井戸端監視カメラ



カテゴリ:駄情報( 501 )


同姓同名。

c0189724_18374762.jpg

此処の所もっぱら通勤SPLと化している、
トッツァン固定ギアのタイヤが減っています。


センターばかりが磨耗しサイドはガッツリ残有。

此処は秘技「彫刻刀で溝を刻む」で対応・・・、
出来る訳も無いので交換する事に決定。

さて・・・次は何を履きましょうかね?

と考えた結果、現在の使用用途に最も適していると判断したのが此方。
Maxxis Re-fuse 700x32c  ¥4,000(税別)
c0189724_18384123.jpgc0189724_18391271.jpg



のんびりフンワリ何処でも走るべく太さはフレームに呑める最大幅32c。
パターンは林道行が多かった以前履いていたセミノブのグラベルキングから一転、
細か~いヤスリ目がトレッド面一杯に広がる守備範囲の広いモノに。
c0189724_1840784.jpg



c0189724_18403446.jpg
ブロックがキュートだった以前と比べると、
丸いセミスリックは大人しい感じというか、
普通というかオッサンっぽいというか・・・。

しかし通勤&朝のチョイ乗りが多い今ですから、
このオッサンっぽさがピタリと来るのですな。


表記は32cですが、実測幅は約30mmと細めで、
ワウンドアップのコミューターフォークには、
御覧の様に良い塩梅のクリアランスで収まりました。

c0189724_18415956.jpg
で、このマキシスのリフューズは、
完成車についている事も多い製品ですが、
今回のはチョッと良い版のケブラービード。


更に「リフューズ32c」という名前で、
¥8,500/¥4,000/¥3,000と3種あり、
何が違うねん?と混乱します。

現在マキシスの国内代理店はインターテックさんとマルイさんの2社あり、
最も安価な¥3,000の分はインターテックさん扱いで、
トレッド面下のみをシルクワームで覆う「SilkWorm」仕様なので軽くしなやか。

対して今回選んだのは3種の真ん中に位置するマルイさん扱いのスタンダード版で、
全周をシルクワームで覆い、更にトレッド面下をケブラーで強化した「MaxxShield」仕様。
これまで履いていたグラベルキングも充分タフなタイヤですが、
林道を固定ギアで走るとふいにサイドを引っ掛ける事があったので、
よりタフなモノを求めて選ぶとなると、この¥4,000版になる訳です。

そして一番高価な¥8,500の分は同じくマルイさん扱いでチューブレス対応で、
トッツァン固定ギアのチューブレス化はまだ先の課題なので却下。


同姓同名、嗚呼ややこしや。
by kaleidocycle | 2017-05-11 21:10 | 駄情報

定休日のお報せ+α。

「GWなど無関係」と豪語していた弊店ですが、明日は通常通り定休日となります。
以上です。
c0189724_20462015.jpg


c0189724_2047075.jpg
と、一文だけで〆るのも寂しいので、
本日仕上げたカルトスターの画像を貼ってみます。


ワタクシは我が子が可愛く見えて仕方ありません。
何度も目を擦りながら「本当はどうなんだろう?」と、
親バイアスが掛かって無い状態を想像するのですが、
「他人から見たら面白い顔・・面白・・・可愛い」
てな具合でどうしても可愛くしか見えません。

同じくカルトも純粋なる客観視は難しく、
組み上げる度に惚れ惚れしてしまうのです。

屋号を「親馬鹿井戸サイクル」に変える日が、すぐそこまで来ているのかもしれません。
by kaleidocycle | 2017-05-04 20:59 | 駄情報

アンチカレンダー主義。

c0189724_20544481.jpg
本日、GWの中日にしてメーデー。

とは関係無く、開店前の時間を使って、
マイマシーンの車検にゴージョニゴー。

こんな時期だから陸事も空いてるか?
と淡い期待を抱いていましたが、
甘いですね、普通より混んでました。

って検査場の事とかどうでも良いですね。

とりあえずGWもカレンダー無関係でいつも通り生きています。
c0189724_2055853.jpg



c0189724_20552660.jpg




by kaleidocycle | 2017-05-01 21:13 | 駄情報

性豪。

c0189724_18353932.jpg

ティッシュが手放せないハナミズ期も終わり、
両手でしっかりハンドルが握れる様になりました。

更にこの好天ですから少し位は走りに行きたい、
と、仕事前に小一時間程度プ~ラプラ。


チョイと走るだけですから、着替えるのも面倒。
シューズ履くのさえ面倒なのでサンダルでGo。


c0189724_1923452.jpg

絶賛保育中の為、中々走りに出れて無い今ですが、
短時間でもパーンと走るとやはり気持ち良いですな。

リャリャリャリャリャ!っと踏み込み負荷を掛けた際、
膝の上に感じる痛み一歩手前の感触が・・・、
辛い様で辛くなくて、寧ろ心地良かったりします。


もしかして膝の上には性感帯があるのでしょうか?
そうであるとするなら、自転車は一種のエロなのかも。

まぁしかしそんな負荷を「気持ち良い」と言えるのも時間&距離が短いからで、
サイクルエロとしては淡白極まりないワタクシは、一発走ればすぐ満足。

それと比べて世の中にはなんと豪快なサイクルエロッサーが居る事でしょう。
c0189724_1925124.jpg


此方、日々お世話になっている、
某社代表氏が来られた際、
「コレ貼っといて」と渡された、
サイクルイベントのポスター。


「国内最狂クラス」とでも言うべき、
過酷なサイクルイベント、
山岳グランフォンドin吉野です。


スーパーロングコースは、
総距離210km、最大斜度22%、
積算高低差約4,300m、
それを半日以内に駆け抜けよ、と。

c0189724_1933771.jpg
無理無理無理無理。
無理って連呼するとリムになりますね、うふふふ。
とか思考回路がショートする位に無理。

「走り放題」は分かりますけど、
「食べ放題」って、食物喉通るんですか?

こんな過酷な世界は自分にゃ関係無ぇわ、
と思いながらも貼り出したポスターですが、
店頭に響く「お、コレ行こうや!」という声に、
耳を3度も4度も掻っぽじってしまいました。

想像してみて下さい、膝に、腿に、脹脛に性感帯がある世の中を。
その仮説が現実であるとするならGF吉野は・・・激エロの宴なのです。

参加される諸氏におかれましては、どうか赤玉を出されませぬ様お祈り申し上げます。
by kaleidocycle | 2017-04-27 20:14 | 駄情報

0.01%。

細かくパラパラ降る雨は大好きなのですが、湿気が強烈ですね、今日は。

こんな週末は自転車屋も当然暇でありますので、
今回は実にどうでも良い、くだらない事を書いてみましょう。
c0189724_19591669.jpgc0189724_19592577.jpg



私がNiner/RLT9で使っているのはTRP/Hylexという油圧ブレーキでして、
効き・タッチ・握り具合・指掛かりと全面的に良いブレーキで気に入っております。

ただ「取り付けバンドのナット」、此処だけはチョッと・・・。
c0189724_200170.jpg
コレ、多分チタンだと思うのですが、
かなり柔らかい素材なんですよ。

なので締めたり~、緩めたり~、
と繰り返している内に、
アレンキーの掛かりがガバガバに。

やがてナメて外せなくなる、と。

c0189724_2004342.jpg
プレミアム感とか軽量化とか、
狙いがある事は分かるのですが、
自分にとっては必要が無く、
失礼承知で言えばチタンなぞ邪魔です。

なので実用的な鉄ナットに変えるべし、
と適当なナットを捜した所、
出て来たのはブレーキの沈頭ナット。

c0189724_2002185.jpg

内側を揉んで、頭を少し削れば使えそうですが、
ネジ山の掛かりが浅くなるのがやや納得行かない。


じゃぁやっぱチャンとしたの買いますか、
と用意したのはTRPでもTektroでも無く、
シマノ/アルテグラのSTI用補修部品。

・ST-6800 バンドユニット(E98050) ¥765


c0189724_20053100.jpg
左がシマノ、右がTRP。

同じとまでは言わねども、
代替えとするには充分な範囲です。


世の99.99%までには無用な話です、
が、此処にトラブル抱える人って、
案外少なく無いんじゃないかなぁ、と。

「ナットがガバついてナメそうで怖い」そんなTRPユーザーの方は、
本当にナメて邪魔臭い状態に陥る前に、ナット交換を検討してみては如何でしょうか?
by kaleidocycle | 2017-04-08 20:45 | 駄情報

後悔すれっども。

c0189724_2052514.jpg
ついつい浮かれる春の陽気で御座います。
(つーか今日から暫く雨だそうですが)


お陰様で長男も保育園のクラスが一つ上がり、
今月より黒熊組の一員へと昇格致しました。

で、一歩お兄さんになるという事は、
より自立を求められるという事でもあるらしく、
保育園に持って行く荷物が少し増えましてですね、
荷物をどう持つかで毎朝悩んでおります。

c0189724_2054636.jpg
ロングテールバイクを使えば即解決する問題です。

しかし我がロングテールのベースたる1x1は、
普通のMTBとして乗っていた時に、
コラムをスパッと切ってしまっており、
子供乗せ車両として使うには少々ハンドルが低い。


いや、別に普通に乗れるは乗れるのですが、
ユラ~っと送迎に使うにはチョッと低いのです。

しかし気候も良くなって来ましたので、思い腰を上げて改修作戦開始。
用意したのは懐かしのオーバーサイズスレッドフォーク
c0189724_206879.jpgc0189724_2062295.jpg



c0189724_207587.jpg
ヤッホーオークションで新品¥5,000也。

本当はタンゲのビッグフォークが欲しかったとか、
取引したら出品者が知り合いだった、
てな恥ずかしい話は置いといて。

何は無くともフォークをブチ抜いて、
続いてアヘッドセットも抜きます。

十数年物のタンゲのLAV82、
退色による圧入部と露出部の色の差が、
過ぎた時間を物語っておりますです。

c0189724_2071898.jpg
そして代わりに挿入するは、
軽量OSスレッドヘッドセット、
TiogaのアベンジャーDSL。

売れ残りです、紛う事無き売れ残り。
最早需要など無いに等しい此奴ですから、
「捨ててしまえぃ!」と考えた事もあります。


しかし、只管にジッと耐え続ければ、
いつか出番がやって来る、いい話ですウンウン。

同じく「この在庫は一体何の役に立つのだろう?」と悩んだ夜もある、
日東のOSスレッド用ステムをスポッと挿したら、ハイ完成。
3~4cmほどもハンドル位置が上がりましたでしょうか。
c0189724_2054636.jpgc0189724_2072950.jpg



当然、乗車姿勢はよりコンフォートになりましたので、
長男送迎兵器としての能力はかなり向上したと思われます。

本当に「今更感」がジューシーなまでに溢れるOSスレッドですが、
ハンドルの高さを簡単に変えられるというメリットは、
再び見直されるべき時期に来ているのかもしれません。

ってないないないないない。


因みにアベンジャーDSLは黒があと1つ、日東のステムは3つほどありますので、
ワタクシと同様の悩みを抱えて居られる方は、スレッド化を御検討あれ。
by kaleidocycle | 2017-04-06 21:06 | 駄情報

虚実綯交ぜ。

c0189724_19373346.jpg

新型クロスチェックのサンプル車両が届きました。
タイヤクリアランスが拡大された事をうけ、
遂に29erを履けるモンスタークロスに!


てな事は100%嘘です。

クロスチェック&ストラグラー(以降C&S)は、
フロントのみは29x2.1程度を呑めますので、
リアも同様のクリアランスなら面白いのになぁ、
と思いはすれど、現実問題厳しいですね。

c0189724_19381759.jpg

じゃぁC&Sに履ける最も太いタイヤとは?

語り尽くされた様でありながらも曖昧、
そんな問いへの(今現在の)答は、
自分の知る限りコレなんじゃないかな~?
というのは此方のツルツル坊主。


WTB/ThickSlick29x2.1 ¥5,400(税別)

「Thick=分厚い」という名の通りのタフなタイヤながら、
トレッドデザインなど一切無い問答無用のフルスリックっぷりで、
実用タイヤでも無ければパフォーマンスタイヤでもないという、
何とも形容し難い独自路線を突き進む逸品で御座います。
c0189724_193938100.jpgc0189724_19395941.jpg



パッと見はチューブ丸出しで走っているみたい。
このルックスが評価されてか、ショーバイクについているのをよく見る気がします。
c0189724_19401137.jpg



c0189724_19405234.jpg

「2.1インチ=約53mm」という事で、
数字上はかなり厳しそうな感じですが、
実測幅は約48mmだったりしますので、
御覧の様に絶妙にギリギリな感じで収まる、と。


これだけエアボリュームがあれば、
林道も結構行けてしまうんじゃないかと思います。

「嘘です」というのは嘘です。

同様のフルスリックタイヤで「リッチー/モビーバイト」というのがありましたが、
ドライ路面であれば普通にトレイルを走れてしまったりしたので、
調子に乗って無理をしなければ、シックスリックで林道ってありだと思うんですよね。
マジでマジでマジでマジで。

それよりも雨の日に京都駅北口みたいなタイル張りの路面を走ると、
ん・・・スカっ!とスッ転びそうですね、マジで。
by kaleidocycle | 2017-04-01 21:18 | 駄情報

納期。

c0189724_19173044.jpg
早くも明日から4月という事でして、
花見の予定を検討されている方も、
多いのではないでしょうか。

弊店前を流れる堀川疎水沿いでは、
明日・明後日の土日は、
堀川桜祭りなる催事が行われる・・・、
予定なのDeathが。

c0189724_19173856.jpg




視界の中だけで言うなら、
咲いてる桜はゼロ。


祭りには厳しい状態です。




c0189724_19174611.jpg
桜祭り担当のお役人さんは今頃、
納期ズレに頭を抱えている事でしょう。

相手は自然で御座いますから、
予定を立てるのは難しいですね。

まぁしかし現時点でこの蕾という事は、
来週末辺りには見頃になりましょうか。

堀川の桜はまだまだな状況ですが、御所の梅桃は満開ですので、
今週末に花見の予定を入れられていた方は京都御所をお勧めしますです。
by kaleidocycle | 2017-03-31 20:32 | 駄情報

To the mountain。

c0189724_14135035.jpg


山が良い季節になって来ました。

短パン・脛出しでバビューンです。


次男が当家に加入して以降、
長男を保育園に送り届けるという、
使命がワタクシに課されましたが故、
走りに行く機会が随分減りました。

が、走りに行くタイミングの掴み方が、
徐々に分かって来た事に加え、
この快楽気候が到来した事もあり、
朝のプチ山岳行が復活基調。

c0189724_15165242.jpg
走って当たり前だと思っていた山も、
暫くの休眠を経て走ると改めて、
「良い・・・山は良い」と、感じ入ります。

そんな山の何が良いか?と言えば、
やはり「人が居ない事」に尽きましょう。


静かな人気の無い山道を、
好きな方角へ好きな様に走る、
これはある種の自由の顕現なのであります!

c0189724_14144955.jpg
と、鼻息荒く語ってみても家庭持ちは家庭持ち。
自由を最大の価値とする生き方ではありません。

「でも山は良いんだよ?」
と、子供にも価値観を押し付けるべく、
子供の好きなお山へ行って来た先週土曜。
そう、心の故郷生駒山上遊園地です。


3歳の長男を連れて行くついでに、
同じく3歳のCosset-bagの娘も誘ってGoGo。

生駒山上遊園地の何が良いって、まず全く混まない所が最高に良い。
春休みに突入した土曜日だと言うのに人出は疎ら、並ぶ事など一切無し。

そして乗り物のレベルが低いというのが、幼児連れにはとても好都合。
3歳児が乗れない遊具は3つのみ、他は全て3歳でも乗れてしまうのです。
とは言っても足漕ぎコースターに乗れば大阪市内が眼下に広がり気分爽快、
・・・というよりも恐怖を感じます、チョッと本気で怖い。
c0189724_1415189.jpg



更に入園料が無料というのも有り難い。
車で行くと有料道路¥720と駐車場¥1,200が必要ですが、四人で行けば一人頭¥500。


しかし「乗り放題券か?回数券か?」という問題は真剣に考えて行かねばなりません。
回数券は12枚つづりで¥3,300なので、乗り物一回乗車につき¥275。
12回も乗れば充分以上、と考えるのは早計でして、
幼児連れの場合は大人も同伴して乗る事が多い為、親子で6回しか乗れない事に。

6回・・・6回は少々物足りないけど・・・じゃぁもう一冊回数券買うと¥3,300x2=¥6,600。
それなら乗り放題で大人¥3,200+幼児¥2,500=¥5,700の方がお得。
c0189724_14151543.jpg
と言う事で、子供が一人で乗れる年齢であれば、
回数券で攻めるのがクレバーでしょうし、
反対に幼児と行くなら乗り放題券の方が良いかと。


あと飲食コーナーの内容は昭和のまんまですので、
可能であればお弁当を持って行く方が良いでしょう。

我々はオッサンx2と幼児x2のチームでしたので、
弁当などというハッピーなモノはご縁も無く、
「子供の頃、こんなん喰ったなぁ~」と感慨に耽りつつ、
カレーとうどんを掻っ込みましたとさ。
by kaleidocycle | 2017-03-29 19:42 | 駄情報

メール不調。

現在メール不調につき受信出来ない状態となっております

後日記:復旧致しました!
by kaleidocycle | 2017-03-23 12:09 | 駄情報


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧