井戸端監視カメラ



2017年 08月 11日 ( 1 )


レデュケーションって何ケーション。

c0189724_19403424.jpg
本日山の日という事で、即ちMTBの日。

MTBだろうとロードバイクだろうと、
前後細軸クイックが当たり前だった時代は、
気がつけば遠く遠くに過ぎ去り、
スルーアクスル化が著しい近頃。

スルーアクスル化だけなら良いんですけど、
スルー規格が幾つもあるので・・・頭爆発。

規格其々の優劣も勿論ありましょうが、同時にシェアの取り合いという大人の喧嘩もあり、
その間で翻弄されるユーザーとしては、中々に厳しい今の時代と言えましょう。

c0189724_19364090.jpg

先月入荷したSalsa/Timberjackは、
今後新定番最有力候補と言える、
Boost(148x12mm)規格を採用しており、
3.0幅などの太いタイヤをセットした際にも、
タイヤとチェーンの干渉を心配しなくて良いとか、
左右スポークテンションの差が少なくなるとか、
まぁ素敵な特典は色々ついて来ます。


ただ、手持ちの部品を使って組もう!となると、
ブーストハブを余してる人って・・・多分少数派。

c0189724_19355438.jpg


反面、142mmハブを持っている、
142mmのホイルを余している、
そんな人は割りと居るはず。


「コイツ等を使えたらな~っ!」
と煩悶するアナタに向けた、
素敵な板が届きました。


たかが板と侮る事無かれ。
この板とボルトがあるだけで、
148mmエンドのフレームに、
142mmハブが使えるのです。


Salsa AlternatorBoostReductionKit

長い!名前が長い! 「オルタネーター」はSalsa独自のスウィンガーエンド名称で、
148mmスルー規格「ブースト」を142mmに「レデュケーション=縮小」出来るキット、
という事で、使い方はこの3mm厚の板をエンド取り付け部分に挟むだけ。
c0189724_19365217.jpgc0189724_19381860.jpg



¥54,000というとてもフレンドリーな価格のティンバージャックですが、
エンドがブースト規格という理由で二の足を踏んでいた方も多いでしょう。
しかしこのレデュケーションKIT(¥2,400)の登場でハブ選択肢が一気に拡大!


そんなレデュケーションKITはティンバージャックだけでなく、というよりも、
「本当に君を求めていたのは!」的な感じで構えていたのが此方。
c0189724_19393041.jpg



c0189724_19394098.jpg
Salsaのモンスタークロス「Fargo」です。

特にこのフレームKIT売の分は、
付属のカーボンフォークが100x15mmと、
非ブーストの一般的なスルーアクスル規格なのに、
リアエンドは148mmのブーストという事で、
少々パーツセレクトが難しい存在でした。

が、レデュケーションKITで142mm化すると、
あの完組みホイルも使える、あのハブも使えると、
一気に夢が花開くではありませんか!

「ブーストがダメ」って事は一切無いのですが、今はまだ選択の主流で無い事は確か。
そんな中届いたレデュケーションキットが与えてくれる「選択肢」はやはり有り難いのです。
c0189724_19401016.jpgc0189724_19402138.jpg





因みにエンド幅を狭くすると、フレーム付属のBoost用アクスルが使えなくなるので、
142mm用のアクスルを用意する必要がある事、念の為に記して〆とさせて頂きます。
by kaleidocycle | 2017-08-11 21:22 | 商品


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧