井戸端監視カメラ



カテゴリ:セール( 68 )


食玩。

c0189724_16154210.jpg


朝の山は良い・・・。


秋の虫の音、
空高く飛行機の飛ぶ音、
イノシシの鳴き声。

それ等が静寂の中に、
ポツンポツンと現れては消える。



そして座って茶を呑む己独り。

と、山自体は良いのですが。

ホイルを極太の「26+」に履き替えたマキリで行くアプローチの峠は、
ノロノロとした動きにしかならず、爽快感の欠片も無い。と言うか少し辛い。
c0189724_16155145.jpg


しかし一旦土の上に飛び込んだなら、
正に水を得た魚の如し。

舗装路上では遅かったマシーンが、
ダートの上では突如快走マシーンに!


エアボリュームによるクッションとウルトラトラクションに身を任せ、
何も考えずに漕げば漕ぐだけ前に飛び出し、
ガレでもヌタでも臆する事無く突っ込んで行ける、しかも安全に。

もう頭の中ではモータルシンが爆音で流れちゃうです。


c0189724_16184347.jpgc0189724_16185381.jpg


c0189724_16223620.jpg

そう、MTBはダートを走ってこそのMTB。
山の中で活き活き走ればそれで良い。


しかし元気に飛ばすのもMTBなら、
杉苔をユックリ踏みしめて、
緑の中を散策するのもまたMTB。

近場のトレイルも良いのだけれど、遠くのもっと遠くの林道を走りに行きたい・・・。
でもその時「26+」なんかで行くと、峠幾つか越えた時点でへばってまいそう。



そりゃそうだわ、キャラが違うんだものよ。
もっと遠くの林道へ、もっと速く走って行きたいというのが願いなら、
選ぶ車両はこういうのになるに決まってますよ、というのが。
c0189724_16225511.jpg




Salsa Fargo2 (Mサイズ・フレームセット) 

29erホイールの巡航性&高い位置にセットされるドロップハンドルで、
あらゆる道をハイペースで駆け抜けるモンスタークロス「ファーゴ」。
「最近あまり乗ってない29erをバラして、ファーゴに組み替えたら・・・面白そう。」
と考える人にはフレーム価格¥76,000は魅力的でしたが、
今年から完成車のみの展開となったので、フレームセットはコレが最後。
c0189724_16244093.jpg

基本的にはMTBのパーツを使うファーゴですから、
組みあがったそれは29erMTBに近いはず・・・、
なのですが、実際は少し違いまして。

実際に乗っているオーナー達は、
ロード的な使い方をしている方が多く、
特に冬場の積雪&凍結にビビる時期、
ロードの代わりに乗られる事しばしば。


で、皆同じ事を言います「意外と走るモンやな!」と。

そう、先日ご紹介したVayaが「MTBの様に扱えるロード」であるとするなら、
このFargoは「ロード的に走れるMTB」と評すべきなのかもしれません。


そんなファーゴについての云々を、改めて説明するのは無粋かもしれませんが、
まぁ前説的なモンだと捉えて頂くとして、本題参りましょう。
c0189724_16234714.jpg

ファーゴは「フレーム&フォーク」ではなく、
フレームのみが基本でしたが、
此方はファーゴフレームではなく、
「ファーゴ2フレームセット」になりますので、
フォークがついて来ましてですね。

そのフォークが此方!

興味の無い方にはピンと来ないかもしれませんが、
「コ・・・コイツが!」と慄く人も居られるでしょう。

此方はSalsaの「FireStarter-Carbon」という製品なのですが、
価格がエグくてですね、まぁ・・・¥10万越え。
c0189724_16241115.jpg
いやいやいやいや!
Enveでも¥85,000なのに、
それは流石に無茶でしょう!


と思いましたね、初めて値段見た時は。

DTのアクスルが着いていると言っても、
シャフト単品¥1万そこそこですし。

c0189724_16242156.jpg
でもその感覚はきっと、
必要を感じた事がない外様ゆえの感覚。

このファイヤスターターカーボンの、
最大の特徴として挙げられるのが、
フォークに刻まれた「3つ穴ダボ」


此処にAnythingCageを装着し荷物を積載する事で、
キャンプ道具などの重量物を車体中央に集め、
軽快な動きと積載性を両立させる、と。

それを鉄フォークでやるなら簡単、何なら後から加工追加も出来ますし。
ただコレを軽量なカーボンフォークでやるとなると?簡単な訳が無い。
荷物の荷重に対する強度を確保せねばならんですからね。


それでも、少しでも軽量で少しでも積載性高めて少しでも運動性上げて、
と願う人が少ないながらも居るはずで、そういった層だけの為に作ったのが。
c0189724_16245758.jpg

ファイヤスターターカーボンなのでありましょう。

だから¥10万が高いと感じるならば、
買わなければ良いだけの話で、
「どうしてもコウであって欲しい!」という人には、
存在するだけで有り難いと言えるかもしれません。


「まぁでも俺は鉄フォークで良いや~」
という人であってもですね、
このフレーム&フォークで税込¥××万となれば?

c0189724_16252599.jpg

おい・・・それはフレーム買ったら、
フォークが¥××,000でついてくるのか?

それともフォークを買ったら、
フレームが無料でついてくるのか?


何か考えが纏められないけれど、
逃してはいけないチャンスな気が、
せん事も無い事も無い事も無い。


え~という訳でファーゴに魅力を感じられる皆様、
フレーム&フォークで手に入る&無駄に良いフォークが手に入る最後の機会です。

是非ご検討頂けます様お願い致しますと共に、
軽量シングルスピードモンスタークロスを組んで欲しい、と願いますです。


後日記:完売致しました!
by kaleidocycle | 2015-10-09 23:42 | セール

行きたい行きたい行きたいたい。

好天続きの連休も昨日で終了、皆様楽しく過ごされましたでしょうか?
c0189724_1754194.jpg

連休など何処吹く風で毎日店に篭っていた私、
体調イマイチであった事もあり、
振り返れば・・・10日も走りに出ておりません。

咳も収まり平和な日常を取り戻し始めると共に、
「このままでは・・・何か良からぬ事が起こる!」
そんな強迫観念を抱くに至るも外は雨。


病み上がりで雨に濡れたい訳が無い。

c0189724_1754302.jpg
しかし、体の奥にモワッと溜まった何かを、
このまま抱え続ける方がもっと嫌、故に出撃。


10日ぶりともなると、しんどかろうなぁ、
そんな事を思いながらの早朝行でしたが、
小雨の中でペダルを踏むその気分は、
想像以上、格別、素敵、イカす。

「乗れない」という事が生むフラストレーションを、
改めて強く認識した今朝で御座いました・・・。



温暖平和な土地に住まう我々にとって、本格的に乗れないという状況は珍しい訳ですが、
豪雪地帯などになると、冬季は本当に自転車と縁が切れてしまうのかもしれません。

そんな状況におけるフラストレーションを想像すると・・・気持ち悪い。
「雪FUCK!」てな風に荒れる人には、ファットバイクが輝いて見えるのでしょうな。
c0189724_17544745.jpg



さて、此方は弊店在庫のSurlyのPugsley-SS
グレープソーダをいう色があまりに素敵な事と、構成部品のレベルが高いという事で、
弊店にやって来てもうすぐ1年、お声掛け頂く事はチョコチョコあれど未だ残留組。

こんなに素敵なのにな~、何でかな~?と首を傾げるのですが、
「雪のトレイルってシングルスピードで行けるのん?」ってよく聞かれるんですよ。
それを言われると・・・確かに・・・相当気合が要る気がする。
c0189724_17551785.jpg

「ファットは年中面白い」
とはファットを4台持つファット仙人の言ですが、
ファットが一番気を吐くのは冬である事は確か。


雪上で厳しいSSがダメだと言うなら・・・、
コレでどないだ!

と、10速化してみました。
メカはスタビライザー付のデオーレです。

コレでフロントにナローワイド入れれば、99%チェーン落ちは無いのですが、
Pug-SSについているオフセットクランク「ODクランク」は94pcdという事で、
基本的にナローワイド化が難しい。(知らないだけで存在するのかもしれない)
c0189724_17563529.jpg
まぁスタビがあるだけでも、
そう簡単にはチェーン落ちんし、
そのままでいっか、と諦めかけたその時!

店の隅で光を放つバッシュガード一つ。
少し懐かしのDangerboyですよ。

着けるとジャストマッチ

c0189724_1757992.jpg

1x10化され機動力を増したPug-SS。
いやもうSSではない、「Pug-1x10」


「グレープソーダには惹かれるけど、
 シングルギアはチョッと用途に合わん、
 かと言ってグレープのフレーム売りは無いし・・・」

という方が居られましたなら、ウチの子如何でしょう?

通常のパグ完成車(¥24万)よりも、
ぐっと良いパーツ構成で定価¥212,000!

を・・・1割引いたら¥190,800、2割引いたら¥169,600ですが・・・。
さぁ幾らしましょう! 後日記:完売!
せっかく着いているハイエンドタイヤ(前後で¥28,000!)が、
走りもせん内から劣化していくなんて見てられない・・・。
どうか冬のトレイルをドカドカ駆け抜ける相棒としてお手元に!


c0189724_17572193.jpg
まぁしかしホンマね、
走れないフラストレーション無限大、
走れる幸せプライスレス、ですよ。


ワタクシ、悪天候の日は固定ギアが基本なのですが、
最近、フと気になり出した車両があるんです。

SalsaのVaya。
自分が乗るなんて考えた事も無かったのですが、
想像すれば想像する程に・・・Vayaかもしれない、
なんて想いがモワモワ湧き出たりする。

何故Vayaなのか?はまたその内に。
そんなこんなで今日は此処まで。明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2015-09-24 19:55 | セール

ゴリ推シズム。

c0189724_17282586.jpg
風邪をひいた際の対処として、
もっとも効果的なのは「安静」だと信じるワタクシ、
昨晩も14時間ほど布団に篭りエネチャージ。


よし!治った!
と、治癒証明マイセルフで己を鼓舞するも、
意思と体はリンクせず、やはり少々動きが鈍い。

なので通勤車両は一番体力を使わない、
快楽通勤車両を選択し、タラ~ンと仕事へ向かう。

「このマスタッシュバーのシングルギアほど楽に移動出来る自転車は無い」
と人に言っても信じて貰えない事が4割、興味なく「あ、そ」と流される事5割、
石礫もて追われる事1割と、中々理解して貰う事が出来ません。
c0189724_17283636.jpg
しかし乗ればきっと・・・きっと・・・、
その良さを分かって貰えるはず!

と破滅的価格にモノを言わせて、
提案してみたネイチャーボーイ

1号車に続いて製作した2号車も、
アっと言う間にご用命頂くに至りました。

「行ける・・・このままネイチャーボーイとっつぁん風味を増産すれば、
 世の中をマスタッシュ・シングルで埋め尽くせる!新世紀の到来じゃぁ~い!」

とガッツポーズ決めたい所ですが、こんなんを次々作れる訳も無く早くも打ち止め



まぁそもそも同じ様な車両ばかり作ってても面白うないですからねぇ。
よし!そんじゃ次はこんなんでどないだ!
と、ゴリ推しムードで続くマスタッシュ&シングルの宴。
c0189724_17295338.jpg


Surly Troll ツーリングディングル仕様 (Mサイズ) ¥××0,000(税別) 
後日記:完売致しました!
c0189724_17302889.jpg

「コレ一台で何でも出来る!」という。
ある意味単純なコンセプトで生まれたトロル。

ディレーラタブ付のトラックエンドなので、
普通の外装多段でも、シングルでも組める。


・・・だけで終わると「ふ~ん、あっそ」ですが、
高性能内装多段システム「ローロフ」対応だったり、
トレーラー取り付け様ヒッチマウントまであったりと、
本気で何でも出来てしまう辺りが非凡。

c0189724_17313422.jpg
ジオメトリ的には2代目1x1と同じであり、
サスペンションフォークにも対応した、
言わば正統派MTBという素性を持つモノの。

ツーリングバイクとしての需要が多かった事から、
今ではデモンタブル仕様の派生モデル、
「ワールドトローラー」というのが出ていたりもします。


ではそれを弊店なりの一台に、という事で、
マスタッシュバーをセットしてみた今回。

c0189724_17304076.jpg

ドライブは19t&16tの選択式シングルギア、
俗に言うディングルという奴です。


チェーンリングは32tにしてあるので、
重い方の16tを選べばギア比2.0、
平地をのんびり漕ぐならド定番のギア比。

軽い方の19tを選べばギア比1.68、
急がなければ花背峠でも充分越えられる。


29er用強化多段ハブ「M529」を、スペーサ用いてディングル化しているので、
「あ~、普通に変速欲しいなぁ~」となった際には簡単に多段化可能。



c0189724_17305319.jpg
クランクはシマノのLXで、
バカバカ踏んでしまうシングルでも、
ミシリギリリと異音が出る不安はなし。

チェーンリングは強い・減らない・美しい、
そんなSurlyのステンレスリングを。

チェーンもシングル用の薄歯を採用と、
やる事チャンとやってます。

c0189724_173172.jpg
そしてマスタッシュ愛好家なら、
きっと気付いて頂けたであろう此方!

何かがオカシイ・・・何かが・・・。
本来ロード用規格のマスタッシュに、
フラット用レバーが嵌まっている。

こんな妙な組み合わせが可能なのは、
Soma/3スピードマスタッシュだから。

 


以前検証してみた事もある通り、27.5インチホイルや26+ホイルなども履けてしまう、
そんなトロルでありますからトレイルスター的な感じに仕上げるのも一つの手でしょう。

しかし、「トロルにしか出来ないスタイル」という視点で考えた時、
一番魅力的に思えたのは、今回形にしてみたこのスタイル。
この一台は自分が以前乗っていたシングルツーリングバイクをトレースしているのですが、
林道込み100km/日くらいは普通に楽しく走れましたから、結構使えるはず。
c0189724_1731463.jpg

パンクスのピアスの如く、
其処此処に刻まれたダボを使い、
バイクパッキングを駆使するもよし。

フロントラック&小型パニアで、
シンプルに纏めるもよし。

「ツーリングバイクが無いからツーリング出来ない!」
なんて馬鹿な言い訳を吹き飛ばしてくれる、マスタッシュ&シングルのトロル。

ワタクシの好きなスタイルのゴリ推しである事は否めないので、
その分、価格は安くさせて頂いてます。
余ったお金をポケットに捻じ込んで、さぁ何処へでも旅立って下さいまし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
商品詳細、在庫状況、発送などについてはメール「mail@kaleidocycle.jp」か、
電話「075-755-6627」にてお問い合わせ下さい。

by kaleidocycle | 2015-09-17 20:05 | セール

wellcome to the トッツァンワールド。

c0189724_18552747.jpg
窓を開けると晴れ間が見えておりましたので、
この機会逃すまじ!と勇んで走りに出た今朝。

跨るは最近コレばかりなトッツァン固定ギア


「ケイデンスを上げてフィジカルの限界を!」
みたいなスタイルは無理無理無理無理。

故に、一踏み一踏み地道に登る固定には、
何とも言えぬ癒しと親しみを感じるのですな。

「32c履いた固定ギアで山を走って面白いわけが無い」と、
乗った事の無い方なら思うかもしれませんが・・・本当に面白いんですよコレが。
c0189724_18553996.jpg

そりゃ速度的には全然ダメです。
上りは遅い、下りは足がグルグルで、
ロードと比べると絶対的に遅いですから。

ただ走っている事自体の充足感は、
変速付に劣らないどころか寧ろ濃密。

ハイスペックな自転車が世で持て囃されるのは当然でありましょうが、
こういうサイクリングの根源的な魅力みたいなのも、もっと脚光浴びて欲しい!

が、いざ買おうとなると・・・二の足踏んでしまうのもよく理解できます。
という事で本日はトッツァン固定ワールドへの間口を広げる一台をご案内しましょう。
c0189724_18555661.jpg


「Allcity Nature-Boy トッツァン風味 52」
c0189724_1856819.jpg

シングルスピードのシクロクロス、
そんなジャンルのド真ん中に存在する、
オールシティーのネイチャーボーイ。

気になっている人は気がつくと思いますが、
この色は2013年モデルのカラーであり、
つまり型落ち完成車って奴です。

c0189724_18563119.jpg
型落ちとは言え今年モデルとの違いは、
構成部品がチョコチョコ違うだけで、
フレーム&フォークは全く変わっていません。

それより大きく変わったのは価格

'13モデルは¥85,000と相当安かったのですが、
現行'15モデルは¥111,000とジャンプアップし、
更に春の価格改定で¥126,400にまで!

フレーム&フォークで¥70,000ですから、
'13モデル完成車の価格は破壊的ですらあります。



それでいて内容がペラペラかと言うと、そんな事は全く無く!
フレームには様々なギミックが凝らされている上、内部には防錆のEDコートが施され、
フォークも双葉クラウンで個性を発揮、そしてホイルやヘッドも結構良かったりする。
c0189724_18564282.jpg
しかしそれでも売れ残った'13ネイチャーボーイ。
「何故だ!」ってニーズが少ないからでしょうな。

でもコイツをベースに例えば・・・。
タイヤを良いモノにして~、フリーを固定に換えて~、
サドルはお気に入りのをつけて~、
ビンディグペダル着けて~、とすれば魅力激増


手始めにハンドルをマスタッシュにしてみた此方を、
¥74,100(税別)にてご提案してみようと思う今回。
つまり税込で¥8万ジャストです。

後日記 : 完売致しました! が、毛色を変えてもう一台作ってみます。
c0189724_18565265.jpg
「¥8万なら・・・」って少し思いませんか?

雨でも泥でも気にせず乗れて、
いつもの道を少し新鮮に感じさせてくれる、
そんな一台として十二分に価値があるはず。


冷静に考えればフレーム代に¥4,100追加で、
こんな面白そうな一台が手に入るんですぜ?

傍観している内に無くなって泣いてもしらぬぞえ!

2016モデルが発表され始めましたが、だからこそ型落ちの魅力も再確認あれ。
という事で明日は2016モデル展示会に出向く為、臨時休業させて頂きますです。
by kaleidocycle | 2015-09-07 21:49 | セール

ファンタジーゾーン。

c0189724_13424463.jpg

朝、家の外を吹き抜ける風は秋のそれ。


何度も繰り返しますが、
ワタクシ暑いのがとても苦手な反面、
寒い事に関しては常にウェルカム体勢。

雪や路面凍結で走り辛い事を除けば、
気温が低くて困る事など無い!
とまでは言わねども、暑いよりかはズッと良い。

c0189724_1343292.jpg

8月だというのにこの気候、
最高だね有り難いねとペダルを回す。


夏は虫が多過ぎて走る気がしない、
冬は雪に閉ざされ入れない、
そんな林道へ目指してGoGoGo!

此処来るのは久し振り、2年ぶり位。

c0189724_13433232.jpg
汗の粒が皮膚上に浮かぶけど、
ダラダラ顎から足れる程ではなく。

頭に小バエが集ったり、
アブの襲撃に戸惑わされる事もなく。

軽めのギアでただ黙々と漕ぎ、
ふと気がつけば忘我。

この距離や時間を越える感覚を得られたのはいつ以来か?
はっきり思い出せはしないけれど、久し振りの事にとても嬉しくなる。
c0189724_13435931.jpgc0189724_1414219.jpg


以前と変わらない左右共に「落ちたらゲームオーバー」な尾根道もあれば、
木の切り出しで拡張された林道などもあり、懐かしさと新鮮さの波状攻撃。
c0189724_13441477.jpgc0189724_13442554.jpg



c0189724_13445187.jpg
其処此処に生え始めたキノコ類は愛らしく、
「嗚呼、秋が来たんだ」と幸せに酔う。


MTBやトライアルバイクの轍も無く、
暫く人が入って来ていないであろう、
雑然としたトレイルを独りで堪能。

入った事の無い脇道を見つけ、
脳内で地図を広げ場所を確認。
出る場所は大体想像ついたので突撃。

c0189724_1345315.jpg

結果、見事に。
ルートをロストする馬鹿野郎一人。


ロストした際、やってはいけない事ベスト3、
その1位に輝くであろう愚策、
「とにかく谷底に下りて川沿いに下る」を敢行。

「どうせこの方向で出られるんだから」
という自信を胸に、川をジャブジャブ下り行く。

勿論、出れるには出れましたが40回位ひっくり返りました・・・。
しかし懲りるなどという事があろうか?否!

「この道はアカン」という学習結果を糧とし、次こそは!ってなモンで、
秋の気候に酔い痴れる日々はこれから始まるのです。


弊店ではそんな秋を迎え撃つにあたりセールを開催中。
開催期間は月末までなので残り4日間ですが、30日は定休日なので実質残り3日間
店頭商品はほぼ全て××%OFFという横着且つ乱暴極まりない設定で、
モノによっては危険水域突破価格もチラホラあり。

この際、発送も一律¥×××(一部例外有)にしちゃいますので、
秋に向けて突撃する皆様の点火剤として用命頂ければ幸いです!

後日記 ☆ 迎秋セール終了致しました
by kaleidocycle | 2015-08-27 16:06 | セール

迎秋セール。

久し振りに琵琶湖を見て来ました。
c0189724_1574142.jpg


c0189724_15113223.jpg
「明日は高気圧が云々」とラジオから聞こえた昨晩。
だから6時前にはムクリ起床&スクランブル発進。

街の東に住んでいた頃はよく走ったこの道も、
街の西に引っ越してからはご無沙汰で、
「今夏は何度琵琶湖を見たろうか?」
そんな風に思い起こしても片手で足っちゃう。


湖岸に出る事無く山沿いにグルっと巡り、
上がりは三井寺裏から小関越え経由。
小関越などもう・・・4~5年ぶりかも。

c0189724_15114313.jpg

「今夏はよく走った」と、満足してはいるモノの、
丸一日走った事は一度も無かったりします。


息子が生まれてからは走るのは午前中だけ、
仕事前のサイクリングを毎日堪能。

勿論、それはそれでとても幸せな事なのですが、
チョンガーの頃によく足を伸ばしたあの場所は、
今、どんな風になっているのだろう?
そんな事が頭の隅に常にあるのは事実。

c0189724_1572966.jpg

八月の出口はもうすぐそこに迫り、
暑さにヘロヘロにならずに一日走れる、
そんな時期がもうすぐやって来ます。

9月の19日から始まる5連休に向け、
気温の低下と共に、トキメキいや増す秋。


「時は来た」という事で、
迎秋セールを開催させて頂きます。

期間は明日から今月一杯と短めですが、その分シッカリと食指動く様な内容で攻めます。
店頭在庫に関してはみな××%OFF!みたいな感じで分かり易く参りましょう。
その他、パッケージ傷み・廃盤品・半端物などは更に応相談。

まずは店頭にお越し頂けるお客様へ御奉仕させて頂きたいと願うが故、
「××%」の数字が幾つなのかは明日店頭で公開し、
ブログの方では来週中ほどにでも、という事で。


あのフレームも、あの完成車も、あのハイエンドパーツも、あのジャージも・・・。
さぁ!気分盛り上げて参りましょう!
by kaleidocycle | 2015-08-23 16:35 | セール

海パン解禁日。

c0189724_18251319.jpg

ザッと降ってムワッと湿気て、
如何にも梅雨!って感じになりました。


雨がジャジャ降りならいざ知らず、
パラパラ降っている位であれば、
雨具を着るのも邪魔臭いので・・・。

いっそ濡れてまわんか~い!
と、濡れる前提スタイルで出かけた今朝。

c0189724_18252650.jpg
即ち今年の海パン解禁日であったのです。

海パンと言っても純然たる海パンではありません、
サイクリングついでに川で泳ぐ、
そんなニーズに応えるべくCCPさんが製作した、
ボーダーレスな一本の事を指して「海パン」と。


濡れてもすぐに乾く事に加え、
漕いだ時に張り付かないサラッと感とストレッチ性、
そして何より街で履いても違和感の無い洒落感。

初代が生まれたのはいつだったでしょう?確か2009年かそこらだったと思いますが、
そこからチョコチョコしたモデルチェンジを経て、海で山で川で街でと大活躍。

しているべきなのに、弊店に居残っているモノもチラホラあり。
あまりよろしい事では無いので、夏目前セールしてみたいと思います。
c0189724_18253886.jpgc0189724_18255353.jpg



此方は自分が履いているモノと同じ「PS-O017 ¥16,000」
前面は左右にポケット&ベンチレーションを装備し、
後面はペダリングの邪魔にならない左右大腿部裏に大型ポケットを。
腰には紐が入っているので、ベルト無しでもズッて来ませんぞ。
また右ヒザ部分にのみ用意された小型ポケットは秘密の何かを隠すに最適。
c0189724_1826281.jpg
濡れても乾くのが早いだけでなく、
履いている時の肌触りが良いので、
湿気の多い今の時期も、
べた付かず快適に過ごせます。

え~、ほんでコイツは永い事居るので、
盛大に××%Offで¥×,×××・・・いや、
もう××で行きましょう!¥×,×××!

在庫はベージュのLが1点のみ。サイズと趣味が合う方、此処から救い出してやって下さい。
後日記:PS-O017完売


そんなO017はCCP海パン第二世代となるのですが、
その後、進化を遂げた第三世代が此方「PS-L003 ¥18,000」
c0189724_1826153.jpgc0189724_18262650.jpg


前面に出していたアウトドアテイストを引っ込め、
より都会的なシュッとしたデザインとなっただけでなく、
ポケット周りをメッシュ系素材に変更して、同素材を腰のベンチレーションにも採用。
勝手な主観で言うと「今のCCPらしさ」に通ずる仕上がりとなりましたね。
c0189724_18263537.jpg

今改めて見ても、やっぱり良い。
何で売れ残ったのだろう?と考えるに・・・、
ブログで紹介した事なかったな、と思い至る。

ネイビーは素直に欲しい、でもサイズが無い。


そんな此方の在庫はオリーブのS&M
そしてネイビーのM、其々1点ずつの計3枚。
全て×割引¥××,×××!でのご提案。
後日記:全て完売

自転車をしっかり漕げて、そのまま川ジャブOKというコンセプトで生まれた海パン。
しかし履いた時の楽さや動き易さ、そしてこのルックスの優秀さを考えると、
サイクリング、川&海遊び、キャンプ、フェスに留まらず、
人気のトレールランニングなどでも使えるのかも知れません。

さぁ海パン大放出です!ベタベタ張り付く嫌なパンツを脱ぎさりLet's海パン!
by kaleidocycle | 2015-07-01 19:55 | セール

思ったよりも。

c0189724_17241888.jpg
昨日は家族サービスと言う事で、
神戸の王子動物園に行ってきました。

京都市動物園も立派なモノですが、
王子動物園は更に広く立派。


こんなに大きいとは思わなかった。

そこで見たカバがまた大きかったんですよ、実に。
カバって水の中に居る事が多いのか、その巨体を陸上で見たのははじめて。
c0189724_17242992.jpg
ツキノワグマ位かと思っていましたが、
なんのなんの、完全にヒグマサイズです。

自転車界の巨獣「クランパス」を、
横に置いたとするならたぶんコレ位。


こんなに大きいとは思わなかった。

やはり図鑑で見るのと現物を目の前にするのでは全く印象が違います。


同じ事は自転車でも言えるのでしょう。
いや、普通の自転車ならそういう事は無いでしょうが・・・。
c0189724_17245192.jpg


先日、お客様から御注文頂きせっせと用意させて頂いたクランパスOPS
さぁ用意出来た!あとは乗るだけだ!という段で、
引き取りに来られたお客様が発した一言は・・・。
「こんなにタイヤが大きいとは思わなかった」
c0189724_1725129.jpg

指名買いでのご注文だったので、
此方も何を如何言うて良いのか分かりません。

顔を歪め巨獣を見つめるお客様。
納車で笑顔以外に接するなど人生初。


嫌々乗っても何も良い事はありゃしないので・・・、
はい、キャンセル一丁~!
キャンセル料を頂き、キャンセルと相成りました。

お客様には残念な事で申し訳なくも思いますが、
キャンセル料を頂いたと言う事は、その分だけ次に安く出せると言う事で・・・。

クランパスOPS完成車 Mサイズ 定価¥248,000(税別)を、
特価¥×××,×××(税別)でご提案させて頂きます!  後日記:売約済!
クランパスを御検討頂いている方には朗報としか言えんでしょう!
安い!安いにも程がある!フレーム&フォーク&前後ホイルだけで大体これ位します。

キャンセル料を払って頂いたお客さんの涙を乗り越え、
巨獣使いとなってやろうという方、お待ちしております。


ただ通販一切承りません、店頭納車のみでお願い致します。
「こんなに大きいとは思わなかった」なんて悲しいコメントはもう聞きとうないですから。
by kaleidocycle | 2015-06-26 18:25 | セール

ニッコリは天下の回りモノ。

c0189724_18543231.jpg

濡れた瓦で猫も足滑らす梅雨。
皆様如何お過ごしでしょう?


自転車たる弊店は当然暇です。


c0189724_18545119.jpg
暇な時には何をする?
そりゃ自分の自転車を労わるしかない。

という訳でモンキー号のハンドル交換。

フロントセミファットのモンキー号には、
やっぱSurlyのオープンバーなのでは?
と思うが故、手持ち部品でGoGoGo!

ハンドル&ステムを入れ替えるなんて、実に簡単な作業です。
が、それに付随する「ホース交換」、これは邪魔臭い・・・というのもありますし、
まだ使えるホースを捨てて新品にするなんて、あ~勿体無ぇ勿体無ぇ・・・。

と、ケチ臭く呟く自分の脳裏にピカーンと何かが閃いた。
あれ・・・?なんか・・・?あった様な・・・?
c0189724_1855742.jpg

そういや夢屋のホース持ってたわ!


モンキーで使っているブレーキは、
97と呼ばれる2世代前のXTRで、
組み合わせるべきホースも、
今の「90」ではなく、旧式の「59/63」。

で、買ったは良いけど使う切欠がつかめず仕舞い込んでしまい、
結果として使おうにも行き場所が無い珍品扱いになっていたコイツは、
勿論当時のハイエンドだった97にジャストフィットしちゃう。
c0189724_18553397.jpg
「今使わねばゴミになる」
そんな強迫観念に背を押され、
数年来の封印を解き、
夢屋ホースをインストール!

本来お宝扱いを受けるべき夢屋が、
「これで良いや」と使われる現実。
時間とは残酷なモノです・・・。



まぁそんな風にですね、大事に大事に仕舞っておいても、
出すタイミングを間違えば価値の下落を招く事もありますので、
区切りの良い所で入れ替え・回転させて行く事も重要です。
c0189724_1856355.jpg
メーカーさん、問屋さんが行う、
たな卸しに伴うセールというのもそれ。

で、今回そんなセールがありまして、
それを直接ユーザーに流すのは、
邪道としか言えない行為なのですが、
梅雨時期で暇なので景気付けに、
チョッとだけ出してみたいと思います。

Cateye NIMA(SL-LD130R) 
c0189724_18563837.jpg
キャットアイさんのコンパクト1LEDテールです。


パッと見はアルミボディっぽくて、
他社類似品と混同してしまいそうですが、
樹脂ボディにハーフミラー蒸着処理を行い、
点灯時には側面からも光が漏れるのが特徴。

そんな安全性への配慮だけでなく、
浸水に対するシーリングが真面目なのも、
キャットアイ独特の美点ではないでしょうか。

c0189724_18565267.jpgc0189724_18571768.jpg


ボディがとても小さい事もあり、見た目的に「コレだ!」という感じでも無く、
至って普通、極シンプル、でもテールライトはそれが良いとも言えるかと。
c0189724_18582765.jpg

素直に良い商品だと思います。
定価¥1,500はリーズナブルだし、
完成度も相当に高いレベル。

しかし充電池好きの弊店にとっては、
コイン電池使用ってのは引っ掛かる。
引っ掛かる、引っ掛かりはするけれど・・・。

特価¥1,000(税別)とならば引っ掛かりも吹っ飛び諸手を挙げてバンザイ。
通販をすると他店さんに迷惑が掛かるので店頭販売のみです。
一つは自分で使うので在庫は3つのみ、さぁ雨に怯まずカモ~ン!

c0189724_1858431.jpg
あと、要らんと思いますけどこんなんも。

パールイズミのシマウマ柄ソックス
履くと足がシマウマの顔になる、
ってデザインした人は変な人ですね~。

梅雨時期の洗い代えにと、
自分用に2足買ってみましたが、
欲しい人居たら1足譲ります。

因みに特価¥800

湿っぽい梅雨がこれから続きますが、こういうので明るい気分になって頂ければこれ幸い。
by kaleidocycle | 2015-06-16 20:50 | セール

放出Ⅱ。

朝起きると当然の様に本日も雨。

雨で家に篭っているのはたった2日と言えども、0歳児の息子には辛い様で、
ご機嫌解消の為、車に乗って当所無くぶらぶらドライブへ出た午前中。
c0189724_15265776.jpg

田舎道をのんびり走っていると息子は機嫌よし。

窓の外を流れ行く田んぼ・畑の脇に、
野菜の無人販売所を見つけて停車オーライ。
物色すると例に漏れず何でも¥100。
新鮮な葉物が安く手に入り家内も機嫌よし。


安けりゃ良いってモンでも無いけれど、
良いモノが安いなら誰でもニッコリ。
という訳でニッパチ対策放出第二弾、行きますか!

「SalsaCycles Mamasita」  Mサイズ(18インチ)
c0189724_1527769.jpg



サルサの軽量アルミ製29erハードテールフレームであるママシータ。
捻りを入れたライフスタイル系が多いサルサラインナップにあって、
チョッと異例とも言えるガチ耐久系クロカンフレーム。
c0189724_15273193.jpg

リーフ状に潰しを入れたシートステーに、
三角状にフォーミングしたチェーンステーと、
耐久系ライダーの長丁場を意識したリアバック。

「Mamasita=綺麗なチャンネー」
という名の通り、綺麗な足で御座いますな。


実測1,680gとアルミ29erとしては相当軽量。

c0189724_15275186.jpg
BBシェルはオーバーサイズアクスル対応の、
PF30(Press Fit BB30)。

地方豪族的規格が乱立し、
戦国の様相を呈していた新BB規格ですが、
仲裁役としてコンバーターも沢山出ており、
クランクの選択が制限される事は少ない。


しかし敢えて今、BB30クランクをセットを推奨したい。
何故なら!安く買える事が結構あるから・・・。

c0189724_1528141.jpg
と、そんな功利主義の話だけでなく、
ProblemSolversが出している、
エキセントリック46BB」を使う事で、
シングルスピード化が可能なPF30。


軽量/29er/SS・・・良いよ、良い。

c0189724_15281262.jpg
ヘッドチューブは勿論テーパード

今やテーパード対応フレームで無いと、
フォークの選び幅が日に日に狭まる一方。
例え手持ちのフォークがOSでも、
リデューサ入れれば良いだけの話。


とまぁそんな比較的高性能系フレームである、
SalsaのMamasitaですが、
やはり鉄ばかりの弊店では浮いていた様で・・・。

店の飾りにしかなっていないので、放出価格を提案してみたいと思います。
定価¥72,000の所!××の¥××,000 (税別)で如何でしょう! 後日記:完売
¥××,000で買えるフレームって・・・しかもこんなに素敵なチャンネーが。



c0189724_15282529.jpg
「フレーム買うならついでにフォークも」
そんなアナタには此方を推薦。

サンツアーのSF12/Epicon29er
商標の問題に巻き込まれ、
今年からEpixonという名前に変わりましたが、
中身は基本的に変わっていません。


というのは嘘で。
実はお値段据え置き&中身は退化してたり。

c0189724_1528348.jpg
昔のエピコンは良かった・・・、
肩は中空のホロークラウンが選べた。

しかしSF14シリーズになって、
国内仕様のエピコンは鍛造クラウンのみに。


エピクソンは写真を見るとホローだけど、
国内に来るのはどうも鍛造っぽい。

代理店資料にある写真ではホローなのですが、
あれ多分エピクソンシリーズの最高峰モデルの画像なんですよね。
c0189724_15284433.jpg
日本で展開するのはエントリーモデルの、
Lo-Rグレードなので、恐らく肩は鍛造。

同じくダンパーも写真ではRCだけれども、
Lo-Rグレードなので調整はリバンドのみで、
他にはロックアウトがつくという仕様のはず。


その点、昔のエピコンは良かった・・・、
ロースピードコンプレッション調整がついた、
RCダンパーモデルが選べたのだから。

過去を懐かしんでいても仕方無い、世にあるのは進化だけで無く、
為替の変動や戦略など明るい話だけとは限らないので御座います。

しかし!此処に御座います、
「テーパードコラム&15mmスルーアクスル&ホロークラウン&RCダンパー」
という充実内容の一本を、Mamasitaと同時に放出と言う事で、
定価¥64,400の所!¥××,×××(税別)で如何でしょう! 後日記:フォーク完売


景気よくもう一声!
フレームとフォークセットなら更に¥¥××,×××!フォーク完売の為、セット提案無し。
このハイスペックフレーム&フォークがセットで¥××!高いとは言わせない!

田舎の無人販売所で「おぉっ!」という様なブツを見つけた時と同じ、
トキメキを感じて頂けた方、是非御検討下さい。
by kaleidocycle | 2015-01-27 17:47 | セール


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧