井戸端監視カメラ



カテゴリ:商品( 816 )


芽。

2月最後の本日28日。
5の倍数日を定休としている空井戸ですから、2月の末は休みの間が空きます。
だもんで、次の休みは金曜日となる訳です。

まぁそんな事はどうでも良いとして。
本日形になった&なり始めた自転車をご紹介。
c0189724_2036176.jpg
一台目は、先日塗り替え上がった、
バーガンディーのDustee Revolver

リボルバーは直球山バイクであり、
間違っても街乗りMTBではないので、
見た目は二の次で良いかもしれないけれど。

地味過ぎず、派手過ぎず~、
やり過ぎず、やらな過ぎず~。
程々にバランスを取った方が、やっぱり良い。


と、思うのですが如何でしょう?
こんな感じが好きな方へ、
メーカー完成車よりも少し安い¥180,000。


c0189724_20364412.jpg
二台目は、微妙な組み合わせの、
Sillgey ピッコロ x EBSフロントラック
ピシッ!とした小径ホイルの一台に、
敢えて荷運び能力を与えてみる。

意味が無い様にも思えるけれど、
そもそもシングルのミニベロが得意とするのも、
自転車で荷物運ぼうというのも、
何れも「長距離」では無い訳だから、
実はコレで良い感じになるのではないか、と。

近所に弁当買いに行くにしても、
弁当傾いて端に寄ってしまう事も無いし、
宅急便に荷物出しに行く時に、
片手運転しなくても良いし、ね。

c0189724_20365773.jpg
フレームと同色のシートポストが、
目を惹くこのピッコロ。

そこにダメ押しのこのステム。
懐かしいと言うには中途半端な、
数年前に売っていた手描きステム。
いつ使おうかいつ使おうかと、
木箱に入れ仕舞っていたコイツを、
オレンジのピッコロにガッシーンッ!

c0189724_20371024.jpg
タイヤの選択肢が少ない、451サイズの20インチですが、
今回、後ろには普通の1-1/8を、
そして荷物を載せる前には、少し太めの1-3/8を使用。

御覧の通り、シングルフリーでブレーキ無しでは、
とても走れないので、週明けにブレーキが届いて、
それを付けて完成~となります。


花見の荷物運びに如何でしょうかね?

そして、小径車と言えば。
c0189724_20363023.jpg
あるオーナーさんの希望により、
秋から進めていた、EBS別注モデル、
ニードル451が形になって来ました。

「ピンク!」と呼ぶか?
それとも「マリア・ローザ!」と呼ぶか?
寧ろ「サクラ!」と呼びたくなるのは、
すっかりTシャツ気分な、この気候の所為か。

明日から3月。
春の芽吹きに向けて、ボチボチ目を覚まして参りましょう。
by kaleidocycle | 2010-03-01 00:25 | 商品

2月22日は「荷」の日。

c0189724_20445796.jpg

夜、街灯の下をすり抜けて行く塊。

「アレは何だ!」

「鳥だ!」「飛行機だ!」


c0189724_20451724.jpg
否。
フロントキャリアだ!

フレームを配達する用事があり、
フロントキャリアに、箱ごと乗せてみた所、
意外にも・・・普通に運べました。

しかも、風防にもなって寒さ知らず。

そして、その箱から出て来たのは、
c0189724_20461594.jpg
「ベントさせて何になるのか?」
そんな疑問さえ起きる、角パイプのイカついリアバック。

どうせ色が剥げるに決まっているチェーンステーは、
最初から生地仕上げという、先回りっぷり。

c0189724_20463549.jpg







そんなコイツは「Banshee Vient」
ヘッドチューブの分厚さも、ディスク台座の厚さも、
何もかもが辛口仕上げ。カナディアン・・・恐るべし。

しかし、我が荷台の前では、だたの荷物よ



c0189724_20495459.jpg
まぁ別にね。

自転車がね。


←EBSワークの荷台には、
  灯油缶が丁度入る事を最近発見。


c0189724_21165443.jpg
荷物を運べなきゃいけない、

なんて訳では無いんよね。


←オオヤコーヒーの配達用ビッグダミー。
  京都一円に20kg位のコーヒー豆を配達。



ただ、運べるという余裕は、

言うならば母性。

c0189724_21131560.jpg
甘えさせて貰うと、

やっぱり良いモノだし。

←卒業製作展に使う机を運ぶ。

そこにドップリ浸かる快感は、

否定しようが無い。


自動車を毎日乗っている方には、ピンと来ないかもしれませんが、
荷物を運べるって事は、とてもとてもスウィートな事でありますな。
by kaleidocycle | 2010-02-22 22:48 | 商品

春色々。

昨日正午。
知人が結婚式をあげるという事で、上賀茂神社にレッツゴー。
空は晴れ渡り、風は未だ冷たさ残せど、差す陽はそれを打ち消す。
「嗚呼、ええ日やぁ・・・」と、夫婦となった二人の巡り併せに想い馳せつつ、
自転車の季節が巡って来た、その循環をもまた感じて居りました。

さぁさ、春!
爪先・指先を痺れさせながら、ハナミズ垂らして走る時期は終わりだ!
c0189724_20392266.jpg
そんな春に向けて本日届いたのは、
CCPのウインドブレーカ。
CCP LT-V004  ¥14,700(税込)

CCPからは今までも、
色々なウインドブレーカが出ていますが、
今回のはド直球のサイクリングブレーカ。

勿論透湿防水、勿論バックポケット有り、
勿論パッカブル、勿論ストレッチ、と、
求める要件はバッチリ全てクリア。
サイドの青い部分は伸び伸びライクラ素材で、
不要なシャカシャカ感を減らしていると共に、
動き易く、何より見た目を引き締めています。

c0189724_204057.jpg
色は白ではなくアイボリー。
白と並べると、違いが分かりますね。

こんな微妙な色のウインドブレーカ、
今まで無かった!と言いたいのですが、
色の組み合わせや切り返しが何となく古着風で、
新しいのやら旧いのやら・・・?

コレ一枚ある事で、走っている途中で雨に降られても、
反対に気温がグングン上がって来ても、
はたまた帰りが遅くなって冷え込んでも、
なんなと逃げが効く、そんなぺランペランな頼れるヤツ。

c0189724_20403084.jpg
同じく此方も本日届いた、
Everyware x Bagjuck 
 フレームバッグ ¥15,750
(税込)

随分久し振りな感じがします。
秋に売り切れてからですから、もう随分ですね。

その後、年末に入荷する予定でしたが、
なんじゃもんじゃで届いたのが今日。


まぁ春前に間に合ったならOKって事で。


あと、コレも随分前から製作依頼していたのですが、
c0189724_20405659.jpg
オリジナルチタニウムアヘッドスペーサー 
オーバーサイズ30mm
 ¥1,260(税込)
やっと出来ました!って4つ作っただけですけど。

4つで充分です。
使うべき所に使わないと、ただの筒ですから、
大して必要とはされないはず。

しかし、ある瞬間、
「コレがあれば・・・」と思わせる、
そんなタイミングも、やはりあるはず。
このスペーサーって、格好良いモノとして作っている訳ではありません。
「格好悪い」を逆に魅力として受け流す、そんな価値観ベクトル変換装置だと思っています。
なので、コレ一つつけたら格好良くなる、というモンでは全くありません。

其々なりの「良い」を積み重ねたとしたなら、最後の仕上げとしてこんなのもある、
そういう提案です。だから4つで充分。 (2つ使ったので、残り2つ。)

もし「ん?」と思わる方居られましたなら!そして京都府外にお住まいであれば!
是非ご検討頂きますと共に、自転車乗って春の京都へいらっしゃ~いってなモンで。
by kaleidocycle | 2010-02-21 23:40 | 商品

準備、今日も。

今週末はエラく寒くなるそうですが、遅かれ早かれ春は来ます。
来てからバタバタしている様では遅い!そら当然の事。

ですので、日々色々用意しておる訳ですが、
本日届いたのは、年末にとりあえず各1ずつ形になった、
Resistant x 空井戸 SSが遂に!一年半の時間を超え、遂に残りが完成~。
と言っても、今回はシリーズ最大のオールドスクールと、最小のヒップハンガーの2点。
c0189724_20222836.jpg
空井戸の夢見心地な要望を、
最高品質を実現するResistantが形にした此方。
この地味さ、この価格、そしてこの完成度!

まぁ何だかんだ言って「百聞は一見に如かず」
気になる方は、是非手に取って見て頂きたい!

数は其々3つずつの作製。
無くなってから「作って~」って、コイツは無理ですぞ!

・ オールドスクール ¥26,040
・ ヒップハンガー  ¥11,550



次は、幾らでも何とでもなるけど、やるかどうかで結構変わる、
c0189724_1113486.jpg
Dustee Revolver フレーム
塗ってみましたバーガンディー。
悪かないですね~ムフフ~♪

「クラシカル」とか「革サドル」とか、
そっちに振るのはノンノンですが、
MTBっぽくない、直球MTB!
そんなのも良いんじゃないか、ってなモンで。
月末には組み上げますので、さては仕上げをごろうじろ!


最後に、地味を極めればこうなると言う見本たる、
c0189724_11125992.jpg
クラゲ
じゃなくて、コゼバッグが作った透明バッグ。

練りに練り込まれたこの商品
でも無く、
「透明のバッグが欲しい」という希望に対し、
ビニール縫い縫い作ったブツ。

地味を通り越して消えちまった・・・なんてね。

使えるかどうか?どれ位でダメになるのか?
そんなのは使ってみなけりゃ分からない。

けど、モノの良さってのは人其々で、恒久的なモノを好む自分の様な人間も居れば、
この様な刹那的なモノを好む人も居る、それだけの事。選ぶ事は全ての品質を超える。

来る春に向け、空井戸は空井戸なりに色々用意をします。
その中で、何かお気に召して頂けるモノがあれば、それは幸いな事でありますよ。
by kaleidocycle | 2010-02-18 00:09 | 商品

如何ってこと無い道程。

今週末は、パソコンの入れ替えに伴い、
データがあっち行ったりこっち行ったりで、右往左往しておりました。

パソコンが無い、という事は実は無駄な時間を減らす事が出来る、
そんな事を実感する程に、手を動かしていた、そんな週末。
その成果をまとめてご紹介~。

まずは、
c0189724_21515859.jpg
Inzistのクルーザー InzistSS
先日ご紹介した正統派の白とは、
打って変わった、此方のピンク。

桃色ではなくピンク、マゼンタ一歩手前です。
もっと言えば、女の子の色ではないピンク。
そいつに余計な手を少し加えてみました。

フロントに、男節溢れ出す極太の柱、
マルゾッキダートジャンパーをインストール。
更に、ステムをオーバーサイズのSULステムに、
変則的カモメ形状フラットバーを組み合わせてドン

クルーザースタイルも良いですが、こんなのも悪くは無いでしょう?
そらそうです、作っているのが日本MTBのご意見番 T・マッケンジーですから。

しかもこのSS、寸法的にシートチューブが寝ているので、
オールマウンテン的に使うにも、案外都合が良さそうな可能性を持っています。
c0189724_21563250.jpg
正統派MTB!では無いかもしれないけれど、
街を流す事と、たまに山を駆けずりまわる事、
その二つを綺麗に繋いでくれそう!



InzistSSバレンタインSPL 
¥84,000
(モチロン一台のみ)



画像は変わって此方のスッキリしたMTB。
c0189724_21581349.jpg名をSingular Swiftと言います。
シングラー スイフトでOKです。

上記のInzistと同じサイズみたいですが、
此方はホイルは29インチ。
フレームもデカいのでパース狂います。
このスイフト、スチール製フルリジット29erMTBフレームな訳ですが、
c0189724_21582462.jpg
BBがエキセントリックとになっており、
シングルにもマルチにもなる、という、
Salsaエルマリアッチや、
NinerのSIR9等と同じ括りになります。

しかも嬉しい事に、BBのシェル部には、
フィルウッド製エキセントリックシェルが!
組みつけてしまうと見える訳では無い。
でも少しホコホコ、そんなフィルシェル。

このシェルとフレームと、
そしてフォークがセットで99,750

29erの車種は増えましたが、残念ながら本当に29erを必要とする人の為の、
20インチ・22インチといった大きなサイズが手に入り難い状況です。
でも、このシングラーなら大丈夫、背の高い人は是非チェックして下さい。


ラスト!
お馴染みSurlyクロスチェックの完成車ですが、よく見て下さい、少し違うの分かりますか?
c0189724_21584583.jpg
完成車と同じ様な色味で仕上げていますが、
変速関係はナント!Sramライバル、
ホイルはナント!ベロマックス、
そしてハンドルもオーバーサイズと、
少しやる気のクロスチェックになっており、
メーカー完成車よりも、
持って軽く、乗って軽いです。

「高性能・軽量は絶対的に良い」と言う訳では有りませんが、
「性能なんてどうでもよい」という訳でも有りません。
Surlyに何が似合うのか?を考える以上に、自分に何が必要か?
それを考えたなら、こんな仕様もありじゃないか、と思いますが如何でしょう。
クロスチェックバレンタインSPL ¥170,000(54一台のみ)


と、今週形になった3台を一気にご紹介致しました。
c0189724_21585715.jpg
あと、今週はこんなのも。

頂きモノの時計の中身だけ外し、
使いさしのチェーンリングと合体。

良い感じです。
ただ、微妙に時間が分かりません。

しかし、それで別段不便も有りません。
今が昼なのか、夕方なのか、それさえ分かれば。

自分は本日、誕生日を迎えました。
何歳になったかと聞かれた際には・・・ハッキリ分からず数秒間考えてしまいます。
年々、1才の重みが薄らいで行き、
学生時代は絶対的でさえあった、歳が一つ上・一つ下という意味は遠く彼方へ。

反面、確かな事は、今自分が健康に問題も無く、思う様に体が動くと言う事。
思いと動きが同調しているのは、きっと幸せな事で、
やがてその間に、己では如何仕様も無い歪が生まれてしまうまでの時間、
そんな時間の真っただ中、それが分かれば充分な30代です。
by kaleidocycle | 2010-02-15 01:08 | 商品

カスク、カスけば、カスぐ時。

えらい良い気候の一日。
店に引き籠る自分を憐れんでの事なのか、関係無いのか、
c0189724_23503742.jpgカスクが届きました。
こんなの作るのは勿論CCP

カスクと言えば、クラシックなモノ。
しかし、此方のカスクは、
クラシックとは全く正反対の一品。

素材は厚手のネオプレーン製で、
クッション性に優れるだけでなく、
革と違い伸びるので、
付け心地が中々に良い感じです。

また、パッと見て目を引くのは、
サイクルキャップの様なツバ
このツバはベルクロで張り付いて居り、
付け外しも位置調整も可能。

ツバ側がベルクロのオスになっており、
表面がタオル状のカスク本体に付く。
つまり、ツバを外しても痕が残らない。
「カスク・・カスクかぁ・・・カスクねぇ・・・。」
ヘルメットの有難さはよくよく分かっているけど、それでも抵抗がある。
しかし、じゃぁコレでと渡されたカスクも何かちょっと。
そんな脳天の行き先決まらぬ人には、知っていて欲しい選択ですね。


「必要か?」と、問われたなら。
極論こんなの要らないですよ、スッ転んで頭強打しなければね。
特に、誰も居ない所へ、一人で走りに行って、野垂れ死ぬなら。

でも、人と走りに行く時には、自分が痙攣おこして人に面倒掛けない様、
何らかの対策を講じる、と言うのは、気遣いとして有っても良いかと思いますし、
それが、モノとして「欲しい!」と思わせる力を持っていれば、
それは非常に良いモノと呼んで差し支えないかもしれません。

勿論、イカス!と被っていて、スッ転んだ時に助かるなら、
中々に有意義なモノなのではないでしょうか。

ただ。
by kaleidocycle | 2010-01-31 00:41 | 商品

近道。

空井戸サイクルに衝撃です。過去に例の無い事件に遭遇してしまいました。
それは何かと言うと・・・、
c0189724_2224077.jpg

ある、納品された商品の納品書。

なんと「¥38の商品」に「¥500の送料」という、
この限り無く無駄な経済活動に、
何だか気付かない内に巻き込まれてしまいました。

当然、¥38の商品だけなぞ注文する訳も無く、
以前注文した中で、足りない分が生産され、
そして律儀に納品された、というのが今回の内容。
自分で注文して、それが決まったルールに則って届いた訳ですから、
何の文句もある訳は無いのですが、無いのですが・・・、
一枚のワッシャを手に乗せ、見つめてしまいます。


こんなロスを積み重ねてばかりでは、アッと言う間に店は潰れる。
それは困るので、仕事もボチボチやっております。
以前から少しずつ温めていた、
c0189724_22225423.jpg別注フレームが完成。

製作は勿論、守護神EBS
ホリゾンタルのシングル小径が欲しい、
そんなオーナーさんの要望に応えるべく、
図面を一からひいて製作したのが此方。

名をつけるとするなら、
直球で「ニードル451」って所でしょうか。
Wボトルケージ台座が泣かせますね。
こういった小回りが利くのは、地元生産の強みであるなぁと、本当に有り難く思います。
別注ばかりってのもあまり良くないのですが、何かしたい事が有るとするなら、ご相談下さい。
ご要望にお応えする事が、出来るやもしれませんし、出来ないかもしれません。


しかし、こういった別注というのは、ある種劇薬です。
何故なら、必ずしも良い結果が出るとは限らない。
なにせ前例が無い訳ですし、それ故の別注な訳ですから。

だから、そこに手を出さずに、安全な範囲内で自分の希望を叶えられないのか?
その点はジックリ考えてみる方が、良い結果への近道である事は確実。
c0189724_22444522.jpg例えば、本日組んだ、此方SurlyLHT
¥140,000(税込) サイズ50 勿論一台のみ。

企画モノのヒマワリイエローのフレームセットを、
黒いパーツで染め上げた一台。
メーカー完成車と比べると、随分イメージが違って来ます。

ただ、黒いパーツを使えば良い、ってモンでもなく、
太いリムに、細めのブロックを履かせる事で、
初めて生まれる足元の風合いってのは有りますし、
オチョケになりがちなプロムナードを、
狙い定めたドライブトレインの選択で、
重厚さを与える事も出来る。(と言うか出来ているつもり)
手に出来る範囲で、可能な限り良いモノが欲しい。それは誰しもそうであると思います。
ただ、それを達成するには、最終どう仕上がり、それをどう使うか?
その具体像が明確である事が非常に大きな位置を占めます。
最終の形が明確でないと、¥38の商品に¥500の送料という、
阿呆くさい無駄が生まれてしまったりするのですね。

具体像が明確であるなら、それを最良の効率で形にするのは自分の仕事です。
そういう意味において、自転車を一台組むというのは、二人三脚なのでございます。

グダグダ相談するのは邪魔臭いかもしれませんが、
一歩一歩、進めて行った先の結果は、自分を裏切る事は無いと思いますので、
どうか地道にお付き合い頂ければ幸いです。
by kaleidocycle | 2010-01-29 23:10 | 商品

品質。

ストーブと言えば、上にヤカン。
載せたヤカンに水をなみなみと注いでおけば、一日中湯が使える上に、加湿も出来る、
そして湿度上がれば室温も高く感じる、と、ありがたい事尽くめ。

なので、手持ちのホーローのポットを、何も考えずに載せて使っていたのですが、
先日、水漏れを発見。よく見るとヒビが入っていました。

ヒビが入ってから調べても遅いのですが、どうやらホーロー製品は、
火に掛けっ放しという使い方には向いていないそうで、
更に記憶を辿れば、何度か空焚きをした事もある。
当然それも、ホーローにとっては良いはずも無く・・・。


c0189724_22411535.jpg
「ホーローよ、済まぬ」とばかり後悔すれども、
一度覚えた便利さは手放し難いので、
近所の荒物屋で早々に代わりのヤカンを購入。
それが此方のオールドスクールなアルミのヤカン。

今度は取っ手も樹脂製なので、
熱々状態でも素手で掴めて便利便利、と、
ご機嫌で使い始めたのです。

が!二日目にして・・・、
蓋の樹脂に亀裂が入りました。
製品不良だ、品質不良だ、そういう事で済ましたくなる気もしますが、
実際の所、こうなった原因の殆どは、自分がこれ等ポット・ヤカンについて、
何の知識も持たなかった事、またそれを補う努力をしなかった事であります。

ホーローポットも、ヤカンの樹脂の取っ手も、
毎日火に掛けて何の問題も無く使えるかもしれない。
しかし、毎日ストーブに載せて使うに最適なモノを選んだか?・・・否。


よく、中国製は駄目だ、なんて言葉に出くわしますが、
その殆どは、品質に問題があるのではなく、
使い手の求める懐の広さに対して、甘やかせる程の余裕が無い、
その事が、意見の波と化して、ザックリとした批判に姿を変えている、
そんなではないかという気がします。

使い手が、使う努力をしなければ、道具はただの道具であり、
慰めてもくれないし、救ってもくれはしない。
反面、使う努力をした際に、充分に応えてくれるモノ、
それこそが良い道具なのではないか、なんとなくそう思います。


空井戸では、意識して国産の製品を並べる様に心掛けていますが、
それは安っぽいパトリオティズムであると同時に、
出くわした問題点を、人の所為にして有耶無耶にしたくない、
そんな安っぽい行動意識を達成する最短距離だからでもあります。
c0189724_23484238.jpg
EBSのフロントラック
前荷台 ¥20,000

今、自分も使っていますが、
非常に便利です。

ただ良くない点に気付く事も有り、
それを日々造り手に文句として挙げ、
改良を試み、形にしています。

この荷台に関しては、試作品の様な塗装では無く、
今回、工業用の黒メッキ仕上げとし、防錆性能を上げています。
自分は、鉄生地のまま自分でペンキに塗ったモノを使って何の不満も有りませんが、
製品として出すのであれば、劣化が遅ければ遅いに越した事は無い。


造り手の方々対しては、常に文句を垂れている様な状況なので、
嫌がられちゃってんだろうなぁ、なんてのは・・・涙々です。
しかしまぁ、それで製品が良くなるんなら、別に良いか、とも思います。

悲しいかな、自分は何も生み出さない商人です。
だからこそ、造り手の意見、使い手の意見、其々を代弁し、
其々の距離を近付ける事、それが重要な任務です。

まぁ、「国産は、高品質の証では無く、意地の御旗なのだ!」等と偉そうに説教垂れる前に、
ストーブに載せるに適したヤカンの選び方から取り組め、ってな話では有るんですけどね。
by kaleidocycle | 2010-01-27 00:17 | 商品

御縁。

c0189724_1831752.jpg今朝、加茂川沿いで流木を拾いました。

山の中に行くと、よく目に留まるのですが、
それを担いで街まで帰ってくるのは大変です。
だらか、加茂川沿いで見かけた瞬間、
「おぉ!ようこそこんな下流まで。」
と、そんな感じで荷台に括り付けた訳です。

拾ってどうする、って話ではあると思いつつ、
まぁご縁って奴なのかと。

この汚い木にあいた無数の穴から、
何か未知の虫や良くない事が出て来そうな、
そんな山の中で時々感じる不安感・怖さ。

それを日常生活に持ち込んでみよう、
という希望だったのかもしれません。


c0189724_2094622.jpgそんな平和な土曜日。
昨日ご案内したCCPのフジツボが、
予告通り届きました。

CCP HT-N020
¥3,990(税込)

奥から、
・スノーグレー
・ブルーベリー
・ボトルグリーン
・アフリカンブラウン
・カラシ
と、一気に五色展開。


耳温かく、頭涼しい。
だけでなく、秘密のギミック搭載。

以前CCPさんに、
冬、普通の帽子で走っていると耳が痛い。けど、被り込むと頭は暑い。
そうなると答はヘッドバンドになる訳だけど、ヘッドバンド以外の普通に使える選択肢として、
欲しいのはズバリ、ヘッドバンドにツバのついた、
ウィンターサンバイザー的なモノだと思うんで、そんなん作って欲しい。

と相談した際、ニヤリと笑いながら、
多分、思ってる様な感じの、今作ってますよ!
と答えてくれたのですが、その件のモノが今回のこのフジツボ

意見の一致をみた瞬間のカタルシスたるや、もう・・・。
実際に使えるかどうかは、今日から自分で試して行くとして、
取り敢えず、個人的には嬉しかった此方の帽子。


今は全色完備ですが、すぐに歯抜けになるでしょうから、色が選べるうちにどうぞ。

続きとして・・・。
by kaleidocycle | 2010-01-23 21:57 | 商品

アレヤコレヤ。

本日は謎のフレーム「Rawland」を、
「迷わず組めよ、組めばわかるさ。」の精神で調理致しました。
c0189724_19574952.jpg
此方の単速ツーリングバイク、
基本的には新興のMTB規格である、
27.5インチ」つまり650Bホイルで、
ブレーキ位置が合う様に設計されております。

ただ残念ながら、新規格のタイヤやリムは、
まだ入手困難である上に選択肢も無い・・・。

しかし!日本には世界に誇るアレがある。
そう!マ~マ~チャ~リ~。(ドラえもん風)
という訳で650Aで組んでみた今回。
それでもタイヤはブロックだぜ!

このサイズを選ぶ最大のメリットは、
日本の何処でパンクしようが、
チューブの心配は一切無用って事。

さぁコレで日本一周へGo!なんてのも勿論良い。
けれど、ハンドル位置が高く、変速も無いのを良い事に、ダラダラ余所見しながら走り、
目に留まったゴミ捨て場の本棚を、キャリアに積み込んで、再び走って行く。
そんな「日常の範囲で最も気楽で便利」な自転車として、中々良い選択なのではないか、
毎日単速自転車でウロウロしている自分にはそう思われます。



c0189724_19582187.jpg此方も同時に仕上げてみました。

ご存知「EBS Trip」のラグドモデル。
本来29erのこのモデルを、
敢えてクロスバイクとして組んでみる。


自転車って、隣の芝生がとても青く見えます。
自分の自転車に出来る事より、
出来ない事が気になって仕方無い。

そんな我が侭の全てを平均したら、
クロスバイクになるだろうけれど、
それは俗に言うクロスバイクでは無くて、
きっとこんな、毒塗れの中庸さかもしれない。

EBS黎明期の飛び道具だったラグドTrip。
残念ながらモデルチェンジとなったTripですが、このラグドモデルの、
唯一無二な存在感はやがて再評価されて然るべきだ、今、早速そう思い始めています。



と、こんな自分勝手な組み方をした自転車を二台完成させた本日ですが、
他にもご紹介をせねばならぬモノが御座います。
それが此方、
c0189724_2043163.jpg


CCPの新型サイクリングキャスケット。

¥6,300

黒はウールで、
灰はコットン。

残念ながら、黒は早速完売。


c0189724_20431470.jpg
今回は頭周りをスピンドルで絞れる様になっており、
頭の大小然程選ばず、しかも風で飛ぶ事も無く。



裏地は密かに自転車柄だったり。



CCPは、ホント帽子作るのが上手いなぁ、
毎回そう思います。

c0189724_20435972.jpg勿論、次も期待出来ます。
次に来るのは此方の、
ウインターサンバイザー的フジツボ帽子。

走りに行くと耳が痛いこの季節。
それでも頭は汗をかく。
だからこの形状が良いはず!

このフジツボ、派手に5色展開で、
来週には入荷の予定。
価格もグッと安価になる予定なので、
耳が痛い人はチェックして損は無いと思いますよ。
by kaleidocycle | 2010-01-22 23:55 | 商品


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧