井戸端監視カメラ



カテゴリ:商品( 769 )


クロプド・ニュー。

今年の梅雨は良い梅雨です。
過ごし易くは無いですが、雨が沢山降るのは有難い。

しかし!いつまで続くのでしょう。
こんな天気では洗濯物も乾かず、手間に泣かされている、そんな方へ。
c0189724_199883.jpg
「Nari/furi ドライクロプド」

高温多湿もなんのその、
脱水かけて、鴨居に吊っておけば、
次の朝には乾いており、
サラッと気持ちよく一日を過ごせる。
そういう意味において精神安定剤。

しかも、毎日履いても擦り切れず、
Y字バランスも可能な程の伸縮性、
穴が開いても広がらず、
寝間着として使える程の通気性。

それでいて、主張薄い、
この地味な見た目。


そのドライクロプドに、
今回新色としてカーキ登場。

c0189724_19155121.jpg




画像ではどうも灰色っぽいですが、
上が新色 カーキ
下が旧色 グレー

これで合計4色展開になった。
のかと思いきや、
灰色がレギュラー落ちになり、
やはり3色展開のままです。


とにかく、暑い思いをしたくないのに、
ダラダラした姿を曝したくない、
そんな人は、このクロプド!
ホントにやり手です。
by kaleidocycle | 2009-07-31 18:07 | 商品

小荷物。

気付けば、小中学生は夏休みを迎えているそうな。

夏休み・・・あぁ、なんと甘美なる響き。
小学生と比べると、はるかに短い大人の夏休みですが、
それ故に、如何に休みを過ごすか?に真剣味増すというモノです。



そんな中、自転車を電車に乗せる「輪行」で、
遠くへ行こう、なんて計画をしている方も居られる事と思います。
c0189724_1733612.jpg
そんな時、
フルサイズの自転車よりも、
こういった小径車が光ります。



因みに此方「Sillgey Piccolo」。
メーカーがシルゲイ、
車種名がピッコロですね。

ホイルが20インチと小さいだけでなく、
ホイルベース自体がかなり短いので、
ホイルを外さずとも、充分輪行サイズ。

小径車自体は世間で大人気ですが、
シングルのフレームセットというと、
有りそうで中々無いジャンル。



c0189724_19333599.jpg
特徴的なのが、
このキリンの様な長いヘッドチューブ。
コイツが、どうにも低くなりがちな、
小径車のハンドル位置を、
ドン!と持ち上げる事を、
可能としているのですね。

フレームの状態で見ると、
「うわぁ~・・・」って感じなのですが、
組んで形にしてみると、
不思議と違和感が消えます。

スペーサー入れ過ぎて、
ダルマ落しみたいになってしまう、
そんな悲しい事とも無縁です。

もっとハンドル位置が低い方が良い!
そんな際は、思い切って、
ヘッドチューブ切ってしまっても、
良いかも・・・って結構本気で。
c0189724_19502686.jpg



あと、少し変わっているのが、
フレームに付属する、
ロゴ入りのシートピラー。

今回は黒なので目立ちませんが、
実はコレ、車体と同色なのです。

白いフレームに白いピラー、
黄緑のフレームに黄緑のピラー、
オマケを超えた存在感のオマケ付き。




これでフレームセット価格六萬円也。
気軽さなら「FLAT1」に完敗。

しかし、
c0189724_21413344.jpg















こういった、かつて使い、そして最早どうしようもない様な部品が、
エンピツの様な細いフレームに納まっている姿は、
何やらそれらしく、そして愛らしくあります。

たかが小径車、されど小径車。
シルゲイ、大人気になる事は無いでしょうが、
家に転がる部品で組み上げ、夏休みには遠くへ輪行したなら、
フルサイズと変わらぬ愛着が湧くかもしれませんね。
by kaleidocycle | 2009-07-24 22:01 | 商品

祭。

鉾が建ちはじめました。
京都の祭と言えば!の祇園祭が徐々にテンポ上げて来てます。

しかし、街中に出ない自分にはあまり影響も無いのが寂しい所です・・・。
そんな事よりも個人的に重要なのは、
c0189724_0591890.jpg
明日から始まる、
メッセンジャー風の配達員デザイン、
Tシャツ展。
【M・T】
明日11日からの展示に備え、
七人の侍モドキが、其々ブツを搬入。

これから始まる【M・T】は、
売れる割合を競う、一種のレースです。

売れた奴は、売上の小銭握り締め、
CMWC行こうが、バンキン行こうが、
ツーリング行こうが、日食見に行こうが、
家で宅配ピザLL喰おうが自由。

売れなかった奴は・・・、
自分オリジナルTシャツと、
敗北感に囲まれ、
自宅待機の夏をお勧めされる。

勿論、「負けるのは嫌!」だから、其々の勝つ為の一手を出して来ています。
c0189724_0593442.jpg


チープ感&ダメ感溢れています。
バカバカしくて、足り無すぎて、
そこらが何故か野生を感じさせて、
とてもバランスが悪い、凄くパンクです。

「製品」では有り得無い、
これ等の未完成度は、
カセットテープで売られていた、
随分前に聞いた音楽に、
似ている気がして、
何やら嬉しいです。
by kaleidocycle | 2009-07-11 01:41 | 商品

七夕。

「七夕に」の約束違わず、
Resistant、届きました。
c0189724_2149542.jpg



(奥右)
・バックパック M
(奥左)
・オールドスクール


(手前左右)
・ハイスクール




c0189724_21492648.jpg



此方は奥から、
・ロウスクール

一つ手前が、
・ヒップハンガー

も一つ手前、
・トレジャーハンター

一番手前に、
・セルフォンケース






此処暫く、店から姿を消していたResistant。
一気に増えたその様は
大家族ドキュメンタリーを見ている様です。
by kaleidocycle | 2009-07-08 23:16 | 商品

キュートなTシャツ、略してQT。

蒸し暑い日々、ダラけた格好でやり過ごす事屡。

昨日は久し振りに、京都の中心部 四条河原町に出向いたのですが、
縫い目解れたTシャツに、薄汚い雪駄ってのは、
如何に楽チンな格好といえど、さすがに人目に触れたくないかなぁ、なんぞと。

思うが故の、夏ラインアップ。
c0189724_14393964.jpg
Nari/furi 七分袖Tシャツ ¥8,925


パッと見コットン風の、
優しい風合いながら、
裏は吸汗速乾ジャージ風生地という、
おいしい所取り的七分丈シャツ。

腰左右にポケット有する有袋類。
モノを入れると、
ダラーンとなりそうですが、
生地自体が、
伸び難い編み方になっているんだとか。


そんな見えない魅力を秘めた一枚。
勿論、見た目も、価格も魅力的。



c0189724_14395638.jpg
Nari/furi Tシャツ ¥6,300


夏、汗だくになるのは自転車の必然。
ただ、他人に見せない様に!
ってなら、まだ何とかする余地が・・・、
あるそうです。

その一例としての此方のTシャツ。

見た目は普通のTシャツですが、
表面に加工が施されている、
汗染みが出難い生地を使用。

Tシャツを着て、自転車で移動して、
そして人と会わなければならない、
そんな瞬間に着て居たくなる、
または着ていて良かったと思わせる。
かもしれない。

c0189724_14401017.jpg

「まだ持ってんの!」と驚かれる、
Nari/furi+Fred perry ポロシャツ 
¥14,700

当然ラスイチなれど、Sというサイズ故、
出会いの無いまま此処に。



そして右、
「何で持ってんの?」と驚かれる、
Nari/furi サイクレアTシャツ
¥7,350

何かが違います。
レッツ間違い探し!




と、この様に。
自転車を快適に乗る為のシャツと言うのは、単一メーカーでさえ色々ある訳ですが、
そんな真面目なシャツ類とは別に、
来週末(11日)から2週間、ちょっとしたTシャツ展を致します。

結構面白い企画になる。
やる側としてはそんな風に思い込んでいるので、
「面白い事ないかなぁ・・・」と、曇天見上げる人は、
ちょっとチェックしといて頂けると幸いです。
by kaleidocycle | 2009-07-03 14:41 | 商品

ご紹介。

暑さ続くこんな日に、朝からお遣い、レッツゴー。
メッセンジャー風に預かって貰っている、
自転車フリーペーパー「Cycle」を取りに行かなければならない。
重量にして、約60kg程度。
c0189724_20575777.jpg

それを運ぶべく出動した、空井戸サイクルの実用車。
そう!コレが京都伏見産ワークバイク!
「EBS ワーク ショートボディ」
やっと形になったど~!

Surlyのビッグダミーも良いけれど、
置く場所取らずに、重心低く、何より!荷物積まなくても素敵なルックス!
荷台の括りヒモは、勿論廃チューブ。
c0189724_2184241.jpg

インフォメーションが少なく、未だ謎のメーカー的な所の有る「EBS」ですが、
このワークバイクを始めとして、29erのMサイズや、
お待たお待たなロードフレームなんかも、
実はボツラボツラと出来上って来て、店頭天井からぶら下がっておるのです。

ご紹介もして行きたいのですが、フレームだけ見ても・・・ね?
組み立てて形にならなければ、何とも言えんでしょうから、
ぼつぼつ組み立てて、出来た分からご紹介ってなペースで行きましょう。



ご紹介と言えば、コレを紹介しない訳にはいきません。
c0189724_2130502.jpg
上は、最早定番の感もある、
CCPのサイクルキャップ。

今回は、自転車画家、
タリア・ランパートの絵柄。

色は二色。
夕暮れの色。
キキララ色とも言う。




で、問題はその下。
CCP 「PS-N006」 ¥16,800
コードネーム=海パン。

ただの短パンと思う事無かれ。


夏において、自転車と川遊びの関係は非常に密接になると考える自分は、
過去、某靴メーカーに「SPD対応アクアシューズ作って下さい!」
とお願いしたりしましたが、当然、そんな事やって貰えなんだです。

同じ様に「自転車快適に漕げて、水にも入れるパンツ、作って下さい!」
と、相談してみたのは、サイクルウェア界の若頭 CCP。
コレが意外にも・・・出来てしまった!それがコノ海パン!
c0189724_238374.jpg
泳いで、漕いで、泳ぐ、という事は、
速乾性が非常に重要な訳ですが、
CCPによる逆転の発想、
撥水加工が施された、
透湿素材のこのパンツ。

ポケットの内側に、
水が溜まらない様、
ポケット内張りはメッシュ。

腿の左右側部には、
ベンチレーション。

腿裏には、
乗車姿勢で使い易い、
大容量ポケット。

その他まだまだ、
ギミック満載。


泳げると言う事は、海まで自転車一直線!だけではなく、
天候変わりやすい山の上の夏フェスに自転車で!
なんて時にも重宝するはず。

まぁそもそも、自転車と泳ぐ事を偏執的に結び付ける事自体、
どの程度の正当性があると評価されるのか知りませんが、
漕ぎたくて泳ぎたい、そんな自分には天恵なんですよ。
c0189724_2382519.jpg
身長177cm
体重80kg
Lサイズで、
こんな感じ。


ええ。
80kgに育ちました。
マズイです。
かなりマズイです。

走って、
泳いで、
スリムになりたい。

けれど、動けば動くほど、その後のビールが・・・、
美味いんです。

マイッチング。
by kaleidocycle | 2009-06-27 00:37 | 商品

PDW。

c0189724_4463367.jpg
「PDW」

ポートランド・デザイン・ワークス、
略してPDWがやって来ました。

グリップの会社では無いのですが、
グリップの会社と考えてしまっても、
然程問題無い様に思います。

「あのグリップ・・・何やったっけ?」
何となく名前が覚え難い。
そんなPDWです。








c0189724_4465344.jpg
PDWと言えば、
握りの内側1/3程がアルミのコレです。

「スピードメタル」 ¥3,500


見た目、インパクトありますね。
「滑りそう」とか「痛くなりそう」とか、
心配もありましたが、
使ってみた分には至って普通、
良くも悪くも違和感の無いグリップです。

アルミ部分の形状に沢山種類が出て、
ロックオンの新しい流れになったら、
面白いだろうな、と期待します。

自分の手の馴染む様に削っちゃる。
とか、そんな人も出てきそうです。


c0189724_447183.jpg
竹グリップ。
「パンダトリート」 ¥3,800


珍品であった木製グリップが、
結構普通に売られてしまってます。
恐ろしい事です。

プラッチックかと思ったのですが、
本当に竹でした。



実家の裏が竹林だった自分には、
とても懐かしく感じ、
焚き火に放り込んでパンッ!と、
音を鳴らしたくなりますが、
やる訳有りません。


c0189724_4474222.jpg
変型革グリップ。
「ダッパーダン エルゴ」 ¥4,000


革グリップでエルゴ形状。
ゲテモノっぽい組み合わせですが、
意外と「コレはコレ」な感じに。

握ると手のひらに、
なめし革がシットリして気持ち良い。










c0189724_448484.jpg
つけるとこんな感じ。
見た目も、使い心地も、良さげ。

グリップの固定する方法も、
一工夫あったりして、
グリップ一個と言えど、
日々進化しているんだなぁ、
と、感無量。












こういったメーカーなんかを、「ユル系」なんて呼ぶ事もあるそうですが、
自分の目にはとても力んでいる様に見えます。気の所為ですかね?
by kaleidocycle | 2009-06-19 22:16 | 商品

久しぶりのアイツが。

c0189724_21443974.jpg
おまっとさんでした~。
久しぶりの「Resistant」登場です。

移転に伴い、ドタバタしていた所為で、
全く用意出来て居ない状況が、
ここ暫く続いていました。
ホント久しぶりの入荷になります。


バッグは御覧の通り、
・ウィールマスター(¥21,840)x2
・ルポライダー(¥20,580)x1
何れも配色は外装オール黒、
スタンダードカラーでは有りませんが、
追加チャージ無しの価格でご用意。

&新製品の小物が来ましたので、
以下ご紹介と参りましょう。






「ロールアップツールケース」 ¥4,200
c0189724_2158396.jpg

以前は商品としてでは無く、
何かのついでに作る、という感じだったツールケースですが、
そんな甘えを捨てて、キッチリ使える、作り込まれた商品として登場です。


カバンの中で、チューブやレンチや何やがガチャガチャになっている状況を、
このケースで整理する事で、改善出来るかも知れません。
改善の必要がある人なら、検討する価値はあります。




「トー・ストラップ・コネクター(TSC)」 ¥4,200
c0189724_2245279.jpg

遂に出た!Resistantのアイマスクです。
嘘です。

コレはトークリップペダルを使う際に、
シングルストラップのペダルに、ダブルスタラップの様な固定力を与え、
且つ!靴の痛みを抑えるという、非常に現代的な一品です。



今回バッグ少なくて申し訳無いです。
次は7月7日七夕に、帆布の「スクールシリーズ」が入荷の予定です。

その次は遂に・・・空井戸オリジナル、来るか?
by kaleidocycle | 2009-06-18 16:45 | 商品

To you。

梅雨、という程には蒸し暑くも無く、且つ雨が降る様子も無い、
そんな今日の京都なのです。
しかし、梅雨は梅雨、
いつ来るとも知れぬ雨であろうと、対策を練る必要があります。

で、雨が降る前に是非チェックしておいて欲しいのが、
以前にも紹介した、
c0189724_20224151.jpg
「レインレッグス」¥5,500

腰から膝にかけての部分を、
前面だけ覆う変化球的カッパ。

余程腿周りが太くない限り、
側面まで覆ってくれるので、
少々の雨なら、
「ズボン、微妙にしっとり」
位で済みます。
この「済む」という所の有難さ、
その後過す一日への影響の変化、
濡れた人なら分かってくれるはず。

自転車降りしな、腿裏のハーネスが、
サドルに引っ掛かる事があるので、
ドキっとしてしまうかもしれません。
自分はドキりました。



もうイッチョ。
「雨と言えば」の定番、簡易取付泥除けの中でも、
更に定番中の定番と言えば「ゼファール フラミンゴ」
c0189724_0175869.jpg

コレですね。

こういった簡易フェンダーというのは、「カッコいい!」って感じのモノでは無いけど、
それでも便利だわ、長持ちするわ、その割りにそんなに懐痛まないわで、
自転車乗りの玄関先に、雨が降るのを待ち転がっている事屡。
好きでも無いけど嫌いでもない、有って当たり前の一品。
裏向けると在る メイド イン フランス の文字を見て思う、
「フランスからやって来ましたか、このプラッチックが。」と。


そんなフラミンゴ、梅雨に向けて仕入れようと注文した所、
「・・・廃盤になりました」

驚きです、突然フラミンゴとお別れです。
あのひたすらねじ込みまくるフラミンゴの取付方法がマズかった様です。
しかし悲しんでいる場合ではありません。
今のフラミンゴを失くしたり割ってしまったり、
まさかまさかの盗られたりしてしまった時の事を考え、
代わりを挙げるとすれば、
c0189724_0435849.jpg
「SKS エクストラドライ」 ¥2,400






フラミンゴと大きく違うのは、
取り付け方法の簡易さ加減。




ベルト&バックルでワンタッチ着脱。
角度は任意の角度に可変&固定。





取り付けが簡易なだけでは無く、
取り付け用ベルトの内側は、
c0189724_0542272.jpg
滑り止めのゴムが
縫いこまれているので、
ガッチリ止まる。

まめやなぁ、と感心します。


フラミンゴと比べた時の欠点は価格。
¥2,000台ならゼファールにも、
同様の商品があるのですが、
使った人は知っている、
「金具ポロっ」が無い分、
SKSが好感触かな、と思います。









オマケ
c0189724_134325.jpg
「アブロイ PL342N」

梅雨とは関係無いです。


たまに「良いカギないですか?」という質問を頂きますが、
強いの、軽いの、簡単なの、
見栄良いの、安いの、
どこを重視すれば良いのやら、
難しい所です。

そこへ射す光明。
「とりあえず潰れないカギ」

カタログには、
「原子力発電所・石油コンビナート・
 空港・軍事施設や公共施設」
そんな物々しい文字が踊る、
困るくらい開かないカギだそうです。

ここまで強烈なモノが必要なほど、緊張度の高い自転車に乗る人は、
そうそう居ないかとも思いますが、
もし、3台連続で盗られて、次盗られたら気を失う、
そんな人、居られましたなら、御守り代わりになら良いかもしれません。

此方、空井戸の売り物では無いのですが、
鍵屋さんの好意により少しだけ見本置いてます。
興味が湧いて、見て、触って、罷り間違って欲しくなった人は鍵屋さんへGo!



以上、商品説明でした。



あと、本日帰宅すると、
c0189724_1345691.jpg
玄関先のテントに、
ツバメが密集していました。
計6匹、最高記録です。

大人気満員御礼。

ただ、少し恐ろしい感じが、
しないでもないです。
by kaleidocycle | 2009-06-14 01:39 | 商品

来ました。

興味無い人は興味無いけど、待っていた人は待っていた。
そんな「遂に完成!」と言えるかもしれない、
c0189724_18341875.jpg
Nari/furi ⅹ fredperry 
NF-088-02 サイクルポロ
¥14,700

ポロシャツと言えば!
の、フレッドペリーに、
ナリフリが交尾を申し込んだ結果、
出来ちゃった的に生まれた一枚。

素材も吸水速乾鹿の子で自転車仕様。
勿論、袖も、裾も、襟も、ポケットも、
全てナリフリ仕様、って、
最早フレッドペリーなのか如何なのか?

安全には全く関係ないと思いますが、
ラインの白い部分が夜光りますよ。
蛍を呼びつける可能性もあります。




ついでに、夏パンツを一斉にご紹介。
c0189724_19483594.jpg
CCP PS-N001 ¥16,800

麻100%の短パン。
アッサリサッパリ、短パン。

腰のスナップで、腰回りを調整可能。

只のサッパリした短パンですが、
只の短パンは永遠かもしれません。

現物は写真で見るよりズッと良い感じ。











c0189724_202269.jpg
CCP PS-N013 ¥13,650

少し長めの八分丈?位でしょうか、
到ってシンプルなデニムパンツです。

膝をクシャっとさせている所に、
注目して頂ければ幸いなのですが、
随分と薄手な生地で、
暑い夏でもサッパリ履けそうです。

裾は引っくり返すとボーダー。










そしてコレが今回の本命!
c0189724_20192526.jpg
CCP PS-N014 ¥16,800

横袋付き7分丈!

デニム中心だった袋付きパンツですが、
今回は千鳥模様という事で、
以前よりズっと魅力的になったかも。

少しタイトめなので、
夏バテして、夏痩せした頃にでも、
是非試して欲しい一本。









と、調子に乗って、色々服を紹介している空井戸ですが、
然程在庫がある訳では無いのです・・・。

皆様、もし「あっ」と思って頂けるモノが有りましたら、
通販などに頼らず、是非ともお近くの取扱店さんでご相談下さいませよ~。
by kaleidocycle | 2009-05-28 21:23 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧