井戸端監視カメラ



カテゴリ:駄情報( 504 )


パラダイナモシフト。

チビっとだけですが京都市内に雪が積もりました。
滅多に積もらない雪ですから、寒かろうと何だろうと嬉しくなります。
c0189724_18533276.jpg



c0189724_18541230.jpg

犬も喜び庭駆け回るはずです、
ホラ、あそこのマルチーズも、
パッと飛び出して来るん違います?

路面が滑るので慎重に慎重に、
警戒しながら近付いて行くと・・・。

c0189724_18542172.jpg
マルチーズじゃ・・・ないですね。

おっかしいなぁ~、マルチーズに見えたんやけど。
オッサン化と共に目が悪くなって来たのでしょうか?

そもそも動体視力が異常に悪く、
以前動体視力検査をした際には、
検査員さんに「ふざけないで真剣に」と、
理不尽に叱られた事もある私ですから、
今後は更なる視界確保に努めるべきでしょう。

c0189724_1854363.jpg
そんな視力劣化著しいオッサンが、
今巷で大ブームだと言ったら、
貴方は信じますか?信じませんか?

私は信じません。
しかしそんなホラでも考えてみねば、
ハブダイナモの相談が急増している、
この異常事態の説明がつかんのです。

私も一応ハブダイナモ装着車両に乗っていますが、
「最高だね!」みたいな気分は微塵もありません。
まぁ走ってる限りとりあえず前を照らしてくれるから良いんじゃね?位の感じ。

今時はバッテリーライトの方が安価で明るいライトを選べますからねぇ。
コストバリューで言うとハブダイナモは如何考えても劣勢です。
c0189724_18551747.jpg
では何故ハブダイナモなのか?

それはメガネに例えると分かり易く、
目が悪い人が出かける時にメガネを忘れる、
そんな事を想像すると・・・あな恐ろしや。

それと同じく、夜間ライトが無い事を想像すると、
鶏並みの夜間視力になったオッサンにとっては、
平和な街角でさえも闇夜のジャングル同然。
故にハブダイナモ、アイウォンチューなのかと。

c0189724_1855222.jpg
趣味性も盛り込んで豪華にシュミット!
とかを選ぶ自由は当然ありますが、
メガネがJINS(¥8,000)の私は、
ディスク対応・クイック仕様で¥5,520と、
とにかく安い「3D32」がお勧め。

見た目がチープ?重量が重い?
ハブダイナモに何を求めるか、ですよ。

c0189724_18571987.jpg
このハブをベースに安いリムで組めば、
スポーク&工賃合わせて¥13,000程度。

現在のホイルをバラしてリム再利用すれば、
¥11,000でお釣りが来ます。


とは言え別途ライト体も必要ですので、
何だかんだで¥15,000以上必要。
それだけ予算があれば強烈に明るい、
充電式のバッテリーライトが買えます。

「それでも何でもハブダイナモなんだよ!バカヤロウ!」という人が、
急に増えだした感のある昨今、地球に何かが起きているのかもしれません。

パラダイムシフトの先頭を突っ走ろうという新ハブダイナモ主義の方は、
是非ハブダイナモでのホイル組みを御用命下さいませ。
by kaleidocycle | 2018-01-14 19:45 | 駄情報

ビッグカード。

「2018年も引き続きデカい車両専門店として邁進致します」
てな気合は一切無いし、そもそもデカいサイズ専門ではありません。

しかし何故かデカいサイズの御注文を頂く事が多く、
今年一発目の作業はこれまたデカいディスクトラッカーの62
此処までデカいと国内扱いは無く、本国取り寄せのみとなってしまいます。
c0189724_21261058.jpg


「大きくなってもお値段そのまま!」という事でグラム単価は超お得。
故に大きなサイズは人気があるので御座いましょうなぁ、うんうん。

と、そんなクソつまらん冗談を言うと本当に怒る人もいるかもしれない、
それくらい背の高い人の自転車選びは大変らしい。
デカい自転車特有のアドバイスとかは全然出来ないのですが、
無いモノの手配とかは可能な限りさせて頂きますのでお困りの方は是非。
(デカい自転車特有のアドバイスが必要な方は、大将がデカい回転木馬さんへGo!)


c0189724_21261641.jpg
「ビッグな俺にビッグなマシンをくれよ」
と金塊決済されるお客様も多いですが、
お支払いは現金のみでお願いしている弊店。

が!
2018年、遂にカード決済が可能に!

個人的にはいつもニコニコ現金払い主義なれど、
カードが使えないとマズいというお声を受け、
重い腰をやっと上げてみました。

多分来月辺りからカード決済可能になるかと思いますが、
正直、自分自身がカードを殆ど使わないので何が何やらです。

この手の話に詳しい人、教えて下さい。
by kaleidocycle | 2018-01-09 22:15 | 駄情報

2017大団円。

今年最後に組ませて頂いたのはSurly/Ogreだった訳ですが、
納車となると実はまだ最終走者が残っておりまして。
c0189724_14195794.jpg



c0189724_14206100.jpg
2017年を締め括る一台は、
待って待って待ってやっと生まれた、
難産ベイビー「Windcog/ZIC」


遠方からお越し頂いたお客様は、
パパっと畳んで帰りは輪行との事。

フォールディングシステムも簡単なら、
専用輪行袋の使い勝手も超良好で、
パッキングに掛かる時間は2分程度かと。

とてもとても詳細な説明書が付属していますので、
正月はコタツ&ミカンを供に、ジックリ読み進めて頂きとう御座います。
c0189724_14202222.jpgc0189724_14203967.jpg





そんなこんなで弊店の年内営業はコレにて終了。新年は6日(土)から営業致します。
正月休みの間でも、何か突発的お困り事が発生しました際には、
メール頂ければ可能な限り対応させて頂きますので、その際はどうぞ御遠慮無く。
c0189724_14212260.jpg


今年一年お付き合い頂き有難う御座いました!
また来年お目に掛かりましょう、よいお年を!


北野天満宮に来る際は。
by kaleidocycle | 2017-12-29 16:25 | 駄情報

追補。

恐竜をこよなく愛する長男(3歳)の中で現在流行っている「バンダイ/ワイルドエッグ」
まぁ変身ロボット恐竜版、的な奴で御座いまして展開すると御覧の通り。
c0189724_2123291.jpgc0189724_2124266.jpg


c0189724_212526.jpg
「ただ一つ違っていたのは、
 奥様は魔女だったのです。」

というのは懐かしの海外ドラマ。

「ただ一つ違っていたのは、
 此奴は¥100の偽物だったのです。」


ニセモノというと聞こえが悪いですが、
100円ショップに売っていた此奴は、
どこからどうみても・・・完コピ品?

c0189724_2133621.jpg
自宅にある本物と比べてみると、
本物がインドネシア製なのに対し、
¥100版は中国製と故郷が違うとか、
関節部分のシッカリ感が違うとか、
チリの合わせがいい加減過ぎるとか、
まぁチョコチョコとした差異はあります。

しかし本物¥900、偽物¥100、
倫理・感情・その他諸々要素を排し、
純粋に商品性を評価するなら・・・ねぇ?



c0189724_21414.jpg
で、此方は昨日の投稿で缶詰扱いした、
Brand-Xの激安ドロッパーポスト「Acend」

今回の購入価格約¥13,000と、
常識的に考えれば危ないくらい安いです。
それでいてキッチリ使い物になるのです!

ただ徹底してコストカットされている様で、
見えない部分とかの仕上げは最低限ですし、
リモートレバーのヒンジなどはかなりガクガク。

c0189724_2142913.jpgc0189724_214389.jpg



動作のスムースネスや首振りの大きさも一世代前レベル、
いや、動きの質感で言えば初代ジョップリンにさえ負けるかも。
因みに安くて使えるドロッパーの代表格であるGiant/conectとは、
見た目自体は血縁を感じさせるモノあれども、質感はかなりの差があり。

しかし!ケツがプリプリの柔肌ならともかく、オッサンのザラザラのケツならば、
質感もクソも動くだけで万々歳、それが¥13,000ならマンセーマンセー!という話。
なので、激安ドロッパーが全面的に素晴らしいという訳ではない事を追記する次第。


上げ下げする度に快楽に酔い痴れたい人は、現時点でのドロッパーのベンチマーク、
「Bikeyoke/Revive」をお勧めするのは当然で御座います。
c0189724_215344.jpgc0189724_2151297.jpg



激安ドロッパーが3本以上買える値段しますけど、まぁ・・・全然違いますわ。


そんなこんなで本日は此処まで。
自宅に帰って風呂に入り、100円ショップで買ったオモチャで遊ぼうと思います。
c0189724_2153861.jpg



by kaleidocycle | 2017-12-08 22:05 | 駄情報

届け届くかこの想い。

c0189724_16385312.jpg
毎月一日と言えば?
勿論パペラキュウの更新日!ですね~。

「ですね」って同意求めんな田吾作、
という話ですが、毎月一日が待ち遠しい。

しかし今月12月1日はパペラキュウ更新を凌ぐショックウェーブがドカン。
Surlyのブランニューマシーン「Pack-rat」の全貌が公式HPにて発表されました。
c0189724_1639633.jpg

「小径化したクロスチェック」
「リムブレーキ版ストラグラー」

そんな所が大筋となる訳ですが、
少し変な事に気がつきませんか?

写真が歪んでいるというか、
事故ったフレームみたいというか。


そう、ヘッドが妙に立ってます。

ジオメトリノートを確認すると・・・650Bモデルで74度と随分立っています。
これは切れっ切れのハンドリングを狙った刺激的な一台なのか?

と疑問に思うより先に目に入って来る「フロントラック」。
どうやらパックラットはフロントラック取り付けを前提に設計されており、
ラック積載時のハンドリングバランスを狙っての74度なのか?と想像される訳です。
c0189724_16395833.jpg




クロスチェックよりもコンパクトで、LHTよりも機敏、
そんな割と広いニッチゾーンを狙って放たれるパックラットですが、
確実にストライク入る所から、ヘッド角と同じく少し角度をズラして来た、
それが吉と出るかはたまた・・・どうなるか?
c0189724_16401066.jpg

小さいフレームは26インチ、
大きいフレームは650Bと、
小人から巨人まで等しく、
美しい立ち姿を得れる一台。

発表されたばかりですから、
デリバリー時期は完全未定。

クロスチェックと同じ132.5mmエンドですので、ハブはMTB&ロード共にOK、
そして勿論シングルスピードもOK!という事で、押入れのガラクタを漁って、
パララックスハブとかSEブレーキとか引っ張り出してビルドアップ計画を練りつつ、
その登場を気長に待つ事にしましょう。


あと此方は1日発表ではなく本日3日発表ですが!
c0189724_16402384.jpg
弊店注目しまくっているも、
出来ない出来ない完成しない、
そんなWindcogが遂に!
完成したとの報が!

通関の段取り次第ですが、
クリスマス前に滑り込みで、
入荷・・・するかな~?

阿呆ほど混み合うクリスマス前の通関を無事突破して届くのか?
サンタクロースを信じる歳でも無いので、護摩を焚いて祈願したいと思います。
by kaleidocycle | 2017-12-03 18:23 | 駄情報

年末ディアゴスティーニ。

c0189724_172541.jpg
先日自家用車のワイパーゴムを交換しました。

で、旧いゴムは「捨てる」で良いとして、
ゴムを支えるこのステンレス製の板が、
なんだか勿体無くて捨てれんのレス。

ん~、何かに使えそうな気がする、
さて何に使おうか?と考えてはみるものの、
ふと我に返って冷静に見るとそれは・・・、
なんとただのゴミだったのです。

使えるかゴミかの分かれ目は物凄く簡単、「具体的目的があるか否か」。
さぁ貴方の目にはゴミと写るか?「アレをこうして・・・」と遊べるオモチャと写るか?
c0189724_1725148.jpg



「めっきり乗る機会が減ったし置き場所も取るから」と、
数年振りに故郷に戻って来たオーダー製作のトラックミニベロbyEBS。
c0189724_17252250.jpg

現在ラインナップにある、
ホリゾンタル451とは違い、
ヘッド周りはラグ&シートは巻きの、
ニードル451とでも言うべき一台。

6年以上乗り込まれていますので、
塗装の状態は中々にボロいです。

で、そんな此奴を¥5万くらいで何方かお買い上げ頂けまいか?とはオーナー談。

¥5万!高いわオーナー!ボンコツのフレーム&フォークが¥5万は高い!
それではホイルもおつけしましょう。
c0189724_17254590.jpgc0189724_1811011.jpg



c0189724_17262045.jpg
おぉ~デュラのトラックハブ。
「すぐ消える」でお馴染みのロゴは、
お約束通り消え始めているが、
腐っても鯛とは正にコレ。

「腐っても?失敬な!腐るとはこういう事だ!」

タタタタイヤが!大変な事に!
このタイヤこそゴミというに相応しい、
即捥いで破棄する事に致しましょう。

c0189724_17263371.jpg
「あとコレもつけておこう」

チョッとボロいブレーキ前後、
かなりボロいサドル・ロールス、
相当ボロいレコードクランク。

なるほど、コレで組め、と。

c0189724_1727029.jpg
残るはヘッドセット、ステム、ハンドル、
タイヤ、ブレーキレバーといった所か。

「それ位なら家に転がっておるわ」
という貴方、正月の暇潰しとして、
ミニベロ再生などは如何でしょう?

塗装も缶スプレーでシャーっとやって、
シンナー臭い!と家族に怒られて、
みたいなDIYあるあるを展開しながら。

キッチリ仕上げよう、という方にはお勧めしません。
フレームを業者さんで再塗装すれば新車同様の輝きは得れますが、
ダウンチューブにペコがあるので、キッチリやるならパイプ差し替えしたいし、
ホイルも取り合えず使えるとしても、キッチリやるならスポーク張替えたいしと、
やるべき事が次から次へと出て来てしまうはずですからね。

「あ~、分かっとる分かっとる、細かい事をガタガタ抜かすな」
と言う方はお手持ちの部品を整理しながら価格交渉に挑んで下さいませ。
by kaleidocycle | 2017-11-27 18:55 | 駄情報

ゲットザグローリー。

本日「勤労感謝の日」は、仕事がある事に感謝する日です。
有り難い有り難い、嗚呼有り難い有り難い・・・あかん涙出て来た。

仕事があれば何でも出来る、といったのはアントンさんでしたでしょうか?
秒速で1億円稼ぐ事は出来ませんが、地道に働いて五百円玉貯金をすれば、
いつか・・・コレ買えるかなぁ・・・。
c0189724_21463950.jpg


細野の喫茶マウントウエスト、¥800万だそうです。
栗尾バイパスの開通に伴い、実質自転車専用峠と化した栗尾峠の入り口で、
夏には隣の旧細野小学校でプールに入れると言う素晴らしい立地。

欲しい。
けど¥800万など何処にも無い、十分の一の¥80万さえも無い。

今は全然話にならんけど、勤労勤労また勤労でいつかは買えるかも!
と夢見て今日は勤労感謝、明日も明後日も勤労感謝です。
by kaleidocycle | 2017-11-23 22:07 | 駄情報

モルモットハンター。

c0189724_18554468.jpg

観光シーズンを迎えた週末。

名所、旧跡、催事会場と、
其処此処で人混みが多発しております。


弊店の周りは地味なスポットしか無いので、
人出についてはあまりピンと来ないのですが、
行く所行けば「うおっ!」となりますね。

c0189724_18562100.jpg

人が多く集まると道は混みますし、
駐車場もすぐ一杯になりますから、
出掛けるのが少々億劫になったりも。

しかし快晴の日曜の朝、
幼児の息子と家でゴロゴロ過ごすのは、
勿体無いというか罪悪感を感じるというか、
ん~・・・何かねぇ?

c0189724_18551419.jpg

そんな事を考えながら朝飯を喰っていると、
長男が「動物園、行コッカ・・」と呟きます。

あぁ、仕事前に動物園ね、クールだね、
行こ行こ、行きましょう、即行きましょう。


という事で親子連れ立ち自転車に跨り、
冷たい朝の空気の中、一路動物園へ。

c0189724_1856244.jpg
恐らく年間50回くらい来ている、
慣れ親しんだ京都市動物園。

故に特別見てどうこう言うモノも無く、
寒さに縮こまるテンジクネズミを、
座ってボーっと見ているとか、
そんな事してるのが精々です。

気合を入れる事無く自転車でブラブラと動物園に行ける京都市という街。
狭く、平地で、観光時期にはエゲツなく混む場所もある街。

他府県から観光に来られる場合は是非パーク&ライドをお勧めします。
車に乗ってる楽さも良いですが、待ったり考えたりしなくてよい気楽さも良いモンですよ。
by kaleidocycle | 2017-11-19 20:11 | 駄情報

月末予報。

先月から頼まれてもいない展示車をパカパカ組んで居りましたが、
少々息切れ気味で手が止まり始めております。

次はペーサーをアア組むか?いやモンキーをコウ組むか?
やっぱマラケシュを組むのが先か?うんにゃ1x1からか?
と、考えていても仕方が無いのでTimberjackに手をつけはじめました。
c0189724_2013319.jpg


トレイルライドと林道ツーリングをシームレスに繋ぐ新時代MTB、
コレからの季節となるとコレを提案せん事には!ですよ。

フレームから組むからにはメーカー完成車を全面的に上回りながらも、
価格を限り無く完成車価格に近付けたいぜ、とゴソゴソ作戦開始。
作戦名は「缶詰バー」 。
もし「完成車を買おうかな~」とお考えの方が居られましたなら、
此奴が組みあがるであろう月末までチョイとお待ち頂けますれば幸い。


あと出る出る出る出ると言い続けて中々出ないWindcog/ZICが、
遂に今月末~来月頭にも完成するっぽいとの情報が。
c0189724_20581533.jpg


年末年始は南の方へ逃避行、そんな野望を抱くならば、
キッチリ走るセミフォールディングバイク「Windcog/ZIC」を相棒とされては如何?
by kaleidocycle | 2017-11-18 21:07 | 駄情報

再就職。

遡る事7年前の本日に御提案させて頂いた此方のDustee/revolver

お買い上げ頂いたオーナー様にとっての初トレイルバイクとして、
山を駆け巡る楽しみの引導役をキッチリこなして来ました。
c0189724_19585243.jpg


しかしMTB部品の規格変化と共に、「壊れたなら直せば良い」という普通の事が、
段々普通では無くなって来た為、ナウなスペックのモンキーST7への乗り換えを決断。
c0189724_1959142.jpg

今やOSのサスフォークは滅亡寸前で、
短いモノならまだまだありますが、
リボルバーはBB位置がかなり低い為、
短いフォークではイカンのですよね。

またディレーラハンガーがかなり薄く、
結構バキバキ折れるのですが、
このハンガーが入手出来なくなると、
自動的に寿命終了、となる可能性大。

置き場所確保が困難な為、オーナーは手放す方向で考えられているのですが、
7年間共にして来た愛車ですから、乗って頂ける方の元に嫁ぐ事を御希望。
でも前述の通り、トレイルバイクとして乗って行くと確実に壁にブチ当るし・・・。
c0189724_19591243.jpg
しかし。
ロングテールバイクのベースとするなら、
ディレーラハンガーなど関係ありません。

フォークも寿命が来るまで使って、
ダメになったらリジッドに差し替え、
そして前後29+化、とかもあり。

そう、退役した此奴の再配備先としてロングテール化はベストチョイスだと思うのです。

7年使用なりに傷はありますが、昨年OHを行った為それなりにシャキッとしてますし、
欠品が続いているXtracycle/Leapも今月入荷する予定(多分)というタイミング。


実際に「ロングテールのベースにするから譲っておくれ!」となると、
オーナーさんに相談して価格を交渉して頂いてという流れになるのですが、
ザックリで言えば¥13万程度でロングテールバイクに乗れる感じになりましょうか?

勿論、新車を買う訳ではありませんから御自身で判断頂き、
納得の上で決定頂く必要はありますが、
「限りなく安価にロングテールを!」と望まれる方はチェックチェック、です。
by kaleidocycle | 2017-11-12 21:17 | 駄情報


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧