでしょう?


自転車たる弊店は当然暇です。


c0189724_18545119.jpg
暇な時には何をする?
そりゃ自分の自転車を労わるしかない。

という訳でモンキー号のハンドル交換。

フロントセミファットのモンキー号には、
やっぱSurlyのオープンバーなのでは?
と思うが故、手持ち部品でGoGoGo!

ハンドル&ステムを入れ替えるなんて、実に簡単な作業です。
が、それに付随する「ホース交換」、これは邪魔臭い・・・というのもありますし、
まだ使えるホースを捨てて新品にするなんて、あ~勿体無ぇ勿体無ぇ・・・。

と、ケチ臭く呟く自分の脳裏にピカーンと何かが閃いた。
あれ・・・?なんか・・・?あった様な・・・?
c0189724_1855742.jpg

そういや夢屋のホース持ってたわ!


モンキーで使っているブレーキは、
97と呼ばれる2世代前のXTRで、
組み合わせるべきホースも、
今の「90」ではなく、旧式の「59/63」。

で、買ったは良いけど使う切欠がつかめず仕舞い込んでしまい、
結果として使おうにも行き場所が無い珍品扱いになっていたコイツは、
勿論当時のハイエンドだった97にジャストフィットしちゃう。
c0189724_18553397.jpg
「今使わねばゴミになる」
そんな強迫観念に背を押され、
数年来の封印を解き、
夢屋ホースをインストール!

本来お宝扱いを受けるべき夢屋が、
「これで良いや」と使われる現実。
時間とは残酷なモノです・・・。



まぁそんな風にですね、大事に大事に仕舞っておいても、
出すタイミングを間違えば価値の下落を招く事もありますので、
区切りの良い所で入れ替え・回転させて行く事も重要です。
c0189724_1856355.jpg
メーカーさん、問屋さんが行う、
たな卸しに伴うセールというのもそれ。

で、今回そんなセールがありまして、
それを直接ユーザーに流すのは、
邪道としか言えない行為なのですが、
梅雨時期で暇なので景気付けに、
チョッとだけ出してみたいと思います。

Cateye NIMA(SL-LD130R) 
c0189724_18563837.jpg
キャットアイさんのコンパクト1LEDテールです。


パッと見はアルミボディっぽくて、
他社類似品と混同してしまいそうですが、
樹脂ボディにハーフミラー蒸着処理を行い、
点灯時には側面からも光が漏れるのが特徴。

そんな安全性への配慮だけでなく、
浸水に対するシーリングが真面目なのも、
キャットアイ独特の美点ではないでしょうか。

c0189724_18565267.jpgc0189724_18571768.jpg


ボディがとても小さい事もあり、見た目的に「コレだ!」という感じでも無く、
至って普通、極シンプル、でもテールライトはそれが良いとも言えるかと。
c0189724_18582765.jpg

素直に良い商品だと思います。
定価¥1,500はリーズナブルだし、
完成度も相当に高いレベル。

しかし充電池好きの弊店にとっては、
コイン電池使用ってのは引っ掛かる。
引っ掛かる、引っ掛かりはするけれど・・・。

特価¥1,000(税別)とならば引っ掛かりも吹っ飛び諸手を挙げてバンザイ。
通販をすると他店さんに迷惑が掛かるので店頭販売のみです。
一つは自分で使うので在庫は3つのみ、さぁ雨に怯まずカモ~ン!

c0189724_1858431.jpg
あと、要らんと思いますけどこんなんも。

パールイズミのシマウマ柄ソックス
履くと足がシマウマの顔になる、
ってデザインした人は変な人ですね~。

梅雨時期の洗い代えにと、
自分用に2足買ってみましたが、
欲しい人居たら1足譲ります。

因みに特価¥800

湿っぽい梅雨がこれから続きますが、こういうので明るい気分になって頂ければこれ幸い。
by kaleidocycle | 2015-06-16 20:50 | セール

放出Ⅱ。

朝起きると当然の様に本日も雨。

雨で家に篭っているのはたった2日と言えども、0歳児の息子には辛い様で、
ご機嫌解消の為、車に乗って当所無くぶらぶらドライブへ出た午前中。
c0189724_15265776.jpg

田舎道をのんびり走っていると息子は機嫌よし。

窓の外を流れ行く田んぼ・畑の脇に、
野菜の無人販売所を見つけて停車オーライ。
物色すると例に漏れず何でも¥100。
新鮮な葉物が安く手に入り家内も機嫌よし。


安けりゃ良いってモンでも無いけれど、
良いモノが安いなら誰でもニッコリ。
という訳でニッパチ対策放出第二弾、行きますか!

「SalsaCycles Mamasita」  Mサイズ(18インチ)
c0189724_1527769.jpg



サルサの軽量アルミ製29erハードテールフレームであるママシータ。
捻りを入れたライフスタイル系が多いサルサラインナップにあって、
チョッと異例とも言えるガチ耐久系クロカンフレーム。
c0189724_15273193.jpg

リーフ状に潰しを入れたシートステーに、
三角状にフォーミングしたチェーンステーと、
耐久系ライダーの長丁場を意識したリアバック。

「Mamasita=綺麗なチャンネー」
という名の通り、綺麗な足で御座いますな。


実測1,680gとアルミ29erとしては相当軽量。

c0189724_15275186.jpg
BBシェルはオーバーサイズアクスル対応の、
PF30(Press Fit BB30)。

地方豪族的規格が乱立し、
戦国の様相を呈していた新BB規格ですが、
仲裁役としてコンバーターも沢山出ており、
クランクの選択が制限される事は少ない。


しかし敢えて今、BB30クランクをセットを推奨したい。
何故なら!安く買える事が結構あるから・・・。

c0189724_1528141.jpg
と、そんな功利主義の話だけでなく、
ProblemSolversが出している、
エキセントリック46BB」を使う事で、
シングルスピード化が可能なPF30。


軽量/29er/SS・・・良いよ、良い。

c0189724_15281262.jpg
ヘッドチューブは勿論テーパード

今やテーパード対応フレームで無いと、
フォークの選び幅が日に日に狭まる一方。
例え手持ちのフォークがOSでも、
リデューサ入れれば良いだけの話。


とまぁそんな比較的高性能系フレームである、
SalsaのMamasitaですが、
やはり鉄ばかりの弊店では浮いていた様で・・・。

店の飾りにしかなっていないので、放出価格を提案してみたいと思います。
定価¥72,000の所!××の¥××,000 (税別)で如何でしょう! 後日記:完売
¥××,000で買えるフレームって・・・しかもこんなに素敵なチャンネーが。



c0189724_15282529.jpg
「フレーム買うならついでにフォークも」
そんなアナタには此方を推薦。

サンツアーのSF12/Epicon29er
商標の問題に巻き込まれ、
今年からEpixonという名前に変わりましたが、
中身は基本的に変わっていません。


というのは嘘で。
実はお値段据え置き&中身は退化してたり。

c0189724_1528348.jpg
昔のエピコンは良かった・・・、
肩は中空のホロークラウンが選べた。

しかしSF14シリーズになって、
国内仕様のエピコンは鍛造クラウンのみに。


エピクソンは写真を見るとホローだけど、
国内に来るのはどうも鍛造っぽい。

代理店資料にある写真ではホローなのですが、
あれ多分エピクソンシリーズの最高峰モデルの画像なんですよね。
c0189724_15284433.jpg
日本で展開するのはエントリーモデルの、
Lo-Rグレードなので、恐らく肩は鍛造。

同じくダンパーも写真ではRCだけれども、
Lo-Rグレードなので調整はリバンドのみで、
他にはロックアウトがつくという仕様のはず。


その点、昔のエピコンは良かった・・・、
ロースピードコンプレッション調整がついた、
RCダンパーモデルが選べたのだから。

過去を懐かしんでいても仕方無い、世にあるのは進化だけで無く、
為替の変動や戦略など明るい話だけとは限らないので御座います。

しかし!此処に御座います、
「テーパードコラム&15mmスルーアクスル&ホロークラウン&RCダンパー」
という充実内容の一本を、Mamasitaと同時に放出と言う事で、
定価¥64,400の所!¥××,×××(税別)で如何でしょう! 後日記:フォーク完売


景気よくもう一声!
フレームとフォークセットなら更に¥¥××,×××!フォーク完売の為、セット提案無し。
このハイスペックフレーム&フォークがセットで¥××!高いとは言わせない!

田舎の無人販売所で「おぉっ!」という様なブツを見つけた時と同じ、
トキメキを感じて頂けた方、是非御検討下さい。
by kaleidocycle | 2015-01-27 17:47 | セール

捻出。

c0189724_1783254.jpg

へい、らっしゃいらっしゃいらっしゃ~い。

ナイスな携帯ツールはいらんかねぇ~。


久々に登場した弊店従業員一号が、
仁王立ちで持つ此方の携帯工具

「ただモノではない・・・」
とその気配を感じ取ったアナタは鋭い。

c0189724_178424.jpg
此奴は金属加工の聖地、
新潟県燕三条にある工具メーカー、
相場産業さんの手による製品。

ビット部はクロモリ鋼ですが、
それを支えるボディはチタン製

持てば当然・・・軽~い!

そないしょっちゅう使う訳では無いけれど、持っていないと少々不安。
そんなサイクリングのお供にしてでもある携帯工具。

なら軽い方が良いに決まっているし、道具として有能なら言う事無し。
更にこの所有欲を擽られて爆笑してしまいそうな存在感、ナイス。
c0189724_1711116.jpg
鍛造工具製造元である相場産業さんが、
自転車用工具ラインとして立ち上げた、
「Runwell」ブランド。

一貫した自社生産と言う事で、
捻りのきいたラインナップ目白押し。

他にも面白い工具があって、興味惹かれまくるのですが、
代表の方とお話をさせて頂いている中で「自社生産」ってのが引っ掛かってですね。
c0189724_1785979.jpg

「これ私が10年ほど使っている工具なんですけど、
 超単純にして超コンパクトで超軽量で・・・安い。
 結果として持ち歩くのに最適だと思ってるんですね、
 でも今はもう手に入んなくて・・・あの~その~・・・、
 こんなの作ったりとか出来るんですかね?

 
そんな事を聞いてみました。


答はアッサリ「出来ますよ」

コレは台湾rifu社の旧い製品で、実際使っていて丁度良いのですが、
「それ売ってんの?」と聞かれる度に、ショッパイ答しか言えずに難儀していました。
それが此処に来て突如作れるかもしれない事態に!
しかもオリジナルを遥かに越える国産ハイクオリティーで!


えらいこっちゃえらいこっちゃ、タネ銭かき集めなならんど~。
しかし「ニッパチ」という言葉もある通り、2月と8月は商売が暇になる時期。
黙って座しているだけでは如何ともしようがない。
c0189724_1792468.jpg
それでは店頭に永く鎮座する、
サンプル車をセールで出して、
何とか埋めてみようと画策した本日。

まず第一弾は此方、
「Surly Disk-Trucker」を、
ダートツーリングイメージで組んだ、
店頭愛称「ヤジウマトラッカー」から。

c0189724_1793754.jpg
コテコテのツーリングフレームである、
ディスクトラッカーを10sデオーレコンポで組み、
キャリアは敢えてフロントのみセット。
林道越えて山奥で1泊ツーリング、てなイメージ。


これで¥168,000で出していたのですが、
未だ嫁ぐ事無く家事見習い状態。

¥168,000でも安いと思うんですけど、
いつまでも店頭に置いとくのもなんだし、
ん~・・・15万・・・14万・・・ん~・・・。

 ¥××万(税抜)で如何でしょう!  後日記:完売!
油圧ブレーキ&フルデオーレに愛嬌のあるパーツを載せてこの価格は破壊的にお徳。
手前味噌ですが、凄く良いスタイリングに仕上がってると思うんですけどね~。
サイズは52、寒くて走りに行く気が出ないという人もこの機会に是非御検討あれ!
by kaleidocycle | 2015-01-23 19:23 | セール

大風ショック2014。

c0189724_16505551.jpg

稀に見る大雪・大風に見舞われ、
「今年の冬はどうなってしまうのだ!」
と戦々恐々縮こまっていた日も行き過ぎ。


平和&普通な冬晴れの日となった本日。


嗚呼、冬の間がズッとこんななら良いのに。
さすれば正月休みも有意義なモノとなろうて。

c0189724_1651514.jpg

昨日の休みは家族3人で、
年内最後の森林カレー。

努力家の森林食堂さんは
31日まで営業するとの事でしたが、
弊店の年内営業は残す所1週間、
そろそろ大掃除にも手をつけ始めねば。

はい年末年末、今年も終り~と言いたいけれど
年越しに際し心に引っ掛かっている件が一つ。
c0189724_16512825.jpg

え~・・・傷です。


数日前の突風が吹き荒れた日、
風にも負けず立ち寄ってくれたお客さんが、
外を見て「あっ!」と言いました。

何事かと自分も其方に目をやると、
お客さんの自転車が風に煽られ倒れ、
店頭の展示車両にガチャコーンとな。

c0189724_16514753.jpg
お客さんは気を遣ってくれ、
「保険で弁償します!」と言ってくれたけど、
年末にドタバタしてもアレなんで、
大丈夫っスよ大丈夫っスよ、で一幕終了。


で、次にコイツをどうするか?
元々全塗装している車両なので、
もう一度塗り直せば良いのだけれども、
フレーム長過ぎて塗装屋さん嫌がるし、
そもそもその塗装費用も勿体無いしで。



傷に絆創膏貼ってあるのでも良いと言ってくれる方が居られるなら、と、
特価でご提案してみようと思った年の瀬も押し迫る本日。
c0189724_165279.jpg



エクストラサイクルの完成車「エッジランナー」、サイズはレギュラー。
色は弊店が勝手に塗り替えたワサビグリーン。
定価¥174,800(税別)に本当は塗装代も欲しかったけれど、
傷が入ったという事で・・・ん~・・・¥XXX,XXX(税別)。
後日記:売約済み

ただバッグは付属しませんので、スタンダードなX1(¥15,000)か、
画像に写っているSurlyのDummyBag(¥24,000)か、
もしくは無しかでお選び頂くという事で、はい。



せっかく作った、世界に一台しかない色のエッジランナーですが、
自然現象の猛威に晒され、傷が入ってしまいました。

それでも良い!我が家においで!と言って頂ける何方様か、何卒何卒。
by kaleidocycle | 2014-12-21 17:51 | セール

出血大サービス。

え~早くも11月に入りまして、佐々里峠の冬季封鎖まで残り40日。

あ~また雪解けの水で尻がベチャベチャになる時期が来るのか~。
ブレーキかける度にリムから黒い水が湧き出し、洗車も邪魔臭い・・・。

そんな時期を前に出血大サービス車両をご案内致しましょう。
・GIANT TCX-ADVANCED PRO2
ズバリ¥230,000!
(税別)
c0189724_17481976.jpg


「いやいやいや、それ前にも見たし。と言うか¥23万て定価やんけ。」
等と言う事無かれ、よく見て下さいよくよくよくよく・・・。

ほら。  ほら。  ほらほらほら。
c0189724_17485965.jpgc0189724_1749895.jpg



c0189724_17493596.jpg
ストック状態では機械式ディスクの所、
油圧ディスクに変更してまっせ旦那!

油圧ドロップか~良いな~、
良いんやろうな~、そりゃそうやわな~、
と思いながらも手が出なかったけど、
油圧ブレーキ対応のワイヤ変速STI、
「ST-RS685」の登場で俄然現実的に。

まぁ現実的とは言っても、STIとキャリパだけで¥6万以上するんですけどね。

c0189724_1750022.jpg

でもこのTCXが入荷した時から、
ワイヤフル内蔵というシステム上、
ブレーキは油圧が絶対に最適だと、
頭の中ではズーッと思い続けていました。

そして同時に噂のST-RS685を、
自ら組んで確認してみたい、とも。

c0189724_17504138.jpg
感想としては「さすがシマノ」、施工性は抜群。

MTB用ブレーキを比べると、
エアの追い出しの最後の最後が結構しぶとい。
マスターシリンダーの形状をみれば、
まぁそりゃそうか、ってレベルではありますが、
根気根気、根気があれば問題無し。


作業を終えて握ってみると・・・、
ふぅぅ~!引き軽~い!

c0189724_17505048.jpg
そうそうコレコレ!最新スペックってのはこの感じ!


ディスク専用のフルカーボンフレームに、
過剰ともいえる15mmスルーアクスルの、
フルカーボンテーパードフォークをセットし、
11速の105をアッセンブルしたTCX-PRO2。

この時代の先端を行くシクロレーサーが、
たった¥23万というだけでも非常識に安いのに、
そこに油圧用STI、キャリパ、140mmローターと、
¥7万オーバーのパーツを豪華にインストールし。

ズバリ¥230,000! 出血大サービスで御座いましょう?
出血というか、最早血が止まらないみたいな域ですが。

シクロクロスのレース機材としては勿論、
雪解けの水や融雪剤による塩害を気にする事無く走れる、
ウインターバイクとしても絶対に満点のこの一台。


さぁ選ばれし者よ!我が屍を越えて冬の道へ飛び出すべし! 
後日記:完売御礼
by kaleidocycle | 2014-11-01 19:11 | セール

味付けタマゴ。

来週末から本格的に始まる関西冬の風物詩「関西シクロクロス」向けて、
ナウな感じの車両を一台用意してみました。

ALLCITYのシングルスピードシクロ「NatureBoy」です。
c0189724_2014461.jpg

このネイチャーボーイ、興味のある人は分かると思いますが、
現行の色では無く、型落ちの言わば旧車です。

売れ残った旧車は値引きされて売られる、これは普通の事。
でもフレームなんて色意外全く同じですし、
アッセンブルされるパーツが劣るという事もまた無いのに、
叩き売るなんてのは何だか・・・寂しいですわなぁ。
c0189724_20141326.jpg

という事で魅力倍増へと舵を切った今回。

フォークはワンバイエスのストレートカーボンに。
軽量化は勿論ですが、見た目の「やる気感」倍増。

ブレーキはカンチブレーキから、
より強烈な制動力を求めミニVブレーキ化。

言うは易し行うは難しとは正にコレ、
ミニVの制動力とタッチの両立に、
今回結構時間を喰われちまいましたぜ。

ブレーキがガツンと効くとなれば、タイヤも完成車のままではイカンだろうと、
KendaのSlantSIX35c(120tpi)にアップグレード。

ついでにバーテープをグレーにしてみたり、チョコチョコ軽量化を狙ってみたりと、
小ネタを重ねて行った結果の一台ですが、どうでしょう?何だか良い感じやないですか?
c0189724_20142191.jpg


自転車屋の存在意義とは「如何に効率的に価値を提供するか」にあると思うのですが、
同じ物を安価に提供するというのが一つの答になると同時に、
同じ物をより美味しく調理して価値を上げるというのもまた答かと。


で、今回メニューに載った此方のネイチャーボーイ、ご提案価格は¥☆☆,000
現行の同モデルが¥111,000である事と比べると相当レベル高いと思います。
後日記:完売致しました!

気に入って愛車にして頂ける方に買い上げ頂いても勿論嬉しいのですが、
「シクロレースに出る為に、コケても放り投げても良いシングルを!」
そんな方に乗って欲しいですね~!
by kaleidocycle | 2014-10-18 20:50 | セール

虫と長いのん。

c0189724_19483851.jpg

秋と言えば実りの秋。


わぁ~沢山の荷物だねぇ!
収穫祭だ!収穫祭だ~!
一人商いの弊店には分不相応だねぇ!

ワハハハハハ・・・ハハハ・・・ふぅ・・・。
どうすんだ、この荷物。

名曲「バナナボートソング」を脳内BGMに、何は無くとも一つ一つ荷を解く&整理整頓。
この箱は何が入ってんだ?そっちの箱は?あとこっちの箱は・・・、
おぉ!「虫くん」ではありませぬか!
c0189724_1949177.jpg


正式名称は「アーリーライダー社のスフェロヴェロ」
c0189724_19494794.jpg
どうも名前が覚え難いという事で、
「虫くん」もしくは「たま」と呼んでますが、
スフェロ・ヴェロの「スフェロ」って、
恐らく映画「スフィア」と同じで、
「球」という意味なんでしょうね。

んで、ヴェロは当然「自転車」なので、
球体自転車と。うん、見たまんま。

c0189724_19493511.jpg
当然オッサンが乗る為の車両ではなく、
ゆらゆら歩き始めた乳幼児から、
キックバイクに乗り始めるまでの、
最少齢用自転車であります。

そんなベイビー対象マシーンですから、
外など危なっかしくて出せる訳も無い、
即ち虫くんの主戦場は室内

球状タイヤは全てゴムちっくな素材で、
フローリングを無闇に傷付ける事も無く、
子供が疾走しても音も比較的静かかと。

c0189724_19495722.jpg
補助輪ならぬ補助玉がついているので、
馬型遊具「ロディ」と同じ様に、
まずは跨って楽しむ事からスタート。

足で蹴って前に進める様になれば、
補助玉を外してバランス感覚を刺激。


バランス崩して転んでも大丈夫、
本体もハンドルも何もかもが丸いので、
ゴツンといってもたかが知れてます。

そんな球体自転車スフェロヴェロ、一匹¥13,800(税別)

緑の分は我が家の息子様に、白の分はコゼバックの娘様に。
という事で赤と水色が店頭にありますので、
同じ位の月齢のお子さんをお持ちの方はお一つ如何?



反対に子供さんはご遠慮下さい、というのが、
先日からビルドアップを進めていた激安ロングテール
本日届いた部品を組み合わせて無事完成。
c0189724_19501465.jpg


c0189724_19511769.jpg
最終的にこんな感じの構成。

ラックはスタンダードな「Vラック」に、
バッグもやはり定番の「X1バッグ」、
そこにアルミ製軽量天板である、
「テックデッキ」をセットし軽快運搬仕様に。


子供を乗せるのにはお勧め出来ない、
というのは車体構成上の問題なのですが、
子供を乗せず、荷物だけを運ぶのであれば、
今回の構成は恐らく実用性&利便性No1。

ご提案価格は予定通り¥××,000(税別)。

お問い合わせは何件か頂いておりましたが、完成した本日こそが発売日。
予約・お取り置き一切御免、まず現車を見て乗ってご検討でお願いします!

後日記:完売いたしました!
by kaleidocycle | 2014-10-11 23:09 | セール

どうでも良い事とどうでも良くない事。

c0189724_1939256.jpg
私事ですが。

MTB用の靴は常時泥だらけの為、
家の中に入れる事を許されず、
家の外に置いています。


で、先日走りに行こうとその靴を持ち上げると、
ん?臭せぇ!

この独特の匂いは猫の小便ではないか!

はぁ・・・マーキングされてもうた・・・。
一度つくとそうそう取れない猫の小便の匂い、
思えば長く連れ添ったこのAM51とも遂におさらばか。
c0189724_19392346.jpg
まぁしゃぁないわな、形ある物なんとやら、
当分はSPDサンダルでしのぎますか。

ってオイ!
SPDサンダルの持病である、
タッカー抜けがこのタイミングで発症。

しかし!タッカー抜けなぞ何度も通った道!

エポキシボンド混ぜて錬ってチョンチョンチョンで治療完了さ。
c0189724_19393468.jpg

あ。
接着するポイント間違えた。

で、履き心地が珍妙な事に。


はい、愛用SPDシューズ2連発で退役決定。

オロロ~ン、オロロ~ン。


ってワタクシのボロ靴の話なんか誰も興味無いですわな。
万人に向けた有益な情報、参りましょう。


久し振りに建造中、激安ロングテール
c0189724_1942065.jpg


ハイレベルな機動性や耐久性よりも、まず大前提にコストありき。
そんな「実用品としての荷物を運べる自転車」のご用命を時々頂きます。
c0189724_19421756.jpg

そりゃビッグダミーやエッジランナーの様な、
ビシッ!とした奴を選べるなら、
それに越した事などある訳も無いのですが。

何と言うか・・・もっと・・・、
チープなロングテールが選べても良いじゃない
という思いは常に片隅にあります。

で、今回丁度良いドナーが手に入ったので、
軽く一台でっち上げてみよう、とそんな話で。

まだ部品手配中なので決定ではありませんが、
一応、走れて荷物が積める状態まで持って行って・・・、
予価¥70,000

ロングテール化して、天板つけてバッグつけてするだけで、
部品代¥56,800が必要な事を思うと限りなく極限値。
もはや商いというより布教活動に近いかと。


ホイルの触れを縦横共に取ったり、ダメ過ぎるBBを普通のBBに買えたりと、
なるべく美味しく食べて貰える様にチョコチョコ進めておりますので、
荷物を運べる自転車に明るい未来を見つける方はこの機会見逃す事無かれ。
by kaleidocycle | 2014-10-06 22:42 | セール


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧