井戸端監視カメラ



カテゴリ:商品( 807 )


近・未来。

毎度お世話になります、365日中280日くらい暇な空井戸サイクルです。

まぁ暇な分だけ仕事は「早い!」と言って頂ける様に日々やっとるですが、
「まだかよ~・・・」と言われる恐ろしい時期が近付いてまいりました。
そう、お盆です。


お盆は問屋さんをはじめ世の中が停止致しますが故に、
部品手配などが一時的に出来ない状態になりますので、
今からお盆のライムラグを意識に入れて作業段取りを組まねばなりません。

そんな訳で意識は既にお盆に突入し、365日中85日の忙しい方モードな訳ですが、
本日は意識を更に先にスライドさせる一品をご紹介。
c0189724_21302246.jpg

「囚人スーツ」


此方はどこぞのブランドのモノでも、
弊店のオリジナルでもありませんで、
デザイナーを生業とする知人が、
趣味と実益を兼ねて企画制作したモノ。

「デザインコンシャス突き詰めりゃ、
 やっぱ1ピースですわな~うんうん」
と納得するに充分な完成度ですが。

この蒸し暑さ100%の今、
とても試着などする気になれません。

c0189724_21303133.jpg
1ピースのスーツと言えども、
バチバチのエアロスーツとかではなく、
フロントはフルジップで脱ぎ着も簡単、
バックポケットもチャンと2ポケットの、
普通~に走りに行く時用のスーツです。

普通?普通って何だ?
普通て何なんでしょうね?

c0189724_21305437.jpg
上はロングスリーブ、下はショート、
そして生地は裏毛の防風素材。

「なんだかんだで冬の普通はコレだろう」
という誤った共通認識から生まれた、
秋~冬に活躍し定番となるであろう一着。


製作は伊・GSG社という事で、
品質に文句などつけようがありませんし、
変にメーカーマークなど入っていないのも美点。

このスーツの出番はまだまだ先ですがチリ合わせの具合などを見る為、
手始めに1ロット製作し、上がって来たのが今回の分。

仕上がり具合は予想以上だったので、秋に向けて追加製作となる模様。
本格的な販売は企画者サイドで行うべく準備中だそうですが、
弊店にもサンプルを吊っておりますので、囚人ゴッコをしたい方は是非。

囚人スーツ  ¥25,800(税別)
っていうかこのクオリティでこの価格は滅茶苦茶安いと思う。
by kaleidocycle | 2017-07-27 22:15 | 商品

ストロングラー+α。

なるべくして、とでも申しましょうか。
展示用サンプル車両のストラグラーが遂にロングテール化されてしまいました。
c0189724_18495456.jpg


展示用サンプル車両というのは一度組み上げ完成した後も、
売れずに居る間、チョコチョコと手を加えて仕様変更する事しばしばですが、
今回のローングテール化により完成度はMAXに達した感もあったりなかったり。

c0189724_18513481.jpg
あとは荷台つけてバッグつけて・・・完成!
と行きたい所をグッと堪えて一時停止。

標準キット(+¥24000)を買えば万全なのは当然
なれど要不要をハッキリさせてコスト減を狙う、
という戦略も店として提案したい所ですから。


例えばロングテールに求める能力が、
「純粋に荷物を積む」というのであれば、
ラック(=柵)はリープ専用(¥16,000)でなく、
LT1用のV-Rack(¥12,000)で事足りますし。

デッキ(=天板)もまたリープ専用品(¥8,000)である必要は無く、
適当な板を切って作るとかスケートボードのデッキで代用として充て、
装着は簡易式のスナップフック(¥1,500)かスーパーフック(¥2,300)を用いる、と。
この作戦で行けば予算¥1万前後を削減できる余地が生まれる訳です。
c0189724_18514384.jpgc0189724_18515917.jpg





また目的が「子供さんを乗せる」という事であり、チャイルドシート装着前提ならば、
標準キットに含まれるリープ用デッキは必須でないと言えたりも。
c0189724_18534668.jpg
例えばYeppシートを装着する場合は、
そもそも天板に装着するのではなく、
別売のアダプターを介して装着するので、
天板は泥除け的な存在でしか無いのです。

ただこのマウントを装着するには、
ラックはリープ専用である必要がありますし、
リープとラックをガッチリ固定する、
V-Rackロックもあった方が安全でしょう。


「高々¥一万如きの削減にややこしい事は考えとぅない!」
と言われてしまうともう仰るとおり!としか言えないのですが、
旧FRKからLeapに進化すると同時に価格も上がった為に、
ロングテールが以前ほど身近なモノで無くなった事が気になって仕方ないのです。

また現在のLeapの規格(LT2)がより安全で完璧なモノである事は確かなれど、
必要なモノを適当にでっち上げて使うという面白さもまた魅力的だと思いますしね。
弊店はあくまで選択肢を御提示するのみですので、一番良い選択をして下さいませ~。


c0189724_18541496.jpg

そんなでっち上げ讃歌に対して、
「此処はチョッと自作では厳しい」というモノ、
そう、リープユーザーの皆様が待っていたアレ


今回のストロングラー(=ロングストラグラー)は、
前に小振りなフラットラックを装着しているのですが、
此処に荷物を積み、サイドスタンドで停めると、
荷物の重みでハンドルがグルンと回り、
フレームにガツン!といくとか、こけるとか・・・。

c0189724_18545670.jpg
そうならない為には此奴が必要なのです。
そう!両立て式のキックバックスタンド!

まだまだかと焦らされていた日々はもう終わり、
リープ用のキックバックが遂に入荷完了。


Xtracycle Kickback3 ¥20,800(税別)

「3」て何が3やねん?と不思議に思いましたが、
恐らくキックバックが「1」、エッジランナー用が「2」、
そして此奴がキックバック三代目、という意味かと。

簡素極まりないパッケージを開けてブツを見てみましょう。
お~・・・ほほ~・・・・以前見たサンプルと方式から何から全く別物やないかい
生産直前まで行っていたインナースプリング式は何かしらダメだったんでしょうね。
c0189724_18551364.jpgc0189724_18552781.jpg



何は無くとも取り付けてみましょう。取扱説明書は・・・無い。
「詳しくはWebで」的な事が書いてあるのでアクセスしてみると答は「NOT FOUND」
はい、全然段取りが間に合っていない様なのでモノを見ながらカチャカチャカチャ。
c0189724_18571444.jpgc0189724_18573493.jpg





で、こんな感じ。なるほど、シンプル&よく出来ています。
完全に独立して装着されるので、他のオプションパーツと干渉しませんし、
何より初代キックバックと違って、走行時に段差でブラブラする事が無いのは良い。

「リープだけじゃなくてFRKやエッジランナーにも使えるよ!」
的な事がパッケージに書いてある様に思いますが日本語専門なので本当の所は不明。
ただ何を如何考えてもビッグダミーには装着出来なさそうな気がします。
そりゃそうか、ビッグダミーはエクストラサイクルの製品じゃないですしね。
(となって来ると初代キックバックは実質ビッグダミー専用って扱いになるのでしょうか?)


そんなこんなで長尺化により生まれ変わったストロングラー52号(サイズが52だから)。
車体&リープ&キックバックまでのセットで¥22万(税別)で如何で御座いましょう?
足回り、ドライブトレイン、ポジション、何れもロングテールとのバランス抜群です。
後日記 : 売約御礼!
c0189724_1857533.jpg



残る荷台関係についてはオーナー様の御意向をお伺いして、って感じで。

そんなこんなで今日は此処まで。明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2017-07-24 20:43 | 商品

樵インストック。

c0189724_20268100.jpg
どうも、どうもどうもどうも、
此奴がTimberjackで御座います。
先日の予告通り、無事に届きました。

完成車と違い、フレーム売りの分は、
チャコールという色のみになるのですが、
日本語で言うなら「艶消しの黒」でOK。
まぁチャコールって墨ですしね、正解。

フレームセット税別¥54,000(¥2,000上がりました)という破格のプライスですが、
フレーム各部を見て行くと、とてもそんな価格とは思えない仕上がりレベルの高さ。

しかも付属品が微妙に豪華で、Boost用148mmオルタネーターエンドは当然としても、
DT製スルーアクスルやSalsaのシートクランプ、Fメカ用台座、グロメット大量と、
バラで買うとこの部品代だけでも結構な値段になりそうです。
c0189724_20263395.jpgc0189724_20264120.jpg



c0189724_20283822.jpg

暫く前まで「セミファット」というと異形というか、
あくまでMTB界の傍流であると認識していました。

しかしこのティンバージャックを前にすると、
改めて時代が変わった事を実感してしまいます。


27.5+と29erのコンバチ前提となっているので、
トレイル中心に楽に安全に楽しむなら27.5+、
キレ良くスピーディーに攻めるなら29erと、
好みによって選ぶというのも一つですし。

c0189724_20284677.jpg
手持ちの部品を生かして一台作る、
と言う際にもコンバチ性があるのは有り難い。


エンドはスインガー式の「オルタネーター」ですので、
付属の148mmを使いブーストで組むもよし、
スペーサKITを使えば142mmハブも使用可能。
何ならエンドを交換する事で135mmQRも!

勿論稼動式ですのでシングルスピードも可能ですし、
オルタネーター用リアキャリアの装着も出来ちまう。

c0189724_20285566.jpg
前三角を大きく取るSalsa独自のデザインは、
フレームバッグの容量も大きく取れるので、
バイクパッキングとの親和性も高く、
小さなサイズでもボトルの抜き差しもし易い。

ついでに言えばトリプルボトルケージなので、
前三角は大型フレームバッグで占められても、
ダウンチューブ下にボトルを装備出来たりしますが。

基本的にはキャンプ時の煮炊き用の水を、
1.5ℓペットに入れて装着ってな風になりましょうか。

そんなこんなで一本あれば滅茶苦茶遊べてしまいそうなティンバージャック。
純粋なるトレイルバイクという専業的な存在ではなく、
MTBを軸としてトレイルライドもダートツーリングもボーダーレスにこなす、
そんなSalsaの打ち出す世界観をみっちりと詰め込んだ内容を、
¥54,000という価格で出して来る辺り、正にSalsaの戦略モデルと言えましょうな。
c0189724_20274098.jpg


取り合えず初回入荷祝いという事で、サンツアーのレイドンプラス(¥54,000)と、
ヘッド・ステム・シートポストもセットで「¥10万!」という企画を用意してみました。

「こんだけ使える内容でこの値段は凄ぇよ、時代は変わったぞ、オイ!」
と勝手にテンション上がっていたのですが、撮影後即売れてしまうという事態に・・・


よっていきなり入荷記念企画第二弾になってしますのですが、
レイドンプラスとヘッドをセットで¥10万(税別)で御提案させて頂きたいと思います。
御用意数はSサイズ・Mサイズ其々一本。(勿論フレームのみでも!)

手持ち部品を余している人も、これから人生の相棒としてMTBを始めようという方も、
Salsaテイストが尻尾の先まで詰まったティンバージャック、是非御検討あれ!
by kaleidocycle | 2017-07-23 21:29 | 商品

不意打ち。

c0189724_19541684.jpg

昨日・一昨日と早めの夏休みを頂き、
姫路セントラルパークへ行って来ました。

世の子供らも夏休みに入ろうという時期ですから、
さぞ混んでるんだろうなぁ・・・とゲッソリ気分で行くと、
どうした事でしょう?ガラガラです。


確かに夏休み直前=夏休みでは無い訳で、
タイミングがズレているといえばそれまでですが、
この閑散っぷりは・・・心配になるレベル。

c0189724_19552673.jpg
遊園地の経営って大変なんだろうなぁ、
そんな余計な事を考えてしまう、
たった2日間の旅行でしたが。

旅行直前にスマホが壊れまして、
店のメールをチェック出来ませんでした。

そんで帰って来て本日メールを開くと、
溜まったメールがドバーンとな。

で、メールを一件ずつチェック&返信などなどして行くと、
その中に二度見してしまう様な重要なメールがありました。

Salsa/Timberjackフレーム、入荷致し候
c0189724_19582683.jpgc0189724_195837100.jpg



諸々の事情により2017年モデルがお流れとなり、
入荷は2018年扱いとして10月以降になるであろうと思われていた、
そんなティンバージャックが梅雨明けと共に突如国内入荷したとの事。

基本的にはブーストエンド(148mm)のティンバージャックですが、
交換&可変式のオルタネーターエンド採用の為、
専用キットを用いる事で142mmや135mmQRでの運用も可能!

それ等のキットは8月半ばの入荷予定と少々先になりますが、
フレームは明後日日曜日に届く予定となっておりますので、
マルチに使えるリーズナブルな新世代MTB「ティンバージャック」を是非チェックあれ。
by kaleidocycle | 2017-07-21 20:37 | 商品

挑戦。

c0189724_19303754.jpg
昨日暇潰し的に組み合わせてみた、
「ロングテールwithトレーラー」

走ってみると意外なまでに違和感が無かったので、
なんとなくそのまま自宅まで乗って帰った昨晩。


そんで今朝、長男を保育園に送って行く際、
「どっち乗る?好きな方選びなはれ」
と言うと、彼が選んだのはトレーラー。

そうなんや~、へぇ~ってなモンで。

c0189724_19283153.jpg
さてそんな「ロングテールwithトレーラー」。

ワタクシはフリーラディカルキット(FRK)で、
トレーラーを牽いてみている訳ですが、
もし同様の事をする人が居るとするなら、
一点注意させて頂きたい所が御座います。

というのもFRKのエンドはホイル脱落防止の為、
表面がツラではなく、少し凹んでおりましてですね、
そのままヒッチメンバーを取り付けようとすると、
ヒッチメンバーがピタッと沿わないのです。
コレでは固定力が出ませんので危ないですね。

そこで取り出したるは此方のアルミスペーサー、コレを挟むと固定力がキチンと出る、と。
SurlyのTugnutテンショナーの構成部品ですが、補修部品としても¥300で販売中。
c0189724_19284797.jpgc0189724_192909.jpg


元々はクイックシャフト固定と10mmナット固定との差を埋める為のモノですが、
我がロングテール1x1はボルト固定ですので、ドリルで穴を6mmに広げて使っています。


ついでにバーレーのトレーラーに付属して来るヒッチメンバーをご覧下さいませ。
前出のアルミスペーサーと合わせるとピタリとは来ず、結構ガバガバです。
「ジャストサイズでないと気持ち悪い」というのが本音ではありますが、
このガバ感で問題が起きるなら製品として売ってないはずなので問題無いのでしょう。
c0189724_19292646.jpgc0189724_19294223.jpg


まぁそんでこのガバ感あるヒッチメンバーの穴、測ってみると約φ12mmという事で・・・。
「12mmかぁ~、12mmねぇ~」と呟きながら、142mmスルーエンドの車両にポン。c0189724_19295410.jpg


ヒッチメンバーの厚みが約4mmありますので、
その分だけネジの喰いが浅くなりますが、
何か普通に使えてしまいそうな感じもありますね。

142mmスルーのフレームエンドは、
外側が立体的造形になっているモノも多く、
そういった場合にはバーレーから出ている、
専用のスルーシャフトを使うべきでしょうが、
モンキーさんのST7の用にエンドがツラの場合は、
この付属のヒッチメンバーで充分行けそうです。

と、そんなこんなで触って行く程に色々見えて来るバーレーのトレーラー。
導入の前段階として「どんな車両に着くのか?」という事は情報として提示出来ても、
実際の使用感というのは人其々ですので此方からは何とも申せません。
c0189724_19334853.jpg



ですからトレーラーに御興味をお持ちの方には、マイトレーラーをお貸し出し致します
自分の自転車に装着して店の前をチョロっと乗る程度は勿論、数日お貸しする事も可能。

牽引する感覚とは?車幅や内輪差の感覚は掴めそうか?
自宅で保管となればどの様に置くか?子供は喜んで乗るだろうか?

そんな疑問の答を得るには実使用が最短ルートである事は確実ですから、
御興味のある方は是非一度御連絡&テストライドで確認されたし。


本日は此処まで!
明日19日は臨時休業とさせて頂き、明後日20日の定休日と合わせて、
夏休みの家族旅行に行ってきます~。
by kaleidocycle | 2017-07-18 20:45 | 商品

洗濯の自由。

c0189724_19503351.jpg

京都の夏の風物詩・祇園祭も、
スルスルスルっと宵山をむかえましたが。

完全ノータッチ&スルーパスで、
嗚呼、今年も祭りの空気に触れられなんだ、
そう嘆いている空井戸サイクルです。


嘘です、洛外の人間にとって祇園祭など、
他府県の祭りにも等しいので、どうでもよろしい。


c0189724_1951616.jpg
寧ろ、ですよ?

山鉾巡航が行われる本日となれば、
「市街地に人が集中する=田舎の人出が減る」
という公式が成り立つ可能性もありますから、
夏を持て余している長男を連れて、
仕事前の川遊びにデッパツな訳です。


あ~、予想通り人が殆ど居らんわ~。
つーか朝早過ぎて誰も居ないだけか。
まぁ貸切は貸切って事で。

c0189724_1953424.jpg
部長!朝の川遊びは楽しかったですか?
 キミ、あの冷っこい冷っこい水で泳げたか?

いや・・・私は冷たいの結構行ける方なんで・・・。
 僕はな、タライで水浴びする方が好みやな。
 よし!次は仕事場で水浴びと洒落こもやないか。


え~、部長仕事について来ちゃうんですか~?
部長、絶対に仕事の邪魔するじゃないですか。
 失っ礼な事ぬかしよるな、邪魔なんぞするかえ。
 この足元の荷物の方がよっぽど邪魔じゃ。


いや、でもコレは部長の水着やタオルを含めた我が家の洗濯物でして、
仕事の行きしなにコインランドリーの乾燥機に放り込んで行かないと・・・。
 ダ阿呆!僕か荷物がどっちが重要やねん!その烏頭振って考えぃ!

え~っと、え~っと・・・じゃぁこんな感じでどうでしょう?
c0189724_19562793.jpgc0189724_19564069.jpg



c0189724_1957027.jpg
と言う訳で「ロングテールwithトレーラー」

組み合わせる必要があるかどうかは別として、
クリアランス的には普通に行けましたし、
実際に走ってみた感覚も極々普通、
予想範囲からプラマイゼロですね。


この仕様であれば子供二人を連れて、
何一つ不足の無いキャンプ行も可能ぞ!

いや、足りないモノあるわ・・・馬力



まぁそんなこんなで色々な使われ方をする、ロングテールバイクという存在でありますが、
初期のFRKの頃と比べると、現行Leapは導入コストがグッと上昇した為、
以前の様に気軽に「お一つ如何?」とは言い辛い状況になりました。

勿論、コスト増の分だけメリットも増えたのですが、
抑えられるなら抑えたいのがコストというモノですからね。
c0189724_1955724.jpg
なので、例えば子供を乗せる事が主目的で、
Yeppシートを使うのだとすれば、
天板(フライトデッキ)は無くても困らないし、
極論左右のバッグも必須じゃないよね?
と、要不要の考察を深めざるを得ません。


そんな要不要の選択肢に更なる自由を与える、
新たなるエクストラサイクルパーツが登場しました。

まずは此方のウィールスカーツ。

Xtracycle WheelSkirts  ¥8,500/ペア(税別)
c0189724_19552246.jpg
これは何じゃ?と申しますと、
荷台に子供を乗せた際に、
後輪に足を巻き込まれない様にする、
言わば足ガードとでも言うべきネット。

子供乗せを主たる使用目的とし、
バッグをパスしている人には、
「コレコレ!」ってなモノでは?

一応、リープ用とエッジランナー用の2種がランナップされておりますが、
手元にあるリープ用を弄りながら考えるに・・・FRKやビッグダミーでも使えそうな?
実際の所はまた機会をみつけて装着&確認して行きたいと思います。


c0189724_19554861.jpg
ウィールスカーツで子供の足の安全は確保した、
しかしやはり・・・横に荷物を積みたいなぁ。

ならば普通のバッグを買いましょう!
とは言っても普通のバッグが結構なお値段で、
現在は¥25,000~35,000の選択となっています。


そんな大層なバッグじゃなくてもええねん、
荷物をボンと放り込めたらそれでええねん、
ってなニーズへの答が此方のスリングセット。

Xtracycle Slingset  ¥8,500/ペア(税別)
c0189724_1956341.jpg
横にベロンと広がる一枚布です。
コレで荷物を巻き込むという事で、
ワタクシも未だに使っております、
初期のフリーローダーバッグ的な感じに。

ウィールスカーツとの同時装着でないと、
荷物が内側にボロボロ落ちるので、
現実問題、セットでの導入必須ですが、
それでもペアで¥17,000とコスト減可能。

勿論、セットで導入しなければならない、なんて事は一切無く、
自分がリープオーナーなら、建材でウィールスカーツ的なモノをでっち上げるでしょうし、
足の巻き込みなど無視して荷物の積むだけなら、適当なバッグに紐を縫い付けて使います。

色々考えて作るのが好きならそれはそれで最高ですし、
時間が勿体無いとか邪魔臭いとかなら、比較的ローコストな解決策もある、と。
そんな選択肢をレゴブロックのピースの様に楽しんで選んで下さい、という話です。


因みに横のバッグのベースにはイケアの青いバッグが最適だと思うのですが、
何をどう加工すればバッグとして使えるのか?それは御自身で工夫して下さいませ~。
by kaleidocycle | 2017-07-17 21:37 | 商品

握り放題。

c0189724_18441331.jpg
引き続き絶好調に暑う御座いますな。

さて、先日予告させて頂いた通り、
CCPの秋冬サンプルが届きまして、
広げたり伸ばしたり並べたりしているのですが、
暑苦し過ぎてマトモに評価出来ません。


ならば、まずは頭から液体窒素をブッ被って、
気分を3ヵ月後にワープさせましょう。
ダバーッ!

c0189724_18442555.jpg
・・・10月入荷予定と聞いていた、
旨み溢れるモロコバーが此処にある、
という事は無事3ヵ月後にワープ成功か?

確かに気温がグッと下がっ・・・暑いわ!
残念ながらワープには失敗しましたが、
予定よりも早く臨時便で入荷した、
モロコバーを歓迎致しましょう。

Surly Moloko-Bar  ¥12,800(税別)

はじめてこの名前を聞いた時には「モロッコバー」だと思っていました。
「アフリカ大陸の端にあるモロッコ=ツーリングの終着点」みたいな感じなのかな、と。
しかし本当の所は魚のモロコの「モロコバー」だそうで、
その心は「何処を握っても旨み溢れる」からという分かった様な分からん様な話。

モロコってそんなに旨いんでしょうか?喰った記憶が無いのでよく分かりませんが、
Surlyがハンドルの名前に選ぶ位ですからきっと旨いのでしょうし、
モロコバーもきっと何処を握っても「旨い!」となるのでありましょう。

因みにモロコバーはクランプ径がOS(31.8mm)ですので、その点御注意あれ。


c0189724_18443953.jpg
あともう随分御無沙汰、というか、
無くなって何年経つのだろう?ってな、
SimworksのFun3Bar。

此方の画像はFun3在りし日のモノで、
クルーザーでもプロムナードでも無く、
曲げ曲げでマルチポジション化した、
独特の存在は今見ても魅力的。

c0189724_18445789.jpg

そのFun3Barが遂に復活!

いや、今回は復活というよりも、
後継機誕生という方が正しい様で、
画像を見比べて頂ければ分かる通り、
素材が以前のアルミ肉厚材から、
日東らしいクロモリパイプに。

c0189724_18452164.jpg
Fun3最大の特徴である、
ライズアップはそのままに、
ベンド角を35°と浅くする事で、
バーワイドは680mmに拡大。

結果、クルーザーテイストは薄まり、
ゲットアラウンドバーと旧Fun3の中間、
って感じの一本に生まれ変わりました。

c0189724_18453658.jpgc0189724_18454416.jpg



SimWorks Fun3Bar  ¥5,800(税別)

純粋なる万能ハンドルというよりも、使い手の想像力を試される懐の広さが魅力のFun3。
「オレなら&アタイならこういう車両にこういうポジションで・・・」と妄想膨らませて、
プックリ大きく膨らんだなら、グネグネ曲がったFun3を是非一本お手元に。

と、そんなこんなで明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2017-07-14 20:32 | 商品

バカンスルー。

スポットクーラーから吐き出される冷気にヨダレを垂らしている空井戸サイクルです。
クーラーがあると冷たい風が出る事は勿論、湿度が下がるのでとても快適。

で、閉店時刻になるとスポットクーラーの排水タンクを取り外して、
溜まった水を捨てるのですが、これがまぁ中々の量でして、
少ない日でも約10ℓ程度、多い日には約18ℓほども溜まります。

その水をダバーっと捨てながら思う、「これを空井戸の天然水として売れまいか?」と。
・・・何言うてるんでしょうね?暑さで思考回路がショートしてるのかもしれません。


こう言う時は頭のチャンネル切り替えましょう。
走りに出るにも蒸し暑くて・・・という時こそパーッと明るく、ですよ。
c0189724_1817570.jpgc0189724_18171419.jpg



CCP フィールフィットスタンドポロ  ¥11,000(税別)
c0189724_18245385.jpg

昔の胸ポケット付ジャージ的な意匠ながら、
杢調で明るくなった発色は80s的でもあり、
素材&パターンが生むシルエットは現代的。

しかも名前が「ポロシャツ」という掴み所の無さ。


勝手に仕分けさせてもらうとするなら、
サイクリングシャツってのが適当な気がします。

ジャージじゃなくてシャツ、ですね。

c0189724_18173470.jpg
バックポケットこそありませんが、
後身頃が長いので前傾姿勢でも捲れ上がりません。


素材は通年定番と化した感もある、
サラフワ手触りの速乾ストレッチ素材、
東レ・フィールフィットの薄手版ですので、
灼熱の中を走ろうが涼しさ・快適さは最大限。

また杢調の素材感は塩が吹いても目立ち難く、
ソフトな観光ライドからハードなロングまで、
違和感無く使い回せそうな一枚と申せましょう。

c0189724_18185615.jpg

まぁそんで此奴最大のアイキャッチである、
フロントポケットの容量ですが!
・・・タバコくらいが精一杯です。

というか此処はポケットにあってポケットに非ず。
此処をバックポケットの様に使うとなると、
誰もが即ボインちゃんになっちまうですよ。


でもこのポケット、小物を忍ばすのも良いですが、
裏がメッシュになっておりますので・・・。

c0189724_18192538.jpg

走行時にはベンチレーションとして機能するのです。


如何でしょう、こんなサイクリングシャツは?

派手だけれども子供っぽい派手ではなく、
いい歳の大人が浮かれた感じの派手さ。

夏の自転車旅行のお供に一着あれば、
バカンス気分200%増し(当社比)になる事うけあい。



あと夏の定番「メッシュキャップ」も、今年バージョンが上がって来ています。
c0189724_18193673.jpg

形状や素材は基本的に変わらずですが、
ツバのみメッシュ素材ではなく、
オイルコーティング素材に変更した事で、
カチッとした小奇麗系に変わりました。

今回はネイビーとカーキの2色展開ですが、
弊店は画像のチャコール&ネイビー推し。

毎回飛ぶ様に売れて行くメッシュキャップ、チョッと良いなと感じたならある内に是非!
CCP クレープメッシュキャップ  ¥3,900(税別)


と、そんなこんなな真夏を彩るCCPウェア達ですが、
衣料の世界は早くも寒い季節の準備が始まっておりましてですね。

秋冬物のサンプルが明後日14日(金)に弊店に届き、18日(火)まで御覧頂けます。
今回の秋冬はかなり飛ばしてます、アクセル前回のCCP節にドキドキてまいましたよ。
生憎15日(土)は弊店定休日ですので中々御都合合わないかと思いますが、
CCPフリークもそうでない方も、タイミングが合えば是非御覧下さい!


あと明日13日は所用の為、14~16時の間を中抜けさせて頂きます!
勝手申しますが何卒!
by kaleidocycle | 2017-07-12 20:46 | 商品

追加半玉。

c0189724_18535359.jpg

アナタ♪おかえりなさい。

御飯にする?お風呂が先?
それとも・・・ア・タ・イ?



あ~、風呂にするわ。ザパーン!

と言う風な感じで、山に帰る(?)と、
まずは水浴びしたくなる暑さですね。

c0189724_1854791.jpg

そう、季節はライド&スイムという事で、
走りに行った先での水浴びは最早基本のキ。


山での水浴びに関してはストロングスタイル、
全裸がフォーマルのワタクシですから、
水着などというこましゃっくれたモノは不要ですが、
今年は妙に虫が多くて・・・。

気が抜くとブトにバンバン刺されますので、
玄関先にあった息子用の虫除けスプレーを拝借。

c0189724_18554100.jpg

あとハンドタオルもあったら良いよね~。
サンオイルも持って行きますか?


などと自転車以外の荷物が増える今、
バックポケットがパンパンになる前に、
こんなサドルバッグは如何でしょう?

c0189724_18552827.jpg

サイズとしては少し大きめなだけで、
右の普通~のサドルバッグに対し、
容量30%増しって所でしょうか?


すっかりメジャー化した感もある、
大型シートバッグとは全然違いますね。

c0189724_1856030.jpg

そう、此奴は普通のサドルバッグです。

しかしバッグの口周りに拡張性があり、
必要に応じて容量がグググっと増す。

この大き過ぎず小さ過ぎずな塩梅が、
嵌る人には嵌るサイズではないでしょうか。

「滅茶苦茶良いより丁度良い」を体現するRALのサドルバッグ「U.T.Loader」。
¥4,000という価格もまた丁度良い塩梅だったのですが、現在全色メーカー欠品中。
c0189724_18562614.jpgc0189724_18563821.jpg


弊店には画像のマンダリンピーコックのみですが在庫ありですので、
あとチョッと荷物を持って走りに行きたい、そんな時には思い出してやって下さい。

RAL U.T.Loader  ¥4,000(税別)
by kaleidocycle | 2017-07-11 19:57 | 商品

レッツライド。

c0189724_19391419.jpg

先日購入したチャイルドトレーラーを、
早速自宅に持って帰りました。

いや、持ってではなく牽引して、ですね。


で、信号待ちで停止しようかという時、
足をつくべく縁石を求めて左に寄って行く訳ですが、
その左への寄りっぷりを少し抑えねばなりません。

縁石に足を置こうと思えば置ける、これ位に。

c0189724_19392315.jpg

その状態で振り返るとこんな感じ。

そう、いつもの感覚で左に寄せてしまうと、
トレーラーと縁石が接触してしまう恐れがあるのです。


トレーラーバージンでこそ無いワタクシですが、
後に荷物を載せるのと子供を乗せるのでは、
似て非なるモノですから慎重にならざるを得ません。

c0189724_1939477.jpg

よっし!ほんじゃ行ってみますか!


部長!仕事前に動物園に行きましょう。

 お、祇園か。朝からええねぇ、行こ行こ。

部長、オカマバーの動物園じゃなくて、
普通の京都市動物園ですよ、キリン&象です。

c0189724_19401433.jpg
動物園には夏の催しとして、
水浴びコーナーが出来てるらしいので、
お兄さん用水着と着替えとタオル、
そして我が通勤用バッグも纏めて、
トランクに放り込みましょう。

膨らませたままの浮き輪とかも、
余裕で入りそうな容量ですね。

c0189724_1941455.jpg
乗り心地は如何でしょう?部長。

 ん~、クッションがええね、クッションが。

安全運転は心掛けていますが、怖かったりします?

 いや別に、それよりもクッションがええね。

さすが部長!違いの分かる男ですね!
此方はバーレーの「ディライト」と申しまして、
サスペンションを装備した高級機種、
言わばクラウンの様なモノで御座いますよ。

c0189724_19414488.jpg
 クラウンか、クラウンはええ車や。

いや、モノの例えとして申し上げただけで、
此方はクラウンでは無いのですが。

 クラウンはええ車や、クッションがええ。
 車はクッションや、そうやろ?ん?


昭和テイストな評価軸ですね~。

まぁそんで引っ張る方としては、常用しているロングテールと比較してしまうのですが、
やはり動きの自由度というか、軽快さではロングテールが有能。c0189724_20542627.jpg

ただロングテールではやり辛い、
「子供を乗せた状態での立ち漕ぎ」
これが出来るのが大きな違いです。

自転車を左右に振っても、
子供がグラグラ揺さぶられないので、
上りで気兼ねなく立てるというのは、
トレーラーの大いなる恩恵かと。

c0189724_19423733.jpg
その他、雨が降っても子供が濡れないとか、
子供が寝てしまっても絶対に落ちないとか、
あらゆる自転車と組み合わせて使えるとか、
バランスを取る気遣いがほぼ不要であるとか、
そもそもの導入コストが安いであるとか、
トレーラー独自のメリット言うのは沢山あります。


反面、収納場所の形状を問うであるとか、
ロングテールほどの気軽さは無いとか、
問題となり得る特性というのもあります。

c0189724_2117670.jpg


トレーラーとロングテールバイク、共に一長一短でありますが、
こんな面白いモノが選べる環境下で子育てが出来るってのは実に幸せな事だと思います。
by kaleidocycle | 2017-07-09 21:20 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧