井戸端監視カメラ



カテゴリ:商品( 800 )


pacerよりもでも。

「チャップイチャップイ、ドントッポッチ~」
寒いとつい、声に出さず呟くこの言葉。(ジェシー、懐かしいですね!)

そんな寒い年末に、完成させた一台の自転車。
名をSurly Pacerと言います。
c0189724_125835.jpg

ステム、ハンドル、
シートポストは日東。
やっぱり良いやね。

DTのリムは、
やっぱ良いやね。

クラシカル?
やめておくれよ、
ヘイ、ベイベー。


この一台について、というよりもSurlyというブランドについて、
言いたい事、説明させてもらいたい事、本当に沢山あって、
何から書き始めようと考えながら、思いつくまま書き並べていたのですが・・・。
何か凄い量になってしまったので、粗方削除です。


そんなペーサー。
ペーサーよりも安いスチールロードは幾らでも有ります。
ペーサーよりも丈夫なスチールロードは幾らでも有ります。
ペーサーよりも美しいスチールロードは幾らでも有ります。
それでもペーサーを選ぶ理由とは何なのでしょう?
c0189724_20583729.jpg
本当に、話したい事は腐るほど有ります。
ただ、百聞は一見に如かずでは無いですが、
地味ながらバランスを真剣に考えて組んだ此方の一台。
見て貰って「ペーサー、良いやん。」と思って頂ける、
勝手ながらそう思い込んでみるマスターピースです。

ペーサーは本当に変なオンロード自転車です。
こんなに普通なオンロード自転車、他に見当たりません。
この何気ないロードバイクSurly Pacer、サイズは52、
地味セール第5弾として完売致しましたでお願いします。


人から羨ましがられる事は無いかもしれませんが、
使用者本人にのみ、自己満足頂ける様な一台です。
それって・・・最高だと思いませんか?自分は思います!

いつもクドくてスイマセン。
by kaleidocycle | 2009-12-20 01:28 | 商品

アラジンの日。

c0189724_20413682.jpg
寒さに打ち震えていますか?
自分は手を揉んで遣り過ごしています。


そんな姿を見兼ねたのでしょうか、
お客さんからストーブを頂きました。

倉庫から出て来たというそのストーブは・・・。
アラジンストーブ。これぞ燃えるシーラカンス。

その存在は勿論知っていましたが、
まさか自分がアラジンユーザーになるとは・・・。


c0189724_20421813.jpgそうと決まれば、
何は無くとも油が要るという事で、
朝から肌裂く様な冷気の中、
ポリタンとキュポキュポを買いに、
加茂川沿いのホビーセンターへ。

駐輪場には素敵なToyoのクロスバイクが。
良いなぁ、良い感じだぁ、
どんな人が乗ってるんかなぁ、
等と思いながら、店内に入ると、
レジに並ぶ、イラン人風の某自転車店店長がそこに。

なんや、ナ〇ブさんのか。


c0189724_20424810.jpg燃料の準備は出来た。よし、次は掃除しよう!
という事で、とにかく拭く。
パカパカ部品を外すのにも、
説明書要らずのシンプル構造がやさしい。

積もった埃を拭うと、実はとても綺麗。
埃の下から現れたステッカーには「97年製」。
おぉ!このヤレた感じからは想像出来ない新しさ。

それを、水、アルコール、ペンギンワックス、
紙やすり等を使い、とにかく拭きまくる。
でもまぁ、あまり綺麗にし過ぎるのも何なんで、
程々で終了。あとは交換用の芯が来るのを待つのみ!

そんな事をしながらフと思うのは、今の行動は最早、暖を求めての行動では無いようだ、という事。

結果が欲しければ、ナカヌキヤでファンヒーターでも買えば良い。
そうでは無くて、ご縁あり手元に来たこのストーブが嬉しく、
それをゴミにでなく、ストーブにしてやれる事が嬉しい。
そして、暖かくなるなら、三つ嬉しい。お得じゃないかい。


って、ストーブの話をして何がしたいという訳では無く、
本当は、本日組みあがった地味セール第四弾の、
Surly ペーサーを紹介しなければならないのですが・・・。
この一台は、色々思う所があった結果、組んだ一台ですので、
どうにも話が長くなりそうです。
c0189724_20431568.jpg

内容説明などは明日に回すとして、とりあえず画像だけ。


今晩はマイナス2度まで下がるそうです。
布団から足を出さずに、クルンと包んでお休み下さい。
by kaleidocycle | 2009-12-18 23:39 | 商品

ぼつらぼつら。

c0189724_2234126.jpg


年末の風物詩なのかどうなのか。

上賀茂神社の近くで、
盛大に漬物を漬けておりました。



いや、実際の所、
コレが漬物なのか分かりませんが、
恐らく漬物だろう、と何気なく。
後日:コレは「すぐき」だそうです。


そう、もはや年末。
何かと用意が必要な時期。


c0189724_22432621.jpgこの時期に使えるのか?
と、実験してみたEBSの新商品、
前荷台」 ¥16,590

とりあえず灯油が無いので買出しに。
空のポリタン括りつけて走る。
先日まで着けていた前カゴよりも、
随分軽いので、手放し運転も楽々。
まるでパワーアンクル外した様な楽さ。

そして入れる、灯油、満タン22ℓ。
再び走り出す。

勿論!重い・・・。
ポリタン満タンはキツイなぁ。
でも、一度走り出せば、
フロントパニア着けた様な安定感。

人にお勧めする様なモンでは無いけど、
積もうと思えば積めるって事でOK。

c0189724_2303837.jpg
「使える・使えない」
それだけが全てである訳無い。

そんな人の心に突き刺さるか?
ロイヤルコペンハーゲンを、
髣髴とさせるバッシュガード。
注文したのを忘れ始めた頃に入荷。

トゥルバティフ製 36t対応 
¥4,200


素材がポリカだからなのか、
プリントが結構綺麗に出ていて、
よくある、
「こんな仕上がりならやらんほうが良い」
ってな事になってないのはさすが。
パチパチパチ。


c0189724_23193947.jpg
コレもまたどうなのか?
セラSMPの超コンフォートサドル、
「マルティニ・ツーリング」


誰が如何見てもSMP的男前な、
ワシっ鼻&センターホール。

ただ・・・誰が買うんだコレ?
価格もそれなり(¥8,400)にする、
それに、ゴリ押しのSMPデザインは、
楽のみを追求しているとは思えないし。

なんてカタログ見て考えながら、
フと横を見ると、そこには・・・、
とても似合いそうなワークバイクが。

そして付けるとジャストフィット。
そうか、この為にあるのか、と納得。


c0189724_23372249.jpg
見た目が「良いの・悪いの」
などと言った〆には、
此方のステム一体式ハンドル。

製作は勿論EBS
画数三画。


此方は最終サンプルなのですが、
実際につけた時の雰囲気というか、
「どうなっちゃうの?」ってのが、
誰しもあるのでは?

だもんで、興味のある方。
試しにお取り付けします!
一度着けてみて、
「こうなるのか・・・」と、
感じて頂く事が出来る訳です。
また、先日まで試していたEBS 前カゴの方も、今なら装着&お試し可能です!
カゴの方は、装着可・不可も有りますので、気になる方はこの機会に是非チェックをば。
(対応条件は、今の所オーバーサイズアヘッドのみです・・・)
by kaleidocycle | 2009-12-17 00:03 | 商品

砂利バスター。

開店前、チョイとそこまで配達に。
馬鹿みたいな顔して、自転車の箱なんざ積んで普通の道を走っていると、
何かしら交通の妨げにならんとも限らんので、
c0189724_2337528.jpg



京都のセントラルパーク、
「御所」の中の砂利道を行く。



道が何もかも舗装される以前でも、
この風景は同じだったかもしれない。

って考えると、
御所って・・・凄いですな!




御所の中の砂利道には、何台もの自転車が通って出来たと思しき、
獣道的な筋が幾本もあり、そこが非常に走り易い。

が、その道を一歩外れると・・・、
普通に走れる箇所もあれば、いきなりハンドルを取られる程深い箇所もあり、
ダートを走る為のマウンテンバイクならいざ知らず、
低重心を極めた小径ホイルのワークバイクでは、縦横無尽自由自在とはなかなか。



「マウンテンバイクならいざ知らず・・・」
と、御所を走る如きで真剣に考える人が居るか如何かは知りませんが、
それでも、マウンテンバイクが欲しい!それもなかなかやる感じのが!
そんな人へ「まだやってん」の?」的な地味セール第三弾。
c0189724_039457.jpg
日本人による日本人の為の、
山行きベストバイクの呼び名も高い、
ご存知「Dustee」。


完成車のバリューバランスが、
高評価の此方リボルバーですが、
生みの親 塚本氏は、
完成車アッセンブルを決めるに際し、

「乗って面白い完成車を、
 デオーレとかで安く完成させる、
 というのも考えたけれど、
 乗って行きながら、
 変えたいと思わないレベルの方が、
 結果的にリーズナブルになると考え、
 コンポをフルSLXにした。」

そんな風に考えたそうです。

確かに完成車は良い。
しかし、リーズナブルな方も、あって良いのでは無いか、
という事で、年末価格完売致しましたで出してみよう、と思った今回。

勿論、一台だけ、サイズはSのみ。(ほんでチョッと傷入り。)
コンポはデオーレ、ブレーキはストローカー、
フォークは15mmスルーアクスルのエアサス、
ヘッドセットも、シートポストも、ハンドルも、ステムも、リムも、タイヤも、何もかも、
使えない「とりあえず」なんて一切使わず、この価格はかなり!安い。



まぁ安いと言っても、誰にでも価値のある安さでは無く、
スチールの山バイ欲しいなぁ、と考えている人にだけ、
とてもとても安い、というスポットな安さです。

だからこその地味セール。
Dusteeに続き、次は・・・Surly ペーサー 52 シルバーバレット行きます!
此方もやるからには、安いだけのモノにはせず、
メーカー完成車よりも安く、メーカー完成車よりも遥かもイカした感じを目指します!

今年も、あと2週間。
ドンドン行かねば年を越してしまうので、巻いて行きたいと思います。
日向に座ってジッとしている姿を見たら、喝を入れて下さい。
by kaleidocycle | 2009-12-15 01:13 | 商品

いち抜けた。

風邪らしき症状の治まった自分とは入れ替わりに、
熱を出した奥さんを、朝から病院へ連れて行った所・・・、
なんとまぁ、見事「新型」のお墨付きを頂いて帰って来ました。

そう、自分はどうやら新型に罹患し、知らぬ間に治っていた様です。
鈍感なのか何なのか「辛い」という事は無かっただけにやや拍子抜けですが、
一点、新型インフルエンザは、今までに無い奇跡を見せたのです!

と、言うのも、メシが喰いたい気分にならなかった為、
2日ほどメシらしいメシを喰わずに過したのですが、なんと!体重が!変わらない
「仙人は霞を喰う」と言いますが、自分も大気中から栄養素を取り込む能力を身に付けたようです。
素晴らしい、これぞ正に「ニュータイプ」。



どんどん進化を進めるのは悪い事では無いのでしょうが、その前にやり残した事があります。
それは年末に向け、先日始めたばかりの「地味セール」が、
初日で頓挫してしまっている、という事。

「後半、しゅっぱーつ!」とイカリヤ調に再開したいのは山々なれども、
大物ばかり出してしまうと尻すぼみになるので、今日はコイツで勝負だ!
c0189724_2050118.jpg
40年前と同じ格好のまま、そんな走る化石「スティングレイ クレイト」
10年前に復刻版として再登板して以来、
全国の自転車屋の隅で独特の存在感を放っていましたが、
殆どの人に気付かれぬまま、2007年で生産は終了してしまいました。

そんなクレイトを、箱に入れたままストック(キイロ・ミドリx各1)していたのですが、
クリスマスの時期にコレほど適した自転車も無かろう、という事で、
地味セールしてしまう訳ですが、今回価格は店頭にて、でお願いします。

このオモチャ、元々定価で¥55,000程。
それにプレミア価格付けるなんてのは趣味じゃ無いですから、か・な・りお安く出します
自転車を何台も持つ人へ、洒落の効いたプレゼント、なんてのは中々に粋じゃないですかね?



で、モデルのニュータイプな体型が気になった人。
この寒いのに、そんなに腹を出して恥ずかしくないのか?とお思いでしょう。
ええ、支離滅裂な感じがしないでも無いですが、分かります分かります。

c0189724_20494651.jpgしかしモデルは言います、
「寒くなんか無いね。僕には二つの味方が居るから。
 一つはご覧の豊熟ボディ。
 不測の事態を生き貫く為に蓄えたカロリーを、
 燃やす事で、体温調整も可能なのさ。
 そしてもう一つは、Nari/furiのセイケイロンT
 インナー、要は下着な訳だけれど、
 コレ一枚着るだけで、体感温度が全く違う。
 勿論、他のメーカーのインナーでも良い。
 でも、ヒョロヒョロのナリフリメンバーでも、
 僕の豊満ボディーでも、同じ様に着れる、
 そんなとてつもない伸縮性と、相反する圧迫感の低さ、
 この二点の特徴は、選ぶ切欠として充分なのさ。」

なんつってね。でもコレ本当に良いですよ。自分は3枚おろしました。
無茶苦茶伸びるので、自転車乗る際も腰の下辺りまで覆えるのは、
かなり大きな評価点に値します。
あと、自分の持っているインナーの中で、唯一着たまま眠れるインナーです。
そんな訳で、他のインナーを着る事が無くなりました。勿体無いです。


毎日着るインナーと同じく、毎日付けるグローブとして今使っているのが、
c0189724_20504236.jpg
Defeetのグローブ。
誤解を恐れずに言うなら「高級軍手」。
¥2,980也。

ただの軍手じゃないか、と訝しがりながら、
使ってみた所!なんと!普通。

特に暖かい訳では無いですが、
今の時期の夜でも、別にコレで行けます。
またサイズ展開があるので、フィット感は良好。

ご覧の様に、手首部分が長いのも良いですな。


c0189724_20515494.jpgあとまぁ、何が良いかって、その程々感

高機能なウインターグローブも持っていますが、
パッと乗る時に、ヒョイとそれを着けるかと言うと、
ん~・・・何か大仰やなぁ、と感じていた中で、
この程々に高性能、と言うのは良い位置です。

なにげに、表はコーデュラ製で丈夫だそうです。
中もよく分かりませんがクールマックスらしいです。

それより何より、着けた時に普通なのが、
とても好感持てると思うのですが、
まぁ人の好き好きでしょうね。
       「グワシ


そんな訳で、がどんな訳なのか知りませんが、
よりよい年末に向け、地味セール及び通常営業、引き続きます。
by kaleidocycle | 2009-12-08 00:47 | 商品

地味セール、始めました。

あ、12月。
時間の過ぎるのは早いモンです。
c0189724_20242089.jpg
よく知りませんが、
タバコは値上げ待った無し、
そんな状況らしいですね。

「高い!辛い!」
という声も有りましょうが、
そんな時には、この標語。


「暮らしにつながる、この一服」

有り難い事です。


増税後、喫煙者は、
歩きタバコの道すがら、
路傍の人に拝まれる、
なんて事・・・は無いでしょうけど。

タバコ吸わない自分には、あまり影響のない問題なのですが、
生きるという事は「タダ」では無いのだなぁ、と考えるに少し重い気持ちになります。

もし、寝る事に税金が掛かって「睡眠税」なんてのが徴税される事になると?
「寝てばかりいると、健康を害する上、国の生産性も落ちるので、睡眠は控えるべきだ!」
なんて話になるんでしょうか、恐ろしい・・・。



そんな暗い事ばかり考えていては年を越せない!
という事で、嬉しい人には嬉しい、そうで無い人にはそうでも無い、
そんな地味セールを開催します。

色々出して行こうと思うのですが、まずは第一弾。
c0189724_1812444.jpg

シュウィン ワールドクルーザー)x(エクストラサイクル
最初からこの形で製品として売っているのではないか?
と、自画自賛したくなる程にマッチした組み合わせの一台。

ベースは、クルーザーなのにアルミ製でヘッドはOS、エンドは135mmのタブ付きトラックエンド、
そんなMTBの規格で作られた「ワールドクルーザー」。
このワールドクルーザー、非常に良い自転車でしたが、リアブレーキがUブレーキで、
チェーンリングの丁数を落すと干渉する可能性が有る、そんな微妙な問題を抱えて居りました。


で、その微妙な問題を消せば・・・良い自転車になるんじゃないかね?
という事で、エクストラサイクルを連結する事により、この完成形をみるに到った、と。
勿論、ただ付けただけではなく、リアのバッグを捲ると、
c0189724_1840572.jpg










ハブはXTに組み替え、
ディレーラもXTを装着。

「別にXTじゃなくても・・・。」
だろうねぇ、とは思いながらも、
重いモノ載せる事考えると、
一応、って感じで、ね。

他にもアレやコレや何やかんやと、付けたり外したり。
で此方の一台の、気になる価格は・・・店頭で!なんて言いません、完売致しましたです。
コレが安いか高いかは、多分、エクストラを検討した事のある人にしかピンと来ないでしょう。
でも、それで良いんです。


暫定税率廃止でガソリン価格が安くなると見越していたのに、
下がりそうにも無いこの状況で、車の維持に頭を抱えるアナタ。
今すぐ車をヤフオクで売り捌いて、このロングバイクをアナタの駐車場へ!

さぁ、インストーーールっ!
by kaleidocycle | 2009-12-02 21:02 | 商品

疎通。

平和な昼過ぎ、鳴った電話の向こうで、落ち着いた声が言う。
「トーヨータイヤと申します。」
「今から御社の方へお邪魔したいと思うのですが。」
はて、自動車タイヤ屋さんが、自転車屋に何の用事かしらん?
「あの~、ウチ自転車屋なんですけど・・・。自転車のタイヤも始めはるとか、そんなんですか?」
「あ、ソーヨーです。Soyoタイヤです。」

合点合点!Soyoね。
Soyoを「ソーヨータイヤ」と考えた事が無いので、
つい耳に馴染んだトーヨータイヤと思い込んでしまいまった訳です。
音で聞くと、一番耳慣れた用例を引き出してしまうんですね。
思い込みとは恐ろしいモンだ・・・。



そんな訳で、人様と意思疎通を図っているつもりでも、
実際にはお互い勘違いしたまま話が進む、なんて事は人生において多々有ります。
本日は、中々にイカしたウールのパンツが入って来たのですが、
写真に撮ろうとしてみるものの、どうもただのショウモナイパンツにしか写せなくて、
「こんな写真を見せた所で、何も伝わらん!」と臍を噛む思いです。
c0189724_1939109.jpg





で、代わりに、昨晩家の前で、
取っ組み合いをしていた猫の、
バトルの末の抜け毛で、ウール感を伝えてみる。と。


しかし、コレではもはや伝える事の意思放棄と見做されても仕方ない。
なので、比較的伝わりそうな、新入荷商品案内として、
c0189724_19523537.jpgCCP JK-W008  ¥23,100

先日、朝の寒さ対策の具体例として、
不細工なモデルの着用姿をご紹介した、
このCCP伝統のフリース裏ジャケット。

今年はラインナップに無いと言うのに、
「生地のテレテレ感がたまんない!」
「一枚着ればそれで救われる横着さが良い!」
と、微妙に今更な評価を頂きました。

だもんで、CCPさんに相談してみた所、
ご覧の青x橙と、黒x墨が集められました、と。
Lx2、Mx1の総数3着、もし気になれば是非に。


続いて、先日語弊のある説明をしてしまったかもしれない「EveryWare」
バッグジャックが製作するモノだけでなく、色々な企画立案・作製をしておりまして、
本日入って来たのは、
c0189724_21371188.jpg



左から、
橙・青・黒の、
「USAデイパック」
¥11,550

右端にチラと見える「隠した気合を気付かれない」そんなバッグジャック製とは違い、
本格的にテローンと気の抜けた感じの「ナップザック」です。
懐かしげなナイロン生地の雰囲気と、底に使われたスエードが醸す、このリラックス感。
「防水?何それ?」 「加重配分?肩でしょ?」 「パーテーション?コンビニの袋あげる。」
そんなノリでしょうか。なのにやたらに容量あるとか、変なの~ってなモンで。

スポーツ用品では全く無いので、自転車屋で扱う商品なのか?と考えれば、
やはり違うか、とは思うのですが・・・良いなぁ、というか好きだなぁ、と思うので。


まぁ自分の好みである事と、人様にお勧め出来ると言う事は、
必ずしも一致する訳では無い。
しかし、情報とは受け取る側のさじ加減で如何様にも料理出来るはずなので、
此方は素材として、良いと思うモノを選び、そして独り言を呟く様に情報発信する、と。

情報も、集め過ぎると頭痛くなっちゃうし、網かけ過ぎると変な誤解も起きるので、
程々に、まぁ程々に受け取って頂ければ、そしてそれが役に立てば幸いで御座います。


情報といえば、の、
c0189724_2243364.jpg


自転車フリーペーパー
「Cycle」の、
本年最後号、明日から配布開始です。


「よし!取りに行こう!」
と、喜んで頂けるのはOKですが、
明日は焼き芋大会の為、
空井戸、昼14時頃からのオープンです。

ご注意下さい!
by kaleidocycle | 2009-11-27 22:12 | 商品

都都逸。

夕方から降り始めた雨。
こういう時、カバンの中に濡れては困るモノが無いか、考えますね。
で、だいたいあるに決まっている。

「あぁ、濡れたらどないしよう・・・」
そんな心配を全て吹き飛ばしてくれるカバンと言えば、
c0189724_2122790.jpg
ドイツの至宝「オルトリーブ」

オルトリーブの製品は、全て防水と言うのが売りです。
そりゃ中身が濡れるか濡れないかなら、
濡れない方が助かるに決まっている。


大量のコーヒー豆を運ぶコーヒーメッセンジャーも、
サイドバッグに入り切らない分を、
オルトリーブ「メッセンジャーバッグ」に詰めてパンパン。

c0189724_21222582.jpg濡れない、つまり浸みないと言う事は、
単純な造形である方が好ましい。

そんな「濡れない事」を追い求め、防水性の複数の布を、
縫目の無い様、独特の熱着方式で結んだ結果、
オルトリーブのデザインは、
無駄の無い、独特のモノとなっています。
何処から如何見てもオルトリーブ、ってなモンで。

Sling-it  XS ¥13,650」


c0189724_2122367.jpgこの「エクスカージョン ¥23,100」も、勿論完全防水。
もう廃盤になってしまったけれど、
当時、この色は国内の取り扱いが無くて、
それでもどうしてもこの色が欲しくて、
自分の分と、余分にもう一つ輸入したモノです。

「超」がつくほどの単純構造と、
大型の止水ジッパ「タイジップ」を採用したお陰で、
風船の様な恐ろしいまでの機密性を確保。

昔、NHKの「大黄河」の中で、豚の皮を浮袋にして、
行商人が黄河を渡る、というシーンがあったのですが、
このバッグを見る度に、コイツで河が渡れるのだろうか?
そんな思いが沸々と。

「ドイツっぽい」と言う言葉には、
カッチリした、とか、堅実な、地味な、理詰めな、恒久的な、そんな印象があります。
まぁドイツ人からすりゃ、勝手な話なんでしょうがね。

ただ反面、色気が無い、危なげが無い、という、
ある意味でマイナスともとれるイメージでもあったり。



そこでドイツ製品に日本的目線を加えるべく、日本のカネコケイジ氏が企画立案し、
ドイツに製作依頼しているのが、フレームバッグでご存知「Every ware」
c0189724_21225141.jpgbag-juckのハーネスを使ったベルト。

コジャレてて、まぁ面白いんじゃない、
って舐めるのは簡単。
でも、普通に短パンでバッと走りに行く際、
ベルトループに嵌っているのは、
いつもの革ベルトで良いのか?
と考えた時、このベルトが、
とても都合が良い事に気付きました。

狙っているのか、いないのか。
舐めて良いのか、駄目なのか。
ただ、結果「おぉっ!」って感じです。

走りに行くなら、レーパンで良いじゃないか、と言えばそれまでですが、
「まぁ、それはそれとして」と、程々を好む保守的進歩主義の人、
つまり微妙に地味な人の心には、針の中通す様な確実性を持った答だったりもします。
c0189724_2123159.jpgこれもEvery ware、デイパック。
製作はやはりBag-juck、生地は防水、ジッパは止水。

どちらかと言うと、ナップザックと呼びたくなる、
モッサリした懐かしい形状。

今、凄く良いバッグが、
とてもリーズナブルに手に入ります。
でも、それらの殆どは、頑張り過ぎたデザインで、
どうにも・・・スポーティーなサングラスに通ずる、
気恥ずかしさを感じてしまったりも。
それに対し、この地味なデザイン。で、色だけ派手。
「バッグの担ぎ心地なんか如何でも良い」なんて言わないのは当然。
チラリと見えるハーネス裏に、担ぎ易さを地味さに詰め込む跡が見えたり見えなんだり。


まぁそんなコンナなドイツ製品って、一貫したイメージって有りますねぇ。
ホンマにそうなのか、まったく知らないんですけど、勝手にイメージだけ抱いてます。

そんなドイツ製品と、日本アイデアとの合体を、
イタリア製自転車の乗る人が使う、となると、日独伊、かぁ・・・。
なんて、遠い目をしてながら考えてしまうのは、まぁくだらん事です。
by kaleidocycle | 2009-11-25 01:00 | 商品

たとえばこんなEBSっさん 29er編。

数年前では「増えるのか?それとも早々に消えるのか?」
と、心配された29erですが、その高効率な走行性で評価を受け、
今や不動の規格として、定位置を得た様に観じます。

ただ、「身長の低い人には、メリット以上にデメリットが有る」という点については、
微妙に曖昧なまま置いてかれている様にも思います。



文句言うなら犬でも言える。だから、その問題に対する一つの答を示そうじゃないか、
という事で、企画・作製された「EBS TRIP」。c0189724_192478.jpg

「サスペンション装着を前提にせずヘッド位置を下げる事」という、
日本人向け設定にした為、適正なポジションが出し易くなっただけでなく、
ご覧の通りのバランス良いプロポーションを可能としました。
因みに、このサドル高、ハンドル位置のままで、身長155~160cm程度の方に適応します。

他の29erと並べてみると、
c0189724_20204126.jpg





遠近法みたい。




左は、Salsaの29erツーリングバイク「ファーゴ」の22インチ。
コイツぁまた極端にデカいのですが、共に29erホイルを綺麗に飲み込んでいます。



さてこのTRIP、エンド部分が凝った事になっており、
c0189724_2021216.jpg

ご覧の通り、
スインガーエンドに。

コレにより、
シングルギアにも、
マルチギアにも、
どちらにも出来る。

シングル時には、
クイックでホイル脱着可。


このエンドも、
パラゴン製などでは無く、
オリジナルで製作。





BBを腹下から覗くと、
c0189724_2021209.jpg




プリンとした、大きなハンガラグ。
ロード用のラグに見慣れた中では、
違和感を感じる程にポッテリ。

パイプ自体も、ポッテリ太い。
フルリジッドとはいえMTB。






カイセイ製の太い各チューブを、デッドストックのラグで組んで、
オリジナルスインガーエンド採用した、フルリジッドのディスク専用29erフレーム。

字で書くだけでも濃厚な、隙間狙いのヘンタイフレームですが、
そんな細かい仕様の事より、何より重要なのは、
このフレームが身長175cmまでの人間に向けてのみ造られているという事実。



29erの、身長の低い人への具体的なデメリットは、
「適正な乗車姿勢を取り辛い」という点に尽きます。
つまり、身長の低い人が適正なサドル高にした際、
相対的にハンドル位置が高くなってしまうと言う事。
角度のついたステムを天返しすれば、ハンドル位置を下げる事が出来ますが、
チョイと乗り辛くなる上、如何せん見た目のバランスが妙な事に。

そもそも背のデカイ人間が、
「フレームばっかデカくして、ホイルが小さいままで良い訳が無い!」
という事で生まれ、伸びて来た規格ですから、
如何に効率良く転がり、乗り越えるホイルであろうが、
背の低い日本人に対しても、同じ様にメリットを与えてくれるとは限らない。
そら当然の事。

でもやっぱ、29erって乗れば良くて、羨ましいというのも事実。
だから、TRIPの様なモノは選択肢として必ず必要だと思います。


EBSではこんなモノを造って居ります。

良いね!と思う人は
by kaleidocycle | 2009-11-22 01:18 | 商品

寒雨。

本日、最高気温が10度、という事に加え、雨です。
家を出る際、「あぁ、家を出たくないなぁ」そんな風に思われた方も多い事でしょう。

こんな日に、その持てる力を発揮しまくるのが、
c0189724_19232256.jpg

キャラダイス ダックスバックポンチョ ¥15,750
英国北部からやって来た自転車用ポンチョの決定版!

肝は何といっても「目の詰まったワックスドコットン」で出来ているという事。
コットンと聞くと、前時代的な防水性を想像しますが、いやいや、なんのなんの。
使い始めて4年ほどになりますが、その防水性・耐久性は、使うほどに驚愕。

始めて手にした時は「重いなぁ」と敬遠もしましたが、
使ってみると、その重さは風雨で捲れ上らない為に必要な重さであり、
ハンドルを握る手から上は、濡れないだけでなく風も防ぐので暖かい。

コレを着て雨天の下を走ると、他では味わえない妙な安堵感を得られます。
言うなれば、雨の日に自動車に乗って、窓の外を眺める感じ。



このポンチョは「寒い時期の雨を防ぐ雨具」として有能に作られているので、
蒸し暑い梅雨の時期に着ても、暑いわカビるわロクな事がありません。

しかし、それ故に。
このポンチョの力を発揮出来る今日の寒い雨を、嫌な雨ではなく、
再会の雨、使う楽しみの雨にしてくれるとも受け取れます。

良い道具とは、高性能・高効率と必ずしもイコールで結ばれる事は無く、
使いたくなる道具、つまり己が意思を引き出す道具なのかもしれません。
by kaleidocycle | 2009-11-17 20:22 | 商品


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧