井戸端監視カメラ



カテゴリ:商品( 847 )


On*One SSコグ。

c0189724_19532364.jpg
盛大に降った雨も、
川の増水という事象を残し、
どっかへ行ってしまいました。

次、いつ雨が降るのか知りませんが、
予報によると、どうやら明日も降らないっぽい様。


明日は空井戸定休日ですから、
コレは中々アリガタイ感じであります。

さぁ、降らんのであればロード行くかぁ、
いや、梅雨の所為で暫くエンジン掛けてない単車も気になるし、
いやいや、そんな事より、洗濯物をやっつけてしまいたくもあるし、
せっかくラディッシュの試乗車作ったんだから、そいつで何かしたい気もするし、
そんな事よりやっぱりMTBでしょう、とか何とか色々な選択肢が有り、考えているだけでお腹一杯。

何れにしろ、楽しむのは明日なので、今日やるべき事は、
楽しみを享受する体制を万全に整える事。
という訳で、本日は重箱の隅突付くの巻です。
c0189724_21204777.jpg
使っていなかった部品を結集し、
再構築されたマイKellyBike。

乗って楽しく、こけて楽しい、
そんな素敵な一台であります。

しかし一点、気になる所が・・・。
リアコグが普通の変速用ギアなので、
グイと踏んだ際、たま~にですが、
「カシャン!」なんつって、
チェーンが落ちてしまうのです。
c0189724_2121276.jpg
幸いにして、リアハブは普通のクイックなので、
その都度、チェーンを掛けてやれば良いのですが、
シングルのくせに、チェーン落ちてどないすんねん!
と、不服に思わん事も無いので、リアコグ、選手交代。

「リアコグ~、シマノ8Sに代わりまして~、
 オンワン~、SSコグ~。」


・On*One SSコグ  ¥3,900

マルチハブをシングル化する際、活躍するギアです。
同じ様なモノは、色々なメーカーから出ておりまして、
特にコイツが有能だ!という訳でも無いのですが、特記すべき点が2つ。

・チョッと安い!
 大体、他社製品は¥4,000~5,000程度なのですが、コイツは¥3,500と少し安い。
 しかも、最小17tから最大22tまで、全て同じ価格!(普通大きいのは高い)
・黒い! 
 他のメーカーは大体銀色なのですが、コイツは黒。
 黒だから何が良いって訳でも無く、ただの好みですな。
 まぁ仕上げが黒だから価格が安いんじゃないか、って話でもありますが、
 それならそれで、ええ、アタクシ此方を頂きますわ、ってなモンで。
c0189724_21212841.jpg
テフロン加工された、黒いチェーン、
黒いスプロケ、そんなモノも有りましたね。

自分は使った事は無いのですが、
結構な値段の壁を越えてでも使った人はきっと、
「高性能」や「耐久性」などの価値ではなく、
自分にとって「カッコエエ」から、
手を出したのでは?なんて思います。

その点、割安で黒いコイツなんてのは、可愛いモンじゃないですか、ねぇ。
by kaleidocycle | 2010-07-04 20:12 | 商品

サイクリングスウェットパンツ。

今日も降ったり止んだり、水中を泳ぐが如き一日だった訳ですが、
夏の本命的パンツを試すには、寧ろ好都合でした。

夏パンツといっても、海パンじゃぁ無いです。それはもうやりましたから。
じゃぁ何だというと、それは「スウェット」。サイクリングスウェットパンツで御座います。
c0189724_021880.jpg
・CCP PS-V011 サイクリングスウェットパンツ
¥13,650(税込)


パッと見ても分かる通り、
ただのスウェットではありません。

3つのポケットの内、前の2つは、
猫耳ポケットで、手をスッと入れ易く。

残る1つは、右腿裏の、
漕いでも邪魔にならない位置に。
そんなCCPらしいポケットの配置は、やはり自転車に適したモノ。
スウェットって、ポケットにモノを入れると「デレン」となってしまう事しばしばですが、
CCP伝家の宝刀 腿裏ポケットは、財布を入れても垂れてしまわなくて助かります。

c0189724_0213824.jpg
しかし!それだけで終わっては芸が無い。
裏を捲ると、裏地はCool-MAX素材で、
汗を吸いっ放しにする事無く、積極的に放出してくれる上、
ポケットはメッシュと、夏への対策が此処に!

勿論、股下は別布となっており、
縫い目がサドルと擦れる心配もナッシング。


コイツァ、どう見ても快適そうでしょう?

c0189724_20333610.jpgまた、個人的観点において、
それらの云々よりもポイント高かったのは、
ピンクと言うよりは紫っぽい杢といった感じのこの色!

似た色のスウェットを、20年近く履いていたのですが、
家内に捨てられてしまった今も、
「あのスウェットよりもイカしたスウェットは無い!」
と、未練タラタラだった自分にとって、
まるで生まれ変わりの様に現れたのが、このスウェット。

地味でも無く~、派手でも無く~、
さりとて中庸でも無く~。

スウェットってのは、非常に楽なモノなのですが、
残念な事に、自転車に乗るのに適している、とは中々言えない存在。
その点、このサイクリングスウェットパンツは、
スウェットのラフな履き心地の中に、自転車への適応性を落とし込んでおり、見事と言えます。

c0189724_0221075.jpg
御覧の様に、空の猫のケージを小脇に抱え、
放心している中年が履いていたとしても。

とてもオシャレでも、とてもダサくもないという、
人から見れば何とも感じないニュートラルさ。


そんな、人の注目を集めず、
己自身はとても楽で快適というのは、
実は狙っても中々狙えないポイントだと思うのですが、
如何でしょうかね?
早速メーカーほぼ完売&店頭も各サイズ1枚程度の在庫なので、お気に召せばって感じでどうぞ!

因みに、その後の猫太(仮)は・・・。
by kaleidocycle | 2010-07-02 20:40 | 商品

いつまでも、あると思うな水と猫太とRevolver。

よく日本人は「水と平和はタダ」だと思っている、なんて事を見聞きしますが、
それは少なくとも自分には事実で、有って当たり前だと認識しておりました。
c0189724_2016941.jpg
そんな舐めた認識への罰なのでしょうか。
空井戸サイクル、祇園祭初日に水道管破裂です。


夏を前にして断水先取り、不便至極。
グリス触っても、手が洗えない。
催しても、便所が流れない。
汗をかいても、水がかぶれない。

いつでもあって当然と思っていたのに・・・。
バカバカバカ、あたいのカバ!


そう、あって当然と思っているモノも、フと姿を消して、その重みを知る、
そんな事は多々あります。
c0189724_20281867.jpg
例えばコチラ、ご存知「Dustee Revolver」。

SLXコンポとU-Turnフォークで武装した、
クロモリトレールバイクが¥20万以下、と、
狙っている人にとっては、対抗馬の無い、
唯一無二の山バイクな訳ですが、もし、
「ボーナスで買うかなぁ~、いや、年末にするか~」
なんて呑気に構えているなら、知って下さい。

「Revolver、もう殆ど無いですよ?」
このDusteeというブランド自体が、大きなメーカーのモノでは無く、
DHライダー 塚本岳さんの個人的なブランドなので、そもそもの数が少なく、
色・サイズによっては、随分前に完売していたりするのです。


他に対抗馬のある様な一台なら、完売しようが何しようが「縁が無かった」の一言ですが、
山遊びをメインターゲットに据えたクロモリバイク」ってのは、
選択肢がほぼ無いに等しかったります。
c0189724_20291115.jpg
本来、こういったジャンルは本流であるはずなのに、
何で無いんでしょうかね?

等と、疑問に思った所で何にもなりません。
分かる事は、この価格で、こんな完成度の高い一台は、
他には探しても無く、今後出るかも分からない、と言う事。

空井戸サイクルでは、Sサイズを、
「ステム=AKA、ハンドル=STYLO WORLD CUP」
で、軽量化&ポジションをより裏山仕様に変更し、
お値段据え置き¥190,000でご提案中。
それに続くRevolverとして、Mサイズを現在塗り替え作業して居りますので、
気になる方は乞う御期待!


あと、
c0189724_23482155.jpg
お騒がせしました、猫太(仮)ですが、
本日、ありがたい事に、
引き取って頂けると言う方が、
手を挙げてくださいました。

よりまして、猫太(仮)、
本日をもって、空井戸サイクル早期退社です。

ホッと一安心であると同時に、
やはり一抹の寂しさが、過ったり過らなんだり。
そんな事はさて置き、ご協力頂いた皆様、本当に有難う御座いました!
by kaleidocycle | 2010-07-01 23:56 | 商品

犬ロック&熊キャップ&猫ハナヂ。

猫太(仮)、今日も元気です。
元気なのは良いんですが、机の上で遊んでいる内に、床に落下し顔面強打、鼻血ブー。

猫の鼻血なんて見た事無いので、此方はかなり焦ります。
だっ、だいじょうか~っ!てなモンで。
いくらおとなしいと言えど、目を離すのは恐ろしい・・・。
やっぱ首輪&リードなんかなぁ、なんて思いながらやった目線の先には、
c0189724_21593998.jpg
・セーフマン ロック  ¥3,040
裏に書いてある画から、
犬ロックと呼んでおります。

括れそうな雰囲気ムンムンですが、
「コレで猫太括ったろか・・・」
なんて考えてはいけません。
後ろ手に括られると、まるで犯罪者。

と、そんな猫を括るには適さない製品ですが、
自転車を括るには非常に適しています。

c0189724_21595497.jpg
このロックの構造や使い方を、
言葉で説明するのは少し難しいのですが、
使えば非常に単純明快で、
寧ろ一般的な鍵の方が複雑な位。

ループを二つ作る事が出来るWループなので、
電柱と自転車を括りつける、なんて事も可能。

持ち運ぶ時は、巻き取ってコンパクトにしても良し、
ベルトループやカバンに引っ掛けても良しで、
使わない時の便利さが秀逸。
c0189724_220128.jpg
今、世間でメジャーなロックと言えば、
クリプトやパルミーに代表されるUロックか、
赤いタスキ掛けでお馴染みのゴジラロック。

で・す・が。
どちらも、チョッと・・・チョッと大袈裟すぎる

そんな風に感じられる方には、
こんなセーフマン、現在全8色
是非、お見知り置き頂きとう御座います。

あと、こんなん少しだけ来ました。
c0189724_2203612.jpg
ヘッドキャップ2種。

奥はシングルスピード。「アンタはコレで良し」。

手前は踊り狂うデッドベアー8匹。



共に¥1,450。
梅雨の気分転換にでもどうぞ。

夏向けズボンの最終兵器も本日少量入って参りましたが、
それは明日、まず自分で履いて堪能した後、ご紹介させて頂こうと思います。

ま、猫太(仮)の動向次第ではあるのですが。
by kaleidocycle | 2010-06-29 20:37 | 商品

SteelWool Tweed。

「何にでもなる自転車」と聞くと、どんなモノを想像するでしょう?
c0189724_20183485.jpg
シングルに出来る

いきなりボーダー高いですが、
コレも一つの条件ですな。

特に、こんな風な「エキセントリックBB」であれば、
クイックorナットを問わず、
シングル化可能なので便利です。

勿論、固定ギアにも出来るので、
フリーが凍りつく様な極寒地帯でもOK。

c0189724_20184749.jpg
キャリアがつく
フェンダーがつく

まぁ常識的な範囲での条件です。
ただ、「取り合えずつく」と「ガッチリつく」では、
やはり少し意味合いが違って来る訳ですが、
この様に、バッチリ受け止める準備が成されておると、
選択肢として安心感が増しますな。

フロントラックも付けれればより良い、そうですね。
だから、フォークにもキャリアダボがあるのは追加点。

c0189724_2019087.jpg
ブレーキが選べる

Vブレーキは勿論、カンチの受け台座もあれば、
ディスクブレーキ台座もある。全面的にOKです。


色々なホイルが使える

リアエンドが中途半端な132.5㎜エンドなので、
ロード用の130㎜でも、MTB用の135㎜でも、
両方そこそこに使えてしまう、と。

c0189724_20191851.jpg
この無茶苦茶な許容範囲の広さは何なのでしょう?

したい事がハッキリしている人には不要でしょうが、
この先、自分が何処に行っちゃうのか訳分からん、
そんな人には、とてもとても魅力的なはずの、
ヘッドバッジのヒツジちゃんが愛らしいこの一台。

ブランド名が「SteelWool スチールウール」、
車種名が「Tweed ツイード」と申します。
知ってますか?知っていたらOKです。
記憶の中に未だ無いなら、一応覚えておいて下さい。

c0189724_2019415.jpg

・SteelWool Tweed  フレーム&フォーク  ¥84,000(税込)

本家「何でも出来る!」と言えば、Surlyクロスチェックな訳ですが、
Surlyのクロスチェックに48サイズが無くて悶々としている方や、
クロスチェックとロングホールトラッカーで迷っている方、
勿論、コイツにグッと来た方、こんなのが在ってくれる事、ほめてやって下さい。
by kaleidocycle | 2010-06-26 21:16 | 商品

ケモノ その2。

昨日ご紹介したウールソックスに引き続き、
本日もナイスなケモノ(毛物)パワーをご案内。
c0189724_2024576.jpgEveryWare リバーシブルウールシャツ」
(青・白・黄・桃)x灰色  ¥13,650


「え?Tシャツが¥13,000?たっけ~!」
と、引いちゃって下さいよ、それが普通です。

ただこれ等は、パッと見ただのTシャツの様ですが、
片面ウールで、反面コットンの編み物、
つまりニットであり、ただのTシャツ等ではナッシン。

それにしても、コレが今の時期でも快適なんて・・・、
信じられないかもしれません。

しかし、空気をはらんだ編み物なので、体と服の間に常に隙間が生まれ、
Tシャツには無い極上のリラックス感を与えてくれるのです!



c0189724_20251221.jpg普通の綿のTシャツが、
肌にベチャっと張り付く程に汗をかいた時でも、
ニットは張り付く事も無く、風が抜けます。

ウールジャージの様にタイトに着るのではなく、
少しルーズなサイズをユッタリ着ると、
ちょっと手放し難くなる程の快適感。


「ウール=チクチクする」イメージを持つと肩透かし。
洗濯をしてくれる家内曰く、
「触りたくなる」様なサラサラした手触りです。

更に、コイツは綿とウールのリバーシブルなので、
綿がグイグイ汗を吸って不快になったら、ひっくり返してウール面で着る、なんて事も可能。


ウールの持つ力というのは、本当に凄いモノです。
実際ウールジャージの快適性は、非常に高度なモノで、
幅をもった体温調整が可能な事に加え、降雨時にも快適性を保ち、
汗をかいて乾いてかいてを繰り返しても臭くならない、等というメリット等があります。
c0189724_13192280.jpg
ただ、ウールジャージでは、
上記した通りタイト過ぎると感じ、
そして何より高価過ぎるとも感じるなら、
風をはらませながら着れる、
こんなシャツというのは、
実は無二の存在であるとも言えるのです。


自分も、正直最初は期待も何もしていませんでした。
しかし、一度袖を通したが最後、
この魅力に絡め取られ、計二枚買うに至った今回。

この一枚、本当にハートに直撃しました。
他にももっと、コイツについて語るべき色々があるのですが、
所詮、個人的な絶賛であり、ダラダラと長くなるので此処等で一旦終了。

もし興味を持って頂けたなら、これから約一ヶ月間、各サイズ、各色揃えてお待ちしております。
他では中々見れない国産ウールシャツ、この機会に是非チェックして下さい。

その他。
by kaleidocycle | 2010-06-22 20:15 | 商品

ケモノ その1。

c0189724_20241022.jpg
蒸しますな。

湿度もコレだけ上がりますと、
汗で濡れたモノも中々乾かず、
不快に思う事しばしば。


その不快感を、少しでも和らげて欲しい、
そんな願いを叶えるのは、
実はこんなケモノだったりするのを、
ご存知でしょうか?

c0189724_20242936.jpg
「Defeet ウールソックス」
¥1,680


ウールと聞くと、「暑そう」
なんて思う人も居られるかもしれません。
しかし、コレが恐ろしいモンで、
綿には無い、凄まじい快適感を持っておるのです。

普通に履いていても、
常時サラサラ感を保持し快適なのですが、
何より違いが出るのは「濡れた時」。
綿の靴下では一度濡れてしまうと、乾くまで、気持ち悪~い感じが続きますが、
このウールの靴下というヤツは、濡れている時でさえ、
「濡れている事を感じ難い」という、嘘みたいな特徴を持っています。

実際、ツーリングの途中、水溜りに足を突っ込んでしまい、
濡れたままの足で走らざるを得なかった、なんて事が有ったのですが、
その時は「ウールって・・・」って感動したモンです。

c0189724_20244360.jpg
ただ、ウールソックスでもポリ混になると、
すぐに毛玉が出来てしまい、
みっともない感じになってしまうんですね~。


その点、このディフィート製品は、
耐久性と価格の面で一押しです。
自分もほぼ毎日履いていますが、
50回位履いてもまだこんな感じ。

「んな事ねぇだろ」と思いつつも気になるアナタは、まず一足履いてみて下さい。
必ずケモノの魅力に絡め取られ、二足目、三足目が欲しくなります。
by kaleidocycle | 2010-06-21 20:16 | 商品

CCP ライタス。

なんやかんやとしている内に、ご紹介すべきモノがたまってしまいました。
で、何から紹介させて頂こうか・・・と考えた結果。
c0189724_20252968.jpg
コヤツから行きましょう、ライタスバッグです。
「CCP ライタスVol.4」
¥3,990


Vol.4とある通り、
見覚えある方も居られるかもしれません。
今回は、濃い~バーガンディーがベース。
モニターによっては黒にしか見えないかも。

コレがですな・・・、
クソ暑い時期に、結構重宝するバッグなのです。

c0189724_2026395.jpg
分かり易く説明するなら、
「ノビノビ素材のタスキ型バッグ」

ジッパは一部だけなれど、
中は筒状に貫通しており、
色々なモノを入れる事が出来ます。

容量としては、素材がノビノビな事や、
実は微妙にマチを作られたりしており、
ご覧の様に、缶ビールなら、
6本程度は楽々呑み込みますぞ。
自分は、なるべく手ぶらで走りに行きたい時、
財布、ポンプ、カメラなどを並べて詰め、それを腰に巻いて使っています。
素材自体に伸縮性があるので、ズレたりする事も無く「腰回りに肉がついた様」な一体感。
c0189724_20254895.jpg
他にも、体に巻いた際の内側に、
携帯電話が入るポケットがあり、
バッグとして使わない時は、
そのポケットに、クルクルと押し込めば・・。

この様なサイズになります。

ポケットに入れとくのも良いですが、
サドルの裏に括りつけて置くのも良いでしょう。
このバッグ、色々使えて便利です。
梅雨の小雨の中、ヤッケを着て走りだした後、雨が上がってヤッケが邪魔に。
そんな時に、脱いだヤッケを丸めてこのライタスに詰め込み、
腰に巻いて引き続きGo!とか、勿論その反対も。

自販機で買ったペットボトルの飲み物を、半分飲んで残った時、
ノビノビのライタスに詰め込んで、腰に巻いてそのまま行く、とか。

朝走りに行った際、目に止まった無人販売で、
無暗に旨そうなモノを見つけてしまい、何とかして持ち帰りたい時とか。


シンプル故に、無限に使えます。
他に類を見ない自転車用バッグ「ライタス」。覚えておいて損はありません。
by kaleidocycle | 2010-06-19 23:53 | 商品

張ったモン勝ち。

c0189724_1758377.jpg
「タイヤもそろそろ換え時か・・」
なんて思いながらタイヤを見ていると。

お。
チョコチョコ切れてんじゃないか。


良かった良かった、
山の中でズバッと行かんで、
実に良かった。

c0189724_17595237.jpg山の中でサイド切ってしまい、身動き出来なくなる。
なんて事は、MTBに乗る人なら、
一度や二度は思い出にあるでしょう。

なってからでは遅いから。
カットしたタイヤを裏から補強する「タイヤブート」と、
ノリ無しで張れる「イージーパッチ」は、
財布の隅に挟んで置くべきです。

使わないに越した事は無いけど、あれば安心。
出番が無く、クタクタになって行ったとしても。
そう、中学生のコンドームの様に・・・。

・パークツール タイヤブート3枚入り ¥680(税込)
・パナレーサー イージーパッチ6枚入り ¥470(税込)



話は変わって、パッチ類とは一切関係無いのですが、
タカマツケンジ大先生のFLVより、Newサドルが届いております。
c0189724_1801291.jpg

・FLV 稲妻サドル2 ¥5,985(税込)


名前は「稲妻サドル」ですが、
BMX用の小さいモノではなく、
座面を広く取った至ってノーマルなサドルです。

スウェード調の表皮に型押しでデザインが入っており、
シンプルながら、貧乏臭くならない絶妙な仕上がり。


同じ様な形状のサドルは沢山有っても、自転車に似合う・似合わないは、
表に張られた表皮一枚で大きく変わる、という良い例です。

色々な自転車に違和感無く嵌りそうなので、
サドルで考え込んでいる人は、候補に入れてみて下さいませよ。
by kaleidocycle | 2010-06-09 20:00 | 商品

走ってんのか漕いでんのか、分からんシャツ。

「こんな天気で、更に平日の今日ならば、あの山も人が少なかろうて。」
なんて考え出したら、懐かしくなって、ワクワクして来まして。c0189724_19454268.jpg

小雨で湿る今朝、禁断のトレールへ。

禁断ってのも変だけど、
此処は街からあまりに近い山であり、
山の住み分け」を考えるなら、
移動能力の高いMTBは遠慮した方が良かろう、
そう思い、ズッと入っていなかった場所。


振り返ってみると、5年くらいのご無沙汰。

c0189724_19473011.jpg
外に出かけよう!という人への牽制にはなり得ても、
地面が濡れる程までには至らない、そんな雨。

暑いのが苦手で、濡れるのは厭わない自分には、
ベストな天候とも言える中、
道を思い出しながら、ゆっくり走った禁断のルート。

鹿が居たり、リスが居たり、
なだらかで、手入れの行き届いた道がありと、
記憶の中以上に甘美なモノでありました。



c0189724_1947441.jpg
で、こんな小雨降る日、
出掛けるに際し、何を着て行くべきか?

正解例の一つは此方の変質者が着ている、
サイクリングランニングシャツ
3,990(税込)

当店オリジナル商品で御座います。

c0189724_1948764.jpg
吸汗速乾の生地で出来ており、
丈長め&背面更に長めで、
左脇にのみバックポケット完備。

多少濡れても、そもそも生地面積が狭いので、
不快感はずいぶん少なく済みますし、
雨が上がれば、すぐに乾きます。

色は灰色と茶色の二色展開。
サイズは自分寸法を元にしたLと、
内臓脂肪に無縁な人向けのM

暑さが苦手で「夏なんてのは裸に近い程良い」、そう本気で思っている自分にとって、
「何でユニクロで売って無いんだ!」と思う程に重要な、吸汗速乾ランニングシャツ。
手前味噌ではありますが・・・めちゃめちゃラクです。


縫製工場の、夏物のラインが落ち着く昨年10月に作製し、冬の間眠っていたのですが、
そろそろというか、遂にというか、出番がやって来た感じであります。

各色・各サイズ10枚づつ作ったのですが、気付けば在庫が半分を切ってしまっていました。
オリジナルと言う事で、価格もかなり抑えての設定になりますので、
蒸し暑い梅雨を乗り切り、そして玉の汗かく夏に向けて、是非!
by kaleidocycle | 2010-06-08 23:36 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧