井戸端監視カメラ



2017年 04月 02日 ( 1 )


古文書。

c0189724_195768.jpg
「30年ほど眠っていた車両を起こす」
という中々に渋いミッションを頂きました。

30年モノともなると正にビンテージ!
と言いたい所ですが30年前って1987年な訳で、
何となく・・・最近に感じるのは私だけでしょうか?


バブル景気がグイグイ来て、
日本ではツール・ド・フランスブームが来ていた、
そんな30年前からの眠りっぱなしの此奴。

c0189724_19571535.jpg
取り合えず何は無くとも解体解体。

雨ざらしでは無かった模様で固着は少なく、
ベアリング関係も悪くありません。
しかし嘗てチューブだったモノは、
化石になる一歩手前みたいな事に。


カチャカチャと作業を進めている中で、
当時この車両を組んだ人の癖というか、
「おぉ、こういう風にしますか」みたいな、
作業の痕が見て取れてとても面白い。

現在ワタクシは40代なのですが、整備作業における直接的な師匠というのが居ません。
バブル景気があった事が影響しているのか何なのか、
自分より一回り上の年代の人って、自転車業界に結構少なかったんですよね。

「親は無くとも子は育つ」的な感じで、なんとか自転車屋っぽい事をするに至っていますが、
じゃぁ親代わりは何だったのか?というと、こういった過去の誰かの作業痕なのだと思います。

故にワタクシ自身も作業を行う際、数十年後のボーイ達に見られて、
「わ~、コレ組んだオッサン阿呆やん」と言われない様にして行きたいと常々思うですよ。


しかし30年間寝ていた車両でも、パパパッと起こせるってのは自転車の良い所ですね、
コレがバイクや自動車だと思うと・・・想像しただけでゲッソリします。
by kaleidocycle | 2017-04-02 20:21 | 無駄


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧