井戸端監視カメラ



2017年 04月 01日 ( 1 )


虚実綯交ぜ。

c0189724_19373346.jpg

新型クロスチェックのサンプル車両が届きました。
タイヤクリアランスが拡大された事をうけ、
遂に29erを履けるモンスタークロスに!


てな事は100%嘘です。

クロスチェック&ストラグラー(以降C&S)は、
フロントのみは29x2.1程度を呑めますので、
リアも同様のクリアランスなら面白いのになぁ、
と思いはすれど、現実問題厳しいですね。

c0189724_19381759.jpg

じゃぁC&Sに履ける最も太いタイヤとは?

語り尽くされた様でありながらも曖昧、
そんな問いへの(今現在の)答は、
自分の知る限りコレなんじゃないかな~?
というのは此方のツルツル坊主。


WTB/ThickSlick29x2.1 ¥5,400(税別)

「Thick=分厚い」という名の通りのタフなタイヤながら、
トレッドデザインなど一切無い問答無用のフルスリックっぷりで、
実用タイヤでも無ければパフォーマンスタイヤでもないという、
何とも形容し難い独自路線を突き進む逸品で御座います。
c0189724_193938100.jpgc0189724_19395941.jpg



パッと見はチューブ丸出しで走っているみたい。
このルックスが評価されてか、ショーバイクについているのをよく見る気がします。
c0189724_19401137.jpg



c0189724_19405234.jpg

「2.1インチ=約53mm」という事で、
数字上はかなり厳しそうな感じですが、
実測幅は約48mmだったりしますので、
御覧の様に絶妙にギリギリな感じで収まる、と。


これだけエアボリュームがあれば、
林道も結構行けてしまうんじゃないかと思います。

「嘘です」というのは嘘です。

同様のフルスリックタイヤで「リッチー/モビーバイト」というのがありましたが、
ドライ路面であれば普通にトレイルを走れてしまったりしたので、
調子に乗って無理をしなければ、シックスリックで林道ってありだと思うんですよね。
マジでマジでマジでマジで。

それよりも雨の日に京都駅北口みたいなタイル張りの路面を走ると、
ん・・・スカっ!とスッ転びそうですね、マジで。
by kaleidocycle | 2017-04-01 21:18 | 駄情報


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧